ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

“35mmフィルム換算”とはどういう意味か?
(2017/7/4)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月12日〜6月18日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」2連勝
デジタル一眼ランキングは前回トップに返り咲いたキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が連勝。「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」も再びトップ10に入ってきた。(2017/6/23)

背景がきれいにぼけたポートレートを撮りたい! カメラ初心者に贈る超入門
(2017/5/5)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月17日〜4月23日):
デジタル一眼ランキング、好調のキヤノンにオリンパスが迫る
「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」と「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が3週連続で1位2位を守った。(2017/4/29)

プロ向け動画性能に実用的な6Kフォト、パナソニックの容赦ないフラッグシップ機「DC-GH5」
(2017/4/26)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月27日〜4月2日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」がすぐさま返り咲き
前回3カ月半ぶりの1位となったキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」はわずか1週でその座をキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」に返した。デジタル一眼/コンパクト両ランキングにおけるキヤノン勢の好調は続いている。(2017/4/10)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月6日〜3月12日):
キヤノン「EOS Kiss X7」連勝、オリンパス「PEN E-PL8」が6週ぶりトップ10入り
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が2連覇。オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」は約1カ月半ぶりのトップ10入り。(2017/3/21)

「背景がぼける写真を撮りたい」――そんなニーズに応える小型エントリー向けミラーレス、パナソニック「DC-GF9」
パナソニックが2年ぶりに小型軽量シンプル自撮りのエントリー向けミラーレス機「DC-GF9」を発売した。GF7との大きな違いは3つ。デザインと記録メディアの変更と4K対応だ。GF7との一番の差別化が4Kだといえる。(2017/2/21)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月23日〜1月29日):
デジタル一眼ランキングは落ち着いた動き、ニコン「D5500 ダブルズームキット」3連覇
デジタル一眼ランキングは上位が前回と変わりなく、下位も落ち着いた動きを見せた。ニコン「D5500 ダブルズームキット」が3週連続トップ。(2017/2/6)

手持ちでスローシャッターが切れるオリンパス「E-M1 MarkII」は“化け物”である
控えめにいっても、「OM-D E-M1 MarkII」は化け物である。特に手ブレ補正、AF、連写の3つがすごい。そしてプロ向けのフラッグシップモデルとしていろいろ進化した。(2017/1/20)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月2日〜1月8日):
デジタル一眼ランキングにオリンパスのミラーレス「PEN E-PL8」が初登場
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が2連覇。10位には2016年11月発売のオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が初ランクインした。(2017/1/16)

最強の“自撮り”ミラーレス!? カッコ良く進化したオリンパス 「PEN E-PL8」
手頃な価格でカジュアルに使えるオリンパス「PEN」のPLシリーズ。その8代目となる「E-PL8」はクラシック調のカメラっぽいテイストに変わった。ホワイト、ブラック、ブラウン。どれもシックで大人っぽい感じだ。(2017/1/16)

JVCケンウッド GW-MD100:
研究や計測にも適した4Kカメラモジュール
JVCケンウッドが、観測や監視などに利用できるレンズ交換式の4Kカメラモジュールを販売する。レンズマウントはマイクロフォーサーズ。(2017/1/13)

CES 2017:
パナソニック、4K/60p撮影に対応したミラーレス一眼「GH5」などを発表――テクニクスからも新コンポが登場
パナソニックがCES開幕前日のプレスカンファレンスでミラーレス一眼「GH5」を発表した。ビデオカメラ顔負けの高度な動画撮影機能を搭載。4K/60p動画撮影に加え、ファームウェアアップデートによりHLG方式の4K/HDR動画撮影も可能になる。(2017/1/5)

オーソドックスだからこそ“役に立つ”ミラーレス、パナソニック「DMC-G8」
オーソドックスなカメラスタイルのミラーレス機といえばパナソニックの“G”である。その最新モデルが「DMC-G8」だ。汎用性が高く、クセのない正常進化型でどんなシーンでも活躍してくれる。(2016/12/21)

