ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フォーサーズ」最新記事一覧

どこから見る?:
2月12日開幕! CP+ 2015の出展概要と見どころまとめ
2月12日から15日までの4日間、パシフィコ横浜でカメラと写真用品のイベント「CP+ 2015」が開催される。主要なカメラメーカーや用品メーカーが勢ぞろいするイベントの見どころをまとめた。(2015/2/12)

パナソニック、世界初4/3型センサー搭載の高級コンパクト「LX100」発表
パナソニックが世界で初めてフォーサーズ規格と同サイズの4/3型センサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「LX100」を発売する。(2014/10/2)

JVCケンウッド、マイクロフォーサーズ規格に賛同(追記)
“Everio”ブランドのビデオカメラなどを手がけるJVCケンウッドが、マイクロフォーサーズ規格に賛同した。(2014/4/7)

実用度の高いハイエンドミラーレス 「OLYMPUS OM-D E-M1」
オリンパス「OLYMPUS OM-D E-M1」は同社最上位モデルであり、「実用機」としての存在感が強い本格的なフラッグシップ機。E-M5との比較も含めて、使用感をお伝えしたい。(2013/10/1)

E-5後継はなぜミラーレスなのか、ZUIKOレンズの今後は:
統合機でありフラッグシップ機――オリンパスに聞く「OM-D E-M1」
オリンパス「OLYMPUS OM-D E-M1」は“統合”のキーワードを掲げて登場するフラグシップであり、同社の大きな方針転換を示す1台でもある。同社開発本部長の要職にある杉田氏に話を聞いた。(2013/9/19)

写真で見る、「OLYMPUS OM-D E-M1」
オリンパスより発表された、マイクロフォーサーズ規格に準拠したデジタルカメラ「OLYMPUS OM-D E-M1」を写真で紹介する。(2013/9/11)

統合の強い意志を示す製品だ――「OLYMPUS OM-D E-M1」発表会
オリンパスが新製品「OLYMPUS OM-D E-M1」を発表した。その位置づけについて同社では「統合」とのキーワードで説明する。(2013/9/10)

オリンパスから「M.ZUIKO PRO」第一弾、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」
オリンパスが交換レンズ「M.ZUIKO PRO」シリーズを新設、第一弾として「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を投入する。(2013/9/10)

オリンパス、一眼レフを統合するフラグシップ「OLYMPUS OM-D E-M1」
オリンパスがミラーレス一眼のフラグシップ「OLYMPUS OM-D E-M1」を発売する。一眼レフ「E-5」の後継でもあり、「オリンパスの集大成」とも呼べる画質と技術を小型ボディに詰め込んだ。(2013/9/10)

オリンパスとパナソニック、共同でカメラクリーニングサービスを実施
オリンパスとパナソニックは1日限りの特別イベントとして、共同でフォーサーズ及びマイクロフォーサーズのカメラボディとレンズのクリーニングサービスを実施する。(2013/6/5)

ケンコー・トキナー、「Tマウント」にEOS M用とFUJIFILM X用を追加
ケンコー・トキナーは同社ブランドのミラーレンズや望遠鏡などを、カメラへ取り付けるための「Tマウント」に、 EOS M用とFUJIFILM X用を追加、販売を開始した。(2013/5/22)

“2013年型 DXフォーマット機”として進化したミドルクラス――ニコン「D7100」
名機と知られる「D7000」の後継、「D7100」は長所をもれなく継承し、ローパスレスや2410万画素センサー、クロップモードと個性も加味した。ミドルレンジのデジタル一眼レフとしては満足の進化といえよう。(2013/3/11)

“コダック”ブランド展開のJK Imagingなど5社、新たにm4/3規格へ参加
マイクロフォーサーズ規格へ“コダック”ブランドを展開するJK Imagingなど5社が新たに参加した。(2013/1/21)

photokina 2012:
オリンパス、PENシリーズ新製品と「STYLUS」を披露 フォーサーズについても言及
オリンパスはphotokina 2012に先立って開催したプレスカンファレンスにて、PENシリーズの新製品「E-PL5」「E-PM2」と、新ブランド「STYLUS」を冠した「XZ-2」を披露した。出席したオリンパスイメージングの小川社長はフォーサーズシステムについても言及した。(2012/9/18)

