ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Galaxy S」最新記事一覧

「Galaxy S8」の虹彩認証、「写真でだませた」と独ハッキンググループ
かつて「iPhone 5s」の指紋認証を破ったハッキンググループCCCが、今度は「Galaxy S8」の虹彩認証を、Samsungのプリンタで出力した目の写真とコンタクトレンズでだませたとして動画を公開した。(2017/5/24)

ドコモが2017年夏モデルを発表 「Galaxy S8/S8+」「Xperia XZ Premium」「AQUOS R」など8機種が新登場【画像追加】
ドコモが2017年夏商戦向けの新モデルを発表した。スマートフォン7機種、タブレット1機種が新たに登場するほか、既存の1機種に新色を追加する。(2017/5/24)

Gear VRプレゼントキャンペーンも:
ドコモから「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が登場 6月上旬発売予定
NTTドコモから「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が6月上旬に登場する。S8+については、下り最大788Mbpsのモバイル通信に対応する。(2017/5/24)

auが「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を6月8日発売 記念プレゼントも
auから「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が登場する。発売記念のGear VRプレゼントキャンペーンに加えて、購入者先着順の保護ケースプレゼントも実施する。(2017/5/23)

音声アシスタント「Bixby」の能力は未知数
徹底レビュー:「Galaxy S8」、“ほぼベゼルレス”な縦長ディスプレイのインパクト
Samsung Electronicsの「Galaxy S8」は最高クラスのパフォーマンスを備えている。安価ではないが、金額に見合う価値のある製品であることは間違いないだろう。(2017/5/20)

Google I/O 2017:
「Daydream」にスマホ・PCレスの「スタンドアロンVR」登場 Galaxy S8/S8+対応も AR「Tango」は着実に進化
(2017/5/18)

2年ぶりのフルモデルチェンジ、「Infinity Display」に込めた思い 開発陣に聞く「Galaxy S8/S8+」
日本への投入も期待されるSamsungの新型スマートフォン「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」。同社が「Infinity Display」と呼ぶ、18.5:9の縦長ディスプレイが目を引く。2年ぶりのフルモデルチェンジを果たした本機の開発秘話をSamsung担当者に聞いた。(2017/5/17)

ソフトバンクの「Galaxy S6 edge」がAndroid 7.0にバージョンアップ
ソフトバンクの「Galaxy S6 edge」に、Android 7.0へのバージョンアップが提供された。(2017/5/11)

Samsung、「Galaxy S8/S8+」のSIMロック解除モデルを米国で発売へ
Samsung Electronicsがフラッグシップ端末「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」のアンロック(SIM解除)モデルの予約を米国で開始した。出荷は5月31日から。キャリアのSIMモデルより約20ドル安い。(2017/5/10)

「Galaxy S8/S8+」の音声アシスタント「Bixby Voice」まずは韓国語で提供開始
SamsungのAIアシスタント「Bixby」の音声アシスタント機能が、まずは韓国で「Galaxy S8/S8+」に追加された。側面の専用ボタンで起動できる。上半期中に英語もサポートする見込みだ。(2017/5/2)

「Galaxy S8/S8+」、「Google Play Music」がデフォルト音楽アプリに
GoogleとSamsungの協力で、「Google Play Music」が「Galaxy S8」以降のスマートフォンとタブレットのデフォルト音楽アプリになった。Bixbyでも操作できるようになる見込み。(2017/4/24)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
発売直前の「Galaxy S8」、中国深センのケース問屋も準備OK
間もなく発売される、Samsungの「Galaxy S8」。中国深センの問屋でも、Galaxy S8のカバーやモックアップが売られています。せっかくなので購入してみました。(2017/4/23)

auの「Galaxy S6 edge」、Android 7.0にバージョンアップ
KDDIは、サムスン電子製スマートフォン「Galaxy S6 edge SCV31」のOSアップデートを実施。Android 7.0へ更新し、より使いやすさを向上させる。(2017/4/13)

