ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Galaxy S7」最新記事一覧

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(16):
ムーアの法則は健在! 10nmに突入したGalaxy搭載プロセッサの変遷
今回はSamsung Electronicsの最新スマートフォン「Galaxy S8+」に搭載されているプロセッサ「Exynos8895」を中心に、Galaxy Sシリーズ搭載プロセッサの進化の変遷を見ていく。そこには、ムーアの法則の健在ぶりが垣間見えた。(2017/5/26)

トップ20にXperiaが9機種、Galaxyが6機種 ゲオのドコモ中古スマホ買取ランキング
ゲオは、5月24日時点での「NTTドコモ 中古スマートフォン買取価格ランキング/Android 部門」を発表。TOP20にXperiaが9機種、Galaxyが6機種ランクインしている。(2017/5/25)

ドコモが2017年夏モデルを発表 「Galaxy S8/S8+」「Xperia XZ Premium」「AQUOS R」など8機種が新登場【画像追加】
ドコモが2017年夏商戦向けの新モデルを発表した。スマートフォン7機種、タブレット1機種が新たに登場するほか、既存の1機種に新色を追加する。(2017/5/24)

Gear VRプレゼントキャンペーンも:
ドコモから「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が登場 6月上旬発売予定
NTTドコモから「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が6月上旬に登場する。S8+については、下り最大788Mbpsのモバイル通信に対応する。(2017/5/24)

auが「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を6月8日発売 記念プレゼントも
auから「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が登場する。発売記念のGear VRプレゼントキャンペーンに加えて、購入者先着順の保護ケースプレゼントも実施する。(2017/5/23)

音声アシスタント「Bixby」の能力は未知数
徹底レビュー:「Galaxy S8」、“ほぼベゼルレス”な縦長ディスプレイのインパクト
Samsung Electronicsの「Galaxy S8」は最高クラスのパフォーマンスを備えている。安価ではないが、金額に見合う価値のある製品であることは間違いないだろう。(2017/5/20)

日本仕様は「Galaxy」ロゴ付き:
サムスン電子、リモコン付き「Gear VR」と新型「Gear 360」を日本でも発売
サムスン電子ジャパンが、リモコン付き「Gear VR」と新型「Gear 360」を発売する。前者は5月23日に、後者は6月1日に全国の家電量販店と主なWeb通販サイトで販売を開始する予定だ。(2017/5/18)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
世界初のスマホも Samsung Innovation Museumに展示されていた歴史的な携帯電話たち
Samsung Electronicsの本社(韓国スウォン市)内にある「サムスン・イノベーション・ミュージアム」を訪れました。電気や通信の歴史を学べる場所です。もちろん歴代のSamsung製品もずらりと展示されています。(2017/5/2)

通信速度定点観測:
UQ mobileが絶好調、本家auに匹敵する速度――「格安SIM」の実効速度を比較(au回線3月編)
格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。3月のau回線を使ったサービスの測定結果を紹介しよう。(2017/5/1)

ドコモのiPhone 7が1位、6万円台に価格が下落 2017年4月中古携帯/スマホ売上ランキング
ムスビーの2017年4月中古携帯/スマホランキングでは、NTTドコモの機種がランキング上位を独占。iPhone 7は登場以来初の1位を獲得した。(2017/5/1)

GoogleのWWGC認証を取得 スマホ向けのダンボール製VRゴーグル「Milbox 2」
WHITEは、WWGC認証を取得したダンボール製のスマホ向けVRゴーグル「Milbox 2」を5月中旬に発売。3カラーを取りそろえ、法人向けに販促用オリジナルデザインでの制作サービスも提供する。(2017/4/25)

