ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ジャパン・ライツ・クリアランス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ジャパン・ライツ・クリアランス」に関する情報が集まったページです。

勝手に連載!「海で使うIT」:
艇載ドローンで落水者を救え! ボートショー2018レポート
ボートショー2018の目玉展示をレポート(2018/3/14)

Spotifyがやっとやってきたのでカラオケ機能を試してみた
ようやく日本でローンチしたSpotify。発表会に参加し、現在Premiumプランをお試し中の筆者が気づいたことがある。(2016/9/30)

「フェアに戦いたい」 JASRAC、競合を歓迎 審判請求取り消しまで7年半かかった理由は
「最大の理由は、状況の変化だ」――JASRACが公取委の排除命令取り消しを求めて行っていた審判請求を取り下げ。浅石理事長は、競合を歓迎する姿勢をアピールした。(2016/9/16)

伊勢市の仮想旅行を楽しめる――リクルートと三越伊勢丹が「地方創生」を後押しする取り組み
「地方創生」を後押しするための取り組み第一弾として、三重県伊勢市の魅力を体験できるVR技術などを取り入れた特別催事「Beautility Journey 〜ビューティリティ・ジャーニー〜」が開催される。(2016/6/20)

無料釣り体験プロジェクト「つりマジ!」開始――19〜22歳が対象
リクルートは、釣り体験プロジェクト「つりマジ!」の会員登録と施設の利用を5月16日からスタート。19〜22歳であれば、全国72カ所の釣り船乗船料や管理釣り場・釣り堀などの利用料が無料になる。(2016/5/17)

Jリーグを無料観戦できる19、20歳限定「Jマジ! 〜J.LEAGUE MAGIC〜」4期目スタート
Jリーグ29クラブの対象試合を無料で観戦できる、19・20歳限定プロジェクト「Jマジ! 〜J.LEAGUE MAGIC〜」の4期目をスタートする。(2016/2/29)

「音楽著作権の利用が広がる競争を」 イーライセンスとJRCが合併、新会社「NexTone」始動へ
音楽著作権管理事業者のイーライセンスとJRCが合併し、新会社「NexTone」が発足する。JASRACがほぼ独占している市場で「公平なルール」の競争導入を目指す。(2015/12/17)

リフト代が無料・半額になる「雪マジ!19」「雪マジ!20」「雪マジ!ふくしま」開始
リフト代が無料・半額になる「雪マジ!19」「雪マジ!20」の会員登録が開始。20〜22歳の男女を対象に、福島県内にある22ゲレンデの平日リフト一日券を無料とする「雪マジ!ふくしま」の事前登録もスタートした。(2015/10/20)

エイベックスがJASRAC離脱か――日経報道
エイベックスがJASRACに委託していた約10万曲の著作権管理をイーライセンスに移行すると日経新聞が報じた。(2015/10/16)

エイベックスがJASRACから音楽の著作権管理を自社へ移行する手続きを開始
演奏権はJASRACに残るとのこと。(2015/10/16)

イーライセンスとJRCが事業統合へ エイベックスが筆頭株主に
エイベックスが音楽著作権管理会社のイーライセンスとJRCの筆頭株主となり、両社を事業統合へ。(2015/9/28)

音楽著作権管理団体「イーライセンス」と「JRC」が事業統合へ エイベックスが筆頭株主に
音楽業界に大きな動き。(2015/9/28)

リクルートの若年層向け行動支援プラットフォーム「マジ☆部」が観光庁長官賞を受賞
リクルートライフスタイルの若者行動支援プラットフォーム「マジ☆部」が、国土交通省観光庁が主催する「若者旅行を応援する取組表彰」で観光庁長官賞を受賞した。(2015/9/17)

パイオニア、DTS:Xにも対応するフラグシップAVアンプ「SC-LX89」など3機種を発表
パイオニアは、同社製AVアンプの上位ラインアップにあたる3機種を発表した。いずれもDolby Atmosに加え、ファームウェアアップデートでDTS:Xもサポートする9.2ch対応機。(2015/9/10)

