ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電動歯ブラシ」最新記事一覧

曲がっているから奥歯の奥まで届く――オムロンヘルスケアの電動歯ブラシ新製品
オムロン ヘルスケアは、音波式電動歯ブラシ「メディクリーン」の新製品として、屈曲したヘッドが特徴の「HT-B315」を発売する。「奥歯の奥にまで届く」(同社)という。(2016/9/20)

楽しく正しい歯磨き習慣を――子ども向け電動歯ブラシ「ソニッケアー キッズ」登場
フィリップスから子ども用の電動歯ブラシ「ソニッケアー キッズ」が登場する。Bluetoothを搭載し、スマートフォンやタブレットのアプリと連携。“正しい歯磨き習慣”を楽しく身につけることができるという。(2016/9/15)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
料理アシスタントロボットからディスプレイ付き冷蔵庫まで――欧州スマート家電の最新事情
「IFA2016」で見つけたスマート家電の数々をご紹介。シーメンスが展示したキッチンのアシスタントロボット「マイキー」くんは、一見すると大阪万博のあの方のようなルックスだが、実はHome Connectプラットフォームのコントロールセンターになる、予定。(2016/9/13)

歯周病が全身疾患を引き起こす――専門医が語る“本当の怖さ”と対策
かつて「歯槽膿漏」(しそうのうろう)と呼ばれた歯周病だが、「もはや国民病といっても過言ではない」状況にあると専門医は指摘する。しかも症状が進むと全身疾患にもつながるという。歯周病の実態と対策とは?(2016/8/19)

日本人のために開発した――歯周病ケアに特化した電動歯ブラシ、フィリップス「ソニッケアー ガムヘルス」登場
フィリップスは、電動歯ブラシの新製品「ソニッケアー ガムヘルス」を9月上旬に発売する。歯周病に悩む人が多い日本市場のために開発したという、歯茎ケアに特化した電動歯ブラシだ。(2016/8/18)

8ビットマイコン時代に逆戻り? アセンブリ言語が人気上昇
かつてホビープログラマーにとって憧れだったアセンブリ言語が、今になってプロフェッショナルの世界で再評価されている。その理由とは。(2016/8/8)

水をピュッと吹き付けてゴシゴシする新型ふき掃除ロボット「ブラーバ ジェット」
床ふきロボット「ブラーバ」の上位モデル「ブラーバ ジェット 240」が登場。新たにジェットスプレーを搭載。本体前面の穴からピュッと水を前方に吹き出し、クリーニングヘッドを電動歯ブラシのように細かく振動させて汚れをこすり落とす。(2016/8/4)

歴ドル・小日向えりの「もしあの武将がネットサービスを使ったら……」:
虫歯だらけで早死にした徳川“スイーツ将軍”とは?
チョコレートなど甘いもの好きの男性、いわゆる「スイーツ男子」が増えています。もちろん歴史上でも甘いものが大好物だという人物はいました。今回は虫歯が原因で亡くなったという徳川“スイーツ将軍”をご紹介します。(2016/6/18)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
正しい歯磨きが楽しく身につくスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」
スマート家電の可能性を語る上で「ヘルスケア」分野の製品を検証しないわけにはいかない。ということで、今回は日本を代表するオーラルケアブランドのサンスターから発売された“スマート歯ブラシ”「G・U・M PLAY」(ガム プレイ)に体当たりしてみよう。(2016/5/27)

お口の健康、気にしてる?:
歯みがきをスマホが楽しくする スマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」の狙いとは
スマート歯ブラシでお口は健康になるのか? 発売会でサンスターの広報に直撃取材した。(2016/4/19)

1980円:
ドリテック、幼児用の音波式電動歯ブラシを発売――「きらきら星」「森のくまさん」のメロディ付き
”歯磨きが楽しくなる”という幼児用の音波式電動歯ブラシがドリテックから登場。価格は1980円(税別)。(2016/2/18)

