ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「農業協同組合」最新記事一覧

台風10号の被災から復旧:
湖池屋、北海道で「カラムーチョ」製造再開
湖池屋は12月1日からシレラ富良野工場でポテトチップス商品の製造を再開する。同工場は台風10号による被災で操業停止していた。(2016/12/1)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(11):
「奇跡の一本松」を保存した生物研究所が乳がん触診シミュレーターを開発した理由
乳がんの早期発見に役立つのが自身での触診だ。だが、自分の胸を触ってシコリを感じても、それががんなのかを判別することは難しい。そのシコリの違いを学べる「乳がん触診シミュレーター」を京都の生物教材メーカーである吉田生物研究所が開発した。「奇跡の一本松」の保存などで知られる同社は、なぜ乳がん触診シミュレーターに取り組んだのか。(2016/12/1)

バター不足は仕組まれたものだった? 「ガイアの夜明け」放送内容にホクレンが反論「誤解を与える内容」
誤解を与える編集になっていた……?(2016/11/24)

エネルギー列島2016年版(31)鳥取:
日本最大の営農型メガソーラーで植物を栽培、拡大する小水力発電に光と影
冬に雪が降る鳥取県で太陽光発電の取り組みが活発だ。積雪対策として太陽光パネルを高く設置する施工法が定着してきた。農地に支柱を立てて建設したメガソーラーでは販売用の植物を栽培中だ。豊富な水量を生かして小水力発電が拡大するなか、土砂崩れで運転を停止する事態も発生した。(2016/11/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR九州が株式上場まで赤字路線を維持した理由
10月25日、JR九州は東証1部上場を果たした。同日前後、報道各社がJR北海道の路線廃止検討を報じている。このように対照的で皮肉な現実について、多くのメディアがさまざまな観点から論考するだろう。しかし過去を掘り返しても仕方ない。悔恨よりも未来だ。(2016/10/28)

自然エネルギー:
牛の糞尿で発電して下水処理場へ、地下水を汚さないバイオマス活用法
酪農が盛んな静岡県・富士宮市の高原で新たなバイオマス発電の取り組みが始まる。牛の糞尿をメタン発酵させたバイオガスで発電して市内の下水処理施設に電力を供給する一方、発酵後に残る消化液も下水と同様に処理する試みだ。消化液を牧草地に散布する量を抑えて地下水の汚染を防ぐ。(2016/10/13)

自然エネルギー:
年間5000万羽の鶏の糞で発電、1万3000世帯分の電力を作る
岩手県の鶏肉生産会社が鶏の糞を燃料にバイオマス発電を開始した。周辺地域で飼育する年間5000万羽を超える鶏の糞を集約して、ボイラーで焼却して蒸気で発電する仕組みだ。焼却後の灰にはリンやカリウムが多く含まれているため、農作物の肥料に再利用してバイオマス資源の循環を推進する。(2016/10/5)

ハギーのデジタル道しるべ:
「おらが町」の信用金庫がFinTechで成長するには?
メガバンクがこぞって参入するFinTechだが、地元密着で活動する信用金庫の関心は残念なほどに低い。技術活用を通じた地域貢献を期待したいが、どうすればその気になってくれるだろうか。(2016/9/30)

「ポンジュース発祥の地」 愛媛県民も驚きの石碑はなぜ置かれたのか
えひめ飲料にお話を伺いました。(2016/9/27)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第4回】
「ネットバンクの残高が少ない」と真っ青になる前に、中小企業が取るべき対策は
インターネットバンキングを利用する中堅・中小企業を狙った不正送金の被害が急増しています。被害に遭ったときに金融機関の補償条件に入りやすくする、最低限必要なセキュリティ対策とは?(2016/9/26)

