ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「内部統制」最新記事一覧

一般に企業などの内部において、違法行為や不正、ミスやエラーなどが行われることなく、組織が健全かつ有効・効率的に運営されるよう各業務で所定の基準や手続きを定め、それに基づいて管理・監視・保証を行うこと。そのための一連の仕組みを内部統制システムという。
内部統制 − @IT情報マネジメント用語事典
-こちらもご覧ください-
日本版SOX法 − @IT情報マネジメント用語事典
サーベンス・オクスリー法 − @IT情報マネジメント用語事典
5分で絶対に分かる日本版SOX法 − @IT情報マネジメント
5分で絶対に分かる内部統制 − @IT情報マネジメント
日本版SOX法ポータル − @IT
日本版SOX法&コンプライアンス − @IT情報マネジメント

みならい君のマイナンバー制度対応物語(1):
みならい君と学ぶ「マイナンバー制度」の概要と背景
みならい君が帰ってきました! 見習い内部統制室メンバーの「みならい君」が、上司や先輩に指導を受けながら、マイナンバー制度への対応作業を行っていく物語をどうぞ。(2015/5/20)

北海道の4国立大学、SaaS型購買システムを共同運用
北海道にある4つの国立大学がクラウド型電子購買システムの共同利用を始めた。物品購買業務の効率化と内部統制強化を目指す。(2015/4/28)

NEC、IaaSサービスの内容を大幅拡大
利用時間課金のライセンスを導入するほか、約200種のAPIや強化版セキュリティ機能、内部統制報告書などを提供する。(2015/4/23)

ホワイトペーパー:
Google Apps、Office 365メールのセキュアなアーカイブをクラウドで実現
クラウド型のメールサービスに移行する企業が増えているが、セキュリティ対策は万全だろうか。メールアーカイブサービスで内部統制やコンプライアンス対策を強化した運用を提案する。(2015/1/28)

現場も納得、経営に生かせる経費精算システム
マンガで解説:小口の経費精算を効率化して経理業務の負荷を下げるには?
手間が掛かるだけでなく、内部統制上のリスクもある現金による経費精算。システム化を検討しても現場の反対で頓挫することが多いこの業務を効率化するには? 現場も納得する最適なシステムを、漫画を交えて紹介する。(2015/1/26)

バンダイナムコが採用した文書管理データベース、その効果は?
ホビー、コンテンツ、アミューズメント施設など幅広い事業を手掛けるバンダイナムコグループ。約100社のグループ会社を抱える巨大企業が、内部統制を一元化するために打った施策とは。(2014/12/29)

ホワイトペーパー:
「クラウド財務管理」は海外拠点の会計チェック業務の解決策となるか?
企業のグローバル化が進む中、海外拠点での収益を重視するあまり、財務管理や内部統制には手が付けられていないのが実情だ。コストを掛けずにその課題を解決する方法を解説する。(2014/4/11)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
内部統制の厳しい会社が情報漏えい 技術のプロで見つからない原因
ある中堅商社で情報漏えいが起きた。セキュリティ技術のエキスパートが原因解明に挑んでみたものの、なぜか分からないという。実は意外なところに、その事実が隠れていた。(2013/6/21)

CA Technologies、特権・共有IDの管理製品を発売
JSOX法やIT内部統制などの監査では今なお特権・共有IDの運用に対する指摘を受ける企業が少なくないという。(2013/2/4)

【IFRS】経理業務とExcelの深い関係【第3回】
Excelと内部統制、IFRS対応のホント
経理現場でのExcelファイルの利用で問題になるスプレッドシート統制。どのようなことに気を付ければいいのか。またExcelを使ったIFRS対応とは? 現場で気になるExcelのホントを解説する。(2012/10/11)

NEC、受託業務の内部統制保証報告書を取得
プラットフォームサービスのユーザー企業は、外部監査などでの対応を効率化できるという。(2012/3/26)

【IFRS】財務経理ビジネストレンド【第3回】
クラウドでも考えたいセキュリティと内部統制
IFRSプロジェクトを担当する財務経理部員にぜひ知ってもらいたいのがクラウドコンピューティングのメリットとその活用方法だ。クラウドは企業の経理処理、IFRSプロジェクトをどう変えるのか。連載第3回では、財務経理業務におけるクラウドコンピューティングの利用で特に意識しておくべきと考えられる「内部統制」「情報セキュリティ」の関係についてお伝えする。(2012/2/21)

【IFRS】コーポレートガバナンス再構築【第1回】
調査報告書で読み解くオリンパス失敗の本質
オリンパスや大王製紙の不適切な会計処理であらためてコーポレートガバナンスが注目されている。仕組みとして整えられているコーポレートガバナンスを適切に機能させ、企業経営のリスク低減を図るにはどうすればいいのか。内部統制に詳しい公認会計士が解説する。(2012/2/15)