SamsungのAIアシスタント「Bixby」、音声機能は「Galaxy S8」発売には間に合わず
4月21日発売の「Galaxy S8/S8+」には、Samsung独自の音声アシスタント「Bixby Voice」はプリインストールされないことが明らかになった。(2017/4/12)

称賛せざるを得ない仕上がりだが不確定要素も
徹底レビュー:「Galaxy S8」、Samsung史上最高の主力機種を詳しく見る
「Galaxy Note 7」で信頼を大きく損なったSamsung Electronicsが、2017年に主力製品「Samsung Galaxy S8」と「Samsung Galaxy S8 Plus」をリリースする。両機種をレビューした。(2017/4/8)

石川温のスマホ業界新聞:
狭額縁化で物理的ホームボタンが消滅したGalaxy S8――現実味を帯びてきた9月登場iPhone 8の「ホームボタンが消滅する」という噂
Samsung Electronicsの「Galaxy S8」「Galaxy S8+」は、画面の縦長化によるボディーサイズ増加を抑制するため、シリーズとしては初めてナビゲーションキーが画面内に移った。その姿は、ネット上でうわさされている「次世代iPhone」と良く似ているのだ。(2017/4/7)

「品質」「安全性」「技巧」――「Galaxy S8/S8+」に込められたもの
世界中から報道関係者などを集めて行われた「Galaxy Unpacked 2017」。Samsung Electronicsは新製品にどのようなメッセージを込めたのだろうか。(2017/4/4)

Mobile Weekly Top10:
世界中から注目される「Galaxy S8/S8+」/「格安SIM」の通信速度について
ついに「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が発表されました。発表会は米国・ニューヨークで行われましたが、世界中から多くの報道関係者が集まりました。(2017/4/3)

「Galaxy S8」の顔認証は写真でだませる(デモ動画あり)
Samsungが4月21日に発売する新フラッグシップ端末「Galaxy S8」の顔認証によるホーム画面起動は、顔写真でも可能であると、メキシコのメディアが非製品版端末を使ったデモ動画を公開した。(2017/4/3)

ついに発表! 「Galaxy S8」「Galaxy S8+」の気になる点を写真でチェック
ついに登場した「Galaxy S8」「Galaxy S8+」。Infinity Displayの採用など、いろいろと目を見張る点は多い。さっそく写真で気になるポイントをチェックしていこう。(2017/3/30)

AIを搭載:
「Galaxy S8」発表 Samsung、発火問題からの失地回復狙う
Samsungが「Galaxy S8」を発表。「Note 7」の発火問題で追い込まれた同社の失地回復なるか。(2017/3/30)

「Galaxy S8/S8+」を大画面につなげてPC代わりに使える「Samsung DeX」
Samsungが、新Galaxy端末をHDMIでディスプレイにつなぎ、Bluetoothキーボード+マウスとも接続してデスクトップPCのように使えるようにする「Samsung DeX」のステーションを4月21日に発売する。まずはMicrosoft OfficeやAdobeのアプリのモバイル版が対応した。(2017/3/30)

Samsung、コントローラ付き新「Gear VR」を4月21日発売へ コントローラ単体も購入可能に
Samsungが、Galaxy S8/S8+で使える新「Gear VR」を4月21日に発売する。コントローラ付きで米国では129.99ドル。コントローラ単体も39.99ドルで販売する見込みだ。(2017/3/30)

Galaxy S7 edgeとスペックを比較 「Galaxy S8/S8+」はココが進化した
(2017/3/30)

Samsung、「Galaxy S8/S8+」発表 2サイズでベゼルレス 物理ホームボタンは廃止
Galaxyシリーズの新モデル「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が発表された。(2017/3/30)

新型「Gear 360」も登場:
Samsung、フラッグシップスマホ「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を発表 大画面とスリムさを両立
Galaxyシリーズのフラッグシップモデルの第8世代が登場する。画面比9:18.5の「Infinity Display」と、フレーム部を極限まで削減したガラス×アルミのシームレスボディーが大きな特徴だ。(2017/3/30)