エネルギー列島2016年版(21)岐阜:
全国一の水流を生かして小水力発電、山奥の古い農業用水路も電力源に
降水量の多い岐阜県は水力エネルギーの利用可能量が全国で最大だ。農山村では古い農業用水路を改修して小水力発電の取り組みが活発に進む。ダムに新設する水力発電所も続々と運転を開始した。農地を利用した太陽光発電や地域の森林資源を生かした木質バイオマス発電も広がりを見せる。(2016/9/13)

イノベーティブな新聞だ:
農政改革目指す小泉進次郎氏、ある新聞を皮肉たっぷり批判 
自民党の小泉進次郎農林部会長が皮肉たっぷりにある報道機関を批判した。標的になったのは、国内最大の農業専門日刊紙である日本農業新聞。ハッキリ物言う“進次郎節”で、痛烈な口撃が突如、始まった。(2016/8/12)

太陽光:
秋田県にかほ市に13.16MWのメガソーラー、約2700世帯分の電力を創出
日本および北東アジア地域で太陽光発電事業を展開するBCPGジャパンは、秋田県にかほ市大竹地区で、同社では5カ所目となる太陽光発電所「AKITA NIKAHO発電所」を完工し、商業運転を開始した。(2016/8/10)

西又葵の個展「少女交差点-銀座四丁目-」が7月に 直筆カラー原画や銀座三越とのコラボ浴衣も
会期中には、サイン会やライブドローイングなども実施予定。(2016/6/15)

省エネ機器:
病院で命を守るUPS、1つに集めるだけで電力2割削減
富士通エフサスは、富士通と共同で愛知県厚生農業協同組合連合会江南厚生病院(愛知県江南市)に設置したUPSを集約し、消費電力を約2割削減した。(2016/4/20)

専任者がいなくてもできる最低限の対策を考えよう
「中小企業はサイバー攻撃に狙われない」と思い込んでいる上司をどう説得する?
情報セキュリティ対策不足は経営リスクに直結する。しかし、上層部がその重要性を認識していなかったとしたら、中堅・中小企業のIT担当者はどう説得すればよいだろうか?(2016/3/17)

視点:
TPP/IoT時代を生き抜く「農業4.0」のすすめ
TPPが大筋合意された状況を受けて、産業界で急速に普及・進展しつつあるIoTを活用し、脅威をチャンスに捉える日本農業の第四次構造改革の在り方を考察していく。(2016/2/25)

アニメ「ゼウシくん」が1話限りの復活 声優は花澤香菜、内田真礼、大山のぶ代が続投
うっ、OPが脳内で……。(2016/2/4)

自然エネルギー:
太陽光発電に初めて環境影響評価を適用、長野県で89MWメガソーラー計画
長野県は環境影響評価の条例を改正して、広い土地に建設する太陽光発電所を対象に加えた。最初の事例になったのは諏訪市の高原で計画中のメガソーラーである。188万平方メートルの用地に31万枚の太陽光パネルを設置する一方、森林や湿原を残して自然環境を保全する対策を盛り込んだ。(2016/2/4)

星4つ! サンヨー食品「サッポロ一番×全農 カップスター 嬬恋高原キャベツを使った塩タンメン」をレビュー!
今回選んだのはサンヨー食品食品の「サッポロ一番×全農 カップスター 嬬恋高原キャベツを使った塩タンメン」(178円/税込、店頭価格)だ。(2016/2/3)

ドローンにまつわる賠償責任保険商品も展開:
ドローン・ジャパンがドローン航行の申請代行開始、賠償責任保険も無料付加
ドローン・ジャパンは、ドローンのコンサルティング事業を開始する。改正航空法対応の「申請書類作成支援・代理申請サービス」と「申請コンサルティングサービス」に加え、「ドローン賠償責任保険」を提供する。(2016/1/18)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
情報セキュリティ事件の2015年総まとめ
2015年も残すところ1週間を切った。今年もさまざまな情報セキュリティ事件が起きたが、筆者が気になった事件を振り返ってみたい。(2015/12/25)