デジタル時代のERP再考(3)【後編】
IoTで変わるビジネス、求められる未来のERPの形とは
企業がIoTをビジネスに生かすためには、ERPにも変革が求められる。製造業や農業を例に、ERPの将来像を考える。(2016/1/20)

長く使って分かったこと:
2015年、コレ買いました――ものぐさなガジェット記者の場合
2015年、実際に長く使って「良かった!」あるいは「ちょっとね〜」というものを取り上げる年末企画。今回はITmediaのガジェット記者が選定。1人暮らしでものぐさな記者は何を買った?(2015/12/27)

長く使って良かったモノ:
2015年、コレ買いました――家電ライター・すずまりの場合
各分野の専門家が、実際に長く使って「良かった!」あるいは「ちょっとね〜」というものを取り上げる年末企画。第1回は白物家電やヘルスケア商品をウォッチしているライターのすずまりさんです。今年のお気に入りは何でした?(2015/12/16)

「乾電池」に革命が起きた 乾電池を入れ変えるだけで、いつものおもちゃがコントロール可能に
Bluetoothも搭載されています。(2015/11/12)

電池で動くモノをIoT対応に:
ミニ四駆をIoT化? 単三乾電池型のIoT機器「MaBeee」プロジェクトが始動
乾電池で動くおもちゃをIoT化する乾電池型IoT機器「MaBeee」がクラウドファンディングサービスでの目標額を達成。量産化に踏み出す。(2015/11/11)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
BRAUNが「家電デザインのルーツ」といわれる理由
ドイツの家電ブランド「BRAUN」(ブラウン)。シェーバーや電動歯ブラシでおなじみだが、そのデザイン性の高さも有名だ。ドイツ・クロンベルグにある「ブラウンコレクション」を訪ね、「家電デザインのルーツ」と呼ばれる秘密を探った。(2015/10/21)

こんなのはじめて:
人生初の電動歯ブラシで電流走る――! 歯垢除去に特化したソニッケアー「フレックスケアー プラチナ」の場合
前々から気になっていた電動歯ブラシ。“ソニッケアー史上最高”の歯垢除去力をうたう「フレックスケアー プラチナ」を試してみたところ……。(2015/9/18)

挑戦者求む! 京都大学クイズ研究会からの挑戦状がウルトラ級の難しさ
全く解けません……。(2015/8/27)

1週間で自然な白さへ:
フィリップス、ステインオフに特化した音波式電動歯ブラシ「ソニッケアー ヘルシーホワイト プラス」を発売
ステインオフ(着色汚れの除去)に特化した電動歯ブラシ「ソニッケアー ヘルシーホワイト プラス」(HX8915/01)が9月上旬に発売される。(2015/8/20)

歯垢除去力は手磨きの10倍:
フィリップス、ソニッケアー史上最高の歯垢除去力を持つ音波式電動歯ブラシ「フレックスケアー プラチナ」を発売
新開発の「アダプティブクリーンブラシヘッド」を採用した音波式電動歯ブラシ「フレックスケアー プラチナ」が9月上旬に発売される。同シリーズ史上最高の歯垢除去力10倍を実現したという。(2015/8/20)

mruby概論(1):
“Rubyの良さを組み込みに”を合言葉に開発された「mruby」とは何か
Rubyを軽量化、組み込み向けとして開発された「mruby(軽量Ruby)」が今、IoTでの開発言語として注目されています。Cに比べてコード量を1/4まで低減するmrubyについて、この連載では“mrubyはIoTでこう使え”までを分かりやすく解説します。(2015/7/13)

歯間の汚れを99.9%除去――フィリップス「ソニッケアー エアーフロス ウルトラ」登場
フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、電動口腔洗浄機「ソニッケアー エアーフロス ウルトラ」を7月上旬に発売する。加圧した水と空気の噴射を1〜3回連続で行える「トリプルバーストテクノロジー」を搭載。(2015/6/16)

