ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハウジングサービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハウジングサービス」に関する情報が集まったページです。

顧客が悩みがちな「3つの課題」を解決
「SAPをクラウドへ」でIT担当者が悩んでいること
SAP ERPのEOSがIT担当者を悩ませている。「クラウド移行」は有力な選択肢だが、ややハードルが高い。そこで頼りになるのが、移行から運用までトータルで任せられるサービスだ。(2017/5/8)

クラウドファースト時代にあえての決断
メルカリ、はてなは「物理サーバ」も使う、巨大サービスを支えるインフラ事情
クラウドファースト時代にあえて物理サーバを選択する企業がある。さくらインターネットの専有物理サーバを利用するメルカリ、はてなが、その理由や使い勝手を語った。(2017/4/12)

導入事例:
PR:ついに巡り合った「オンプレミス感覚のクラウド」とは いわぎんリース・データがNEC CloudModelを勧める理由
「オンプレミス環境の社内システムを、できる限りそのままの状態で安全な別の場所に移動したい」――。そんな顧客企業の要望を受けたいわぎんリース・データは、その解決策としてNECの「Express5800/CloudModel」を推奨し、満足度の高いシステム更改を実現したという。(2017/3/14)

エプソン、基幹・業務系システムをNECのクラウドやハウジング環境へ移行
NECは、エプソンが100以上の基幹・業務系システムをNECが提供するクラウドサービスやハウジングサービスへ移行したことを発表した。ハイブリッドクラウド環境の利用により、運用管理コスト削減や新サービスの早期開発を実現を目指すという。(2016/9/8)

製造IT導入事例:
グローバルでの事業展開に向け、クラウド基盤サービスを導入
NECは、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」の仮想サーバ6台と、会計・物流システムなどの基盤サーバ約100台の運用環境としてハウジングサービスをタカラトミーに提供すると発表した。(2016/3/23)

タカラトミーが世界展開で選んだクラウドの使い方
事業のグローバル展開を目指すタカラトミーは、クラウドをどのように使って社内の業務システム群を新たなものにしようとしているのか。(2016/3/9)

中立組織から運用のノウハウを発信:
OpenStack共同検証ラボが設立
日本仮想化技術はブロードバンドタワーと共同で「OpenStack共同検証ラボ」を設立する。SDNの活用やクラウド基盤のDevOps的管理などに必要な知見の蓄積を目指す。(2016/2/29)

中小企業に安価なハウジングサービスを キヤノンS&Sの「お手軽運用パック」
キヤノンS&Sとクオリサイトテクノロジーズは、沖縄のデータセンターを活用した中小企業向けハウジングサービス「お手軽運用パック」の提供を開始する。(2015/8/6)

東海大学、クラウドサービスの“使い分け”でシステムを構築
約4万7000人が利用するコミュニケーション基盤やWeb系システムを刷新したが、そこではクラウドサービスを適材適所で選定している。(2015/5/11)

サーバ監視ソリューション刷新で運用コストを約80%削減――宮銀コンピューターサービス
宮銀コンピューターサービスが、自社データセンターにZabbixの運用監視ソリューションを導入。運用コストを約80%削減できる見通しだという。(2015/3/19)

移行だけじゃない!サーバーOSもビジネスもバージョンアップ:
PR:2003 EOSで新しい働き方を可能にする。移行計画から運用サポートまでワンストップで提供
マイクロソフトの認定パートナーとして実績の高い大塚商会。Windows Server 2003のサポート終了対策についても、幅広い規模の企業に対し全てを任せられる様々なメニューを用意している。担当者は「変化の激しいIT市場の中で、サポート終了をきっかけに最新サーバーに移行をすれば、業務効率やセキュリティがアップするだけでなく、今後のIT運用負荷軽減に繋がるチャンス」と促す。(2014/9/10)

“オレオレクラウド”戦国時代
日本企業にウケる「マネージドホスティングクラウド」の秘密
さまざまなクラウドサービス/形態が登場してにぎわいを見せる中で、「マネージドホスティングクラウド」というジャンルがその定義で揺れている。ガートナーが考えるマネージドホスティングクラウドとは。(2014/7/30)

ガートナー サミット 2014リポート
上司の“むちゃ振り”が育てた「ITアウトソーシング」が今、熱い
ITインフラのアウトソーシングへの意欲が今、企業で高まっているという。それはなぜなのか。アウトソーシングをするに当たって押さえておきたい4つのベストプラクティスと共に紹介する。(2014/6/17)