19〜22歳限定・63カ所の釣り船・釣り場が無料になるプロジェクト「つりマジ!」がスタート
じゃらんリサーチセンターと日本釣振興会、日本釣用品工業会は、19〜22歳を対象としたプロジェクト「つりマジ!」を実施。63カ所の釣り船の乗船料と、管理釣り場・釣り堀を無料にする。(2015/7/14)

JRC、放送分野の音楽著作権管理に参入
JRCが4月から放送分野の音楽著作権管理に参入する。「参入によって著作権管理事業全体の透明度を上げたい」としている。(2015/2/16)

クラスDアンプを磨いた3つのデバイス――パイオニア「SC-LX58」
「Dolby Atmos」対応で注目を集める「SC-LX58」だが、AVアンプとしてのベーシックな部分にも大きく手を加えている。先代「SC-LX57」との違いを象徴する3つのデバイスを紹介してもらった。(2014/8/11)

潮晴男の「旬感オーディオ」:
「A-S2100」に息づくヤマハ・ピュアオーディオの遺伝子
ハイレゾ音源の広がりとともに、オーディオ製品への回帰現象が進んでいる。ヤマハが投入した「A-S2100」もその1つ。製品を見ると過去の資産が正しく受け継がれていることがよく分かる。(2014/6/30)

アナログメーター付き:
ハイレゾ時代のHi-Fiコンポーネント、ヤマハ「S2100」シリーズ登場
ヤマハがプリメインアンプの「A-S2100」およびCDプレーヤー「CD-S2100」を発表した。昨年登場した上位モデル「S3000」シリーズの開発ノウハウを多く盛り込み、ハイレゾ時代のHi-Fiコンポーネントに進化した。(2014/4/24)

潮晴男の「旬感オーディオ」:
重くてデカくて良いですなぁ――ソニー14年ぶりの本格プリメイン「TA-A1ES」
昨年、ソニーの“ハイレゾ宣言”とともに登場したES型番のプリメインアンプ「TA-A1ES」。久しぶりの本格アンプを、アンニュイなボーカルのカレン・ソウサ「エッセンシャルズ」で試してみよう。(2014/4/16)

音楽のデジタル化時代に著作権管理団体はどうなる JASRACがシンポジウム
JASRACシンポジウム「著作権集中管理団体に求められる役割とは」で、知財権に詳しい大学教授や弁護士らがデジタル時代の著作権管理のあり方や、ネット上に増え続けるコンテンツの管理方法などについて議論した。(2014/3/25)

理想を追求すると中身も美しくなる? ヤマハが6年ぶりのHi-Fiコンポーネント「S3000」シリーズを発表
ヤマハが6年ぶりにHi-Fiコンポーネントの新製品を発表した。プリメインアンプの「A-S3000」とUSB-DAC搭載のCDプレーヤー「CD-S3000」をラインアップ。(2013/7/11)

野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:
カスタマイズが楽しめる“真空管ポタアン”、イーケイジャパン「TU-HP01」
イーケイジャパンの「TU-HP01」は、オペアンプの交換が可能なハイブリッド型ポータブルヘッドフォンアンプだ。ちょっとしたカスタム気分が味わえる。せっかくなので、手持ちのオペアンプも交えて試してみよう。(2013/6/22)

9ボルト電池で「厚みのある音」、エバーグリーンのヘッドフォンアンプ「DNSB-18702」
エバーグリーンはヘッドフォンアンプの新製品「DNSB-18702」を発売した。アナログ入力だけのシンプルなヘッドフォンアンプ。(2013/6/21)

