ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Internet Archive」最新記事一覧

関連キーワード

4月予定のアニメ「神撃のバハムートマナリアフレンズ」が放送延期に 「諸般の事情」
放送時期は未定とのこと。(2016/3/8)

4月アニメ「神撃のバハムート マナリアフレンズ」、放送延期 「諸般の事情」
4月に開始予定だったTVアニメ「神撃のバハムート マナリアフレンズ」の放送延期をCygamesが発表した。(2016/3/8)

めざましテレビがSCEプレジデントを一般人としてインタビュー→本人がその様子をTwitterプロフィールに設定する珍事へ
吉田修平さん、器が大きいです。(2016/3/3)

“なつかしのウイルス”博物館オープン 安全に感染体験
往年のコンピュータウイルスを集めた「マルウェア博物館」(The Malware Museum)がInternet Archive上にオープンした。(2016/2/9)

Donuts、物議かもしたRMT仲介サイト「プレマ」を閉鎖
これまでに成立した取引はなかったとのことです。(2016/1/14)

「ナナシス」や「単車の虎」のDonuts、RMT仲介サイト運営で炎上 「賭博行為にあたる可能性」と指摘
Donuts側によると、現在は「改めて法的な部分を精査し本サービスについての継続可否を検討している状況」とのこと。(2016/1/14)

アニメ制作のマングローブ、破産手続き開始決定
「サムライチャンプルー」などを手がけたアニメ制作会社・マングローブが破産手続き開始決定。(2015/11/11)

半径300メートルのIT:
きれいな言葉でまとめた「やったつもりのセキュリティ」が一番怖い
「セキュリティポリシー」や「プライバシーポリシー」をWebサイトに公開する企業は多いのですが、それを作ったことで安心しきっていませんか?(2015/6/16)

FlickrとInternet Archive、1400万点以上の検索可能な歴史的画像プロジェクト
「Internet Archive Book Images」は、Internet Archiveが公開している6億ページ分のパブリックドメインの書籍から抽出した画像をFlickrで公開するプロジェクト。タグ付けされているため、検索したり出典書籍を読むことが可能だ。(2014/9/1)

PC遠隔操作事件で逮捕の男、「のまネコ」騒動で殺害予告の過去
PC遠隔操作事件で逮捕された男は、2005年に起きた「のまネコ」騒動でエイベックスに対する殺害予告を書き込んだとして逮捕された人物だったという。(2013/2/10)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
昔のWebサイトやページを見る方法
「あのWebサイトはどんなものだったかな」とアクセスしてみると、消滅したり、見たいページが存在しないという場合がある。それを調べることができる方法をご紹介しよう。(2012/8/24)

知財で学ぶエレクトロニクス(1):
「SiC」と「GaN」、勝ち残る企業はどこか?(前編)
品質やコストと並んで、設計開発者が関心を持たなければならないのが、「特許」だ。製品設計の前段階から、自らの新たな視点に基づく特許出願を心掛けることが重要だが、まずは技術者が自ら特許について調べるためのヒントが必要だろう。本連載では、特定分野を毎回選び出し、その分野に関する特許の企業別、国別の状況を解説しながら、特許を活用する手法を紹介する。(2012/8/6)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
「会社のために……」という時代は終わり
かつての日本企業は、「会社のために行った不正行為が発覚した社員」を守る傾向にありました。しかし、「もう、そんな時代ではなくなっているのでは?」と、ちきりんさんは問いかけます。(2012/1/30)

誠 Weekly Access Top10(2011年8月27日〜9月2日):
首相官邸Webサイトは進化するか
首相がメディアに頼らず、直接自分の言葉を広く発信できる首相官邸Webサイト。過去の首相交代時には大幅にリニューアルされたこともあったが、今回は特に大きな変更はないようだ。(2011/9/9)

社長のブックマーク教えてください!:
仕事以外で見ていたら問題だけど……中国下着サイトもブックマーク、三愛・和田社長
そのWebサイトをブックマークした時、どんな人生の岐路に立っていたのか。ブライツコンサルティングの高津竜司社長がビジネスの達人たちに聞く連載。初回は、三愛・和田敬三社長のブックマークを聞いた。(2010/10/7)

Architecture for Modular Data Centers:
コンテナ型データセンターは日本に根付くか?
コンテナ型データセンターという日本ではまだなじみが薄いソリューションが持つ可能性について論じてきた本連載も今回で最終回となる。今回は、コンテナ型データセンターの事例を中心に紹介するとともに、その課題について考えます。(2010/1/14)

