ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インストール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インストール」に関する情報が集まったページです。

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(116):
Windows 10の回復パーティションから消えた「WinRE」の行方
Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)にアップグレードしたユーザーの中には、以前はなかったパーティションが新たに追加されて不思議に思った人もいるでしょう。Windows 10 バージョン1803は2018年7月に半期チャネル(SAC)向けにリリースされ、インストールソースが更新されました。すると、今度は回復パーティションが「空っぽ」になるという怪現象が……。今回は、この現象について筆者が調べた情報と想像をお伝えします。(2018/8/9)

佐川急便かたるSMS、7月に急拡大 感染端末がスパムボット化 トレンドマイクロ解説
佐川急便の不在通知をかたるSMSから偽サイトに誘導され、不正アプリをインストールさせられる被害。不正アプリに7月中旬、「SMSを送信する」という機能が追加されたことで感染端末がスパムボット化し、被害が拡大したとトレンドマイクロはみている。(2018/8/3)

待ったなし!組み込み機器のWindows 10 IoT移行(2):
組み込み機器のWindows 7からWindows 10への移行で考慮すべき互換性問題
2020年10月13日にサポートが終了する「Windows Embedded Standard 7」から最新の「Windows 10」世代へ移行について解説する本連載。第2回は、ハードウェアやドライバ、アプリケーションなどの互換性の問題や構築とインストールについて解説する。(2018/7/27)

arrows M02/RM02に「バッテリーが持たない」「異常に発熱する」との申告相次ぐ 「Google Play開発者サービス」の不具合か
富士通のSIMロックフリースマートフォン「arrows M02/RM02」において、「バッテリーが持たない」「異常に発熱する」といった申告が相次いでいる。特定バージョンの「Google Play開発者サービス」が原因と思われ、メーカーや取り扱いMVNOでは同アプリのアンインストールを呼びかけている。(2018/7/23)

狙いはIoTデバイスか 仮想通貨採掘ツールをインストールさせるボット トレンドマイクロが注意喚起
トレンドマイクロが、仮想通貨採掘ツールをインストールさせるボットによる攻撃を確認したとして注意を呼び掛け。SSHサービスを実行しているサーバやIoTデバイスを狙い、不正スプリクトでツールをダウンロードして「Monero」や「Ether」を採掘させるという。(2018/7/13)

「インストール!」で変身ロック解除 音声認識搭載「電磁戦隊メガレンジャー」デジタイザー&バトルライザー、大人向けに発売
「電磁戦隊メガレンジャー」の「デジタイザー」「バトルライザー」をセットにした大人向け玩具が登場。音声認識機能を搭載し、音声操作が可能だ。(2018/7/13)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年6月版:
仮想通貨「Coinhive」をどう考えればよいのか
2018年6月のセキュリティクラスタは、「Coinhive」と「ルート証明書」に注目が集まりました。自サイトにCoinhiveを設置していた人物が書類送検された後、このような対応に対して警察や検察を非難するツイートが多くありました。もう一つの話題はルート証明書。銀行のWebサイトが行名の切り替えに当たり、ユーザーにルート証明書をインストールさせようとして、こちらもたたかれていました。6月最終週には「ZERO/ONE」編集長の岡本氏が刺殺されるという痛ましい事件が起こり、TLが悲しみに包まれました。(2018/7/10)

Tech TIPS:
Windows 10のWSL環境を初期化してクリーンな状態に戻す
Windows 10のWSLで導入したUbuntuやDebian、SUSEなどのLinux互換環境を再インストールしたり、初期化したりしたい場合は、アプリの「リセット」を行うとよい。(2018/7/6)

Tech TIPS:
Windows 10のHyper-VでLinuxの仮想マシンを作成する
Windows 10 Proなどでは、仮想化技術「Hyper-V」が利用可能だ。ただ標準では有効化されておらず、仮想マシンも作成されていない。そこで、本TIPSではHyper-Vで仮想マシンを作成し、Ubuntuをインストールする方法を紹介する。(2018/7/5)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(54):
Azure Cloud Shellの使いこなしと今後の予定
「Azure Cloud Shell」はAzureポータルから素早く開始でき、インストールや更新することなく、最新のAzure CLI 2.0/Azure PowerShell環境を利用できる、Azureの管理者(サブスクリプション管理者、アカウント管理者、サービス管理者など)にとって非常に便利なコンソール環境です。今回は、その最新情報と使いこなしのヒントを紹介します。(2018/7/4)

次期macOS「Mojave」パブリックβが配信開始 インストール手順を解説
所要時間は約1時間。(2018/6/27)

