ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インドネシア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インドネシア」に関する情報が集まったページです。

海外渡航時のデータ通信 何がおトク?(大手キャリア編)
夏休みで海外渡航が増えるこの時期、気になるのが海外での通信手段。とりわけSNSを使うならデータ通信をどうするかは悩みどころだ。この記事では、大手キャリアのおトクな海外データ通信サービスを紹介する。【訂正】(2018/8/8)

YKK AP、インドネシアに研究拠点 実験棟も新設
建材メーカーのYKK APは、インドネシアに研究拠点として「YKK AP R&Dセンター」を開設した。(2018/8/7)

「すごい揺れました」「とりあえず安全」 インドネシアで強い地震、バリ島滞在中の海老蔵が無事報告
何事もなくて本当に良かった。(2018/8/6)

頑張れば買えるかもしれないポルシェ 弟分SUV「マカン」をリニューアル
カイエンの弟分SUV。特徴的な「ポルシェデザインの要素」を追加。【写真45枚】(2018/7/31)

海外M&Aの狙いとは?:
PR:世界規模の不動産プラットフォームを構築し、ボーダーレスな取引を実現する――LIFULL社長が語る、今後のビジョン
不動産・住宅情報サイトを運営するLIFULLが、世界トップのアグリゲーションサイト「Trovit」「Mitula」を傘下に収めた。その理由と目的、今後のビジョンを井上高志社長に聞いた。(2018/7/31)

「チョロQみたい」「ハコフグかなこりゃ」 東南アジアの港々で出会える「変な船、ちっこい船」コレクション
現地っぽいこれらを見てほっこりするのも船旅の楽しみ!【写真81枚】(2018/7/30)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(46):
東京編:YOUは何しに奥多摩へ?――山の廃校で語学教育とシステム開発と地域活性化を模索する“くらげ”たち
JELLYFISHは奥多摩の廃校を活用し、高度IT人材育成を目的とした学校を開校した。学校は同時にラボ型開発の拠点でもある。生徒たちは語学やエンジニアとして必要な思考力などを学び、同時にアルバイトとして開発経験も積む。ゆくゆくは自身のアイデアやプロダクトで地域活性化も狙う。(2018/7/23)

密漁と“密輸ロンダリング”が支える「土用の丑の日」:
ウナギ業界の「異常」にイオン、岡山のベンチャーが立ち向かう理由
今年もウナギ業界最大のお祭り「土用の丑の日」がやってきた。だが、そのお祭りを支えるのは、暴力団による密漁、そして香港を経由した「密輸ロンダリング」など、「異常」とも呼べる数々の違法行為だ。遅々として進まない日本政府の取り組みを尻目に、イオンや岡山のベンチャー企業「エーゼロ」は持続可能な養殖に向けて挑戦を始めている――。(2018/7/20)

商品企画から製造までを検証:
故障率が0.5%から0.03%に ニトリ、品質向上への執念
消費者から「安くて品質も納得」という評価を勝ち得るまでに成長したニトリだが、現在の地位に至るまでに地道な努力を積み重ねてきた。31期連続の増収増益を実現し、業績面でも好調なニトリの強みを改めて検証する。(2018/7/19)

食文化の壁に秘策で挑む:
インドでボンカレー、華麗にデビュー!? 大塚食品の挑戦
大塚食品がボンカレーのインド市場開拓に乗り出した。インド人は食の好みが保守的で通常のレトルトは売れないと判断、社員食堂にカレーパンの形で売り込む。(2018/7/18)

インドネシアにおける日系製造業のIT事情(3):
インドネシアで活動するシステム会社の実態
インドネシアに工場を持つ、日系製造業のIT事情とは? 中国に3年、タイに3年駐在した経験のある筆者が、それらの国と比較したインドネシア特有のIT導入の実態について現地からレポート。第3回では、インドネシアで活動するシステム会社の実態について取り上げる。(2018/7/18)

金融・流通は約30%がデジタル革新の成果を創出、成功要因は6要素――富士通のグローバル調査
富士通の調査によると、デジタル革新は具体的なビジネス成果を生み出すフェーズに移行しており、金融・流通は約30%が既にデジタル革新の成果を創出していた。デジタル革新の成功要因は「リーダーシップ、人材、エコシステム」など、6つの要素があることが判明した。(2018/7/17)

