ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アイリスオーヤマ」最新記事一覧

工場ニュース:
アイリスオーヤマが鳥栖第二工場を増設、自動倉庫の収容力が国内最大規模に
アイリスオーヤマは、佐賀県鳥栖市にある鳥栖第二工場増設の起工式を行った。同工場に、LED照明の生産ラインと4万パレットが収容可能な自動倉庫を新設する。(2017/10/3)

「安心」と「挑戦」の2指標:
地方の働きがい企業ランキング 「安心」地銀と電力強し
Vorkersが「働きがいのある企業ランキング」を発表。「安心できる」と「挑戦できる」の2指標でトップ20を算出した。(2017/9/26)

ごはんをよそうとカロリーの目安が表示 食事制限に役立つ炊飯器がアイリスオーヤマから
40種の銘柄に合わせて適切な水の量を教えてくれる量り炊き機能も。(2017/9/23)

食物繊維を増やす炊飯器
アイリスオーヤマ初の圧力IH炊飯器は、お米の銘柄や食べ方に合わせて炊き分けることができる。さらに食物繊維成分の1つであるレジスタントスターチ(難消化性デンプン)が約2倍に増えるモードも用意した。(2017/9/22)

茶碗によそった“ごはん”のカロリーが分かる炊飯器
アイリスオーヤマが10月に発売する「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器」(KRC-ID30-R)は、茶碗によそったご飯のカロリーをすぐに教えてくれる便利な炊飯器だ。(2017/9/21)

売上高50%増:
家電で快進撃 アイリスオーヤマ、新炊飯器を発売
アイリスオーヤマが、新型炊飯器2機種を10月14日に発売すると発表。顧客の食生活の多様化や健康志向の高まりに対応する機能を持つ点が特徴だ。(2017/9/21)

かーずSPのインターネット回顧録:
かつて電子書籍は「自分で吸い出す」ものだった 失われる前に書き留めておきたい、かーず式「自炊」完全マニュアル
まず裸になります(半分本当)。(2017/9/17)

両手が自由に使える「置き型ドライヤー」、アイリスオーヤマから
アイリスオーヤマは、自立する「置き型ドライヤー」を8月21日に発売する。パールピンク、パールブルー、シャンパンゴールドの3色をラインアップ。(2017/8/10)

座ったままPC作業は禁止 アイリスオーヤマ「立ちPCテーブル」導入
アイリスオーヤマが、PC作業用のスタンディングテーブルを社内導入。座った状態でのPC作業を禁止する。(2017/6/29)

アイリスオーヤマが座った状態でのPC作業を禁止 創造的思考の促進と労働生産性の向上のための新制度
健康維持の目的もあります。(2017/6/29)

「スタンディングテーブル」導入:
PC使う時は「立ったまま」 アイリスオーヤマの新制度
アイリスオーヤマが、着席してのPC操作を禁止すると発表。従業員は、「スタンディングテーブル」で立ったままPCを操作する。(2017/6/28)

関西学院大学 玉田俊平太氏 講演レポート:
やさしく教える「破壊的イノベーション」の基礎
破壊的イノベーションとは何か? 破壊的イノベーターになるにはどうしたらよいか? ダッソー・システムズ主催「3DEXPERIENCE FORUM Japan 2017」の特別講演に登壇した関西学院大学 経営戦略研究科 教授の玉田俊平太氏が「製造業のためのイノベーションの兵法」を分かりやすく解説してくれた。(2017/6/16)

ドン・キホーテのPB「情熱価格PLUS」でアイリスオーヤマのエアコンを販売――人感センサー搭載で4万9800円から
(2017/4/28)

“後発組”のアイリスオーヤマが大型白物家電に参入する理由と勝算
アイリスオーヤマが、大型白物家電事業に参入する。まずは、第1弾としてルームエアコンを今春に投入する。(2017/4/13)

スマホアプリで遠隔操作:
アイリスオーヤマ、エアコン発売 大型白物家電に参入
アイリスオーヤマが、大型白物家電事業に参入。スマホアプリで遠隔操作できるエアコンを4月末に発売する。(2017/4/13)

洗濯物が早く乾くサーキュレーター、アイリスオーヤマから
(2017/3/23)

アイリスオーヤマ、LED電球とLEDシーリングライトの「5年保証」開始――4月1日以降に購入したものが対象
アイリスオーヤマは、同社製LED電球およびLEDシーリングライトに5年保証制度を導入する。4月1日以降に購入した対象製品は、購入日から5年間に不点灯などの故障があった場合、無償修理あるいは代替品への交換を行う。(2017/2/14)