OpenStack情報アップデート:
NEC、OpenStackベースのIaaSサービスをスタート
NECがOpenStackをベースにしたIaaSサービスを正式に発表。自社データセンターのハウジングサービスやパブリッククラウドと連携した統合運用管理環境も提供する。(2014/4/25)

NECが新データセンターを始動 “業界最安クラス”を目指した独自システムを見てきた
NECは、同社の主要技術を結集したという「NEC神奈川データセンター」の運用を開始する。クラウド向けに開発された高密度サーバや独自の冷却システム、ネットワーク仮想化技術などで高効率化が図られている。(2014/1/24)

導入事例:
KHネオケム、クラウドサービスの活用でITインフラの早期構築を実現
共通IT基盤サービスやハウジングサービスなどNECのクラウドサービスおよび各種サービスを活用し、ITインフラの早期構築を実現した。(2013/9/17)

ITインフラは持つべきか/持たざるべきか【後編】
ユーザー企業3社座談会 ITインフラはどこまで外に出せるか?
ユーザー企業の情報システム部門/情報システム子会社で働く読者を集めた座談会リポート。後編では、アウトソースの活用状況、パブリッククラウドへの意向について話を聞いた。(2012/11/26)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第10回】
NTT Comが満を持して世界に放つ超低価格クラウド「Cloudn」の正体
NTT Comが後発にして“本気”のパブリッククラウドサービスを提供開始した。月額上限945円という超低価格の背景には何があるのか。同社の戦略とともにサービス概要、メリット/デメリットを解説する。(2012/6/28)

移転・売買・返却〜枯渇問題の現状:
ついに来た? 「真のIPv4アドレス在庫枯渇」
IANAが管理していたIPv4アドレスの中央在庫、そしてAPNIC/JPNICが管理するIPv4アドレス在庫が枯渇してから1年が経過しました。いま、静かに水面下で進行しつつある枯渇にともなう問題と、IPv4アドレスをめぐる現状を紹介します。(2012/5/14)

専門家が指南するクラウドサービス選定基準【後編】
信頼できるクラウドサービスプロバイダーの選び方 〜第三者認証の一覧表も
信頼できるクラウドサービスプロバイダーを選択する方法とは。第三者認証の他、プロバイダーが提供するSLAやホワイトペーパー、サービスダッシュボードなどを基に、必要なデータを迅速に取得できるかどうかが肝だ。(2012/4/12)

企業向けサーバは高すぎる? それならQNAPを使えばいいじゃない:
性能と価格を両立したエンタープライズモデル「TS-1279U-RP」
破格のコストパフォーマンスを理由に、企業向けオンラインストレージの選択肢の1つとして注目を集めている製品がある。それが12ベイを搭載した“最強QNAP”のラックマウントモデル「TS-1279U-RP」だ。(2011/11/30)

挑戦者たちの履歴書(108):
一時の気の迷いで“受託の麻薬”に手を出す
編集部から:本連載では、IT業界にさまざまな形で携わる魅力的な人物を1人ずつ取り上げ、本人の口から直接語られたいままでのターニングポイントを何回かに分けて紹介していく。前回までは、田中氏がさくらインターネットに専業になるまでを取り上げた。初めて読む方は、ぜひ最初から読み直してほしい。(2011/4/27)

【IFRS】140字で解説! 会計人のためのIT用語集【6】
現代の会計人が知るべきITインフラ技術用語
あまり意識されないITインフラ技術。新規システムの導入や障害時、アプリケーションの効率的な利用にはインフラ技術の知識が不可欠になる。現代の会計人なら知っておきたいITインフラ技術用語を紹介する。(2010/11/1)

クラウドビジネス探訪:
クラウドのエンタープライズ利用のタイミングを見極める
NTTコムウェアが2009年夏にサービス提供開始を発表した「SmartCloud(スマートクラウド)」。キャリアグレードのサービスを前提にしたクラウドサービスが生まれた背景とは。(2010/2/27)

クラウド時代のデータセンター
データセンタービジネスに巻き起こる価格破壊とサービスの高度化
多くの企業にとって、ITインフラの運用管理の負荷軽減とコスト削減は重要な課題だ。あるデータセンター事業者の最近の動きを追いながら、データセンタービジネスに何が起こっているのかを探ってみた。(2010/3/2)

