ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「観光」最新記事一覧

沖縄で三輪タクシー「トゥクトゥク」をレンタル 観光客ニーズを取り込め
沖縄トゥクトゥクは2店舗目となる「トゥクトゥク・ステーション 那覇国際通り店」をオープンする。(2016/9/26)

東京駅に対話型ロボット 駅構内や観光名所を外国人に案内 10月から
東京駅で日立製ロボット「EMIEW3」が周辺施設などを案内する実証実験が10月にスタート。日本語、英語、中国語に対応する。(2016/9/26)

ホントに「観光立国」実現できるのか 入国審査待ちで訪日客が長蛇の列
空港、港湾で入国審査官や税関職員が大わらわだ。急増する訪日外国人客と、世界的にリスクが高まるテロへの対応で、作業が膨大になっているためだ。(2016/9/26)

Google、オフラインで使えるパーソナライズド旅行ガイドアプリ「Trips」をiOS/Androidで公開
「Google Trips」は、Gmailでの宿泊先やフライトの予約情報やGoogleマップの情報と連係し、旅行に必要な情報をまとめるiOS/Androidアプリ。まだ日本語化はされていないが、オフラインでも宿泊先や目的地の地図を表示できる。世界200都市については、1日観光プランなども提示する。(2016/9/20)

アニメ聖地の観光促進団体「アニメツーリズム協会」設立、聖地88カ所をオフィシャル化 
国内及び外国人観光客を対象に広域観光ルートを発信していくとしています。(2016/9/17)

富野監督も“巡礼”呼び掛け 「アニメ聖地」全国88カ所を選定、集客に活用「アニメツーリズム協会」設立
アニメの舞台になった「アニメ聖地」全国88カ所を選んで観光客の呼び込みにつなげる「アニメツーリズム協会」が設立された。(2016/9/16)

あれもこれも:
第1位は「オレオ」 外国人観光客のニーズに応える関空の100円ショップ
小さな売り場に数千種類の商品が並ぶ関西国際空港の100円ショップ「ザ・ダイソー関西エアポート店」。国際空港ならではの独特の品ぞろえで、レジには行列が絶えない。(2016/9/16)

亀有の宝:
『こち亀』連載終了に、外国人ファンから惜しむ声
「週刊少年ジャンプ」の人気漫画『こち亀』の連載終了が決定した。「さみしい」などの声が聞かれる一方、東京の一大観光地となった亀有の商店主らは、今後も原作者の秋本治さんの協力を得て町おこしを継続するという。(2016/9/8)

体験型ツアーは約3000種類:
墨絵、相撲の朝げいこ、芸者……「私だけ」訪日体験プランが外国人客に大受け 
訪日外国人観光客の消費志向がモノからコトへ変わりつつある。自然環境や伝統文化など観光資源が豊富な日本は体験型ツアーの市場として魅力的で、旅行会社のプラン探しも熱気を帯びている。(2016/9/6)

地方創生のヒントがここにある:
廃止寸前から人気路線に復活した「五能線」 再生のカギは“全員野球”の組織
観光列車ブームの火付け役となった「五能線」――。実はもともと廃止寸前の赤字路線だった。五能線を観光路線として復活させたJR秋田支社の取り組みから、地方企業活性化のヒントを探る。(2016/9/6)

全面解禁していいの? 問題山積み「民泊」ビジネス、観光大国フランスはどう向き合った?
民泊の問題、GNIの代表ディディエ・シュネ氏に聞いてみました。(2016/9/3)

築地移転延期 観光客「残ってくれた方が」 飲食店「工事急ピッチで…」
築地市場から豊洲市場への移転延期が発表された。現場の声は。(2016/9/1)

1泊数1000円程度:
宮崎アニメのモデルが人気――旧ユーゴスラビア、「民泊」で躍進
「危険な地域」のイメージが強い旧ユーゴ諸国を訪れる日本人はごく一部だ。しかし、観光立国を目指すクロアチアは「民泊」で躍進、家電大手がパナソニックと資本提携するなど経済成長を模索している。独自のスタイルで発展を目指す国々の姿を追った。(2016/9/1)