平成28年度「省エネ大賞」決定、「経済産業大臣賞」は温度の異なる風を吹き分けるパナソニックのエアコン
省エネルギーセンターが平成28年度の「省エネ大賞」を発表した。家電製品で「経済産業大臣賞」を受賞したのは、パナソニックのエアコン「WXシリーズ」だった。(2017/1/24)

31銘柄のお米を炊き分けるIH炊飯器、アイリスオーヤマ
アイリスオーヤマは、同社初となる5.5合サイズのIH炊飯器「銘柄炊きIHジャー炊飯器5.5合」を発表した。底面と内蓋の2カ所にヒーターを搭載し、上下から加熱することで釜内に激しい対流を発生させ、お米のおいしさを引き出す。(2017/1/18)

2017年の新iPhoneはどうなる? Twitter身売り騒動の行方は――2016年“うわさの真偽”総まとめ
来年のiPhoneはどうなる? 注目企業の動向は? 2016年に上がったIT・ネット業界のうわさをもとに2017年を占います。(2016/12/30)

ニオイを抑える“くつ乾燥機”、アイリスオーヤマから
アイリスオーヤマが「脱臭くつ乾燥機 カラリエ」を発表。温風で靴を乾かすという本来の機能に加え、くつのニオイを抑えるオゾン脱臭機能を搭載している。(2016/12/19)

買い足そうと思ったらポチッ! Amazonで日用品を注文できるボタン型端末「Dash Button」日本上陸
冷蔵庫、洗濯機などの近くに設置すると便利そう。(2016/12/5)

ボタン押すだけで日用品が届く「Amazon Dash Button」日本上陸 水や洗剤など1プッシュ注文
ボタンを押すだけで日用品をAmazonに注文できる端末「Amazon Dash Button」が日本で発売。食料品や洗剤など41のブランドをそろえる。(2016/12/5)

TBSが「捏造」と判断されかねないミスがあったことを謝罪 「マツコの知らない世界」の放送内容について
視聴者とアイリスオーヤマ関係者に対し謝罪しました。(2016/11/30)

「マツコの知らない世界」で“ねつ造” 掃除前後でキーボードが別のものに TBSが謝罪
TBS「マツコの知らない世界」で「掃除前後のキーボードを並べた」として示した写真が、別のキーボードの写真だった。(2016/11/30)

あえて“高級”路線の逆を行く 米家電に本格参入するアイリスオーヤマの戦略は
アイリスオーヤマが炊飯器など米家電に本格参入。市場で人気の高級路線をあえてとらない戦略だ。(2016/9/21)

水曜インタビュー劇場(家電公演):
アイリスオーヤマはなぜ「家電事業」に参入し、「結果」を出してきたのか
アイリスオーヤマが家電事業にチカラを入れている。2015年12月期の売上高は400億円に対し、2016年12月期の目標は600億円を掲げている。競争が激しい世界で、なぜ後発組の同社が売り上げを伸ばしているのか。担当者に話を聞いたところ……。(2016/9/21)

アイリスオーヤマの「除湿機EJD-70N」がリコール 部品不具合により発火のおそれ
専用電話窓口も開設し、問い合わせを受付ています。(2016/8/25)

たまらないニャ! お役立ち猫ガジェット4選
猫だってガジェットが欲しい。かわいすぎるお役立ち猫ガジェットを紹介します。(2016/7/16)

0時スタート:
Amazon、1日限定でプライム会員向けのタイムセール 6000以上の商品が対象
アマゾンジャパンは、7月12日にプライム会員限定のタイムセールを実施する。(2016/7/11)

エネルギー市場最前線:
LED照明で攻め続けるアイリスオーヤマ、直販営業強化で3年で売上高2.5倍
節電意識の広がりから市場を大きく拡大したLED照明だが、主力の直管型LEDの置き換え需要が一段落し、曲がり角に立ちつつある。撤退企業が増加する中で、攻勢をかけ続けているのがアイリスオーヤマである。LED事業本部 取締役本部長 石田敬氏に話を聞いた。(2016/6/14)

夜の運動会の相棒にゃ! ゆらゆら戻る猫用おもちゃ
(2016/5/13)

PC作業も邪魔されない? 「ミニキャットランドシリーズ」
(2016/5/8)

新生活のお供に! 5万円以下で買えるおすすめスティッククリーナー5選
場所を取らず、手軽に掃除ができるスティッククリーナー。5万円以下で買えるおすすめモデルを紹介。(2016/4/9)

照明用デバイス事業は継続:
ローム、照明器具事業をアイリスオーヤマに譲渡
ロームは2016年3月31日、LED照明器具/照明システム事業をアイリスオーヤマに売却すると発表した。(2016/3/31)

