ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「時刻表」最新記事一覧

街中ロストガジェット:消えた「大将軍駅」最後の姿に見る“昭和の夢、昔の未来”
昭和のとある時期にだけ、姫路にモノレールが走っていた。たった2年間しか営業しなかった「大将軍駅」、取り壊し前の最初で最後の公開見学会をレポートする。(2016/8/25)

横浜駅ホームの案内板がなぜか“プロジェクションマッピング風”? JRに理由を聞いてみた
横浜駅の横須賀線ホームにちょっと変わった停車位置案内がある。気になったので取材してみたところ……。(2016/8/22)

佐賀県×おそ松さんのコラボ「さが松り」、公式サイトの縦スクロールがどこまでも続く大ボリュームで詳細を発表
スクロールする指が痛くなる。(2016/7/14)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(5):
岡山編:立ち乗客3人で「すげー満員じゃあ」――岡山の交通、住宅、生活事情
都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での実情を伝える本連載。岡山編第2回は、交通事情や住宅情報など、移住検討者が気になる情報をセキララにレポートする。(2016/7/6)

鉄道への“あい”が止まらないエビ中・廣田あいか、「JTB時刻表」をジャック
飯田線完乗に挑戦という企画に喜々として取り組むぁぃぁぃ。(2016/6/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「札幌駅に北海道新幹線のホームを作れない」は本当か?
JR北海道が「北海道新幹線の札幌駅は在来線に隣接できない」と言い出した。既定路線の撤回であり、乗り換えの利便性も低下する。札幌市と建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構が反発している。JR北海道の言い分「在来線の運行に支障がある」、これは本当だろうか。駅の線路配線図とダイヤから検証してみよう。(2016/5/27)

ニコニコ超会議2016:
やっぱり超会議号は寝台ですよ!――2年ぶりの夜行列車はやっぱりアツかった
萌えるよ583系やっぱり萌える電車寝台。(2016/4/29)

「AKB48センバツ総選挙」対策でJR東日本が臨時列車 上越新幹線など
JR東日本 新潟支社は6月18日に新潟市内で開催の「AKB48 センバツ総選挙」に合わせて臨時列車を運転すると発表した。(2016/4/27)

熊谷市「わくわく鉄道フェスタ2016」今年は5月21日開催 8000系や旧秩鉄カラーに塗り替えた電気機関車の展示も
記念品つきの謎解きゲームや、6000系台車ブレーキ操作体験もあって鉄分たっぷり。(2016/4/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
大規模災害を教訓に、貨物鉄道網の再整備を
赤字であっても鉄道が必要という自治体は多い。なぜなら道路だけでは緊急輸送に対応できないからだ。鉄道と道路で輸送路を二重化し、片方が不通になっても移動手段を確保したい。しかし全国の鉄道貨物輸送は短縮されたままになっている。(2016/4/22)

Google Keepにも“後で読む”機能追加 ラベルでの分類も可能に
GoogleのEvernote対抗メモツール「Google Keep」に、Webページをメモとラベル付きで保存する機能が追加された。Chromeブラウザの拡張機能も使えば、ほとんどの環境から後で読むためにWebページをラベル付きでGoogle Keepに保存できる。(2016/4/21)

乗換NAVITIMEの「電車混雑予測」が大幅リニューアル――対象路線拡大や混雑アイコンを表示
ナビタイムジャパンが「乗換NAVITIME」で提供している「電車混雑予測」機能が大幅リニューアル。予測対象路線を拡大し、ルート検索結果上で混雑アイコンを表示する。(2016/4/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
羽田空港を便利にする「たった200メートル」の延長線計画
国土交通大臣の諮問機関「交通政策審議会」が、2030年を見据えた東京圏の鉄道計画をまとめた。過去の「運輸政策審議会答申18号」をほぼ踏襲しているとはいえ、新しい計画も盛り込まれた。その中に、思わずニヤリとする項目を見つけた。(2016/4/15)

何時何分に列車が川を渡るか一目瞭然 「川の時刻表」、北海道新幹線など2線を加えた改訂版が登場
北海道観光に重宝しそう。(2016/4/12)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
寝台特急「カシオペア」が復活、次は東北・北海道新幹線の高速化だ
東京と札幌を結ぶ寝台特急「カシオペア」が早くも復活する。2016年3月、北海道新幹線の開業を理由に廃止された列車が、なぜ北海道新幹線開業後に復活できたか。その背景を考察すると、北海道新幹線の弱点「東京〜新函館北斗間、4時間の壁」も克服できそうだ。(2016/4/8)

JR東海、運転士にタブレット配布 手元で臨時情報を確認
JR東海が、在来線の運転士にタブレット端末を配布する。運転に関する情報や臨時の変更などを手元で確認できる。(2016/4/7)

寝台列車「カシオペア」、ツアー専用で“復活”
JR東日本は、3月に定期運行を終了した寝台特急「カシオペア」を臨時列車として“復活”する。(2016/4/6)