空港から荷物をホテルに直送、手ぶらで観光 訪日外国人向けに実証実験 JTBなど
訪日外国人客が手荷物を空港から宿泊先に送れるサービスの実証実験をJTB、パナソニック、ヤマトが共同で始める。(2016/8/31)

ダムカードに続け! マンホールカードが静かなブーム 「刷っても刷ってもすぐなくなる」と市町村にうれしい悲鳴が……
観光名所や名産品などマンホールの図柄を描いた「マンホールカード」が静かなブームに。社会現象になっている“アノ人気ゲーム”との相乗効果も期待できるという。(2016/8/31)

初の「ポケモンGO」公式生放送が鳥取県で 観光スポットと鳥取砂丘でゲットだぜ!
ナイアンテックと株式会社ポケモン、両社が公認する生放送企画!(2016/8/25)

千葉・新浦安でホテル新増築ラッシュ TDR効果だけでないその魅力とは?
訪日外国人観光客の増加と東京ディズニーリゾートの好調を追い風に、千葉県浦安市でホテルの新築や増築が相次いでいる。ただ、人気の秘密はそれだけではなく……。(2016/8/24)

釧路市と弟子屈町、外国人観光客のソーシャルメディアデータを分析、活用へ――日本IBMが支援
日本IBMは、北海道釧路市および弟子屈町から「観光客おもてなし能力向上プロジェクト業務」を受注した。外国人観光客の評判やニーズを把握する「ソーシャル・メディア分析」とスマホアプリ「おもてなしパスポート(仮)」を構築、分析スペシャリストの分析を観光資源に生かすという。(2016/8/23)

中国人の五輪観光、平均消費110万円 航空券やホテル代は高騰
ブラジル行きの航空チケットやホテル代は高騰しており、これに五輪観戦チケットを加えた中国人観光客のリオ五輪での平均消費額は7万2145元(約110万円)に上ると予測されている。(2016/8/17)

特選ブックレットガイド:
3Dゲーム開発の第一人者が「沖縄」で目指すもの
「観光業」は「ゲーム開発」に似ている。(2016/8/16)

「ポケモンGO」被災4県とコラボで観光復興へ レアポケモン出現も検討
岩手・宮城・福島・熊本と今後コラボしていくことが発表されました。(2016/8/10)

被災した東北3県と熊本県「Pokemon GO」とコラボ レアポケモンの出現も検討
東日本大震災で被災した東北3県、熊本地震で被災した熊本県が、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」とコラボレーションを発表。観光誘致に生かすという。(2016/8/10)

「Pokemon GOで京都がヤバイ」 有名寺社困惑……「仏様に手を合わせてくれるなら」OKの寺も
京都はPokemon GOプレイヤーの人気エリアで、外国人観光客が楽しむ姿が目立つ。寺社にもプレイヤーが殺到。宗教関係施設だ。スポットの削除を要請する動きも出てきた。(2016/8/2)

“Ingressで町おこし”の岩手県、Pokemon GOはどうする?
「IngressとPokemon GOは、性質が違うかな」――全国に先駆けてIngressを観光振興に活用した岩手県。Pokemon GOについては「様子を見ている」段階だ。(2016/8/1)

BnA Hotel Koenjiの事例
インバウンド争奪戦に「アート」で参入、挑戦を支えたIT舞台裏
「泊まれるアート」をコンセプトに掲げ、宿泊者の8割近くがインバウンド観光客だという「BnA Hotel Koenji」の舞台裏で、ITはどのように活用されているのかをレポートする。(2016/8/2)

北海道の本気をみた! 道南・上ノ国町で町が率先して「ポケモンGO」に対応した観光マップを作成!
仕事が早い。(2016/7/30)

横浜みなとみらいに「水陸両用バス」登場 陸と海つなぐ社会実験 8月から
横浜市が、水陸両用バスを運行する社会実験を8月10日に始める。陸上の観光名所をめぐり、そのまま海上も遊覧する。(2016/7/29)

騒音、渋滞、ゴミ…… ポケモンGOの聖地“鶴舞公園”の実情、「観光資源にするべき」という前向きな声も
7月22日にリリースされた「ポケモンGO」、その“聖地”とされる鶴舞公園の実情は。(2016/7/29)

