ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GIS」最新記事一覧

Geographic Information System/Geographical Information System

Database Watch(2014年10月版):
データベースバックアップ専用マシン、GISデータ分析をウォッチ
米国サンフランシスコで開催した「Oracle OpenWorld」からほぼ1カ月。日本へのフィードバックとして恒例になっている「Oracle Days Tokyo」が開催されました。オラクルの技術的なハイライトの他、「Zero Data Loss Recovery Appliance」の仕組みを見ていきます。(2014/10/24)

内部240Hz駆動で動画ブレ軽減:
EIZO、“衛星画像表示”に向く120Hz駆動対応のGIS市場向け23.5型フルHD液晶「FDF2405W」
EIZOは、産業用ディスプレイ「DuraVision」のラインアップに120Hz駆動対応の23.5型フルHD液晶ディスプレイ「FDF2405W」を追加した。(2013/8/29)

NTTデータ、Android向けのGISアプリを発売
施設管理や防災・危機管理などに利用される地理情報システムのデータをAndroid端末上で利用できるようになる。(2012/4/16)

日立ソリューションズが金融機関向けGISを発売、営業戦略の立案を支援
日立ソリューションズは、金融機関での営業活動を支援する「金融機関向け地図情報システム」を発売する。(2011/5/24)

GISデータのPDF化でフィールド業務での利用機会を拡大――日立ソリューションズ
PDFに位置情報を持たせることで、地理情報システムの利用機会を広げる仕組みを日立ソリューションズが開発した。(2011/1/17)

Webサイト間で位置情報を相互利用するGISゲートウェイサービスが開始
アイデアマンズら5社は、Webサイト間で位置情報を相互利用するためのGISアプリケーションゲートウェイサービスを開始した。(2007/9/14)

時間軸でも解析可能なGISソフト「MapInfo」が発売
ピツニーボウズ・マップインフォ・ジャパンは、新たに時間軸での解析機能を搭載した「MapInfo Professional」日本語版を発売する。(2007/9/3)

アイエニウェア・ソリューションズ、GISのコボプランを買収
アイエニウェア・ソリューションズはコボプランの買収により、GISと組み込みデータベース技術と組み合わせた製品展開を目指す。(2007/7/5)

アイティセレクト特選事例:株式会社東急レクリエーション
「シネコン」生き残りには何が決め手になるのか?――ASP型GISで商圏分析
シネマコンプレックス(複合映画施設)は郊外を中心に年々数を増やしている。同じエリアで別々の経営母体のシネコンが複数建設されることも珍しくなくなった。すでに集客力のあるシネコンがあるからといって、設置をためらっていては、商圏を拡大することはできない。「勝負できるロケーション」を見極めるためには、地理情報と顧客データを組み合わせて分析し、できるだけ素早い意志決定を下すことが勝負の分かれ目になる。(2007/3/26)

GIS向けの高精細な航空写真データライブラリを発売
NTTネオメイトとNTT-MEは従来よりも高精度のGIS向け航空写真データを発売する。(2007/3/20)

携帯電話とGISで、地図も業務報告もリアルタイムに――日立ソフト
日立ソフトは、携帯電話からリアルタイムにアクセスできるGIS製品を2007年に発売する。(2006/12/13)

地図情報がビジネスチャンスを見つけ出す! 第5回:
多様な提供形態をとる空間情報システム――国際航業
地図情報の王道であるGISを切り口に、先進的なベンダーの戦略を紹介しながら、現在と今後の地図情報の活用のあり方を見ていく。今回は用途別の膨大な地図データベース群をバックボーンに持つ国際航業のサービスを紹介する。(2006/9/19)

地図情報がビジネスチャンスを見つけ出す! 第4回:
多様な提供形態をとる空間情報システム――ジクー・データシステムズ
地図情報の王道であるGISを切り口に、先進的なベンダーの戦略を紹介しながら、現在と今後の地図情報の活用のあり方を見ていく。今回は2Dや3Dの大容量空間データを独自のフォーマットで格納する技術を持つジクー・データシステムズのサービスを紹介する。(2006/9/14)

地図情報がビジネスチャンスを見つけ出す! 第3回:
多様な提供形態をとる空間情報システム――東京ガス・エンジニアリング
地図情報の王道であるGISを切り口に、先進的なベンダーの戦略を紹介しながら、現在と今後の地図情報の活用のあり方を見ていく。今回はGISの機能を提供できるWebサービス『GeOAP』を展開する東京ガス・エンジニアリングのサービス内容を紹介する。(2006/9/11)

地図情報がビジネスチャンスを見つけ出す! 第2回:
多様な提供形態をとる空間情報システム――パスコ
地図情報の王道であるGISを切り口に、先進的なベンダーの戦略を紹介しながら、現在と今後の地図情報の活用のあり方を見ていく。今回はGISを構成する4つの要素のシステム開発力を強みとするパスコのサービスを紹介する。(2006/9/7)

「CADとClipper訴訟」のIntergraphを投資家グループが買収
CAD、ワークステーション、GISと長い歴史を持つ名門企業が買収された。(2006/9/1)

ホワイトペーパー:
GISでエリアマーケティングを実現
地域住民の特性を十分に理解した高度なエリアマーケティングを可能にする地理情報システムツールに注目しよう。国勢調査統計データおよびゼンリンの地図データを搭載し、きめ細かい分析ができる営業マン注目のツールだ。(2006/7/27)

ホワイトペーパー:
新世代のGISツール「TakumiMap」
匠技研の「TakumiMap」は、高度なエリアマーケティングを可能にするGISツール。国勢調査統計データおよびゼンリンの地図データを搭載し、きめ細かい分析が可能だ。(2006/4/27)

HP、B0対応のCADやGIS向け大判インクジェットプリンタを販売
建築や機械設計、地図作成用途を想定したB0判対応のインクジェットプリンタを日本ヒューレット・パッカードが販売。(2006/1/23)

ビジネスGISで経営革新に取り組む(後編):
ビジネスGISに必要な4要素
ビジネスGISは身近なところでも活用が進んできた。前編では活用事例を紹介したが、今回は「ビジネスGISに必要となる要素」、そして経営者にとって頼もしい参謀となる「ビジネスGISコーディネータ」について紹介しよう。(2005/10/21)

ビジネスGISで経営革新に取り組む(前編):
なんと「たこ焼き屋」がビジネスGIS
出店を間違えないためには商圏分析が重要だ。役所や図書館で統計資料から調べるよりも、低コストで、わかりやすく地図に表示され、さらにデータを重ね合わせて自由に集計することができるとしたら……。(2005/10/17)

日本ポラデジタル、GIS機能を搭載した最新版グラフィックソフト「CANVAS 9J GIS」を発売
日本ポラデジタルは、グラフィックソフト「CANVAS 9J GISアドバンス」を8月26日に発売する。最新版では、GIS情報を保持したまま、GeoTIFFやSHAPE形式で、読み込み/書き出しが可能だ。(2004/7/15)

高精細な3次元GISをPCでもスムーズに 日本SGIなどが開発キットを販売
高精細な3D地図をPC上でスムーズに動かせるツール。災害や事故などのシミュレーションをリアルに表示できる。カーナビ、オンラインゲーム、携帯電話のマンナビ機能での利用も視野に入れている。(2004/4/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。