称賛せざるを得ない仕上がりだが不確定要素も
徹底レビュー:「Galaxy S8」、Samsung史上最高の主力機種を詳しく見る
「Galaxy Note 7」で信頼を大きく損なったSamsung Electronicsが、2017年に主力製品「Samsung Galaxy S8」と「Samsung Galaxy S8 Plus」をリリースする。両機種をレビューした。(2017/4/8)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
折りたたみガラホからWikoのスマホまで ミラノで見かけた楽しい端末たち
イタリアのミラノにも家電量販店がありますが、どんなスマートフォンが売られているのでしょうか? 日本に参入したばかりのあのメーカーの製品や、ガラホなどがずらりと売られていました。(2017/4/7)

「品質」「安全性」「技巧」――「Galaxy S8/S8+」に込められたもの
世界中から報道関係者などを集めて行われた「Galaxy Unpacked 2017」。Samsung Electronicsは新製品にどのようなメッセージを込めたのだろうか。(2017/4/4)

Mobile Weekly Top10:
世界中から注目される「Galaxy S8/S8+」/「格安SIM」の通信速度について
ついに「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が発表されました。発表会は米国・ニューヨークで行われましたが、世界中から多くの報道関係者が集まりました。(2017/4/3)

より手頃に、より持ちやすく、より使いやすく――新型「Gear 360」を写真でチェック
SamsungのVRカメラ「Gear 360」に新モデルが登場する。スペックと形状を最適化することで、よりリーズナブルな価格で手軽に360度の4K撮影を実現したことが大きな特徴だ。(2017/4/2)

ついに発表! 「Galaxy S8」「Galaxy S8+」の気になる点を写真でチェック
ついに登場した「Galaxy S8」「Galaxy S8+」。Infinity Displayの採用など、いろいろと目を見張る点は多い。さっそく写真で気になるポイントをチェックしていこう。(2017/3/30)

Galaxy S7 edgeとスペックを比較 「Galaxy S8/S8+」はココが進化した
(2017/3/30)

Samsung、「Galaxy S8/S8+」発表 2サイズでベゼルレス 物理ホームボタンは廃止
Galaxyシリーズの新モデル「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が発表された。(2017/3/30)

新型「Gear 360」も登場:
Samsung、フラッグシップスマホ「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を発表 大画面とスリムさを両立
Galaxyシリーズのフラッグシップモデルの第8世代が登場する。画面比9:18.5の「Infinity Display」と、フレーム部を極限まで削減したガラス×アルミのシームレスボディーが大きな特徴だ。(2017/3/30)

ドコモ、「Galaxy S7 edge SC-02H」のOSバージョンアップを再開 バージョンアップ済み端末用ソフト更新も
一時中断していた「Galaxy S7 edge SC-02H」のOSバージョンアップが、原因となっていた不具合対策が完了したことから再開した。同時に、OSバージョンアップ済みの端末に対するソフトウェア更新の配布も始まった。(2017/3/29)

Intelも加えた三つどもえ戦で:
Samsung、10nmプロセス技術開発でTSMCをリード
半導体分野のアナリストによると、10nmプロセスの開発では、Intel、Samsung Electronics、TSMCが三つどもえ戦を繰り広げているが、現在はSamsungが一歩先を行っているようだ。(2017/3/28)

ドコモの「Galaxy S7 edge」、Android 7.0バージョンアップを一時停止
端末が正常に動作しない不具合が発覚したため。(2017/3/27)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
とにかくすごい! 「Lightroom for iPhone」のHDR撮影を試してみる【追記あり】
Adobeの写真アプリ「Adobe Photoshop Lightroom」にモバイル版があるのはご存じだろうか? そのモバイル版に、2017年3月のバージョンアップでHDR撮影機能が実装された。これがとにかくすごいので、紹介するのである。(2017/3/26)

“空飛ぶ自撮りカメラ”登場 小型ドローンで上空から撮影
20メートルまで垂直飛行できる小型ドローンで、空中から“自撮り”できる。(2017/3/23)

Gigabit LTE、新しいVR体験、セキュリティ機能の強化 「Snapdragon 835」で変わること
最新のモバイルプロセッサ「Snapdragon 835」の性能が高いことは分かった。では、実際の利用シーンでどんなメリットがあるのか。Qualcommが中国・北京で開催した「Snapdragon 835 Benchmarking Workshop Beijing」で体験してきた。(2017/3/23)