修正は7月5日予定:
レッツノートの「バッテリー診断・制御プログラム」更新に一部機種で不具合 適用失敗で起動不能になる恐れ
パナソニックが「Let's note(レッツノート)」の一部機種向けに配布している「バッテリー診断・制御プログラム」の更新ユーティリティについて、一部モデルでインストールに失敗するとPCが起動しなくなる恐れがあることが判明した。この問題の解決まで、当該機種向けの更新ユーティリティの配信は中止されている。(2018/6/26)

Apple、「iOS 12」の一般ユーザーも試せるパブリックベータを公開
Appleが、モバイルOS「iOS 12」の一般ユーザー向けパブリックベータを公開した。iOS 11搭載端末は落ちこぼれることなくインストール可能だ。正式版は今秋リリースの予定だ。(2018/6/26)

山市良のうぃんどうず日記(130):
サヨウナラ、それともまだ現役? 初代Nano Server
Windows Server 2016には、新しい最小インストールオプション「Nano Server」が追加され、注目されました。物理サーバ、仮想マシン、コンテナ向けOSとして登場しましたが、その位置付けが再定義されたことは2017年9月、本連載第104回で紹介しました。Windows Server Semi-Annual Channel(SAC)で2つ目のバージョンがリリースされた今、初代Nano Serverの状況がどうなっているのかフォローアップします。なお、今回の日記には公式情報だけでなく、筆者の想像や希望が一部含まれることにご注意ください。(2018/6/26)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(26):
Windows 10への移行を支援する中小企業向け「Microsoft 365 Business」(その1)
Windows 10へのアップグレードや新規導入は、Windows 10プリインストールPCを購入するか、ボリュームライセンス製品として購入するかが主な方法になります。2017年11月からは、「Microsoft 365 Business」サービスを利用する方法も利用可能になりました。Microsoft 365 Businessは、Windows 10へのアップグレードを含む、300ユーザーまでの中小規模企業向けの統合型ソリューションです。(2018/6/25)

知っトクWindowsツール:
コマンドでWindowsアプリを楽々管理「Chocolatey」
Windows OS向けのパッケージマネジャー「Chocolatey」を取り上げる。このソフトウェアをインストールすることで、コマンドやスクリプトで簡単にアプリケーションの管理が可能になる。(2018/6/22)

iOS 12では911発信位置が自動共有される
米国でiOS 12がインストールされたiPhoneから911発信すると、現在地情報が自動共有される。(2018/6/19)

「Windows 10」春のアップデートは「AI活用で過去最速の普及」とMicrosoft
Microsoftが4月30日にリリースした「Windows 10 April 2018 Update」は、初めて採用したAIによるローリングアウト方式が奏功し、過去最速(約1カ月半で2億5000万台の端末にインストール)だった。(2018/6/15)

Tech TIPS:
WSLのUbuntu環境で「apt」コマンドを使ってパッケージを更新/管理する
Windows 10のLinux互換環境WSLでUbuntuを使っている場合、新たにパッケージをインストールしたり、既存のパッケージを最新版の状態に更新したりするにはaptコマンドを利用する。(2018/6/15)

Chrome拡張機能、Google公式ストアを経由しない「インラインインストール」を段階的に廃止
新しく公開される拡張機能については、6月12日からインラインインストールができなくなり、9月12日からは既存の拡張機能についても無効になる。(2018/6/13)

Google、Chrome拡張機能のインラインインストールを終了へ 悪用への苦情受け
Googleが、Chrome拡張機能をWebサイトから直接インストールできる「inline installation」を終了すると発表した。9月にはすべての拡張機能で無効になる。ユーザー体験の勝手な変更などへの苦情が多かったためとしている。(2018/6/13)

山市良のうぃんどうず日記(129):
続・フルバックアップからのWindows 10の復元が失敗!? でもそれが最後の希望だとしたら……
前回は、Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)へのアップグレードが失敗する古いPCで、Windows 10 バージョン1803をクリーンインストールする実験的な試み(筆者としては成功)を紹介しました。その後、Windows 10 バージョン1709の最後のバックアップを復元しようとしたところ、「イメージでシステムを回復」がエラーで失敗。でも、慌てることはありません。そのバックアップがちゃんと取れているなら、何とかなります。(2018/6/12)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(110):
アプリの亡霊? リンク先消失! 新旧Office混在環境での怪現象
業務アプリの互換性対応や、いざというときの代替策などのために、新旧2つのバージョンのOfficeアプリをローカルインストールして使用しているユーザーは少なからずいるでしょう。今回は、そんな筆者のWindowsコンピュータで最近何度か遭遇するようになった怪現象と、そのおはらい方法を紹介します。(2018/5/30)

