ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「地図」最新記事一覧

方向音痴な人に朗報:
GoogleマップのAndroid版、“現在向いている方角”表示を▲からビームに変更して精度も表現
GoogleマップのAndroid版がアップデートされ、現在地を示す青い円の方向表示が矢印から懐中電灯のビームのようなものに変わった。ビームの幅が精度を表現し、精度が下がっている場合は端末を8の字回しすると修正できる。(2016/9/21)

Google、オフラインで使えるパーソナライズド旅行ガイドアプリ「Trips」をiOS/Androidで公開
「Google Trips」は、Gmailでの宿泊先やフライトの予約情報やGoogleマップの情報と連係し、旅行に必要な情報をまとめるiOS/Androidアプリ。まだ日本語化はされていないが、オフラインでも宿泊先や目的地の地図を表示できる。世界200都市については、1日観光プランなども提示する。(2016/9/20)

「ポケGO」最新版で“大きな”不具合 自キャラがマップ画面で巨人化する現象が確認される
その日人類が思い出しそう。(2016/9/14)

「iOS 10」配信開始――メッセージ、Siri、マップなど変更点多数
日本時間の9月14日、「iOS 10」の配信がスタートした。iOS 10では、ロック画面、Siri、写真アプリ、マップアプリ、Apple Music、メッセージアプリなどが拡張される。主な変更点をまとめた。(2016/9/14)

9月14日公開のiOS 10、日本の交通機関経路は10月提供開始か
公開が迫ったiOSのメジャーバージョンアップだが、MACお宝鑑定団によれば、地図アプリで4年ぶりの乗り換え機能復活は、少し遅れて10月になりそうだ。(2016/9/13)

「BLOOD+ 10周年ファンミーティング」レポート&キャラデザ箸井地図インタビュー
新作小説「BLOOD♯」などの発表も行われました!(2016/9/11)

津波で流された劇場も再現 Pokemon GOの地図は記憶紡ぐ遺産
Pokemon GOの地図上では、津波で流された劇場の写真と解説文が表示される。「ゲームを通じて、震災のことを感じてもらいたい」。(2016/9/9)

レアポケモンゲットの記念にどうぞ GoogleマップのタイムラインがポケモンGOの履歴を記録可能に
アクティビティから「ポケモンゲット」が選択可能に。(2016/9/6)

「ポケモンゲット」──Googleマップの「タイムライン」にPokemon GO履歴記録機能が
「Pokemon GO」でポケモンをゲットした位置と時間をGoogleマップの「タイムライン」に手動で記録できるようになった。(2016/9/6)

IT用語解説系マンガ:食べ超(99):
リモートワークは遠ければ遠いほど良い
地図に載っていなければなお良い。(2016/8/31)

「ポケモンGO」処分受けたアカウントを一部停止解除 外部マップツール利用に関連
外部のマップツールを使用していて停止措置を受けたアカウントが解除の対象となる。(2016/8/30)

「ガチャ」なくても利益出る 「Pokemon GO」大ヒットで業界に風穴 背景に「ポケモン」20年の歴史
20年間かけてポケットモンスターシリーズが築いてきた国際的人気に地図アプリなどの新技術が組み合わされ、Pokemon GOブームは国境を簡単に飛び越えた。(2016/8/26)

不評だったGoogleマップの“ロボ声”が元の肉声に復帰 声の主からの報告に喜びのツイート多数
ユーザーの要望を受けての処置と、公式にアナウンスされています。(2016/8/25)

ねっと部:
「ロボ声」が不評だったGoogleマップのナビ、野口美穂さんの声に戻る
「その先、右方向です」――「Googleマップ」のナビ音声が、ロボット音声から女性の肉声に戻った。(2016/8/25)

横須賀市が「ヨコスカGO宣言」 ポケモンGOマップ公開
「Ingress」と連携してきた経験を生かすとしています。(2016/8/23)

横須賀市が「ヨコスカGO宣言」 ポケストップ地図公開 Ingressの経験生かし
横須賀市は、「Pokemon GO」を通じて地域の理解を深めることなどを推奨する「ヨコスカGO宣言」を市長名で発表。ポケストップの地図も公開した。(2016/8/23)

日本通信の「Pokemon GO専用SIM」で地図が表示されない不具合
日本通信の「Pokemon GO」専用のSIMカード「b-mobile ゲームSIM」で、Pokemon GOの地図が正常に表示されない不具合が起きていた。(2016/8/16)