45メートル防水 「OM-D E-M5」用防水プロテクター「PT-EP8」発売日決定
「OLYMPUS OM-D E-M5」用の水深45メートル防水プロテクター、「PT-EP8」の発売日が決定した。(2012/7/5)

デジイチ初心者応援:
デジタルカメラの種類を知る
カメラ売り場に並ぶ「コンパクトデジカメ」や「ミラーレス一眼」、「デジタル一眼レフ」といった文字。サイズや機能、それぞれの特徴を確認して、デジタルカメラへの理解を深めていきしょう。(2012/3/21)

デジイチ初心者応援:
デジタルカメラのセンサーを知ろう
デジタルカメラの心臓部と言うべきセンサー(撮像素子)にはさまざまな種類があります。このセンサーの特徴を理解することで、カタログに記載されているカメラの特徴をつかみやすくなります。(2012/3/8)

ファーストインプレッション オリンパス「OLYMPUS OM-D E-M5」
CP+で人気だったカメラのひとつがオリンパス「OLYMPUS OM-D E-M5」。今回、そんなOM-Dを試用する機会があったので、簡単にリポートしたい。(2012/2/27)

CP+ 2012:
「OLYMPUS OM-D E-M5」大人気 平日にかかわらず体験コーナーには長蛇の列
CP+2012オリンパスブースの目玉はなんと言っても、発表されたばかりの「OLYMPUS OM-D E-M5」。体験コーナーには、平日ながら既に70分待ちの行列ができていた。(2012/2/9)

2011年注目したカメラ&トピックス(ライター荻窪編):
ミラーレスの1年だったなあ
「日本カメラ」誌にカメラオブザイヤーの候補をいくつか挙げてくれといわれて頭に思い浮かんだのが全部ミラーレスカメラだったという、そんな1年でありました。(2011/12/22)

長期試用リポート:
「Nikon 1 J1」第1回――仕事に使えるカメラか
ライトユーザー向けイメージの強い「Nikon 1 J1」だが、意外とニコンのスピリッツが詰まった骨太のカメラであることが分かった。条件の良くない屋内撮影では、どのような写りとなったか。(2011/11/24)

【記者の7つ道具】オリンパスショックは取材カメラ選びに影響するか?
ケータイからスマホというトレンドや、モバイルブロードバンドの実用化などが「記者の7つ道具」にも変化を与えていそうだ。リレー連載となる本企画の初回は、ITmedia エンタープライズ編集部の石森将文がお届けする。(2011/11/19)

矢野渉の「クラシック・デジカメで遊ぶ」:
ポロプリズムの復活――オリンパス「E-330」
オリンパス「E-330」といえば「ああ、あの」と思い起こす人、いまだ愛用している人もいるはずだ。ポロプリズム方式を採用した希少性は今でなお、輝きを失っていない。(2011/11/9)

“Auto110デジタル”じゃダメだ――「PENTAX Q」誕生秘話
世界最小最軽量を実現したレンズ交換式カメラ「PENTAX Q」。画質や操作性などにも興味は尽きないが、そもそも、なぜ「PENTAX Q」という新システムの開発に踏み切ったのかも興味深い。(2011/8/16)

CP+2011:
PENシリーズ好調のオリンパス、隠し球はM.ZUIKO単焦点レンズ
オリンパスブースは新製品「E-PL2」を含むPENシリーズと、i.ZUIKOレンズ搭載の高級コンパクト「XZ-1」を中心とした展示だが、“隠し球”として「M.ZUIKO DIGITAL」の単焦点レンズが参考展示されている。(2011/2/9)