ドコモ、「Galaxy S7 edge SC-02H」のOSバージョンアップを再開 バージョンアップ済み端末用ソフト更新も
一時中断していた「Galaxy S7 edge SC-02H」のOSバージョンアップが、原因となっていた不具合対策が完了したことから再開した。同時に、OSバージョンアップ済みの端末に対するソフトウェア更新の配布も始まった。(2017/3/29)

信頼回復の鍵に:
Samsung、29日に「Galaxy S8」発表 安全性強調せず
Samsungが3月29日、新型スマホ「Galaxy S8」を米国で発表する。(2017/3/29)

ドコモの「Galaxy S7 edge」、Android 7.0バージョンアップを一時停止
端末が正常に動作しない不具合が発覚したため。(2017/3/27)

Samsung、独自AIアシスタント「Bixby」正式発表 まずは「Galaxy S8」に搭載
Samsungが来週発表する予定の「Galaxy S8」に搭載する独自AIアシスタント「Bixby」について発表した。Galxy S8にはBixbyを呼び出すためのボタンが付く。(2017/3/21)

ドコモ、「Galaxy S7 edge SC-02H」をAndroid 7.0へアップデート
NTTドコモは、3月16日に「Galaxy S7 edge SC-02H」のOSをAndroid 7.0にバージョンアップ。マルチウィンドウ対応や省電力機能の強化などが行われる。(2017/3/16)

auの「Galaxy S7 edge SCV33」、Android 7.0にバージョンアップ可能に
KDDIは、スマートフォン「Galaxy S7 edge SCV33」のOSアップデートを実施。Android 7.0への更新後は設定メニューの変更など、より使いやすさが向上する。(2017/3/15)

「Galaxy S7 edge」「Galaxy Gear S3」がiFデザイン賞を受賞
サムスン電子のスマートフォン「Galaxy S7 edge」と、スマートウォッチ「Galaxy Gear S3」がiFデザインアワードを受賞した。(2017/3/13)

3月29日に「Samsung Galaxy Unpacked 2017」開催 「Galaxy S8」発表か
(2017/2/27)

Samsung、おそらく「Galaxy S8」を発表するイベントを3月29日に開催と発表
Samsungが日本時間の3月30日午前0時から、Galaxy関連のイベントを開催する。ティーザー動画にはベゼルレスでホームボタンのないスマートフォンのシルエットが表示され、「Galaxy S8」の発表イベントであることはほぼ確実だ。(2017/2/27)

「Galaxy S8」は3月発表で新AIアシスタント「Bixby」搭載?
Samsungは3月にニューヨークでイベントを開催し、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」を発表するとWall Street Journalが報じた。新端末は独自のAIアシスタント「Bixby」を搭載し、大小2モデルとも曲面ディスプレイでホームボタンがないという。(2017/2/12)

「Noteブランドは捨てない」とSamsung Mobile社長
「Galaxy Note7」の発火問題の原因と対策を発表したSamsungは、Noteブランドを維持し、「Galaxy Note 8」を発売する計画を明らかにした。また、例年2月のMWCで発表してきた「Galaxy S」シリーズの最新モデル「Galaxy S8」は、事故を繰り返さないために慎重に準備するため、2月には発表しないとしている。(2017/1/24)

Samsung、Galaxy端末に「Android 7.0 Nougat」配信開始
Samsungが、まずは「Galaxy S7」および「Galaxy S7 edge」への「Android 7.0 Nougat」のOTAアップデートを開始した。アップデート予定の端末リストも公開した。(2017/1/20)

ふぉーんなハナシ:
SIMロック解除したドコモスマホで他社のVoLTE SIMがうまく動かない場合の解決方法
Galaxy Studioで購入した「Galaxy S7 edge SC-02H」のSIMロックを解除しました。さっそくauのVoLTE対応SIMカードを入れてみたところ、何か様子が変なのです……。(2017/1/13)