ホワイトペーパー:
社内に潜む最大のセキュリティリスクを回避せよ
内部統制やPCI DSSなどのコンプライアンス要件への対応や機密情報の漏えいを防止する方法としては、何でもできる特権ユーザーを適切に管理することが最も効率的だ。(2012/2/8)

ホワイトペーパーレビュー
データの長期保存に役立つアーカイブを解説した3つのホワイトペーパー
企業の内部統制やコンプライアンス対策を推進する際に重要な意味を持つ「アーカイブ」。本稿では、ストレージのアーカイブ機能を解説したホワイトペーパーを紹介する。(2012/2/3)

アクセス管理ソリューション「SecureCube / Access Check」
一歩先行くアクセス制御で情報漏えい対策と内部統制を強化
相次ぐ情報漏えい事件を受け、外部攻撃の脅威はもちろん、多くの企業が内部犯行を重大リスクとして認識し「アクセス管理対策」への関心が高まっている。しかし、その実現にはクリアしなければならない課題がある。(2011/11/1)

ホワイトペーパー:
【事例】ビジネス継続性の強化のために―― クラウドで作り上げた「1人情シス」の奮闘
クラウド導入により、「ビジネス継続性」と「内部統制」を強化し、約70%のコスト削減を実現した中堅企業の成功例を紹介する(提供:ソニービジネスソリューション)。(2011/10/3)

ソフトウェアAG、内部統制管理ツールの新製品 日本版SOX法に対応
ソフトウェア・エー・ジーは、内部統制管理ツール「ARIS Risk & Compliance Manager 3.1 J-SOx 対応版」を発売した。新製品では日本版SOX法に対応したほか、テスト・評価のオフライン処理機能などを追加した。(2011/8/10)

ビジネス継続性を強化:
PR:エンタープライズ基準の内部統制をクラウドで作り上げた「1人情シス」の奮闘
日本橋の中堅企業である日清紡ポスタルケミカルは、ネットワーク障害の発生や、外部からの内部統制強化の求めを契機に、中堅・中小向けクラウドサービスを利用することでビジネス継続性を強化したという。(2011/7/11)

【IFRS】新しい内部統制報告制度を理解する【3】
公開された「内部統制事例集」、活用のポイントはこれ
基準、運用の「簡素化・明確化」を目的に改訂された「財務報告に係る内部統制報告制度」。今回の改訂では基準と同時にこれまで効率的に内部統制を構築してきた企業の事例集が公表された。企業はどう活用できるのか? 運用の観点から解説する。(2011/6/29)

教えて経理部長!【第4回】
内部統制を悪役にせず、業務に生かすには
ERPや経理処理を非効率にしたと評判が悪い内部統制。しかし、教科書的な内部統制の構築方法から離れて考えれば、効率的でコストの掛からない方法が見つかるはずだ。(2011/6/16)

ホワイトペーパー:
そろそろ見直したいバックアップ、これからは「取る」も「戻す」も快適に
IFRSや内部統制への対応において、証拠保全や事業継続計画(BCP)の観点から、もはや必須の課題となっているバックアップ。しかし、バックアップにかかるコストや労力、いざという時のリカバリの方法は、今のままで問題ないといえるだろうか……(提供:クオリティソフト)。(2011/6/14)

【IFRS】新しい内部統制報告制度を理解する【2】
改訂内部統制の影響を受ける企業、受けない企業
基準、運用の「簡素化・明確化」を目的に改訂された「財務報告に係る内部統制報告制度」。今回の改訂では特に中堅・中小の上場企業が意識されているようだ。実際に対応する企業は改訂でどのような影響を受けるのだろうか。(2011/5/25)

【IFRS】新しい内部統制報告制度を理解する【1】
「簡素化・明確化」内部統制制度はどう変わる?
金融商品取引法に基づく「財務報告に係る内部統制報告制度」が改訂された。その柱は基準、運用の「簡素化・明確化」。企業に大きな負担を掛けてきたとも言われる内部統制報告制度はどう変わるのか。解説しよう。(2011/4/5)

ホワイトペーパー:
法制度施行に伴うデータ増大に対応するリアルタイムバックアップ
IFRSや内部統制において、証拠保全や事業継続計画(BCP)の観点から、電子メールやその通信記録、アクセスログなど証跡データの長期保存が義務付けられている。その結果、企業のデータ量が増大し、効率的なバックアップ体制の構築が急務となっている(提供:クオリティソフト)。(2011/2/24)