他社も取り組むべき:
Googleのサーゲイ・ブリン氏、ブック検索をめぐる批判に反論
「書籍を簡単に閲覧できるサービスが100あればいいと思う。それが無理ならば、少なくともそうしたサービスが1つ存在する必要がある」とブリン氏は主張する。(2009/10/13)

Googleブック検索和解に反対する団体結成 MS、Yahoo!、Amazonも参加
「電子書籍が単一の企業と少数の出版社によって掌握される」として、MicrosoftなどのIT企業や図書館が、和解案の実施阻止を目指している。(2009/8/27)

誠 Weekly Access Top10(2009年6月20日〜6月26日):
Webの古典を探しに行こう
Webでは日々、数多くのコンテンツがアップロードされているが、中には長く読みつがれるほどクオリティが高い記事も存在する。書店の古典フェアにならって、Webでも古典記事フェアをしてみてはどうだろうか。(2009/6/30)

iPhoneで人気のStanzaメーカー:
Amazon、iPhone向け電子ブックリーダーのLexcycleを買収
既にiPhone向け電子ブックリーダーアプリ「Kindle for iPhone and iPod touch」を提供しているAmazonが、競合する「Stanza」のメーカーを買収した。StanzaはAdobeなどとともに、オープンな電子書籍出版システムに取り組んでいる。(2009/4/28)

Amazon、Google+Sonyに続き:
Adobe、電子書籍のオープン標準「OPDS」を発表
AdobeはiPhone向け人気電子書籍リーダー「Stanza」のメーカーとともに、“1つのストアに支配されない”電子書籍出版システムを目指す。(2009/4/9)

Sun、3ペタバイトのWebアーカイブ「Wayback Machine」をホスティング
毎月100テラバイトのペースで増え続ける非営利団体Internet Archiveのデータサービスを、コンテナ型データセンターSun MDでホスティングする。(2009/3/26)

Web時代の情報探索術:
探し物ファイル1――1983年のチョコクッキー(その1)
新聞、雑誌、写真、映像――Webにあらゆる情報が集中する時代。情報の多くは、Googleで検索すれば一瞬のうちに手に入るようになりました。しかし、Webだけでは見つからない情報もあります。味や形、過去の記憶……Webでは検索できない手がかりを基に、求める情報にたどり着く方法を探る「Web時代の情報探索術」が始まります。(2008/11/10)

日々是遊戯:
Google先生に、2001年のゲーム業界がどんなだったか聞いてみた
Googleが10周年を記念して期間限定でオープンしている、「2001年当時のWebサイトをさかのぼって検索・閲覧できる特設サイト」が面白い。これを使って、2001年のゲーム業界を振り返ってみると……?(2008/10/8)

ねとらぼ:
2001年のインターネットにタイムスリップ Google検索でGo!
2001年のWebの世界にタイムスリップ――米Googleが、2001年当時の検索ページと、検索結果のキャッシュを公開している。(2008/10/2)

Firefox Hacks:
リンク切れページを復活してくれるFirefoxエクステンション
リンクをクリックすると「404: Page is Not Found」が出てガッカリしたことはないだろうか? 今回紹介するのは、キャッシュサイト内の該当ページを利用して、リンク切れのページを閲覧できるエクステンションだ。(2008/6/22)

大学主導のデジタル図書館、150万冊をオンライン公開
多くの希少書籍などを含む、文書の保護や保存が目的のプロジェクト。書籍の半数は無料で全文を閲覧できる。(2007/11/30)

NASA、画像・映像のデジタルアーカイブを構築へ
米航空宇宙局が、非営利団体のInternet Archiveと共同で画像・映像コレクションのデジタル化を行う。無料でオンライン公開される予定。(2007/8/25)

3分LifeHacking:
消えてしまったWebページを閲覧する
インターネット上の情報は永遠ではない。さっき見たページがなくなっている……というときに困らないように、何とかなるかもしれない方法。(2007/7/26)

Internet Archive、10万冊のデジタル化達成
Yahoo!、Adobeらが設立したOCAのアーカイブを運営する非営利団体Internet Archiveが、書籍10万冊のデジタル化を達成した。(2006/12/22)

星野君のWebアプリほのぼの改造計画(7):
公開中のHTMLファイルがごっそり消失!?
(2006/5/27)

サンフランシスコ市の無線インターネットサービス計画、Google案の内容は?
サンフランシスコ市が8月に全市Wi-Fi化に関関する情報を募集したことに応えてGoogleほか数社が出した提案が市のWebサイトで公開された。(IDG)(2005/10/20)

Yahoo!も書籍をデジタル化――Open Content Allicanceを発足
Googleと同様の書籍デジタル化にYahoo!も乗り出し、AdobeやO'Reilly Media、ネットアーカイブ団体とともにアライアンスを結成した。(2005/10/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。