JC08モードでもまだまだ甘い:
カタログ燃費と実燃費の差をなくせ! 欧州が燃費計測の世界標準策定に動く
自動車のカタログ燃費よりも、その自動車を実際に運転して走行する際の実燃費が下回っていることは周知の事実だ。この問題を解決するため、日本でも2012年4月からJC08モード燃費を導入し、より実燃費に近いカタログ燃費が使用されるようになった。しかし欧州は、燃費計測方法の世界標準の策定など、さらに先進的な取り組みを進めようとしている。(2012/6/28)

ビジネスニュース オピニオン:
ドイツの太陽光発電、「失敗」から日本が学べること
ドイツは膨大な太陽電池を導入した結果、固定価格買い取り制度(FIT)が維持できなくなり、崩壊寸前――このような意見を耳にしたことはないだろうか。このような見方は正しいのか、FIT導入目前の日本が学べることは何か、解説する。(2012/6/5)

ESEC2012 フォトギャラリー:
インテル入ってる充電スタンド? パートナー型インタフェースと会話を楽しもう
組み込み技術の展示会「ESEC2012」で見つけた、自動車に使えそうな技術をフォトギャラリー形式で紹介する。(2012/5/18)

エソテリック、Kシリーズの設計思想を踏襲したD/Aコンバーター「D-07X」を発売
エソテリックは、D/Aコンバーターの新製品「D-07X」を2月下旬に発売する。USB入力はアシンクロナス伝送をサポート。(2012/1/26)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
「ハイエンドショウトウキョウ2011」で見つけた注目の新製品
「ハイエンドショウトウキョウ2011」が開催されている。その名のとおり「高級ピュアオーディオ製品」の展示がメインだが、近年の傾向に則してか、PCオーディオやヘッドフォンなどの姿も多く見られた。(2011/10/8)

古田雄介のアキバPickUp:
「そろそろ底が張られるかも」――DDR3メモリ8Gキットが限定で2500円切り
春先から長期的な値下がりが続いているDDR3メモリは、限定特価で2480円の4G×2枚キットが出回るなど、底の見えない状況が続いている。いつごろ買えば一番お得?(2011/8/29)

NEWS
日医標準レセプトソフト「ORCA」をクラウドサービス化 S&I
S&Iが日医標準レセプトソフト「ORCA」の機能をインターネット経由で利用できるようにするサービスを2011年10月から診療所・クリニック向けに提供する。(2011/7/13)

ビデオリサーチインタラクティブ調査:
TogetterやUstream、まちBBSのユーザー数急増
東日本大震災が起きた3月、ライフライン各社のサイトやニュースサイトなどにアクセスするユーザーが急増。震災関連情報が集まったTogetterなどのネットサービスもユーザー数が増えた。(2011/4/13)

日本赤十字社かたるフィッシングサイトに注意を
日本赤十字社をかたる偽サイトが出現したとして、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。(2011/3/18)

NEWS
エス・アンド・アイ、クラウド電子カルテサービス開始
電子カルテ機能をインターネット経由で利用するサービスを提供。サーバや電子カルテシステムを購入することなく、短期間での電子カルテを利用開始できる。(2011/2/28)

クリプトン管理のVOCALOID曲ネット配信、非営利なら著作権料免除 JRCと協力
クリプトンが管理するVOCALOID曲のネット上での利用について、非営利目的の場合は著作権使用料を免除する取り組みがスタートした。(2010/12/20)

2011年に登場する?:
Wi-Fiルーター内蔵、腕時計型、超小型――ウィルコムが提案する“次のPHS”
「だれとでも定額」や「HONEY BEE 4」の発表会で、ウィルコムは2011年春以降に発売を予定しているモデルや、商品化は未定のコンセプトモデルも展示していた。その一部を紹介しよう。(2010/12/4)

小寺信良「ケータイの力学」:
チェーンメールというシステムの欠陥
チェーンメールは何が「悪」なのか。これを考えるために、チェーンメールとTwitterのRTと比較してみると、その答えが見えてくる。頭ごなしに禁止するのではなく、その理由をしっかりと理解することが大切だ。(2010/7/13)