Amazon「Alexa」プリインストールPC、まずはAcerが米国で発売
Acerが、1月に予告したAmazonのAIアシスタント「Alexa」を一部のモデルにプリインストールした。購入済みのPCでも、一部のモデルでは今後のアップデートでAlexaを利用できるようになる。(2018/5/22)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeでPythonするために必要なこと
VS CodeでPythonを始めるための新連載。VS CodeでPythonするのはなぜか、その理由と、必要な拡張機能のインストール、簡単な環境設定までをまとめよう。(2018/5/22)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeで表示言語を変更するには
VS CodeのGUI表示で使われる表示言語を切り替える方法を解説。また、言語パック拡張機能のインストールについても取り上げる。(2018/5/18)

ソフトバンクの「+メッセージ」、サービス開始日に配信停止 何が起きたのか?
ソフトバンクが「+メッセージ」アプリの配信をサービス開始日に一時停止。アプリをアンインストールすると、過去のメールデータが消えてしまうため。なぜソフトバンクだけがこのようなトラブルが起きたのか?(2018/5/11)

ソフトバンク、「+メッセージ」アプリ提供中断 「メールが消えた」ユーザーから報告受け
ソフトバンクは、SMSの新サービス「+メッセージ」のアプリ配信を一時停止した。既存メールアプリのアップデートで提供したが、「身に覚えのないアプリが入っている」と感じたユーザーなどがアンインストールした結果、過去にSoftBankメールで送受信したメールがすべて消えてしまった――という報告が相次いだため。(2018/5/11)

「Windows 10」春のアップデート後のChrome不具合対応「KB4103721」に不具合か
Microsoftが5月8日に公開した「Windows 10」の春の大型更新後初の更新プログラム「KB4103721」をインストールした複数のユーザーが、再起動できなくなったと報告している。(2018/5/11)

MVNOに聞く:
トーンモバイルがiPhone向けSIMを発売した理由は? 石田社長に聞く
トーンモバイルが、iPhone用をうたうSIMカード「TONE SIM(for iPhone)」を発売した。iPhoneに挿してアプリをインストールすることで、子どもの利用を管理できる。なぜこのタイミングでiPhone用SIMを発売したのか。石田宏樹社長に聞いた。(2018/5/5)

GoogleのChromeウェブストアに偽の広告ブロッカー、約2000万人がダウンロード
偽ブロッカーの作者は検索結果の上位に来るような用語をちりばめて、ユーザーがインストールするよう仕向けていたという。(2018/4/20)

Raspberry Pi用OS導入済みのmicroSDをアイ・オーが取り扱い開始
アイ・オー・データ機器は、Raspberry Pi標準OS「Raspbian」をプリインストールしたmicroSDの取り扱いを開始する。(2018/4/18)

山市良のうぃんどうず日記(124):
これは戦いだ! Windows 10のWindows Updateにはやられる前にや……
今回のネタは、Windows Updateによる更新プログラムのインストールで、仕事や帰宅の邪魔をされたくない、余暇の楽しみを邪魔されたくないという、Windows 10ユーザー向けの1つの“提案”です。少し手間が掛かりますが、今後、発生するかもしれない更新トラブルの多くを避けながら快適なPC生活を過ごすことができるかもしれません。(2018/4/17)

Tech TIPS:
「Ninite」でWindows OS向けアプリケーションをまとめてインストールする
新しいPCをセットアップする際に面倒なアプリケーション/ツールのインストールを楽にするサービス「Ninite」の使い方を紹介する。数ステップで、まとめてアプリケーション/ツールのインストールが行える。(2018/4/16)

Instant Appsは普及するか
Androidアプリ「今すぐ試す」の長所と短所
Googleの「Android Instant Apps」は、エンドユーザーがデバイスにインストールする必要のないサイズの小さなアプリを指す。本稿では、このテクノロジーの長所と短所、そしてユースケースを取り上げる。(2018/4/15)

1台当たり約60分、ワンステップでWindows 10に移行――富士ソフト「らくらくアップグレード for Windows」最新版を販売開始
富士ソフトが、Windows 7からWindows 10へのアップグレードを簡単に行える支援ツール「らくらくアップグレード for Windows」のWindows 10対応版を発売。OSやアプリケーションのインストール、設定などの手間のかかる工程を一括実行でき、ワンステップで簡単に移行作業が完了する。(2018/4/4)

直ちにアップデートを:
Windows 7とServer 2008の臨時アップデート公開 Meltdownの対策パッチで生まれた脆弱性に対処
Windows 7とWindows Server 2008 R2で2018年1月以降にリリースされた更新プログラムをインストールしていた場合は、直ちに今回の更新プログラムをインストールする必要がある。(2018/4/2)