トレンドキーワードを知る:
エリアマーケティング――地域によって異なる戦略を立案するエリアマーケティングの意義とは?
地域(エリア)に関するさまざまな情報を調査し、地域の特性に合わせたビジネスを展開するためのマーケティング施策が「エリアマーケティング」である。古くから行われてきた手法だが、テクノロジーが進展した近年は、地図情報システムや統計解析によって確度のより高いマーケティング戦略を立案できるようになった。(2016/8/15)

「AppleがOSの一般向けプレビューを始めたのは“マップ”がきっかけ」──Fast Companyの幹部インタビューより
Appleが2014年にMac用OSで、2015年にはiOSで、一般向けのβプログラムを開始したきっかけになったのは、「iOS 6」でGoogle Mapsから移行したオリジナル「マップ」の悪評がきっかけだったと、同社のエディ・キュー上級副社長が語った。(2016/8/9)

マインクラフトってこんなに怖かったっけ……? ニコ生「マイクラ肝試し」の和風ホラーマップが雰囲気ある
怖いけど魅力的。(2016/8/4)

Uber、独自マッピングカーを米国外でも走行開始
Uberが、これまで依存してきたGoogle Mapsから独自の地図に移行する目的で2015年から米国でスタートした独自のマッピングカーの走行を世界に拡大する。このプロジェクトに5億ドル以上を投入するという。(2016/8/1)

ポケモンどこ? 地図で分かる「Pokevision」利用不能に 規約違反で規制か 「ゲームの楽しみ奪う」
「Pokemon GO」でポケモンがどこにいるのか地図上に表示する非公式のサービス「Pokevision」などが利用不能に。NianticがAPIをしゃ断した可能性もある。(2016/8/1)

これは冒険したくなる……! ポケモンGOの「マップBGM」をピアノで弾いた動画に胸おどる
なんだかとってもいい感じ〜!(2016/8/1)

「ポケモンGO」アップデートでバージョン0.31.0に マップのバグなど修正 iOS版は「バッテリーセーバー」が消滅
(※追記あり)初期化された場合は、一度サインアウトを試してみてください。(2016/7/31)

北海道の本気をみた! 道南・上ノ国町で町が率先して「ポケモンGO」に対応した観光マップを作成!
仕事が早い。(2016/7/30)

安全にプレイするには:
ポケモンGOで犯罪に巻き込まれないために覚えておきたいこと
ポケモンGOをするなということではありません。屋外には、広大な冒険マップがあるのと同時に、危険も隣り合わせで存在します。(2016/7/27)

「ポケモンGO」地図表示がおかしくなる不具合? ゲームは遊べるものの道が表示されず
Googleマップのアップデートと関連?(2016/7/26)

Googleマップ、道路の輪郭廃除などのデザイン変更でより見やすく 配色も変更
GoogleマップのAndroid/iOS/Webアプリのデザインが更新された。道路の縁取りがなくなり、フォントも変わった。これにより、スポットが集中する都会でも比較的見やすくなった。(2016/7/26)

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(7月14日〜7月20日):
F2.8通しの標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/7/26)

中古デジタルカメラ販売ランキング(7月14日〜7月20日):
キヤノン「EOS-1D X」が首位を継続 11週連続でランクイン中
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。キヤノンの旧フラグシップ機「EOS-1D X」が首位を獲得した。(2016/7/26)

「江戸川橋駅」はなぜ江戸川区にないのか? 地図から読み解く地理ミステリー「ジグソークーソー」の面白さ
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第72回は、ちょっと変わった“地図”ミステリー「ジグソークーソー 空想地図研究会」を紹介します。(2016/7/24)

Google、マップへのモバイルアプリからの情報追加・修正を簡易化
Googleマップのモバイル版で、場所情報の追加・修正の提案が簡易化された。まだ地図に載っていない場所を追加したり、お店の雰囲気を評価したりできる。いたずら防止のためのシステムも追加された。(2016/7/22)

花火大会の“穴場スポット”が分かる? 昨年の混雑推移、Yahoo!地図が公開
「Yahoo!地図」アプリに、昨年の花火大会の混雑推移を確認できる機能が加わった。混雑する時間帯を予測したり、鑑賞の“穴場スポット”を探すのに使えるという。(2016/7/21)