UstreamでJASRAC曲など演奏可能に 著作権管理3団体と契約
Ustreamは、JASRAC、イーライセンス、JRCと楽曲利用許諾契約を結んだ。3団体の管理楽曲を演奏したり、歌ったりする動画をUstreamで配信できる。(2010/7/6)

著作権侵害は「厳しく規制」、テレビ局も個人もカバー Ustream日本版の“全方位戦略”
Ustream日本版が目指すのは、ライブ動画配信のプラットフォームだ。テレビ局から個人までを幅広くカバー。著作権侵害は厳しく規制し、誰もが安心して参入できるよう配慮する。(2010/6/1)

MySpace上のUstream配信、JRCと楽曲利用許諾契約 CD音源使える作品も
MySpace上のUstream配信について、JRCとマイスペースが暫定契約。「実験的な試み」として、DJプレイなどにCD音源を使える作品も。(2010/3/30)

ニコニコ動画、JRC曲の演奏動画が投稿可能に
JRC管理楽曲を自分で演奏したり歌った動画を、「ニコニコ動画」に合法的に投稿できるようになった。(2009/6/17)

PHS&データ通信端末販売ランキング(4月13日〜4月19日):
“上り5.8Mbps”の「D23HW」が好調な滑り出し
PHSのランキングでは、定額プランが“月々780円”になる特別モデルが人気機種「BAUM」の座を奪った。データ通信端末は“上り5.8Mbps”の新モデルが上位を獲得。今後さらに順位を上げるのだろうか?(2009/4/24)

音楽著作権処理を一元化 JASRACや配信業者など新組織
楽曲のネット配信に伴う著作権処理を簡便に――JASRACや配信事業者などが新組織を設立し、著作権情報のデータベースを整備する。(2009/3/6)

「徹底的に争う」とJASRAC加藤理事長 排除命令、YouTubeやニコ動に影響は
JASRACは公取委と徹底的に争う構え。加藤理事長は会見で、語気を強めながら公取委への不服をあらわにした。YouTubeやニコ動と結んでいる包括契約には影響はなさそうだ。(2009/2/27)

YouTubeがJASRACと契約 演奏動画、投稿可能に
YouTubeとJASRACが楽曲利用許諾契約を結んだ。JASRAC管理楽曲を演奏したり、歌ったりした動画をYouTubeに投稿できるようになる。(2008/10/23)

座談会 UGCの可能性を考える(前編):
「ニコ動作家はもうけちゃダメ?」「才能、無駄遣いしていいの?」
「ニコニコ動画」発のクリエイターはお金をもうけようとすると批判されてしまうが、“才能の無駄使い”を無駄に終わらせないためには――津田大介さんや、音楽マネジメント企業の担当者が語り合った。(2008/7/18)

JRC、音楽配信データ標準化団体に加入 国内事業者初
音楽著作権を管理するジャパン・ライツ・クリアランスは、音楽配信データの国際的な標準化団体「Digital Data Exchange LLC」(DDEX)に、国内事業者として初めて加入した。(2008/7/9)

イーライセンス、YouTubeに利用許諾 あゆ・倖田來未の一部楽曲、投稿可能に
イーライセンスがYouTubeに包括利用許諾。JRCに次いで2例目となる。大塚愛さんの「恋愛写真」、倖田來未さんの「愛のうた」、浜崎あゆみさんの「GUILTY」などの演奏動画を合法的に投稿できる。(2008/5/20)

“iPod課金”は「突然蒸し返された」わけではない
「iPodなどに私的録音録画補償金を課金すべき」という議論が再び盛り上がっている。「終息したはずの議論が突然蒸し返された」という見方もあったが、実際にはそうではない。(2008/5/19)

「いったいどこが問題なのか」――JASRAC加藤理事長、公取委の立ち入りに「不満」
「いったいどこが問題なんだ? という気持ちが強かった」――JASRACの加藤理事長は、公取委の立ち入り検査を受けた時の心境を明かした。(2008/5/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。