電気自動車:
バッテリー交換型電動バイクの実証実験、ホンダとパナソニックがインドネシアで
ホンダとパナソニックは2018年7月13日、インドネシアに共同出資で新会社を設立し、バッテリー交換型電動バイクを用いたバッテリーシェアリングの実証実験を開始すると発表した。充電の待ち時間や走行距離に対する不安を解消し、電動モビリティーの普及を後押しする。(2018/7/17)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
「ローミングサービス」「貼るSIM」「クラウドSIMスマホ」でより便利になる海外データ通信
以前は「高い」と言われていた海外でのデータ通信サービスも、だいぶ価格がこなれてきました。今回のモバイルデータ通信活用術では、ドコモの「パケットパック海外オプション」のキャンペーンや、H.I.S.モバイルの「変なSIM」、uCloudlinkの「クラウドSIMスマホ」をチェックしていきます。(2018/7/13)

「なでしこリーグ」も配信 世界80カ国を開拓したサッカー無料配信サイト「mycujoo」は何者か
普段はなかなか見られない世界各国のマイナーなサッカーリーグの試合を配信するサービス「mycujoo」。スイス発の動画配信サービスはどのように生まれたのか。(2018/7/12)

「土用丑の日」どう守る 稚魚不足で「下りウナギ」保護を決議
ニホンウナギの資源回復に向けた動きが始まった。「土用の丑の日」商戦に向け、外食や流通は今夏の販売中止など対応に苦慮しており、夏場にウナギを食べて栄養を取る伝統的な日本の食文化をどう守るかが問われている。(2018/7/6)

資源回復進める動きも:
ウナギ、販売中止や値上げ 稚魚不漁、対策急ピッチ
絶滅危惧種のニホンウナギの稚魚が歴史的不漁となる中、需要が高まる「土用の丑の日」商戦を前に、外食、流通業界で販売取りやめや値上げが相次いでいる。一方、伝統的な日本の食文化を守るため、ウナギ資源回復を進める動きもある。(2018/7/5)

太陽光:
スポーツ施設にメガソーラー、シャープがインドネシアで
シャープは環境省の二国間クレジット制度事業として、インドネシアのスポーツ施設にメガソーラーを建設。出力規模は1.6MWで2018年4月から稼働を開始した。(2018/7/5)

地域・期間限定キャンペーン:
ドコモ「パケットパック海外オプション」にパックプランが登場 「1時間」「複数日」の利用がおトクに
NTTドコモの海外パケット定額サービス「パケットパック海外オプション」を手軽に利用できるキャンペーンを国・地域・期間限定で実施する。1時間だけ使えるプランや複数日プランを用意する。(2018/6/29)

資源保護と消費者ニーズの板挟み:
「ウナギを食べるのはやめよう」 代用食の提案は広まるか?
土用の丑の日を前に、ウナギの代用食を提案する企業が増えている。背景にあるのはウナギの絶滅が危惧されていることだけでなく、「減っている魚は食べないようにしよう」「持続可能な漁業で穫れた魚を食べよう」という国際的な潮流だ。(2018/6/21)

「またアイドル界のトップへ」AKB48世界選抜総選挙、松井珠理奈が悲願の王座で決意語る
2位はSKE48 Team Eの須田亜香里さん! ダークホースだった!(2018/6/16)

インドネシアにおける日系製造業のIT事情(2):
インドネシアの特殊事情とどう付き合うべきか?
インドネシアに工場を持つ、日系製造業のIT事情とは? 中国に3年、タイに3年駐在した経験のある筆者が、それらの国と比較したインドネシア特有のIT導入の実態について現地からレポート。第2回では、プロジェクト現場における日本人マネジャーと現地スタッフとのギャップや、インドネシア特有のローカルスピードなどについて取り上げる。(2018/6/15)

その意味は……:
ポルシェ初のピュアEVスポーツ、名前は「Taycan」に決定
独ポルシェは、開発コードネーム「Mission-E」と呼んできた同社初の電気自動車を「Taycan」と名付けたと発表した。(2018/6/11)