特集:セキュリティリポート裏話(2):
過去10年の「10大脅威」、決して変わらないセキュリティ対策とは
情報処理推進機構(IPA)が約10年にわたってまとめ、公表してきた「10大脅威」を参考に、セキュリティ脅威を取り巻く状況において何が変わり、何が変わらないのかを確認してみた。(2015/12/9)

センサーとクラウドで農作業を見える化、情報共有へ JA西三河
センサーとクラウドを使って高品質な作物の作り方を分析し、農家同士で知見を共有する――。愛知県西尾市を管内とする総合農協のJA西三河が、ITを活用した農業改革に乗り出した。(2015/12/2)

製造マネジメントニュース:
田畑に設置したセンサーで情報を収集し、営農支援する農業IoTソリューション
日立製作所は、PSソリューションズと共同で、農業IoTソリューション「e-kakashi」を開発した。田畑などに設置したセンサーネットワークを通じて温湿度や日射量などの情報を収集し、クラウド上でデータを管理できる。(2015/11/16)

スイッチオンで即、農業IoT “ITかかし”が切り開く農業の新境地
ハードルが高い“農業×IoT”を、もっとカンタン、手軽に――。そんな思いから生まれた“21世紀のITかかし”が注目を集めている。このソリューションは、人手不足、後継者不足に悩む農家の救いになるのだろうか。(2015/10/15)

ITと農業:
「Apple Watch」でコメ作り――熊本・阿蘇の若手農家が取り組む「スマート農業」の可能性
ちょっと田んぼ見てくる。(2015/10/2)

エネルギー列島2015年版(21)岐阜:
小水力発電で村おこし、農業用水路が新たな価値を生む
面積の8割以上を森林が占める岐阜県には水力とバイオマス資源が豊富にある。過疎に悩む農村では農業用水路に小規模な水力発電機を設置して電力の自給自足が始まった。ダムを利用した小水力発電も相次いで運転を開始する一方、都市部では地域ぐるみのバイオマス発電が広がっていく。(2015/9/8)

2015年上期の不正送金は15.4億円、信金・信組の被害は10倍増
ネットバンキングの不正送金が754件発生し、個人口座の被害も増加に転じた。(2015/9/3)

新宿駅の地下通路に巨大なニンジンや大根生える
にょきにょき。(2015/8/31)

自然エネルギー:
乳牛の排せつ物が2600世帯分の電力に、北海道でバイオガス発電が始まる
合計11万頭にのぼる牛を飼育している北海道の別海町で、牛の排せつ物を利用したバイオガス発電施設が運転を開始した。発電施設から半径10キロメートル以内の乳牛の排せつ物を収集して、発酵後のメタンガスで発電する方法だ。町の全世帯の4割以上をカバーできる電力を供給する。(2015/7/15)

週刊少年ジャンプが「マイナー部活の喜怒哀楽」をTwitterで募集 優秀者には“移動式部室”をプレゼント!
締切は7月28日。(2015/6/29)

北海道・北斗市が「北斗の拳」とコラボするよ〜 夏祭りに黒王号の等身大模型登場!
「我が生涯に 一片の悔いなし!」でおなじみのラオウさんが乗った黒王号見参!(2015/6/18)

ジブリ作品作画監督・佐藤好春さんが手がけるパンCMが完全にジブリクオリティ
九州では8年前から放送されている、製パン企業「フランソア」の人気のアニメCMシリーズ。(2015/5/23)

農業ERPや遺伝子解析:
今、IBMが注目するスタートアップ企業5社
IBMのスタートアップ支援プログラム「BlueHub」の第1期が終了。農業ERPや遺伝子解析など、新進気鋭の5チームが自身が展開するサービスの概要を説明した。(2015/5/13)

ホワイトペーパー:
情報活用で営業課題解決──4つの成功例から学ぶ正しいSFA/CRM導入術
営業課題は企業によって異なるが、解決策の第一歩は「情報の活用」だ。SFA/CRM導入で課題を解決した4社の情報活用成功の秘訣とは?(2015/3/20)

