ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電子化」最新記事一覧

社内文書の電子化で会社が変わる
意外とハードルの低いペーパーレス、経理財務部門が語るメリット
法改正をきっかけに注目される帳票や社内文書の電子化への取り組み。やるかやらないかはそれぞれの企業次第。しかし、取り組んだ企業だけが実感できる効果がある。果たしてそれはどのようなものか?(2016/6/14)

「Box」などとも連携可能:
クラウド上で契約締結できるDocuSign電子署名サービス、CTCが提供
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、米DocuSignと販売代理店契約を締結し、署名・押印の手順を電子化するDocuSignのクラウドサービスを提供する。(2016/5/23)

導入阻む「4つのハードル」を超えるには
社内申請電子化の裏技 “非ワークフロー”な選択肢に注目する
申請手続きは業務管理に欠かせないが、現場スタッフに多大な負担を強いる。その効率化を図るワークフローシステムだが、その方法を誤ると負荷を増やしかねない。適切なシステムを導入するポイントを紹介する。(2016/5/9)

年末までずっと西尾維新のターン! 未電子化作品の30週以上連続配信始まる
ついに電子書籍で読めるぞぉぉぉ!!(2016/5/6)

契約業務の電子化が、ビジネススピード向上の鍵に
無理だと諦めていた――契約プロセスの電子化を簡単に実現する方法とは
業務のIT化が当たり前となった現在でも、いまだに紙の商習慣が根強く残っている領域がある。「契約プロセス」だ。だが、紙の使い勝手を維持しつつ、デジタルならではの優位性を得る方法がある。(2016/3/31)

「自炊」代行は著作権侵害 最高裁で確定
書籍を裁断、スキャンして電子化する「自炊」の代行業は著作権侵害に当たるという判決が確定。(2016/3/17)

ホワイトペーパー:
資料の管理・運用のペーパーレス化で年間2000万円の経費削減を目指した方法とは?
ペーパーレス化の徹底策として「PDF変換ツールの全作業者への導入」を選んだ富士電機システムズ。大量な設計・工事図面の電子化で年間2000万円の経費削減を目指した。それを実現するために選んだPDFツールの選定基準とは何だったのか?(2016/2/17)

懐かしさに思わずニヤリ 「黄金バット」「地球SOS」など名作生んだ漫画誌「少年画報」、1950年代〜60年代の16冊が電子化
eBookJapanの「少年画報社創立70周記念事業」第3弾として。(2015/12/1)

村上春樹の小説が初の電子化! 第1弾は「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」
最新作「ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集」も11月21日に電子版と同時発売されます。(2015/11/5)

自炊ユーザーに朗報!:
PR:ワンランク上の性能とはこういうことさ――“超快適”スキャナ「imageFORMULA DR-C240」を徹底検証する
ドキュメントスキャナで一度に大量の紙を電子化したいという欲求は個人ユースでも強い。特に「自炊ユーザー」にとって、読み取り速度と給紙容量は重要だが、キヤノンからワンランク上の性能を提供する新モデルが登場した。早速チェックしていこう。(2015/11/4)

PR:金融や小売の現場で導入が進む「電子サイン」 が紙文書完全電子化へのカギを握る
企業業務のIT化の一環として進められてきた紙文書の電子化だが、現実に目を転じると紙文書は今でもいたるところで利用されて、あまり進んでないのが実情だ。その最たる理由が、契約書などに署名する際にはこれまでに人々が慣れ親しんできた紙が最も好まれたからだ。ただし、「電子サイン」の登場がこの状況を大きく変えることになる。(2015/10/14)

秋田県に特化した電子書籍ポータルサイト「akita ebooks」が2015年度グッドデザイン賞を受賞
秋田県内の広報誌をすべて電子化するというチャレンジ精神、地元への愛を感じるデザインコンセプトなどが高く評価された。(2015/9/30)

事業推進の原動力として活用
「Surface Pro」「iPad」でVDIを構築した米病院の“モバイル推進”戦略
患者の診療記録やカルテの電子化が進む中、仮想化やモバイル化の目標はコスト削減にとどまらない。(2015/9/10)

デジタル文具:
紙に書いたメモを電子化する新カテゴリの製品――ワコム「Bamboo Spark」を発表
紙とボールペンで書いたメモがデジタルデータになる「Bamboo Spark」ほか、新製品を発表した。コンシューマー向けタブレットの「Intuos」シリーズも刷新。(2015/9/4)

スポーツ総合誌『Number』ついに電子化
電子版第1号はサッカー日本代表、本田圭佑を大特集。(2015/8/18)

職場で役立つデジタル化レシピ:
“e文書法仕様”のスキャン、ボタン1つで ScanSnapの「e文書モード」を試す
「e文書法」は2015年9月末の改正で、3万円以上の帳票についても電子化が認められるようになる。このe文書法に対応した読み取りが手軽に行える、PFUのドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズに新たに追加された「e文書モード」を試してみよう。(2015/7/1)