平均インストール数は23、約8割が課金の経験なし スマホアプリの利用状況調査
マクロミルは、3月29日にスマホアプリ利用状況調査の結果を発表。アプリの平均インストール個数は23個で、年代が低いほど個数が多い。新しいアプリをインストールする際は「ストアでの検索」が最も多く、アプリ課金は78%が「ない」と回答した。(2018/3/29)

Tech TIPS:
Windows 10で「Windows.old」フォルダを削除してディスクの空き容量を増やす
Windows 10では、春と秋の年2回、大型の更新プログラムが提供される。こうした大型更新プログラムをインストールすると、システムドライブに[Windows.old]フォルダが作成される。このフォルダの容量は大きいので、ディスククリーンアップツールを利用して削除するとよい。(2018/3/29)

思わぬトラブルをどう回避するか
Windows 10移行、クリーンインストールとインプレースアップグレードのどちらを選ぶ?
IT担当者は「Windows 10」へのアップグレードが自社にとって適切な選択なのか、事前によく見極めないと、思わぬトラブルに見舞われるおそれがある。(2018/3/29)

アプリインストール広告のseedAppに新プラン:
Google ユニバーサル アプリ キャンペーンで成果報酬型出稿が可能に、ファンコミュニケーションズとセレスが提携
ファンコミュニケーションズはセレスと提携し、Google ユニバーサル アプリ キャンペーン(UAC)でアプリインストール成果報酬型のプロモーションが可能になるプランを販売開始した。 (2018/3/27)

半径300メートルのIT:
個人情報流出事件をきっかけに、“Facebook漬け”の生活を見直した話
5000万人のユーザーデータを流出させてしまったFacebook。普段からSNS中毒を自覚している私も、少しFacebookと“距離を置こう”と考えました。とはいえ、いきなりアンインストールするのも現実的ではありません。何から始めればいいのでしょうか。(2018/3/27)

Google、インストールせずに使える「Instant Apps」のAndroidゲームをアプリストアで公開
Googleが、インストールせずにお試しできる「Android Instant Apps」のゲーム版を公開した。まずは「クラッシュ・ロワイヤル」「ソリティア」など6本をインストールせずに遊べるようになった。(2018/3/20)

マストドンつまみ食い日記:
Pleromaインストールブーム?
Pleromaのインストール方法やスタートアップスクリプトが充実し始めた。(2018/3/18)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(105):
ディスク署名/識別子の重複実話(とSysprepが重要な理由)
「マシンSIDの重複神話」をご存じでしょうか。この神話についてはすぐ説明しますが、仮想マシンのコピーからクローンを次々に作成する場合に、知っておくべき事実です。これになぞらえて、今回はOSのインストール先ディスクに書き込まれるディスク署名が、競合(重複)によって書き換わってしまったときのトラブルの話を紹介します。(2018/3/13)

CAEニュース:
NVIDIAのハイエンドGPU組み込み済みのワークステーションを発売
GDEPアドバンスは、日本HPのワークステーション「Z」シリーズにNVIDIAのハイエンドGPUカードを組み込んだカスタマイズモデル「HP Z8 Powered by GDEP」を発表した。CUDAやライブラリなどの開発環境をプリインストールしている。(2018/3/5)

「Apple Watch Series 3」にスキーとスノボのトラッキング機能
「Apple Watch Series 3」でスキーとスノーボードのアクティビティをトラッキングできるようになった。「snoww」や「Slopes」などのサードパーティー製アプリをインストールする必要があるが、記録したデータはアクティビティに反映される。(2018/3/1)

Tech TIPS:
Windows 10の「Xbox」などのビルトインアプリを削除する(10AppsManager編)
Windows 10には、デフォルトで「メール」などのビルトイン(内蔵)アプリがインストールされている。しかし、これらのアプリは簡単にアンインストールできないものも多い。そこでこれらのアプリを簡単にアンインストールできるツールを紹介する。(2018/2/28)

Tech TIPS:
Windows 10の「Xbox」などのビルトインアプリを削除する
Windows 10には、デフォルトで「メール」などのビルトイン(内蔵)アプリがインストールされている。しかし、これらのアプリは使わなくても、[スタート]メニューでアプリを右クリックしてアンインストールできない。そこでこれらのアプリをアンインストールする方法を紹介する。(2018/2/14)

Windows 10への移行:
Windows Liveメールの受信メッセージとアドレス帳をGmailへ移行する手順
すでにWindows Liveメールのサポートは終了しており、新たにインストールすることはできない。そのため、Windows 7上でWindows Liveメールを利用している場合、Windows 10への移行に際して、メール環境の移行も必要となる。そこで、本稿ではWindows LiveメールからGmailに移行する手順を紹介する。(2018/2/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。