あなたの歯磨きは間違いだらけ? 歯科衛生士が語る「正しいオーラルケア」とは
(2015/5/18)

電動歯ブラシ初心者向け:
フィリップス、歯垢除去に特化した音波式電動歯ブラシ「ソニッケアー プラークディフェンス」
フィリップスが、プラーク除去に特化した音波式電動歯ブラシのエントリーモデル「ソニッケアー プラークディフェンス」を3月上旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は6980円前後(税別)。(2015/2/26)

R25スマホ情報局:
スマホと連携!最新小型家電5選
熱い視線が注がれているスマホと連携する家電の数々。エアコンやテレビはもちろん、電動歯ブラシや加湿器、顕微鏡、そして“箸”までもスマホ対応する製品が出てきた。(2014/10/10)

iFデザイン賞2014 金賞受賞:
フィリップス、シリーズ初の黒色採用「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ブラック」を期間限定販売
フィリップスは、iFデザイン賞2014で金賞を受賞した「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ブラック」(HX9353/54)を10月下旬より期間限定販売する。店頭想定価格は2万8800円前後(税込み)。(2014/10/7)

アプリで正しい磨き方をガイド:
世界初、スマホと連携する電動歯ブラシ 日本上陸
P&Gの電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」のフラッグシップモデル、プラチナシリーズがモデルチェンジ。Bluetooth接続に対応し、スマホアプリと連携して歯を磨く部分や磨く時間などをアドバイスする機能が使えるようになった。(2014/10/6)

人類はとうとうアプリで歯を磨き始める スマホと連携する歯ブラシがハイテクすぎ
自分に合った正しい磨き方をアドバイスしてくれます。(2014/9/7)

世界初・スマホ連携する電動歯ブラシ ブラウンから登場
スマートフォンと連携する電動歯ブラシがブラウンから登場する。専用アプリで歯磨きをチェックできるという。(2014/9/4)

「見ているだけの人生はつまらないよ!」――古川享氏がシニアに伝える最新技術
講演で語られた数々の最新技術をまとめてレポートする。(2014/7/28)

オタクの心をつかめ:
パッケージ萌えと手ごろな値段でオタクの心をつかめ!
前回は、オタクの「聖地巡礼」をテーマに、成功した町おこしやコラボ商品について説明した。今回は、手ごろな値段設定とパッケージ萌えで成功した事例を紹介しよう。(2013/11/20)

口臭の原因となる舌の汚れも磨く電動歯ブラシ――ブラウン オーラルB
P&Gは、「ブラウン」ブランドの電動歯ブラシの旗艦モデル、ブラウン オーラルB「プラチナ・ブラック7000」を8月上旬に発売する。口臭を予防する「舌クリーニングモード」を搭載した。価格はオープンプライス。(2013/8/8)

男性の悩みにアプローチ:
舌もきれいにする電動歯ブラシ、「ブラウン オーラルB プラチナ・ブラック」
P&Gは、電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」の最上位モデル「プラチナ・ブラック7000」を8月に発売する。30〜60代の男性がメインターゲット。(2013/6/24)

無線通信技術 Bluetooth:
Android最新版が「Bluetooth Smart Ready」をサポート
Googleは、2〜3カ月後にリリース予定のAndroid最新版で「Bluetooth Smart Ready」と「Bluetooth Smart」について、ネイティブサポートする。「Bluetooth」無線技術は、携帯情報端末の主要OSでサポートされることで、その用途はさらに拡大する見通しだ。これとは別にBluetooth SIGでは、新たなネットワーク手段として「ゲートウェイルータ」(仮称)デバイスの仕様検討を進めている。(2013/5/30)

目覚まし時計と歯ブラシを合体させた「Wayki」
朝の必需品を合体させるという発想。(2013/2/21)