水曜インタビュー劇場(流れ星公演):
あなたの“願い”はかなう? 世界初の「人工流れ星」に驚き
2018年、人の手で流れ星が流れるかもしれない――。こんな話を聞くと「本当に?」と思われるかもしれないが、宇宙ベンチャーの「ALE(エール)」が開発しているという。「人工流れ星」とは、一体どんなモノなのか。岡島CEOに話を聞いた。(2016/4/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
迷走する長崎新幹線「リレー方式」に利用者のメリットなし
「長崎新幹線」こと九州新幹線(西九州ルート)は、フリーゲージトレインの開発が遅れて2022年の開業が難しくなった。そこでJR九州が提示した代案が「リレー方式」。列車を直通せずに途中駅で乗り換えを強いるという。そんな中途半端な新幹線はいらない。(2016/3/4)

「郵便ポスト」が手のひらサイズのカプセルトイに 日本郵便とタカラトミーがコラボ
タカラトミーアーツと日本郵便が「ミニ・郵便ポスト」など全5種をカプセル玩具で発売する。(2016/1/28)

ポストから配達員のヘルメット、ゆうパックダンボーもいるよ! 郵便局でおなじみのものがミニチュア化しガチャに登場
おうちが郵便局に。(2016/1/28)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(9):
原価低減に欠かせない科学的アプローチを学ぶ【後編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、3回にわたり「原価低減推進のために必要な科学的アプローチの手法」についてお伝えしています。後編となる今回は「ワークサンプリング法(WS法)の基礎理論」と「人−機械分析表」について解説します。(2016/1/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」 2016年新春特別編:
試される鉄路、北海道新幹線は「本当はできる子」
2016年3月に北海道新幹線が開業する。運営主体のJR北海道にとって、今までの事故、不祥事などの暗い過去から立ち直り、新たな一歩を踏み出すチャンスだ。公開された列車ダイヤと航空ダイヤを比較してみたら、もっと盛り上がっていいと思った。(2016/1/2)

アニメ好きも鉄道ファンもにっこり 「JTB時刻表」1月号が鉄道×アニメ特集で皆幸せになれそう
付録は、さまざまなアニメの鉄道が描かれたシーンを集めたカレンダー。(2015/12/22)

快速列車だけでなく、普通列車も通過する駅だった……  山田線の「秘境の駅」大志田駅・浅岸駅がダイヤ改正で廃止に
1日あたりの平均乗車人数が1人未満にまで減少していることから決定。なんだかさみしい。(2015/12/12)

Googleロゴが時刻表 よく見ると「うさぎ14号」に抜かれた「かめ12号」が終着で抜き返すおとぎ話あるある
「足柄山」発「月の都」着。(2015/10/5)

南海電鉄130年の軌跡を特集した『JTB時刻表』10月号 9月19日発売
創刊90周年プレゼントキャンペーン第3期やコラボCDの情報も掲載している。(2015/9/18)

マップの乗換案内やNewsアプリなど――日本で使えない「iOS 9」の新機能
iOS 9ではさまざまな新機能が提供されるが、一部は日本では利用できない。(2015/9/17)

ホワイトペーパー:
乗換案内サービス「駅探」が災害対策のバックアップにクラウドサービス採用を決めた理由とは
乗換案内サービスを提供する駅探は、災害対策強化のために遠隔バックアップを検討。同社が選んだのは、自社運用に比べ50%の運用コスト減が可能なクラウド型バックアップサービスだった。(2015/9/8)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(8):
原価低減に欠かせない科学的アプローチを学ぶ【中編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、前回から3回にわたり「原価低減推進のために必要な科学的アプローチの手法」についてお伝えしています。中編となる今回は「ワークサンプリング法(WS法)」について解説します。(2015/8/18)

「PC-NAVITIME」で国際線時刻表と航空券予約が可能に
ナビタイムジャパンが運営する「PC-NAVITIME」に、飛行機の「国際線時刻表」機能が追加された。ANAとJALは空席照会や航空券予約も可能に。(2015/8/14)

NAVITIME、高速バス予約サイト「高速バスドットコム」と連携――予約可能便数が約1800に
ナビタイムジャパンの各種サービスが、高速バス予約サイト「高速バスドットコム」と連携。予約可能便数が約200便から約1800便へ大幅増加する。(2015/6/25)

PR:「NAVITIME」「乗換NAVITIME」「カーナビタイム」はApple Watchと連携すればもっと便利に!
iPhone連携が可能なApple Watchは、「NAVITIME」「乗換NAVITIME」「カーナビタイム」に対応している。どんな機能を搭載しているのか紹介しよう。(2015/5/22)

時刻表がブックカバーに? 京都市交通局Webサイトで新サービス
デザインは、切符模様やPR企画「地下鉄に乗るっ」のキャラクターなど14種類。サイズも文庫や単行本など5種類から選べる。(2015/5/18)