片岡義男の全作品電子化計画 第1弾として100冊を各250円で
ボイジャーが作家・片岡義男さんの全作品を年代順に電子書籍化する計画を発表。(2015/6/26)

キヤノン独自の工夫が満載:
PR:今ドキュメントスキャナが欲しいなら「imageFORMULA」を選ぶべき3つの理由
大量の紙文書をすばやく電子化できるドキュメントスキャナは、もはやビジネスには欠かせないオフィスIT機器と言える。では、数ある製品から何を選べばいいのだろうか?(2015/6/17)

まつもとあつしの電子書籍セカンドインパクト:
台湾の電子書籍事情から見えてくるもの 大手出版社の若手社長はこう考える
変化の最前線を行く人々にその知恵と情熱を聞くこの連載。今回は、日本の作品を既存の商慣習を打ち破って電子化展開し、ビジネスの活路を見出そうとしている青文出版社の黄詠雪総経理に聞いた。(2015/6/16)

ウイングアーク1st株式会社主催 帳票ソリューションセミナー
新しい法制度で加速する帳票電子化の大きな波 〜マイナンバー制度やe-文書法の規制緩和で変わる帳票運用
【東京:7/17(金)】【福岡:7/24(金)】【名古屋:7/29(水)】【大阪:7/31(金)】(2015/6/16)

honto pocketに新タイトル追加、ネット販売も
電子書籍が発売されている87冊と今回初めて電子化した13冊の計100冊を収録した『山岡荘八歴史文庫全集』を発売。(2015/6/5)

車載情報機器:
新型「ロードスター」が説明書を電子化、紙の説明書も廃止せず
マツダは、新型「マツダ ロードスター」から、車両の使用方法やメンテナンス方法などを、インターネットを活用してより確認しやすくした「電子取扱説明書」を導入したと発表した。なお、印刷した紙の説明書も納車時に渡しており、電子版の説明書が新たに加わった形になる。(2015/6/2)

村上春樹作品、初の電子化 読者の質問に答える「村上さんのところ」を完全収録
村上春樹さんが読者の質問に答えるWebサイト「村上さんのところ」が単行本と電子書籍として発売される。同氏の作品として国内初の電子化だ。(2015/4/30)

レオパレスが賃貸契約にクラウド活用 電子化を推進へ
紙でのやり取りが義務付けられていた契約文書を電子化が可能になり、不動産賃貸業界では初めてクラウドを利用した電子化を推進する。(2015/4/9)

医療IT最新トピック
「スマホ世代の子育て支援策」 母子手帳を電子化した千葉県柏市で始まる
電子母子手帳サービスを試験導入した千葉県柏市の取り組み、ソニーの電子お薬手帳の試験エリア拡大、従業員の健康管理業務を代行するクラウドサービスなど、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/4/8)

『学研まんが世界の歴史』シリーズが電子化、全15巻を順次配信
配信を記念して、1巻〜3巻を200円で配信している。(2015/4/6)

スティーブン・キング『シャイニング』など、日本語版9タイトルが初の電子化
“モダン・ホラーの帝王”と称されるキングの傑作を電子書籍で。(2015/4/6)

プランゲ文庫や日本占領関係資料など電子化 国立国会図書館デジタルコレクション
一部はWebサイトから閲覧可能、そのほかのものは国会国立図書館の館内でのみ閲覧できる。(2015/3/18)

スマホでマイナンバーの収集が容易に? NTTデータが実証実験を公開
金融機関や企業には10月から国民へ通知される「マイナンバー」を収集する必要が生じるものの、大量の情報を安全で正確かつ効率的に収集する方法に課題を抱える。情報の電子化で解決を図るとするNTTデータが、グループ社員を対象にした実証実験の様子を公開した。(2015/3/10)

広がる地域特化型電子書籍ポータル、新たに「TAMA ebooks」がオープン
多摩地域の公的情報誌やパンフレットなどを電子化して掲載。掲載・閲覧ともに無料。(2015/3/2)

業界別に分冊化、時価総額順で掲載:
四季報が9業界の分冊で電子書籍に――業界地図も収録して分かりやすく
企業情報ハンドブックとして親しまれている『会社四季報』が電子書籍化された。単に紙を“電子化”しただけでなく、業界ごとに分冊化し、時価総額順での掲載、業界地図を収録するなど、業界全体の状況が把握しやすい工夫が凝らされている。(2015/3/2)

全ての漫画誌を電子化する――邁進する講談社、『Kiss』の電子版『EKiss』を配信開始
主要電子書店では、1巻無料配信や割引キャンペーンを開催中。(2015/2/27)

漫画家・花小路ゆみ インタビュー:
電子化が作品にチャンスを与える――出版されなかった『女神たちの二重奏』が単行本になるまで
実業之日本社の『漫画サンデー』で連載されたものの、単行本化されなかった作品『女神たちの二重奏』。同作はその後、漫画配信サービス「まんが王国」で爆発的な人気を得て、単行本の出版に至った。「女神たちの二重奏」とは一体どういう作品なのだろうか。作者の花小路ゆみさんに聞いた。(2015/2/20)