毎分3万1000回の振動でいやなステインを除去――パナソニックは、電動歯ハブラシ「ドルツ」3モデルを5月1日に発売
2モデルには、歯にこびりついたステインを除去する、新開発のブラシが採用されている。(2013/2/13)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ノベルティプレゼント「マカフィーロゴ入りポケットドルツ」
(2013/2/8)

TechTargetジャパン会員限定サービス
「弥生会計」やマルウェア対策ソフトなどが当たる! 新年特別プレゼント
(2013/2/8)

食べるペースが速いとブルブル ダイエットを手助けしてくれるフォーク
早食いの大食いを防ぐフォークがもうすぐ登場します。(2013/1/8)

【講座】回路設計の新潮流を基礎から学ぶ:
PR:本格普及期を迎えるワイヤレス充電市場、 充電領域が広く高効率の送電/受電ICが登場
(2012/12/3)

「態度が大きい」「もめるとTwitterに書き込む」――彼氏や夫にイラッとすること
彼氏や夫にイラッとしたことある人にその内容を聞くと、「態度が大きい、頑固、意見を変えない」「何もしない、だらしない、適当」が上位だった。エイチーム調べ。(2012/11/5)

【連載】「バリュープロポジション」から考えるマーケティング戦略論:
第2回 「多機能/高品質なのに低収益」――間違いだらけの顧客中心主義から抜け出す
ターゲット顧客が必要としていなければ、あえてその要素は切り捨てること。そうしなければ、どの会社も同じような商品を作り、多機能/高品質、かつ低収益な商品を数多く生み出し続けることになる。(2012/8/20)

橘十徳の「自腹ですが何か?」:
2000円を切る価格も魅力、紫外線歯ブラシ除菌庫「オーラルドクター」
今回紹介するのは「オーラルドクター 歯ブラシ除菌庫」。紫外線光によって歯ブラシの雑菌を簡単に除菌できる機器だ。2000円を切る低価格で歯ブラシを清潔に保つことができる。(2012/7/9)

無接点充電の今と未来:
電波干渉やサイズの課題を克服――対応機器とインフラが拡大する「Qi」
スマートフォンや充電機などで「Qi」の表記を見る機会が増えてきた。ワイヤレスで充電ができる「Qi」規格に対応した製品や、最近はQi対応充電器を試験導入する店舗も増えている。Qiの仕組みや利便性、今後の展開は――。パナソニックグループのエナジー社が説明した。(2012/7/5)

歯科医師が検証、ウーロン茶は虫歯予防に効果あり
6月4日から始まった「歯の衛生週間」。虫歯予防には丁寧な歯磨きというのは間違いないが、ウーロン茶が虫歯予防の有用な手段の1つになり得ることが分かった。(2012/6/5)

スマート文具サミット:
手書きのデジタル化はノートをスキャン派? マーカーで人力OCR派?
スマート文具座談会も第4回。今回は日ごろ文具やガジェットを使いこなす参加者がどのようにスマート文具を活用しているかを教えてもらいました。(2012/5/15)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
エレキギター+バイオリン、新楽器“ヴィオラフォン”を発明した日本人
エレキギターに弓で弦をこする楽器の特徴を加えて誕生した楽器ヴィオラフォン。発明したのはドイツ在住の日本人、堀慶史さん。どのような経緯でこの楽器は生まれたのだろうか。(2012/3/27)

価格は499円:
旅行用におひとついかが?――「音波振動歯ブラシ」
上海問屋から携帯用の電動歯ブラシが発売された。価格は499円。(2012/3/14)

外出先でも歯を「美白」ケア――パナソニック、電動歯ブラシ「ポケットドルツ」シリーズにステインケアアタッチメント搭載モデルを発売
ブラシのほかに、ステインケアができる専用アタッチメントを搭載。ブラシと切り替えて使えば、歯に付いた紅茶やコーヒーの汚れもすっきりとることができる。(2012/3/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。