Galaxy S7 edgeと比較:
「Snapdragon 835」の性能はどこまで向上した? ベンチマークテストを試す
Qualcommの最新プロセッサ「Snapdragon 835」の性能を体験できる「Benchmarking Workshop」に参加。小型化や低消費電力化が特徴だが、CPUの性能はどこまで上がっているのだろうか。各種ベンチマークアプリで試してみた。(2017/3/22)

ドコモ、「Galaxy S7 edge SC-02H」をAndroid 7.0へアップデート
NTTドコモは、3月16日に「Galaxy S7 edge SC-02H」のOSをAndroid 7.0にバージョンアップ。マルチウィンドウ対応や省電力機能の強化などが行われる。(2017/3/16)

auの「Galaxy S7 edge SCV33」、Android 7.0にバージョンアップ可能に
KDDIは、スマートフォン「Galaxy S7 edge SCV33」のOSアップデートを実施。Android 7.0への更新後は設定メニューの変更など、より使いやすさが向上する。(2017/3/15)

「Galaxy S7 edge」「Galaxy Gear S3」がiFデザイン賞を受賞
サムスン電子のスマートフォン「Galaxy S7 edge」と、スマートウォッチ「Galaxy Gear S3」がiFデザインアワードを受賞した。(2017/3/13)

プレミアムな「iPhone Edition」は、まだ開発段階? 現在の噂が混迷している原因判明
Apple Watchと同様のプレミアムモデル「Edition」がiPhoneに来る可能性が高い。そして様々なソースから出てきた次期iPhone情報をMACお宝らしく「鑑定」している。(2017/3/8)

「Lightroom Mobile」がRAW HDR撮影機能に対応 iOS/Android版ともに提供開始
(2017/3/7)

Mobile World Congress 2017:
「Xperia XZ Premium」がMWC 2017のベストスマートフォンに選出
(2017/3/3)

「Googleアシスタント」がAndroid 6.0以降のスマホにやってくる(まずは英語版)
Googleが、音声認識AIアシスタント「Googleアシスタント」を、Android 6.0以降搭載のスマートフォンでも使えるようにすると発表した。(2017/2/27)

防塵/防水があれば完璧だった
徹底レビュー:ダブルレンズカメラ搭載の頑丈スマホ「HUAWEI Mate 9」
「HUAWEI Mate 9」には革新的な実装はないものの、2017年のスマートフォンを代表する3つの機能が搭載されている。「極薄のベゼル」「人工知能(AI)」「ダブルレンズカメラ」だ。(2017/2/26)

Spigen、公式ストアでスマホケースとアクセサリーのセット販売を開始 最大20%オフ
Spigenが、公式ストア限定でスマホケースとアクセサリーのセット販売を開始する。それぞれを単品購入した時よりも最大で20%引きで購入できる。(2017/2/24)

手帳型スマホケース「ウォレットS」が最大78%引きで買える――Spigenの週替わりタイムセール第6弾
SpigenのAmazonストアで、シリーズ別ケースの週替わりタイムセールの第6弾が開催される。今回は手帳型ケース「ウォレットS」がセール対象で、2月17日から23日まで同ケースを最大78%引きで購入できる。(2017/2/17)

背面ガラスの次期iPhoneに無線充電器は同梱されない?
MACお宝鑑定団が独自につかんだ情報によれば、次期iPhoneは3サイズ。 Qi規格のワイヤレス充電対応モデルも。そしてその狙いはGalaxyからの乗り換え需要か?(2017/2/11)

Spigenの週替わりタイムセール、第4弾は「シン・フィット」シリーズが最大75%オフ
SpigenのAmazonストアが、シリーズ別のケース週替わりタイムセールの第4弾を開催する。今回は「シン・フィット」シリーズが最大75%引きで購入できる。期間は2月3日〜9日まで。(2017/2/3)