価格比較:
ミドルクラス デジタル一眼、価格比較 2010冬
実売10万円を越えるミドルクラス製品は単純に価格だけをみれば決して安価とは言えないが、充実した機能を持つ製品が多く、実質的には一番のお買い得モデルがそろうクラスかもしれない。(2010/12/17)

オリンパス、ZUIKO DIGITALの能力をフルに引き出すフラグシップ「E-5」
オリンパスよりフラグシップ機「E-5」が登場。評価の高い防じん防滴性能はそのままに、新画像処理エンジンによる高画質や「PENシリーズ」で好評のアートフィルター、動画性能を1台に結実させた。(2010/9/14)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2010年8月2日〜8日):
NEX-5首位奪取、Photokinaでは何が飛び出すか勝手に予想
一眼クラスではNEX-5がついに首位奪取。しかし、来月には大型展示会「Photokina」が控えている。各社からどんな新製品が飛び出すか。(2010/8/11)

後悔しない「ミラーレス一眼」の選び方
ソニー「NEX」の登場もあり、「ミラーレス」と呼ばれるデジタルカメラが豊富になってきた。その特徴と各製品のポイントを確認し、「初めての一眼」としての買う際の選び方について考えてみよう。(2010/6/9)

新色用意のオリンパス「PEN Lite」限定パンケーキセット
オリンパスはデジタル一眼カメラ「OLYMPUS PEN Lite E-PL1」の限定版「OLYMPUS PEN Lite E-PL1 パンケーキセット」を販売する。新色「ルビーレッド」「ブルーブラック」も用意。(2010/5/20)

デジタルだからできること:
デジタル処理は再現性から作品性へ――オリンパス
近年のデジタル一眼を語る際、注目すべきはミラーレス機の躍進。なかでもオリンパスの「PEN」シリーズは大きなヒットを記録した。そのオリンパスが考える「デジタルだからできること」とは何だろうか。(2010/5/20)

CP+:
「いつでもどこでも一眼高画質」、ソニーが語るネオ一眼
ソニーが2010年中に「いつでもどこでも一眼高画質」をコンセプトにしたレンズ交換式小型カメラを発売する。気になるサイズは?マウントは?価格は?記者説明会で同社が質問に答えた。(2010/3/11)

専門用語なしで一眼の仕上がり、小さい“デジタルPen”「OLYMPUS PEN Lite E-PL1」
オリンパスよりマイクロフォーサーズ規格のデジタル一眼エントリーモデル「OLYMPUS PEN Lite E-PL1」が登場。小型化を進め、一眼に不慣れなひとでも扱いやすい新開発のインタフェースを備えた。(2010/2/3)

デジカメ動画活用塾:
第2回 デジイチ動画のキモ、オートフォーカスを知る
デジタル一眼で動画を撮影した際、ビデオカメラと比べて最も違和感を感じるのはオートフォーカスの速度だろう。その仕組みを知る。(2009/12/22)

レビュー:
オリンパス・ペン第2弾「E-P2」の進化ポイントは?
オリンパスのマイクロフォーサーズ第2弾「E-P2」が登場した。今年下半期のヒット作「E-P1」からどう進化し、なにが変わったのか。改良点を中心にE-P2のレビューをお伝えしよう。(2009/11/25)

価格比較:
マイクロフォーサーズ機、価格を比較
“ネオ一眼”ともよべる薄型/小型ボディ機の登場で注目を浴びるマイクロフォーサーズ規格のデジタル一眼。その最新価格を比較した。(2009/11/18)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第119回 自然と露出とシャッタースピードの関係
暑い夏も、もうじき終わり。さあ、カメラを持って、ちょっと足を伸ばして、自然を満喫しに出かけよう。(2009/8/27)

39名のアーティストが“ペン”E-P1とコラボするWebコンテンツ
オリンパスがデジタルカメラ「オリンパス・ペン E-P1」と著名アーティストのコラボレーションWebコンテンツ「OLYMPUS PEN artist’s Life Project」を開始する。(2009/7/24)