中古交換レンズ販売ランキング キヤノン編(7月7日〜7月13日):
安価な標準域の単焦点レンズ「EF50mm F1.8 II」が首位を獲得
 マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はキヤノンのEF/EF-S/EF-Mレンズのランキングをお届けする。(2016/7/20)

中古デジタルカメラ販売ランキング(7月7日〜7月13日):
在庫潤沢なキヤノン「EOS-1D X」が首位 ミラーレス、コンデジ勢の巻き返しも
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。中古市場に在庫が潤沢なキヤノンの旧フラグシップ機「EOS-1D X」が首位を獲得した。(2016/7/20)

TwitterやInstagramで人気の旅先を地図上でオススメ:
H.I.S.が「みんなで作ろう!ソーシャルマップ」を提供開始
エイチ・アイ・エスは、SNSで特に反響のあるスポットを地図上に表示するサービスSNAPLACEと共同で、「みんなで作ろう!ソーシャルマップ」を始動したと発表した。(2016/7/15)

「戦国無双」が「真田丸」とコラボ! 真田昌幸・幸村親子の戦いを大坂の陣まで描き切る
ドラマに提供されたものと同じ3Dマップを使用。(2016/7/14)

今年もやりまああああす! 「サマーウォーズ」の舞台・信州上田で3DAYSイベント、栄おばあちゃんの7回忌も
ロケ地マップもリニューアルして、聖地巡礼が捗りそう。(2016/7/14)

都営交通が105周年を記念した「一日乗車券」販売 収納ケースとミウラ折りの地下鉄マップ付き
抽選で「東京くみひも」のストラップ付ケースなど当たる。(2016/7/13)

「Android Auto」日本でスタート スマホアプリをナビから操作 日産・ホンダも対応
Androidスマートフォンをカーナビに接続し、GoogleマップなどのAndroidアプリをカーナビ画面から利用できる「Android Auto」の国内提供がスタートした。(2016/7/13)

中古交換レンズ販売ランキング ニコン編(6月30日〜7月6日):
F2.8通しの標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はニコン製レンズのランキングをお届けする。(2016/7/13)

中古デジタルカメラ販売ランキング(6月30日〜7月6日):
キヤノン「EOS 7D Mark II」が首位続投
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。継続的にランクインしているキヤノンの「EOS 7D Mark II」が2週連続首位を維持。2位にはキヤノン「EOS 5D Mark III」が続く。(2016/7/13)

ドコモ、日本百名山の通信可能エリアをマップ化
ドコモが日本百名山の通信エリアマップを7月8日に公開。公開時は33カ所を地図上で確認できる。(2016/7/12)

暑がりに朗報:
サンコー、夏の脇汗を解決する「脇の下クーラー」を発売
「脇の下クーラー」で地図模様の汗じみとおさらばしよう。(2016/7/6)

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(6月23日〜6月29日):
標準画角の単焦点レンズ「LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/7/5)

中古デジタルカメラ販売ランキング(6月23日〜6月29日):
1位はキヤノン「EOS 7D Mark II」、2位にはニコン「D7000」 APS-Cサイズの人気機種がワンツーフィニッシュ
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。継続的にランクインしているキヤノンの「EOS 7D Mark II」が首位を獲得。2位はニコンの「D7000」が獲得した。(2016/7/5)

GoogleマップのAndroid版、経路検索で寄り道ポイント追加が可能に
Android版Googleマップの経路検索で、複数の目的地を設定できるようになる。道順を変更することも、追加した目的地を削除することもできる。iOS版アプリにも間もなく追加される見込みだ。(2016/7/1)

ありがとうネイガー! 秋田のご当地ヒーロー「超神ネイガー」が秋田の“熊出没情報マップ”を公開
割りと本当に心強いネイガー。(2016/6/30)

ソフトバンク、災害時に家族の居場所確認が行える「みまもりマップ」を6月30日に提供開始
ソフトバンクは、災害発生時に家族でお互いの居場所をマップで確認でき、周囲に救援を求める「みまもりマップ」を6月30日から提供する。(2016/6/28)

ヤマトの荷物、どこまで来た? Yahoo!地図で分かる「宅配便検索」
配送中のヤマトの荷物がどの事業所やセンターまで到着しているかを地図上で確認できる「宅配便検索」機能が「Yahoo!地図」に加わった。(2016/6/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。