PR:標準レンズ+1本でこんなに変わる!――オリンパス「PEN E-PL8」と一緒に男旅
「PL」シリーズの型番を持つ「PEN」っていうと女子向きカメラってイメージが強かったのだけど、実はそんなことない。質感がいい伝統的なカメラスタイルでカッコいいし、どこへも連れて行けて必要な時さっと撮れる機動力も魅力。小型でもレンズを交換できるミラーレス一眼ならではのひと味違う写真を撮ってしまおう。(2016/12/20)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月14日〜11月20日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」がまさかの急落
デジタル一眼ランキングは、前回11連覇を達成したキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が4位まで一気に後退した。パナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」が初のトップ3入り。(2016/11/29)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月7日〜11月13日):
デジタル一眼ランキング、トップ3動かず キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」11連覇
デジタル一眼ランキングは、前回からほとんど動きがなく、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が11連覇を達成した。トップ3もここ5週間変わっていない。(2016/11/21)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
iPhone 7 Plusの「ポートレートモード」を楽しく活用する方法
iOS 10.1がやってきて、iPhone 7 Plusで「ポートレートモード」が追加された。これを使って撮影すると「背景がボケる」のである。どこまで使えるのかをレビューした。(2016/11/11)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月24日〜10月30日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が9連覇
デジタル一眼ランキングは、前回とまったく変化がなかった。1位のキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」は10連覇にあと1週に迫った。コンパクトデジカメは、カシオの「EX-ZR210」が1位にランクアップした。(2016/11/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月1日〜8月6日):
オリンパス「PEN Lite E-PL7」が人気、2つのレンズキットが5週連続トップ10入り
デジタル一眼ランキングはオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が3連覇。もう1つのレンズキット「PEN Lite E-PL7 EZレンズキット」も5週連続でトップ10入りしている。(2016/8/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月25日〜7月31日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」2連覇
先週、初めてデジタル一眼ランキングを制したオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が2連勝。(2016/8/8)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月18日〜7月24日):
オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が初のトップ
デジタル一眼ランキングをオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が初制覇。オリンパス機が1位になるのは11カ月ぶり。(2016/8/1)

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(7月14日〜7月20日):
F2.8通しの標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/7/26)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第186回 曇天と水着とアングルの関係
回数を見て「ん?」と思った人もいるかもしれないが、1年ぶりとなったデジカメ撮影術は、13回目を迎えた海辺での水着撮影なのである。残念ながら今年は天気に恵まれなかったが、曇りなら曇りでいろいろと撮りようがあるのだ。(2016/7/18)

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(6月23日〜6月29日):
標準画角の単焦点レンズ「LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/7/5)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月20日〜6月26日):
一眼ランキング2位争い、オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」譲らず
デジタル一眼ランキング、先週初めて2位になったオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」は順位をキープ。トップ3は先週と同じ顔ぶれとなった。(2016/7/4)

PR:マイクロフォーサーズで“次の1本”を選ぶなら オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」はいかが?
レンズ交換式カメラの醍醐味は、明るい単焦点レンズにあると言っても過言ではない。単焦点レンズを1本買ってみると、キットレンズとしてボディーに付属する標準ズームレンズとはまた違った世界が撮れるようになる。(2016/6/24)

マイクロフォーサーズ対応の大口径広角レンズ「LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH.」登場
(2016/6/16)

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(6月2日〜6月8日):
広角単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/6/14)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月23日〜5月29日):
総合ランキングの上位陣変わらず、キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」2連勝
総合ランキングは先週返り咲いたキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が今週も制した。オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZレンズキット」は6週ぶりにトップ10入り。(2016/6/6)

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(5月12日〜5月18日):
望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/5/24)

交換レンズ百景:
マイクロフォーサーズで常用しやすい標準ズーム――パナソニック「LUMIX G VARIO 12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.」
サイズを優先した薄型の標準ズームより画質がよく、F2.8通しのハイエンド標準ズームより軽くて価格もリーズナブル。そんな使い勝手がよくてコストパフォーマンスが高いレンズが登場した。普段の撮影はこれ1本でだいたい済んでしまう万能さが魅力だ。(2016/5/19)

待望の“ストリートフォト一眼”「LUMIX GX7 Mark II」はどこが進化した?
“大人のマイクロフォーサーズ”として開発された「LUMIX GX7」の後継モデルとして、「LUMIX GX7 Mark II」が登場。ちょっと大ぶりだった「LUMIX GX8」とは異なり、GX7とほぼ変わらない大きさに最新のスペックを搭載している。(2016/5/18)