音響の魔術師・岩浪美和の音はなぜ響くのか? 「ニンジャバットマン」の“時空震サウンド”ができるまで
劇場でしか体験できないエンターテインメントを音響で増幅しまくる男のこれまでとこれから。(2018/6/14)

関西の議論:
日本人は気づかない? 京都で聞いた訪日外国人の「意外」な本音と不満
年間を通じて観光客でにぎわう京都。外国人観光客からの人気も高く、京都市の調査では9割以上が「観光に満足した」と答え、伝統文化や治安の良さ、街の清潔さなどが高い満足度につながっているようだ。(2018/6/7)

山根康宏の中国携帯最新事情:
復活から攻勢に転じたXiaomi、2018年はシェア4位を維持できるか
中国の新興スマートフォンメーカーとして一時は世界中から脚光を浴びたXiaomi。Xiaomiの成功モデルは、スマートフォン市場の成長が右肩上がりの時代にしか通用しなかった。しかしそれからわずか3年でXiaomiは劇的な復活劇を果たした。(2018/6/6)

「カメラの『ボケ』は国際語になっている」って知ってた?
そのまま通じる。(2018/6/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
顧客の若返りに成功 「和食さと」が好調を維持できるワケ
店舗数で和食ファミリーレストラン最大手の「和食さと」。外食産業全体が縮小する中でも成長を続けている。最近ではジュースやお酒が飲み放題のセルフ式ドリンクバーが人気だが、商品開発や仕入れでどのような戦略をとっているのだろうか。(2018/6/5)

フィンテックで遅れる日本、打開策は「産官学」
「日本はFintech(フィンテック)の投資規模も、投資案件数も、欧米やアジア諸国に比べて遅れている」――総合コンサルティングのアクセンチュアは、2017年のフィンテック市場を分析し、日本についてこのように指摘している。フィンテックが盛んな国と日本の違いとは。(2018/5/29)

マイクロソフト、AIチャットbot「りんな」に自然な会話ができる“共感モデル”エンジンを実装
日本マイクロソフトは、同社提供のソーシャルAIチャットbot「りんな」に最新の会話エンジン「共感モデル」を導入すると発表した。(2018/5/22)

貴重な赤ちゃんの誕生! 絶滅危惧種の猿の赤ちゃん、枕に抱きつく姿がいとおしいほどかわいい
元気に大きくなってね!(2018/5/21)

インドネシアにおける日系製造業のIT事情(1):
インドネシアにおける日系製造業の現状
インドネシアに工場を持つ、日系製造業のIT事情とは? 中国に3年、タイに3年駐在した経験のある筆者が、それらの国と比較したインドネシア特有のIT導入の実態について現地からレポート。第1回は“インドネシア日系製造業の現状”をテーマに、筆者が感じた問題点や疑問点、注目すべきポイントなどを紹介する。(2018/5/18)

第18回アジア競技大会eスポーツ種目が決定 「ウイイレ」「LoL」「クラロワ」など6タイトル
ほか、「Arena of Valor」「スター・クラフト2」「ハースストーン」が採用。(2018/5/16)

モフモフな姿がかわいすぎる ビントロングの三つ子ちゃんが神戸どうぶつ王国で誕生
クマっぽいけどジャコウネコの仲間。(2018/5/15)

製造マネジメントニュース:
三菱自動車が営業利益19倍で黒字転換、2018年度は新型車3車種を展開
三菱自動車は2018年3月期(2017年度)の決算を発表した。売上高は前期比15.0%増の2兆1923億円、営業利益は同19倍の982億円、当期純損益は前期の1985億円の損失から黒字転換して1076億円の利益を確保した。(2018/5/11)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
ジャパンブランドは圧倒的に「高性能」だが「人気がある」イメージでは中韓との差はわずか――電通調査
電通が20カ国・地域で「ジャパンブランド調査2018」を実施しました。日本や日本産品の海外でのイメージはどう変わってきているのでしょうか。(2018/5/1)

経済インサイド:
タコの価格がうなぎ上り 「庶民の味」が「高根の花」に!?
スーパーなどで売られる刺し身用蒸しダコの原料となるアフリカ産冷凍タコ(主にマダコ)の輸入価格が過去最高値(円換算)を更新し、業界や食卓を揺るがしている。(2018/5/1)