ハウス食品、メインフレームとサーバの運用をNECに委託
ハウス食品や約4000人が利用するサーバの運用をNECに外部委託した。(2009/12/17)

NEWS
さくらインターネット、「安価かつ世界品質」のITマネジメントサービス提供へ
さくらインターネットがITインフラ遠隔監視サービス事業者NetEnrichと業務提携契約を締結。NetEnrichの遠隔監視サービスを活用したITマネジメントサービスでMSP事業へ本格進出する。(2009/10/30)

さくらインターネット、米NetEnrichとMSP分野で提携
さくらインターネットは同じ双日グループの米NetEnrichと提携。同社がインドに有するオフショアを利用するなどし、MSPの事業化を進める。(2009/10/29)

マネジメントの真髄:
クラウド時代に真価が問われるもの――力を発揮できるチーム作りとは
企業の多くがクラウド活用を進めていく中、これまで以上に真価を問われるのはシステム運用管理をつかさどる部門だ。自社のサービスプロバイダー事業部門でISO/IEC20000の認証範囲を着々と拡大させているNTTコムウェアは、力を十分に発揮できるチーム作りに取り組んでいる。(2009/9/9)

ホスティング基盤を支えるサードウェーブ:
PR:サーバ構築を通じて、ITサービスを作り上げるということ
GMO-HSが運営するアイル「CORE Managed Service」に使われているサーバの大多数において、サードウェーブ製が使用されている。あえて大手メーカーでなくサードウェーブを選んだGMO-HSの考えはどこにあるのか、そしてそのメリットは何なのか、両社の声を聞いた。(2009/8/17)

アナリストの視点:
不況下でも強いデータセンタービジネスの今
企業のIT投資意欲は不況の影響で減少している。だが、情報システムの運営コストや管理負担を減らせるとして、データセンターを積極的に活用する動きは今後も継続する。不況下でも強いデータセンタービジネスの現在を分析する。(2009/4/16)

SMBに効くMSPサービス
中堅・中小企業にとってMSPの活用はどこまで現実的か
ネットワーク越しにシステム運用管理を代行するMSPへの期待が高まっている。ただし、すべての要件に合致したサービスを選ぶのは難しい。MSPを適用すべき、あるいはそうすべきでないシステムの見極め方を示す。(2009/3/27)

国内一のSaaSは? 137社応募のアワードでグランプリ決定
国内で提供されているASP/SaaS/IDCの中から優れたものを選定する「ASP・SaaS・ICTアウトソーシングアワード2009」のグランプリと各賞が決定。ASP・SaaS部門の総合グランプリにはコクヨS&Tの「@Tovas」が、IDC部門の総合グランプリには「NTTスマートコネクト データセンター」が輝いた。(2009/2/20)

データセンターに関するアンケート結果リポート
普及が進むデータセンターサービス、ユーザーの本音は果たして?
2008年末にTechTargetジャパン会員を対象に実施された「データセンターの利用状況に関するアンケート調査」。その結果から、データセンターのサービスに対して抱くユーザー企業の思いが浮き彫りとなった。(2009/1/14)

ネットの逆流(7):
クラウドによるデータ集中と、その危険性を考える
インターネット経由でソフトウェアやサービスを利用するクラウドコンピューティングが注目されるが、リスクも大きい。クラウド側にシステム障害が起きた際に、ユーザーはただ復旧を待つしかないのである。(2008/12/30)

サーバ室への影響はなし:
さくらインターネットのサービス障害、変圧器の焼損が原因
さくらインターネットは、データセンターからの発煙によるサービス障害の詳細を公表した。電源室の変圧器が焼損しており、同社のハウジングサービスの一部が使えなくなっていた。(2008/12/22)

電源問題、騒音を解決:
ブレードサーバがオフィスにやってきた!
比較的規模の大きいサーバ統合などで利用されることの多いブレードサーバだが、最近になってオフィススペースに設置可能な製品が登場している。冷却ファンや防音構造の本体ケースにより、執務環境への設置に耐えうる静音性が実現されたのだ。(2008/9/12)

Webで勝負! の企業に「福音」:
PR:期待を集める「専用サーバ Platform」
Webを活用したビジネスには、立ち上げの迅速さとカスタマイズへの対応、かつ運用管理が容易でしかも低コストなプラットフォームが必要不可欠だ。さくらインターネットの「専用サーバ Platform」は、同社の強みを活かしこうしたニーズに応えるサービスとして注目されている。(2008/6/9)