レビュー:
大人向けの趣味カメラ「オリンパス・ペン E-P1」を試す
コンパクトボディなのにレンズ交換ができ、大型センサーによる高画質を味わえるカメラ「オリンパス・ペン E-P1」を使ってみた。これまでのデジカメには不足していた、撮る楽しみと持つ喜びに満ちた逸品だ。(2009/7/10)

価格比較:
あこがれを手に入れる、フルサイズ一眼の価格を比較
これまでフルサイズ機といえば、プロ向けの高価な製品しか存在していなかったが、今では少し背伸びをすれば狙える。とはいえまだまだ高価。最新価格のチェックは欠かさずにいたい。(2009/7/2)

宮崎あおいさん「好きなのぜんぶ入り!」 オリンパス・ペン E-P1 発表会
「オリンパス・ペン E-P1」の発表会では同社の狙いや意気込み、マイクロフォーサーズ規格との関係性が語られた。CMキャラクターの宮崎あおいさんは「好きなのぜんぶ入り!」とお気に入りのご様子。(2009/6/16)

50年の時を経て:
“デジタルPen” 「オリンパス・ペン E-P1」登場
オリンパスからマイクロフォーサーズ規格に準拠した「オリンパス・ペン E-P1」が登場。小型化を進め、凝縮感にあふれるクラシカルなスタイルは「Pen F」を連想させる。(2009/6/16)

一眼レフでもコンデジでもない高性能デジカメ――パナソニック「DMC-GH1」
パナソニックの「DMC-GH1」は、レンズ交換ができるデジタル一眼カメラ。デジ一眼ふうのボディにHD動画機能などを備え、静止画も動画もハイレベルで楽しめるのが特徴だ。(2009/5/25)

レビュー:
旅行にも最適な小型ボディとバリアングル液晶――オリンパス「E-620」
オリンパス「E-620」は、“フリーアングルライブビュー”に対応したデジ一眼。小型軽量のエントリー機ながら、ミドルクラス機「E-30」と同等のアートフィルターなど、個性的な機能を満載する。(2009/5/13)

-コデラ的-Slow-Life-:
シンプルでレトロなデザイン、YASHICA Half17
フィルムを2分割し、通常の35mmフィルムで2倍の撮影ができるハーフカメラは、1950年代末から約10年間ブームとなった。ある日、老舗メーカー「ヤシカ」製ハーフカメラのジャンク品に出会った。筆者にとっては初のヤシカである。(2009/5/12)

オリンパス 「写真を掛け軸にする権利」などあたる、E-620キャンペーン
デジタル一眼レフカメラ「E-620」の発売を記念し、オリンパスが「写真を掛け軸にする権利」などが当たるキャンペーンを実施する。(2009/3/11)

オリンパス、E-620のタッチアンドトライイベントを開催
オリンパスイメージングはデジタル一眼レフカメラ「E-620」のタッチアンドトライイベントを開催する。開催場所は東京および大阪のオリンパスプラザ。(2009/2/24)

手ブレ補正内蔵デジ一眼では世界最小:
“Eシリーズのいいとこ取り”「E-620」
オリンパスがデジタル一眼レフ「E-620」を発売。E-420からは小型さ、E-520からは手ブレ補正、E-30からはバリアングル液晶にアートフィルターと、“Eシリーズのいいとこ取り”を実現した。(2009/2/24)

レビュー:
トイカメラやフィルムの味を表現するデジ一眼――オリンパス「E-30」
オリンパス「E-30」は、デジタルならではの仕掛けを満載するミドルクラスの一眼レフ機だ。中でも、ネガフィルムや高感度白黒フィルム、トイカメラの味わいを作り出すアートフィルター機能が楽しい。(2009/2/10)

いまさら聞けないデジタル家電の仕組みを解説:
“高画質スリム一眼”を実現する マイクロフォーサーズ
レンズ交換式のデジタル一眼レフカメラには、デジタル技術の特性を最大限生かすために策定された“フォーサーズシステム(以下、フォーサーズ)”という規格があります。今回は、それについて解説します。(2009/1/15)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。