ありそうでなかった:
1センチ単位で指定できる家具サービスの舞台裏
「デザインは好きだけどサイズが大きすぎて諦めた」「ちょうどいいサイズだけど色が気にくわない」――家具を買うときに、こんな経験をした人も多いだろう。そんな不満を解消するサービスが2018年3月に誕生した。自分の好きな色やサイズの家具を手ごろな価格で購入できるビジネスが実現するまでには多くの苦労があった。(2018/5/1)

ASUS、Android 8.1搭載のミッドレンジ「ZenFone Max Pro」をインドで発売へ
ASUSがインドで、新興市場向け「ZenFone Max Pro」を発表した。「Android 8.1」搭載で、背面カメラはデュアル、バッテリーは5000mAh。プロセッサはSnapdragon 636だ。(2018/4/24)

スマホ充電器、街中の“自販機”でシェアサービス 48時間200円で日本上陸
持ち運び可能なスマートフォン充電器シェアリングサービス「ChargeSPOT」が日本に上陸。まず渋谷区を中心に、4月中に120カ所で展開する。利用料金は1時間100円から。(2018/4/19)

アジアのKFCには「オリジナルチキン」より売れているチキンがあった 4月19日から日本でも販売
“第3のチキン”が登場です。(2018/4/17)

スマート家具ベンチャーが仕掛けた月額500円からの「サブスクリプション家具」
カーシェアリングなどの広がりとともに“所有しない”生活スタイルが注目を集める中、新興家具メーカーがサブスクリプション型サービスを開始した。入会金などの初期費用は必要なく、月額500〜2000円程度でデザイナーズ家具が利用できる。(2018/4/16)

AIでスパム広告に対抗 Googleが考える「完璧な広告」の条件
Googleのエコシステムを支える要である広告。同社はスパム広告対策として多大な投資をしてきた。AIと人力の両輪で、同社が掲げる「完璧な広告」を目指した運用を続けていく。(2018/4/16)

工場ニュース:
メキシコのクラッチアセンブリー新工場でメキシコと米国の需要に対応
日本精工の持分法適用会社であるNSKワーナーが、クラッチアセンブリーを生産するメキシコ新工場の開所式を開催した。メキシコでの現地生産体制によってコスト競争力を追求し、メキシコと米国の需要に対応する。(2018/4/16)

視点:
新興国における破壊的イノベーション
経済成長や安い労働力を背景とした従来型新興国ビジネスから、未来構想型の新興国ビジネスへシフトしていくべきである。(2018/4/16)

海外医療技術トレンド(34):
大阪の姉妹都市メルボルンに見る地域発デジタルヘルスの展開
大阪市と1978年から姉妹都市提携を結んでいるオーストラリアのメルボルン市。両市の姉妹都市提携40周年事業の一環で開催された「メルボルン×大阪 ヘルスケア・イノベーション交流セミナー」の模様とともに、メルボルン市の先進的なデジタルヘルスの取り組みを紹介する。(2018/4/13)

浄化が必要に:
東南アジアで相次ぐリゾート地閉鎖 観光客膨張で極限状態
フィリピンの人気観光地ボラカイ島が、同国のドゥテルテ大統領から「下水のたまり場」と呼ばれたことを受け、清掃のため6カ月間閉鎖されることになった。(2018/4/11)

人生の選択肢を:
若者の「内向き志向」は本当か?
日本の若者は内向き志向で海外への関心や興味が少ないなどとよく言われる。実際にそうした調査結果も出ている。ただ、そうなっているのには理由があるのではないかという……。(2018/4/11)

「キハ58とキハ47を微妙に描き分けてる!!」 ヨドバシ仙台の壁面鉄道イラストが本気出しすぎ! なぜこうなった
ジャカルタに渡った旧南武線205系まで……。子ども思いのいいお話。(2018/4/6)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
熱意ある情シスが組織を変える、まずはITで“風穴”をあけろ――LIXIL CIOの小和瀬浩之氏
情報システム部門こそ事業や組織をドラスティックに変える力を持つと語るLIXILのCIO 兼 情報システム本部長 小和瀬浩之氏が語る、情シス像とは?(2018/3/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。