「iPhone 7」の成功を受け:
2016Q4のスマホシェア、AppleがSamsungを抜く
IDCが、2016第4四半期(10〜12月)におけるスマートフォンの出荷台数ランキングをまとめた。それによると、AppleがSamsung Electronicsを抜いて首位となった。(2017/2/2)

薄くてスタイリッシュ――Spigenの非接触充電パッド「F302W」を試す
Qi規格に対応した充電パッドは、機構上の都合から設置面積が大きい製品が多い。机に充電パッドを置く場所がない――そんな時に試してみたいのがSpigenの非接触充電パッド「F302W」だ。(2017/1/30)

「Chromebook Plus」「Chromebook Pro」を先取りレビュー
Androidアプリが使えるSamsung製“高級Chromebook”が登場、価格に見合う価値はある?
「Chromebook Plus/Pro」はAndroidアプリやスタイラスペンが利用できるなど機能は豊富だが、価格は450ドル以上と、300ドル前後が主流のChromebookの中では少々値が張る。その“プレミアム”さは本物か。(2017/1/21)

クラス最小の製品も――e☆イヤホンがRAVPowerブランドのモバイルバッテリー3機種を先行販売
ポータブルオーディオ専門店の「e☆イヤホン」は、国内独占先行販売企画シリーズとして、中国「RAVPower」ブランドのモバイルバッテリー3製品を発表した。翌21日からオンラインショップを含む全店舗で販売を開始する。(2017/1/20)

Spigen、Amazonストアの週替わりタイムセール第2弾を開催 「ネオ・ハイブリッド」シリーズが最大65%引き
Spigenは、全デバイスを対象としたシリーズ別ケースの週替わりタイムセールを開催。第2弾は「ネオ・ハイブリッド」シリーズで、最大65%オフで提供する。期間は1月20日〜26日まで。(2017/1/20)

Samsung、Galaxy端末に「Android 7.0 Nougat」配信開始
Samsungが、まずは「Galaxy S7」および「Galaxy S7 edge」への「Android 7.0 Nougat」のOTAアップデートを開始した。アップデート予定の端末リストも公開した。(2017/1/20)

ふぉーんなハナシ:
SIMロック解除したドコモスマホで他社のVoLTE SIMがうまく動かない場合の解決方法
Galaxy Studioで購入した「Galaxy S7 edge SC-02H」のSIMロックを解除しました。さっそくauのVoLTE対応SIMカードを入れてみたところ、何か様子が変なのです……。(2017/1/13)

Mobile Weekly Top10:
スマホの画面割れを防ごう/スマホは「カメラ」が命?
最近、画面の割れたスマートフォンを使っている人が多いですよね。画面が割れてしまう前にできる対策は、いろいろあるのです。(2017/1/11)

「auの学割天国」1月13日スタート 18歳以下のユーザーなら通話・データ込みで月額2980円から利用可能(条件あり)
au(KDDIと沖縄セルラー電話)の2017年の「学割」が発表された。18歳以下のユーザー向けの「学割天国U18」と、25歳以下のユーザー向けの「学割天国U25」の2本立てで、家族向けには機種変更時の割引・キャッシュバックキャンペーンを実施する。(2017/1/11)

Spigen、「Amazonランキング大賞2016」受賞記念セールを開催 対象ケースが最大半額に
SpigenのiPhone 6s用ケース「ラギッド・カプセル」「ウルトラ・ハイブリッド」が「Amazonランキング大賞2016」のケース・カバー部門で1位・2位を獲得した。それを記念して、各機種用のラギッドシリーズとウルトラ・ハイブリッドを最大半額で販売するセールが実施される。期間は1月9日まで。(2017/1/7)

CES 2017:
iPhone 7 Plusとの違いは?――「ZenFone 3 Zoom」のカメラを試す+「ZenFone AR」も
ASUSがCES 2017で発表した「ZenFone 3 Zoom」は、iPhone 7 Plusと同様のデュアルカメラを採用している。7 Plusのカメラとは何が違うのだろうか?(2017/1/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。