ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「快感」最新記事一覧

科学のちからってすげー! レーザー光線でサビを取る動画が鮮やか&爽快
サビが一瞬にして焼き払われるこの快感。(2016/7/17)

憂鬱が快感にかわる瞬間が訪れる? 夏フェスにふさわしくない闇を抱えたアーティストのみが登場する「鬱フェス」が今年も開催される
夏フェスがあれば、鬱フェスもある。(2016/7/16)

ゾクゾクすんだろ? 山田孝之、突如として言葉責めの快感に目覚めてしまう
「あっ私Mだったんだ……」と新たな扉を開く人も。(2016/7/15)

医療技術ニュース:
大規模リン酸化プロテオミクス解析で快感を生み出すメカニズムを解明
名古屋大学は、独自に開発した大規模リン酸化プロテオミクス解析によって、脳内でドーパミンが快感を生み出すメカニズムを明らかにしたと発表。これまでの手法では困難だった報酬(快感)シグナルの同定に成功した。(2016/2/11)

「絶対にイカせてやる――」じゃねえよ! 快感で世界を救うひどすぎるヒーロー「自慰戦士テンガマン」爆誕
悔しい……でもなんかカッコイイ!(ビクンビクン)(2015/7/17)

湘南美容外科クリニック新宿本院で漫画1万3000冊超が読み放題に、NTTソルマーレがサービス提供
手持ちのスマートフォンやタブレットで『サラリーマン金太郎』『快感フレーズ特別編』などの人気作品を楽しめる。(2015/7/16)

10周年おめでTENGA! TENGAから史上最高品質「プレミアムTENGA」爆誕
厳選素材を使用し“プレミアムな快感”を。(2015/1/5)

あなたのその「ENTER」に快感を エンターキーをざっくり約1700倍に大きくしたガジェット「BIG ENTER」販売開始
大事なメールの送信、長い執筆での最後の改行、ここぞというときのENTERが気持ちいい……!(2014/12/22)

注目タブレットレビュー:
「YOGA Tablet 2-8 with Windows」の“数値に表れない”快感に浸る
コンパクトな8型ディスプレイ搭載WindowsタブレットにYOGAの新シリーズが加わった。個性的なボディがもたらす使い勝手はWindowsモデルでも健在なのか? (2014/12/9)

露出狂の快感、ウソばかりつく……“異常心理”はなぜ起こる?
日常では考えられない、常識を逸した行動をしてしまう心理とは? 精神科医、作家として活動する著者が、人の心の正常と異常の境目に焦点をあて、論じる一冊を紹介します。(2014/7/3)

「MANGA姉っくす!」Vol.5のゲストは新條まゆ――「まんがこっち」との連動企画も
ニコのマンガ家トーク番組「MANGA姉っくす!」第5回のゲストは『快感 フレーズ』ほか多数の人気作品を手掛けた新條まゆ氏が登場。電子書籍サイト「まんがこっち」との連動企画も行う。(2014/2/5)

タップしてチロルチョコを集めまくれ! iPhoneアプリ「快感! 超製造チロルクリッカー」登場
クッキーババアならぬチロルお姉さん?(2013/12/14)

仕事耕具:
Amazonでポチれるパイロットの1000円万年筆「kakuno」が、すげーよかった件
カラフルでカワイイ。使った瞬間に「スラスラ書けるってこういうことなんだな」っていう快感がある。そして1000円という安さ――。こんな万年筆、使ってみたくない?(2013/11/6)

無料で遊べるスマホゲーム:
ストレス解消にイクラをつぶしまくろう――「イクラプチプチ」
白いご飯の上を動き回るイクラをひたすらプチプチとつぶしていく。手を汚さずにイクラをつぶす快感を味わおう。(2013/7/22)

世界で通用する人がいつもやっていること:
自分と相手の得を考える
「誰かの役に立つと、脳は快感を覚える性質がある」と、脳学者の中野氏は言います。脳が快感を得ることで、何事にも意欲的でいつまでも若々しくいられるという良いスパイラルが生まれます。自分がやりたいことをやって楽しむことが、誰かを楽しませることにも通じているのです。(2013/5/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「学習という快感」を刺激せよ! ――伝わるコミュニケーションの方法論
伝えるためには聞き手の「知っていること」(既知)と、これから伝えようとする「知らないこと」(未知)を結び付けること。(2013/3/21)

収穫が快感に 「おさわり探偵 なめこ栽培キット」
なめこを育てて収穫しながら、なめこ図鑑を完成させる――。ただこれだけなのにハマる人続出なのが、このAndroid向けゲームだ。(2012/1/27)

デジタルコンテンツEXPO 2011:
やかんも車もつぶせちゃう!? 触覚VR「ペタンコ麺棒」は快感である
粘土などをぐにゅっとつぶす行為はある種の快感やワクワク感を伴う。もし身の回りのどんな物体でもペタンコにできたら――そんな発想で作られた触覚VRシステム「ペタンコ麺棒」を体験してみた。(2011/10/20)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」:
障害物を乗り越える快感、ヨコモ「nanoQLO」
ヨコモの「nanoQLO(ナノクロ)」は、部屋の中で障害物を走破する楽しさを味わえる新感覚の4WDカーだ。その極小のボディーに秘められた性能を生かし、あらゆる凹凸を縦横無尽に走破する醍醐味を満喫しよう。(2011/3/1)

開発者に聞く「N-02B」:
「N-02B」が1000分の1秒単位で切り詰め追い求めた“瞬撮”の快感
一気に1200万画素クラスのカメラが出そろった2009年冬商戦。その中でも、NECの「N-02B」が実現した、約1.5秒間隔での連続撮影が可能な「クイックショット」は、携帯電話のカメラ機能として非常に興味深い機能だ。NECがその“瞬撮”カメラに込めた思いを聞いた。(2010/1/7)