まずは農家4戸から:
トヨタ自動車が農業支援を強化 JAグループ愛知と提携
異業種からの農業参入が相次ぐ中、トヨタ自動車も米生産農家の支援を加速する。(2015/2/27)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
農業革命は製造業にとってチャンスとなるのか
決して“無関係”ではない。(2015/2/24)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

衰退する“地方”に希望を照らすドラマ原作の続編が登場!
反町隆史さん主演のドラマ『限界集落株式会社』の続編小説が登場。(2015/2/10)

どうすればよい?「Windows Server 2003の移行」──東海物産の好例から
サポート終了日が近づく旧サーバOS「Windows Server 2003」をこれから移行するには、どうすればいいか。多くの中堅中小企業に共通する課題を抱えつつ移行に成功した、三重県の農業資材販売企業「東海物産」の事例を紹介する。(2014/12/8)

東村山駅の発車メロディーが「東村山音頭」に……お、おっさんホイホイじゃねえか!
ひ〜がしむ〜らやま4丁目〜。(2014/11/29)

なぜおいしい? 「ゆめぴりか」 農作物の“安心の保証”に貢献する新ITシステムとは
北海道米「ゆめぴりか」がおいしいと話題だ。それは、農作物には安全と安心の保証が欠かせないとする生産農家と協同組合組織があるからかもしれない。農作物の安心の保証のため、たいせつ農業協同組合がタブレットを軸にした新システムを導入した。その効果とは。(2014/11/20)

製造マネジメントニュース:
横浜ゴムが旭川競馬場跡地に新テストコース、面積は従来比4倍に
横浜ゴムが旭川競馬場跡地を取得した。同所に、乗用車およびトラック・バス向けの冬用タイヤの各種試験路をはじめとするタイヤのテストコースを建設し、2015年末から運用を開始する。(2014/11/13)

伝説のJA全農アニメ「おにくだいすき!ゼウシくん」の第二期放送決定 キャストは引き続き花澤香菜さんや内田真礼さん
ちょっと尺が長くなる。(2014/10/29)

“カイゼン”と“ビッグデータ”を稲作へ:
トヨタ流米作りで“ニッポン農業”を強く、元気に
トヨタ自動車が新境地に挑む。農業分野にカイゼン活動を持ち込むとともに、クラウドとビッグデータを駆使した稲作支援サービスを開発。早くも劇的な成果が出ているという。(2014/10/10)

「カイゼン」を可能に、データの見える化に挑むNEC
2012年から農業分野でのIT化に参入したNECは、農作業の“カイゼン”につながるデータの可視化に注力している。参入から2年が経過した同社に事業の現状などを聞いた。(2014/9/11)

スズキ「キャリイ」と比較:
新型「ハイゼット トラック」は農業女子と高齢者を意識
ダイハツ工業は、軽トラック「ハイゼット トラック」の新モデルを発表した。軽乗用車と同様に多様化する顧客の需要に応えて、全8色のボディカラーや用途や志向に合わせた装備パックを用意するとともに、軽トラックのJC08モード燃費でトップとなる19.6km/l(リットル)を実現した。(2014/9/3)

エネルギー列島2014年版(19)石川:
農村の再生は太陽光でスマートアグリ、砂防ダムに小水力発電を
火力と原子力の依存度が大きい石川県だが、農村や山間部を中心に再生可能エネルギーが広がってきた。県内で増加している耕作放棄地を再生するために太陽光発電の導入を進める一方、最先端の発電技術を利用した温室栽培にも取り組む。山間部の砂防ダムでは小水力発電所の建設が始まる。(2014/8/19)

窪田順生の時事日想:
厚労省と農水省が、「炭水化物」をススメている理由
厚労省が定める「食事バランスガイド」をみると、「ごはん」や「パン」といった炭水化物をたくさん食べたほうがいい、と記している。科学的根拠があるわけでもないのに、なぜ炭水化物をススメてくるのだろうか。(2014/8/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。