ホワイトペーパー:
Notes導入の企業様へ〜Notesからの乗換えで実現する3つの効果と乗換えを成功させるポイントを解説!〜
Notesからの乗換えがもたらす効果は、「コスト削減」、「内部統制強化」そして「運用負荷の軽減」 の3つ。このような効果を得るための具体的な解決方法を事例を交えて解説。Notes乗換えの現状やデータ移行パターン等、乗換え推進に必要な情報を1つに集約(提供:ディサークル)。(2010/11/30)

内部統制やコンプライアンスの管理をシステム化、RSAがGRC製品を投入
RSAセキュリティは、「Governance, Risk, Compliance」(GRC)ソリューションの「Archer」を2011年に日本市場に投入する。製品責任者が米国でのユーザー事例や製品特徴などを発表した。(2010/9/13)

【IFRS】140字で解説! 会計人のためのIT用語集【4】
「コンプライアンス」をライトに解説してみれば
難しく深刻に考えられがちなコンプライアンス。実際、日本版SOX法など会計人に対しては重い負荷がかかっている。連載の第4回では内部統制関係をはじめとするコンプライアンス関係の用語を分かりやすく、またライトに解説する。(2010/8/17)

企業の経営リスク管理をIT化する必要性
内部統制やコンプライアンスのためにリスク管理手法を取り入れている企業は多いが、手作業で管理をしているケースが大半であるという。SAPらがリスク管理でのITツールの利用を呼び掛けた。(2010/8/11)

企業システムの常識をJBossで身につける(10):
内部統制に効く! ID管理・シングルサインオンの常識
企業向けアプリケーションのさまざまな“常識”をJavaのオープンソース・フレームワーク群である「JBoss」から学んでいきましょう。企業システムを構築するうえでの基礎となる知識をリファレンス感覚で説明していきます。初心者から中堅、ベテランまで大歓迎!(2010/7/16)

【IFRS】月刊IFRSフォーラム【6】
4月:「IFRSに関する誤解」/記事ランキング
「何となく内部統制の時と似てきたな」。そんな雰囲気が漂う日本のIFRS適用。金融庁が公表した「IFRSに関する誤解」文書が投げかけるIFRSアドプションの意味を考えてみましょう。(2010/4/27)

ホワイトペーパー:
そのメールアーカイブは5年分のメール保管に耐えられるだろうか?
各種法規制によるコンプライアンス・内部統制強化ニーズでメールアーカイブシステムの導入が進んでいる。しかし、そのシステムは5年分のメール保管に耐えられるだろうか? (提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)(2010/4/23)

OpenStandiaソリューション/シングルサインオン
シングルサインオンを安価に実現する唯一の方法
コンプラアンスや内部統制対応などによって「シングルサインオン」のニーズは高まっている。しかし、ユーザー数やシステム規模が大きくなるほど、その実装コストは膨れ上がるというジレンマが存在する。(2010/4/1)

販売管理製品紹介
利益管理や在庫適正化だけでなく、内部統制の観点でも販売管理は流通業の生命線といえる。販売管理製品を提供する各ベンダーへの取材を基に、それぞれの製品の特徴をまとめた。(2010/1/28)

販売管理製品紹介:内田洋行
強力な内部統制対応機能で販売管理を支える「スーパーカクテルデュオ販売」
変化を続ける市場ニーズや業界特有の業務プロセスや個別対応など、流通業の販売管理システムには柔軟性が求められる。リアルタイムのデータ把握と内部統制強化をテーマに開発された販売管理パッケージを紹介する。(2010/2/1)

ホワイトペーパー:
「監査人が語る内部統制の最適化」セミナー資料
2009年9月17日にサン・マイクロシステムズ主催で実施された、「監査人が語る内部統制の最適化 〜アクセス管理の自動化による効率的なJ-SOX2年目対応〜」セミナーを資料で振り返る(提供:サン・マイクロシステムズ)。(2009/12/21)

ホワイトペーパー:
内部統制2年目に意識すべき4つの管理事項
内部統制1年目を終え「重要な欠陥がある」とされた企業は少ない。しかし多くの企業は不備を指摘され、改善要求を受けたのではないだろうか。内部統制2年目に改善すべき4項目の紹介と、その整備に成功した事例を紹介する(提供:ニューテクノロジー)。(2009/11/19)

ホワイトペーパー:
メールアーカイブ+αが法令順守対策と導入・運用コストを削減する!
昨今、内部統制、監査対応等が叫ばれる中、企業がその対策のひとつとしてメールアーカイブ導入は必須だ。Mimosa NearPointが法令順守への対策とともに、どのように導入・運用コストを下げるかを紹介する(提供:マクニカネットワークス)。(2009/11/6)