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(6):
コンピュータが設計するから、設計者は要らない!?
設計したどおりの機能が実現すればスコーン! と快感。しかしコンピュータにすべてを任せたら、それも味わえなくなるかも。(2009/3/24)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第13回:
穴に指を入れる快感――バンダイ「ツッツキバコ」
今回紹介するのは、バンダイから発売された「ツッツキバコ」。穴があったらつい入れたくなる人間のサガを巧みに突いたこの商品は、今までにないユニークな魅力にあふれている。(2009/1/27)

「頭文字D EXTREME STAGE」レビュー:
暴れるマシンをねじ伏せる“快感”がここに
アーケードから始まり、PS2、PSPと展開してきたセガの「頭文字D」シリーズが、満を持してPS3に登場して1カ月半。熱き走り屋たちの世界をいまこそ追体験しよう!(2008/8/20)

塗りつぶしていく快感――「イラストロジック+からふるロジック」発売
(2008/7/9)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
キータッチの快感にハマるわたし
茶軸と黒軸の違い。入力に使用しないキートップは外しちゃう。こんな会話に反応するアナタは、立派なキーボードマニアである。(2008/4/16)

動画で見る直感ゲーム:
“小さなケータイ”の中で“大きな塊”を生み出す快感――「塊魂 モバイル」
独特の世界観とゲーム性で話題を呼んだ「塊魂」が、ケータイならではの操作方法を引っさげて登場。端末を傾ければ画面中の塊も転がる“直感モード”の熱中度は極めて高く、塊との一体感はシリーズ屈指と言える。(2007/6/15)

新作DVD情報:
豪華キャスト+巧妙な脚本が絶品――「ラッキーナンバー7」
仕事と彼女を失った上、ギャングに誘拐され、暗殺の仕事まで押しつけられたアンラッキーな男。前半はゆる〜く、後半は怒涛の展開へ。騙される快感を堪能できる犯罪ミステリーが2枚組DVDで登場!(2007/5/7)

「レイトン教授と不思議な町」レビュー:
「ナゾ解明!」のカタルシスは、寝るのも忘れるほどの快感に
レベルファイブ初パブリッシングタイトル「レイトン教授と不思議な町」は、ナゾいっぱいの新感覚アドベンチャーゲーム。今回は、本作の雰囲気そのまま(?)に、推理小説風にレビューを進めてみる。(2007/3/2)

新作DVD情報:
3大スター競演の完全犯罪サスペンス――「インサイド・マン」
銀行で立てこもり事件が発生。犯人グループと、交渉に当たる刑事、銀行サイドの女弁護士との知的でスリリングな駆け引きが、豪華スター競演で描かれる。騙される快感が味わえるサスペンスの快作。(2006/7/31)

「バレットウィッチ」レビュー:
巨大な銃と強大な魔法を駆使して戦う快感――あなたはこのクールビューティーのトリコとなる
悪魔に踏みにじられ、滅亡へと向かう人類を救うため、黒衣に身を包んだ魔女が立ち上がる。操作に慣れるまでは少々難しいかもしれないが、あえて言おう。「バレットウィッチ」は“2周目以降にこそ本領を発揮する”タイトルなのだと。(2006/7/31)

神尾寿の時事日想:
「いつでもググれる・見られる」快感と、その先の可能性
EZweb+Googleの検索サービスが始まった。手元の携帯電話で、公式サイトからPC向けサイトまで一括してググれる使い勝手はさすがの出来の良さ。それだけに、“もっと先”へ期待してしまうのだ。(2006/7/21)

目指したのは“使うとクセになる快感”──「D902iS」
大画面とスリムボディの次に何が来るのか──。その解として三菱電機が打ち出したのが、回転する十字キーのスピードセレクターだ。この新機構にかける開発陣の意気込みを聞いた。(2006/6/5)

PR:ストレスなく間違えずに“すいすい入力”できる快感!──ジャスト、今年も「夏のすいすい入力体験フェア」を開催
ジャストシステムは昨年に引き続き、ATOK用の省入力データやATOK 2005体験版などを無償提供する「夏のすいすい入力体験フェア」を開催中だ。提供される省入力データは、合計14ジャンル155個。最新の有名スポットやアーティスト、スポーツ選手の名前、果ては「禿同」や「_| ̄|○」といったインターネット掲示板用語までをカバーする。果たしてその使い勝手はいかに……。(2005/7/4)

キャプチャーカード
PC録画の逆襲――Wチューナー「GV-MVP/RX2W」複数枚差しで録画しまくる快感(後編)
PC録画は、まだまだ捨てたもんじゃない――前回は、複数同時録画対応ならではの視聴や録画予約設定を試した。そして今回は、一番重要なその安定度や操作性をチェック、そしてPCならではのビデオサーバー化例を紹介する。(2005/1/18)

キャプチャーカード
PC録画の逆襲――Wチューナー「GV-MVP/RX2W」複数枚差しで録画しまくる快感(前編)
PC録画の逆襲――家庭用HDD/DVDレコーダーの方が便利だとも言われることもあるが、「PCで録画することはこれだけすげぇし便利だ」と再認識できるWチューナー搭載キャプチャーカード「GV-MVP/RX2W」を複数枚差しし、正月番組を録りまくった。(2005/1/17)

「最新・最強自作PCをくれ!」と、ショップ任せで買うとどうなるか
第2回 金銭感覚がマヒする「大人買い」の快感
「大人買い」の衝動から札束握り締めてアキバに出向き、その快感を覚えてしまった人間が一人。もう止まらない、やめることなどできない。そんな2日めである。(2004/11/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。