交換レンズ百景:
三脚なしで楽しめる超望遠600mm相当の世界――オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」
オリンパスの高級レンズ「M.ZUIKO PRO」シリーズ第5弾として登場したのは、600ミリ相当の超望遠レンズ。手持ちでもブレにくい強力な手ブレ補正機構が魅力の製品だ。(2016/5/10)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月11日〜4月17日):
オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZレンズキット」が1年4カ月ぶりにトップ10入り
今週は先週に続いて1、2位キヤノン、3、4位ニコンと、2社のつばぜり合いは収まる気配がない。(2016/4/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月4日〜4月10日):
総合ランキング、キヤノンとニコンの上位争いが続く
1位は12週連続でキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」だが、2、3、4位を巡りキヤノンとニコンが激しく競り合っている。(2016/4/18)

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(3月31日〜4月6日):
小型標準単焦点レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/4/12)

交換レンズ百景:
取り回しの良さが光るミラーレス向け大口径単焦点レンズ――シグマ「30mm F1.4 DC DN | Contemporary」
シグマのミラーレス一眼向けレンズのラインアップに、デジタル補正を積極活用することでコストをリーズナブルに抑えたレンズが加わった。「30mm F1.4 DC DN | Contemporary」は、明るい単焦点標準レンズを探していた人には気になる1本だろう。(2016/3/31)

交換レンズ百景:
手持ちで撮れる驚異的な超望遠ズーム――「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 ASPH. / POWER O.I.S.」
マイクロフォーサーズシステムならではの、とても面白いレンズが登場した。35mm判換算で200mm〜800mmという焦点距離を手持ちで撮れる、超望遠ズームレンズだ。今まで容易に見ることができなかった世界を垣間見ることができる。(2016/3/29)

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(3月10日〜3月16日):
ハイスペック電動ズーム「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/3/22)

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(2月18日〜2月24日):
F2.8通し、防じん・防滴・耐低温の「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/3/1)

プロはCP+ 2016をどう見たか 荻窪圭、三井公一が気になった製品を紹介
例年多くの人でにぎわう、写真とカメラのイベント「CP+ 2016」。普段から製品レビューなどでカメラやレンズ、アクセサリー類に触れているプロは、展示のどこに目を引かれたのか。初日を終えた25日の夜に話を聞いた。(2016/2/26)

シグマ、APS-Cカメラおよびミラーレスカメラ向けの大口径レンズ2本を発表
シグマが、APS-Cセンサー採用カメラ向けの大口径ズームレンズ「SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM」と、ミラーレスカメラ向けの単焦点レンズ「SIGMA 30mm F1.4 DC DN」を発表した。(2016/2/23)

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(1月28日〜2月3日):
防じん・防滴仕様の電動ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/2/9)

プロも認める、Xシリーズ史上最高の描写を実現した「FUJIFILM X-Pro2」
世界中のプロに認められたXシリーズにさらに磨きがかかった。虚飾を排して「撮るための道具」として正常進化を遂げた「FUJIFILM X-Pro2」は、久しぶりに欲しいと思ったカメラだ。(2016/2/7)

カメラファンを魅了する、質感の高いPEN――オリンパス「PEN-F」
半世紀前に誕生した世界初のハーフサイズ一眼レフの名を継承したPENシリーズの最高峰。シリーズ初搭載のファインダーが、往年のカメラ好きの心を震わせるメカっぽいデザインや操作系にマッチして心地よい。(2016/2/3)

オリンパス、レンジファインダースタイルのミラーレス一眼「PEN-F」を発表
懐かしのハーフサイズカメラと同じ名を冠したミラーレス一眼「PEN-F」がオリンパスから登場。これまでのPENとは異なる、質感の高い通好みのカメラだ。(2016/1/27)

中古カメラレンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(1月7日〜1月13日):
高速&静音AFが特徴の単焦点レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 シルバー」が1位
マップカメラで取り扱う中古カメラレンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/1/19)

600ミリ相当で光学式手ブレ補正搭載 超望遠レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」登場
オリンパスから、最高の画質と最強の手ブレ補正機能を備えた超望遠レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」が登場。35ミリ判換算で600ミリの焦点距離を持つレンズが2月下旬から販売を開始する。(2016/1/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。