“Galaxy S8”の画像、ケースメーカーからリーク 指紋認証はどこで?
Samsungの次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」とみられるレンダリング画像が、ケースメーカーからリークしたと米BGRが画像付きで報じた。ホームボタンがなく、背面にも指紋センサーがない。(2017/1/12)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
2016年のスマホカメラ四天王「iPhone 7 Plus」「Xperia XZ」「Galaxy S7 edge」「HUAWEI P9」徹底比較(後編)
年末企画ということで、2016年のスマホカメラ四天王の4台を比較してみた。取り上げるのはiPhone 7 Plus、Xperia XZ、Galaxy S7 edge、HUAWEI P9の4機種。後編では自撮りや夜景を比べた。(2016/12/30)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
2016年のスマホカメラ四天王「iPhone 7 Plus」「Xperia XZ」「Galaxy S7 edge」「HUAWEI P9」徹底比較(前編)
年末企画ということで、2016年のスマホカメラ四天王の4台を比較してみた。取り上げるのはiPhone 7 Plus、Xperia XZ、Galaxy S7 edge、HUAWEI P9の4機種。前編では人物や背景ボカシを比べた。(2016/12/28)

「Galaxy S8」はついにホームボタンなしで狭額縁に
Samsungが例年上半期に発売するフラッグシップの次期モデル「Galaxy S8」は、物理的なホームボタンがなくなり、いわゆる狭額縁ディスプレイになるとBloombergが報じた。また、SamMobileによると、Appleに続いて3.5インチヘッドフォンジャックを排除するという。(2016/12/9)

Spigen、Galaxy S7 edgeの新色にあわせたブルーコーラルカラーのケースを発売
Spigenは、Galaxy S7 edgeの新色「ブルーコーラルカラー」にあわせたカラーのケースを発売。ラインアップは「ネオ・ハイブリッド」「タフ・アーマー」「スリム・アーマー」「スリム・アーマーCS」など。(2016/12/9)

auの「Galaxy S7 edge」新色も12月8日発売 一括5万9400円(税込)
auの「Galaxy S7 edge」新色「Blue Coral」も12月8日に発売される。価格は一括5万9400円(税込)。5月の発売時よりも安くなっている。(2016/12/5)

ドコモ、「Galaxy S7 edge」の新色「Blue Coral」を12月8日発売 一括価格は9万円台半ば
ドコモの「Galaxy S7 edge SC-02H」の新色「Blue Coral」の発売日が決定した。直販価格や月々サポートの金額は、既存の3色と同様となる。(2016/11/30)

Mobile Weekly Top10:
「メタモン」「感謝祭」で再び注目を集めたPokemon GO/Galaxy S7 edgeに新色
11月23日から30日まで、Pokemon GOで「XP(経験値)」と「ほしのすな」が通常の2倍もらえるイベントが開催されています。それに合わせて、あの“へんしんポケモン”がついに登場し……。(2016/11/28)

「Galaxy S7 edge」の新色「Blue Coral」が登場――ドコモとauから
ドコモとKDDIが、「Galaxy S7 edge」の新色「Blue Coral」を12月上旬に発売する。「Gear VR」を購入者にプレゼントするキャンペーンも実施する。(2016/11/22)

Samsung、「Galaxy S8」に独自(Vivの)AIアシスタント搭載へ
「Galaxy Note7」の発火問題と苦闘するSamsung Electronicsが、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」の新機能を予告した。10月に買収したSiri開発者の新興企業Viv LabsのAIアシスタントを搭載する。(2016/11/7)

iPhone 7 PlusでもOK――マルチケース「Universal Folio Madison Collection」を使ってみた
マルチケースは、スマホのサイズや形状が違っても使い回せるのがメリット。KODAWARIが販売している「Universal Folio Madison Collection」は、高級牛革を使った手帳型のマルチ型ケース。iPhone 7 PlusやGalaxy S7 edgeを装着して試した。(2016/11/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。