「JR時刻表」がタブレットアプリに 「のぞみ号だけ」など絞り込み表示OK 「世界初」
月刊誌「JR時刻表」をタブレット向けアプリにした「デジタルJR時刻表」がリリース。「のぞみ号だけ」「東京駅発時刻だけ」など、特定の列車・特定の駅を絞り込んで表示できる。(2015/5/18)

京都市交通局の萌えキャラ「太秦萌」たちのブックカバーが無料配信中、時刻表やカレンダーも選べる
時刻表やカレンダーつきのブックカバーを作ることもできます。(2015/5/18)

R25スマホ情報局:
Apple Watch+アプリ、その使い道は?
Apple Watchの専用ストアでは、フィットネスから経路検索、ニュースまで、様々なアプリを提供中。Apple Watch単体で一体何ができるのか、ジャンルごとにその代表的な使い方を紹介しよう。(2015/5/11)

上野東京ライン開通につき東京駅は通過します――真っ昼間から相変わらずカオスな超会議号
毎年恒例の「超会議号」が今年も走る。「品川発→海浜幕張着」だが、どこを走るか分からない。あっちこっちを走り回った超会議号の明日はどっちだ。(2015/4/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京〜大阪間を3分短縮! 新幹線の高速化に挑み続けるJR東海
2015年3月のJRグループダイヤ改正で、東海道新幹線の最高速度は時速285キロメートルに引き上げられ、東京〜新大阪間の所要時間は3分短縮した。たった3分だけど、この数字には大きな意味があるのだ。(2015/4/24)

Apple Watch対応が進むiPhoneアプリ 腕でも見やすい?
Apple Watchで機能の一部が利用できたり、Apple Watch用に独自機能を用意したりするアプリが増えています。今回は、第2弾として編集部で確認できたApple Watch対応アプリを紹介します。(2015/4/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
KADOKAWAが「復刻版 戦中戦後時刻表」を“再復刻” ただし販売は未定
出版・映像メディア大手のKADOKAWAは、クラウドファンディングの手法を取り入れた受注販売サイトを3月30日に公開した。スタートアップの品目は3つ。その中に「復刻版 戦中戦後時刻表」がある。(2015/4/10)

電気自動車:
電気バスが「商用運行」、川崎で1日15便
東芝が電気バスの販売に乗り出した。同社初の商用電気バスは、川崎鶴見臨港バスに納入した「川崎スマートEVバス」である。2015年4月1日から営業運転を始め、定員56人の電気バスが、1周2.3kmの路線を1日15便運行する。(2015/4/3)

「NAVITIME」アプリがApple Watchに対応――時刻表の表示や乗降アラームなど
ナビゲーションアプリ「NAVITIME」を、Apple Watchで利用するためのアップデートが提供されている。(2015/3/30)

PR:地図&UI刷新でさらにスマートに――洗練された新しいNAVITIMEの魅力とは?
総合ナビゲーションアプリの「NAVITIME」がこの春、大きくバージョンアップ。iOS版、Android版ともに、さらに使いやすいアプリにリニューアルを果たした。新しいNAVITIMEはどこが変わったのか? その詳細を徹底リポートしたい。(2015/3/30)

iPhoneアプリがApple Watchに続々対応 意外な連携機能も!
一部のiPhoneアプリのアップデート版の中に、「Apple Watch対応」をうたうアプリが出てきました。具体的な機能を紹介しているものもあるので、まとめてご紹介します。(2015/3/27)

杉山淳一の時事日想:
寝台特急北斗星に乗り続けた画家、鈴木周作さんの「これから」
寝台特急北斗星は1988年3月に運行を開始し、2015年3月に定期運行を終え、8月に臨時列車としての運行も終了する。その27年間で457回も北斗星に乗った人がいる。(2015/3/13)

PR:かゆいところに手の届く機能が充実――新生活のお供に「NAVITIME」を入れよう
数あるナビサービスのなかでも人気の高い「NAVITIME」は、有料会員になることでより総合的なナビゲーション機能を利用できる。ルート検索だけでなく、多彩な検索に対応した有料会員向けメニューを使いこなして、新生活を満喫しよう。(2015/2/27)

直通4時間の旅「上野東京ライン」寝過ごしの恐怖をまとめてみた
宇都宮線・高崎線・東海道線の直通列車にはご注意を。(2015/2/24)

LINEやFacebookの写真も印刷OK――スマホ連携が魅力のエプソン製プリンター「EP-807」
スマホやタブレットとWi-Fi連携できるエプソン製プリンター「EP-807」は、端末内の写真だけでなく、LINEやFacebookなどに投稿した画像も簡単にワイヤレス印刷できる。その使い勝手を紹介しよう。(2015/2/3)

井の頭線ダイヤ改定 早朝時間帯の急行増発や終電時刻の延長も
これはうれしい!(2015/1/27)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。