ローム、LED照明事業をアイリスオーヤマに売却
ロームがLED照明器具などを展開するライティング事業をアイリスオーヤマに売却。(2016/3/31)

アイリスオーヤマ グリッド天井用LED照明:
消費電力が従来比75%削減、オフィスに最適なLED照明
アイリスオーヤマは、オフィスビル管理者や入居者の方がオフィス照明に求めるニーズを取り入れた「グリッド天井用LED照明」を2016年3月上旬に発売する。(2016/3/24)

CLYTIAの天然水にぴったりという「アイリスのお米」を食べてみた
天然水の宅配サービスCLYTIAのユーザーにはいくつかのオプションサービスが用意されています。その1つがアイリスのお米の定期配送サービス。安くはありませんが、定期的においしいお米が届くのが魅力です。(2016/3/15)

LED照明:
グリッドシステム天井にはめ込むだけで使えるLED照明
生活用品製造卸のアイリスオーヤマは、高効率の付加価値を追求し、さらにオフィスビル管理者や入居者の方がオフィス照明に求めるニーズを取り入れた「グリッド天井用LED照明」を3月上旬に発売する。オフィスビル照明への提案を強化していく。(2016/3/15)

アイリスオーヤマ、掃除機の電池カートリッジに発煙・発火のおそれあり 2万8000台の無償交換を呼びかけ
電気掃除機「充電式スティッククリーナー」の電池カートリッジに、場合によっては発煙・発火が。(2016/2/8)

足元の冷え対策にはサーキュレーターが有効? サーモグラフィで検証してみた
冬のエアコン暖房は足下が冷える……そんな悩みを解消するには、エアコンに向けてサーキュレーターを動かすと良いらしい。半信半疑で試して見たところ、実際に暖まっていく様子をサーモグラフィで確認できた。(2016/1/22)

LED照明:
米LEDベンチャーの照明をアイリスオーヤマが販売、ノーベル賞中村氏らが創業
生活用品製造卸のアイリスオーヤマは新たに、米国SORAA社のLEDランプの取り扱いを決めた。同社製品を照明関連の展示会「ライティングジャパン」で披露している。(2016/1/15)

アイリスオーヤマが目指す“次の家電戦略”
2009年に家電分野に参入した生活用品大手のアイリスオーヤマ。シャープやパナソニックを辞めた技術者を積極的に採用し、大手家電メーカーの後を追いかけ始めた同社だが、昨年後半から、家電づくりに対する姿勢の変化が起き始めている。(2016/1/14)

31銘柄ごとに最適な方法で炊き上げ:
アイリスオーヤマ「お米家電」に参入――マイコン式「銘柄炊きジャー炊飯器」発売
アイリスオーヤマが「お米家電」に参入。第1弾は「銘柄炊きジャー炊飯器」(RC-MA30-B)で、価格は9800円(税別)。(2015/11/16)

アイリスオーヤマ、炊飯器に参入
アイリスオーヤマが「お米家電」に参入。第1弾として炊飯器を発売する。(2015/11/16)

ウォーターダイレクト、新規契約者向けにクックパッドのレシピ検索など限定サービスを提供
ウォーターダイレクトが、「CLYTIAの天然水」宅配サービスを新規に契約した人を対象に、クックパッドのレシピ検索や、特別価格での食材販売などのサービスを提供します。(2015/11/12)

ウォーターダイレクト、「アイリスのお米」の取り扱いを開始 天然水と合う米を定期配送
ウォーターダイレクトが、アイリスオーヤマの「アイリスのお米」の定期配送サービスを開始。「CLYTIAの天然水」宅配サービスと同じように、定期的にお米が届くサービスが利用できます。(2015/10/28)

焼く・煮る・蒸すの専用容器付き アイリスオーヤマの「グリルクックレンジ」
アイリスオーヤマは9月10日、焼く・煮る・蒸すの調理が可能な専用容器付きの電子レンジを発表した。10月上旬に発売する。(2015/9/10)

業界初の大小2つのファンで乾燥時間を半減 アイリスオーヤマの「カラリエ 衣類乾燥機」
アイリスオーヤマが8月27日、大小2つのファンを搭載する「カラリエ 衣類乾燥機」を発表した。9月中旬に発売する。(2015/8/27)

アイリスオーヤマ、人感センサー付きセラミックヒーター新モデル発表 加湿&全身を温めるタワー型
アイリスオーヤマが、人感センサー付きセラミックヒーター2機種を9月中旬に発売する。(2015/8/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。