2007年度から年平均13%の増加:
国内データセンターの消費電力、今後5年で2倍に
(2008/5/8)

災害対策「はじめの一歩」:
カネなら無い!でもデータは守りたい
ディザスタリカバリの重要性は知っている。でも、コスト計算をしてみたら二の足を踏んでしまうことも。そうした企業にオススメの方法を紹介する。(2008/3/25)

小さなシステムにも1/4ラックから安心のハウジング、選べる7都市:
PR:リコーが中堅・中小企業向けハウジングサービスを開始
中堅・中小企業が事業継続に遅れをとる中、リコーはデータセンターを活用した小規模ハウジングとサーバ監視・運用代行サービスなどを低料金でパッケージ化した商品を開発。IT基盤の安定と管理者の負担軽減を両立させるサービスとして注目されている。(2008/2/29)

パケットロス無しの切り替えを実現するL3スイッチ「BlackDiamond 12804R」
次世代L3スイッチ選択の決め手となった3つの検証ポイント
IDC事業やIX事業を提供するメディアエクスチェンジにおいて、過酷な検証をくぐり抜けて最終的に採用された基幹L3スイッチの新しいアーキテクチャとは? 技術担当者に詳しく聞いた。(2008/1/18)

ポリコム、多地点ビデオ会議のハウジングサービスを開始
ポリコムジャパンは、NTTコミュニケーションズのデータセンターを利用したビデオ会議サーバのハウジング/保守サービスを7月下旬より開始する。(2007/7/23)

ホワイトペーパー:
3000台超のサーバ稼動実績! ホスティングサービスが選ばれる理由
自社サーバを構築する場合、設置場所や運用方法によって複数の選択肢がある。具体的には、自社内に構築するか、ハウジングサービスあるいはホスティングサービスを利用するかになる。ここではホスティングサービスを中心に、その機能、メリットを紹介する。(2007/4/13)

需要急増で課題が噴出するデータセンター【前編】
データセンターが活況を呈している。企業のIT化が一段と進み、情報システムやネットワークの効率的な管理運営が求められる中、データセンターの需要はますます増加するばかり。その背景にはどんな動きがあるのか。データセンターの最新事情を追った。(2007/3/13)

小寺信良:
テレビ局を震撼させた「まねきTV裁判」の中身
ロケフリを使ってどこでもテレビが視聴できるサービスを提供する「まねきTV」とテレビ局側の裁判は、まねきTV側の勝訴に終わった。類似サービスだった「録画TV」の裁判と比較しながら、この裁判が何を示すのか考察してみた。(2007/3/5)

スパム対策の決め手、「送信ドメイン認証」のいま
3年ほど前から議論されはじめ、2006年以降普及が進んでいる送信ドメイン認証。スパム対策の決め手とされるこの技術の最新動向を紹介する。(2007/2/26)

【連載第2回】あの会社はコレで決めた! 動画で納得、サーバ導入のヒミツ!:
PR:省電力、省スペースでオープンソースLinuxにも対応――事例で紹介!データセンタ専用1Uハーフサーバが新興ネット企業のビジネスを支援
新たにインターネットビジネスを展開すべく起業したB社。ビジネスを始めたばかりの同社では、サーバそのものの価格から、データセンタの利用経費に至るまで、システムの導入と運用にかかるコストを限られた予算内に収めなければならなかった。その課題を解決したのは、NECの1Uハーフサーバ「Express5800/i110Rb-1h」だった――。(2007/2/22)

データセンターの限られたリソースを有効に使う!:
PR:インターネット企業に支持されるデルのOpteron搭載サーバ
サーバコンピュータのパフォーマンスが向上するにしたがい、データセンターの消費電力は増加の一途をたどっている。そこでサーバベンダーやプロセッサベンダーは、高性能を維持しながら低消費電力を実現するコンピュータの開発に取り組んできた。その成果のひとつが、AMD Opteron(TM)プロセッサを搭載したデルの最新サーバコンピュータ製品だ。(2007/1/31)

PR:ハウジングが必要? いやホスティングで対応できます──WebARENA Solo
これまでハウジングが当たり前だったシステムが、徐々に専用サーバ・ホスティングでも対応可能になってきている。複数サーバにロードバランサーを加えた構成を、メニュー内で提供しているNTTPCコミュニケーションズに、最新のホスティング事情を聞いた。(2006/11/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。