内部統制報告制度(J-SOX)対応も、構築から運用へ:
PR:求められる、内部統制を最適化・効率化する具体策
内部統制報告制度(いわゆる「J-SOX法」)によって求められる内部統制の“2年目”に差し掛かり、構築から運用へと比重が移ってきた。単に構築するだけでなく、運用・評価、そして改善を繰り返すことで企業活動を健全化していくといった考え方も含まれている内部統制だが、その運用の最適化・効率化こそが、企業にとっては重要になる。(2009/10/19)

SOX法コンサルタントの憂い(15):
内部統制が有効でないのはこんな理由だった
2009年6月末に3月期決算企業の内部統制報告書の提出期限となり、上場企業の約7割に当たる2672社が報告書を提出した。そのうち、内部統制が有効でなかったのは56社だった。今回はこれらの報告書がなぜ有効でなかったのかを解説する。(2009/8/11)

特集:ログ管理インタビュー(2):
日本版SOX法2年目はこの2つをやるべき
日本版SOX法適用初年度が一段落したが、多くの企業は今後も内部統制報告書を提出し続けなければならない。しかし、かなりのリソースが削減された現状で、どうやって2年目以降を乗り越えればよいのか。あらた監査法人代表社員・公認会計士である箱田順哉氏に話を聞いた。(2009/7/21)

Exchange Server専用メールアーカイブ&バックアップ製品
次世代メールアーカイブソリューションはコスト削減効果で選ぶ
内部統制対応のためのソリューションとして、すっかり定着した感があるメールアーカイブ製品。これから導入を検討するのであれば、メールアーカイブ機能に加えてコスト削減効果が優れたものを選びたいところだ。(2009/7/21)

わが社のコスト削減:
内部監査を現場に任せてコストを削減――J-SOX 2年目の知恵
J-SOX対応に向けてコスト削減を図るために各社が取り組んできたこと、われわれコンサルタントが支援してきたことを3回にわたって紹介する。2回目は内部統制状況の「自己評価」について、事例を交えて紹介する。(2009/6/30)

楽して実施スプレッドシート統制(前編):
スプレッドシートの統制は面倒か?
内部統制で今後問題になりそうなのが、スプレッドシート統制だ。スプレッドシート統制は面倒なのか、それを検討しよう。(2009/6/11)

PR:シン・クライアントが不況に打ち勝つコスト削減を果たせる理由
クライアントPCの管理において発生するコストや負荷、そして内部統制上のリスクなどに悩む情報システム担当者は少なくないはず。その課題を抜本的に解決するソリューションとしてシン・クライアントという選択肢があるが、まさに決定版ともいえるシン・クライアント方式が登場したようだ。コスト削減の特効薬となり得る「統合型」シン・クライアントの特長を探る。(2009/5/25)

SOX法コンサルタントの憂い(14):
いまさら追加された「内部統制Q&A」のポイント
金融庁は、4月2日に「内部統制報告制度に関するQ&Aの追加版」を発表した。これは2008年6月に続いて2度目の追加Q&Aとなる。多くの企業で最初の日本版SOX法監査がほとんど終わった直後の発表だが、実情はどうなのだろうか。SOX法コンサルタントである筆者から見た現実とのギャップを解説する。(2009/5/13)

インサイトテクノロジーの「PISO」:
PR:データベースセキュリティで重要な特権ユーザーのアクセスログをシステムに負荷なく取得
データベースには、取引先情報や個人情報など重要データが格納されている。機密情報に誰がアクセスし、どんな操作をしたのかを記録しておくことは、データベースセキュリティや内部統制の観点から重要だ。ログを取る際に問題になるシステムへの負荷を気にせずに、アクセスログを収集できる「PISO」について、開発、販売するインサイトテクノロジーに聞いた。(2009/5/11)

NEWS
日立ソフト、日本版SOX法対応2年目以降の作業を効率化するテスト支援システム
日本版SOX法対応の初年度の課題を基に、2年目以降のテストや評価作業を効率化するための機能が拡充した、内部統制運用テスト支援システムを発表した。(2009/4/14)

コンプライアンス教育にも活用:
反復学習で社員に情報浸透させるシステム イー・コミュニケーションズ
内部統制の観点から、セキュリティやコンプライアンスの社員教育が叫ばれる中、効果的に知識を浸透させることに苦心する企業は多い。解決のヒントは人間の記憶にあるという。(2009/4/3)

ホワイトペーパー:
プロジェクトの現在と未来を数値化し収益改善を図るプロジェクト管理会計
工事進行基準、内部統制、親会社や経営層への報告……。現在企業が抱える課題を解決するためにはプロジェクト管理会計システムの導入が1つの解となる。新会計基準対応にも必要なプロジェクト管理会計の仕組みとITインフラを紹介する(提供:日本コンピュータ・ダイナミクス)。(2009/3/30)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。