教育ITニュースフラッシュ
東京大学“高速自炊システム”の実力 分速250ページを無裁断で電子化
「WiMAX2+」経由で学内の教育・研究用ネットワークへアクセス可能にした九州大学の取り組みから、工学系研究室を横断検索できる名古屋大学の新Webサイト開設まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2015/2/20)

至高のITマリアージュ:
スキャナいらず!iPhone×Evernoteで「年賀状の電子化」がはかどる!
そういえば、年賀状の処理ってどうしてますか?(らいら)(2015/2/19)

劇画黎明期の貸本漫画専門誌『探偵ブック 影』、eBookJapanで配信
配信を記念し、貸本漫画の特集ページが公開されている。3号以降は底本を入手でき次第順次電子化していくという。(2015/2/10)

販促資料やマニュアルの電子化:
ビービーシステム、資料を電子化して営業ツールとして利用する「ContentsLook」を提供開始
ビービーシステムは2月6日、商材の販促資料やマニュアルを電子化してWindowsタブレットやPCに格納し、営業ツールとして活用できるソリューション「ContentsLook」の提供を開始した。クラウド型のサービスなので、初期費用は不要。(2015/2/6)

あの熱いバトルが甦る! 『爆球連発!!スーパービーダマン』の電子版が配信開始
作者の今賀俊が自ら電子化に乗り出した模様。(2015/1/29)

大型合併で4400人の社員教育を効率化 損保ジャパン日本興亜、“OJTマニュアル電子化への道”
合併で国内損害保険最大手となった損保ジャパン日本興亜。契約業務の統合で、“早期に4400人の社員教育”をする必要に迫られた同社事務企画部門が選んだのは、ベンチャー企業のクラウド型電子マニュアルサービスだった。(2015/1/19)

ホワイトペーパー:
電子カルテ導入、課題は投資コストの負荷
医療情報の電子化が進んでいるが、投資コスト、セキュリティなどさまざまな課題も浮き彫りになっている。医療ITセミナーの講演から課題解決の糸口を探る。(2015/1/9)

『グランドジャンプ』などラインアップ:
Amazon、漫画誌を無料配信する「Kindle無料マンガ雑誌」を開始
1号遅れながら無料で定期自動配信。『グランドジャンプ』の電子化は初で、独占配信となる。(2015/1/7)

講談社、全漫画雑誌を紙と同時に電子化へ 「ヤングマガジン」など3誌からスタート
講談社が6月までにすべてのコミック誌を電子化し、紙の雑誌と同時配信を始める。(2015/1/5)

J-SUMMITS 連載コラム「電気羊はユーザーメードがお好き!?」
病院内に存在する「超芸術トマソン」との正しい付き合い方
単に電子化しただけでは結局、誰のためにもならない。あまりに非実用的なシステムに遭遇したことはないだろうか。そうしたシステムとどう向き合い、改善していくべきかを探る。(2014/11/17)

学校案内など電子化し無料配信 学校eBooksが宮城でスタート
地域特化型電子書籍ポータルサイト「miyagi ebooks」を運営するソノベが新たに開設した。(2014/11/11)

今度の西尾維新は探偵モノ、『掟上今日子の備忘録』が紙と電子で同時発売
読者の希望に答え、西尾維新の作品が初の電子化。(2014/10/15)

未単行本化の雑誌連載マンガを電子化、アプリや電子書店で配信へ
雑誌で長期連載されたものの、諸事情により全話が単行本化されなかった名作マンガの完全版を制作し、スマートフォンアプリや電子書店へ配信するサービスがスタート。(2014/10/15)

EdTechフロントランナー【forEst編】
“重い参考書”にさよなら 類題も自動で見つけるデジタル参考書「ATLS」
市販の参考書を電子化し、類題の自動検索機能も備えたデジタル参考書サービスが、forEstの「ATLS」だ。高校生向けサービスでありながら、教育機関にも役立つ機能を備えたATLS。その可能性に迫る。(2014/10/6)

IT導入・活用事例ニュース:
日本医師会、治験に関する文書原本の電子化対応を開始
「カット・ドゥ・スクエア」サービスでの電子媒体による原本管理が可能になり、保管コストの削減や業務効率化などの効果を見込む。(2014/9/24)

対面業務の効率アップに貢献:
PR:“10枚まで超高速”の新鋭A4ドキュメントスキャナ――「Kodak ScanMate i1150」という選択
紙文書の電子化に必須のドキュメントスキャナ。ビジネスシーンではさまざまな用途で使われるデバイスだが、コダック アラリス ジャパンの「Kodak ScanMate i1150」は、特に対面業務で威力を発揮する新コンセプトの卓上A4ドキュメントスキャナだ。少部数のスキャンを高速化する特別なスキャンモードを備えている点に注目したい。(2014/9/24)

プロレス漫画『ウルティモ・スーパースター』が電子化、幻の最終回を収録
須田信太郎さんのプロレス漫画『ウルティモ・スーパースター』(全2巻)が電子化した。(2014/9/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。