中国向けクラウドサービスを使ったWebサイト成功事例
厳しい要件に応え、中国観光客向けWebサイトを短期間で立ち上げた秘策とは?
中国人観光客向けのWebサイト集客に力を入れる組織は少なくない。しかし中国本土からのアクセス速度と安定性は大きな課題だ。事例を基に、中国向けWebサイト構築・運営に成功した要因を解説する。(2016/7/28)

App Town 旅行:
ナビタイム、奈良県の多言語観光案内アプリ「NARA Experience Guide」リリース
ナビタイムジャパンは、タブレット向けに最適化した観光案内アプリ「NARA Experience Guide」を提供開始。奈良の観光情報や目的地までのナビゲーション、公共交通機関の乗換案内などを多言語で利用できる。(2016/7/28)

復活計画を業界9社が後押し:
東武鉄道が半世紀ぶりにSLを復活 鬼怒川温泉−今市間、12.4キロ
東武鉄道が来夏、蒸気機関車の運行を半世紀ぶりに復活させる。東武鬼怒川線の鬼怒川温泉駅−下今市駅間の12.4キロを観光列車として年間140日程度走らせる計画。(2016/7/28)

急増する訪日中国人観光客へ訴求:
「WeChat」など中国の主要ソーシャルメディアへの広告出稿、テンセントIBGが日本企業向け支援サービス提供
テンセントIBGは、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対象に、ワンストップ型の広告ソリューションの提供を開始すると発表した。(2016/7/27)

鳥取砂丘、「Pokemon GO」自由に遊べる“解放区”に 「街中と違って安全」
鳥取県が「Pokemon GO」を観光誘致に活用すべく、鳥取砂丘を「スナホ・ゲーム解放区」とすることを発表。人通りや障害物が少なく安全にゲームを遊べる点をアピールする。(2016/7/26)

太陽光:
「ウユニ塩湖」を悩ますプラゴミ、太陽光で油化装置を動かし石油に
「天空の鏡」とも呼ばれ、その豊かな自然環境から観光地としても人気がある南米ボリビア「ウユニ塩湖」。一方、近年増加するゴミ問題が課題となっている。ソーラーフロンティアはこうしたウユニ塩湖の自然保護と目指す環境保全団体に対し、太陽光パネル40枚を提供した。プラスチックゴミを分解して石油に変える小型油化装置の動力として利用される。(2016/7/26)

鳥取砂丘が「ゲーム解放区」に 鳥取県「自然の中でポケモンが待っている」と観光客誘致
鳥取県が鳥取砂丘を「ゲーム解放区」に(2016/7/25)

「ポケモンGO」配信後の主な出来事まとめ 各界に広まるブーム、占拠される観光名所……
まだ配信されてわずかでこの大波。(2016/7/24)

百貨店も客足まばら:
「爆買い」もう終わり? 中国人客に変調、高級品が売れない
政府観光局は20日、2016年上期の訪日外国人客数が前年同期比28.2%増え、半期ベースで過去最多の1171万4000人に上ったとの推計を発表。一方、訪日客数の4割を占める中国人客の買い物額は落ち込み、全体を引き下げる形となった。(2016/7/22)

伝説ポケモン居るかも ニュージーランド観光局が「ポケモンGOでレアポケモンに遭遇しそうな絶景スポット」を公開
ホントに遭遇したら感動。(2016/7/19)

沖縄モノづくり新時代(4):
3Dゲーム開発の第一人者が地方都市「沖縄」で今考えていること
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。第4回では、日本の3Dゲーム開発の第一人者で、現在沖縄に拠点を構える武田政樹氏に焦点を当てる。長年ゲーム開発に携わってきた同氏が、なぜ沖縄観光に興味を持ったのか?(2016/7/8)

「街は中国人だらけ」なのに……家電・ブランド店ガラガラ 爆買いバブルは終わったのか
中国人観光客らの「爆買い」の中心地、大阪・ミナミの商店街。訪問客は増えているのに、家電・ブランド品の販売店や百貨店の高額品売り場で客足が途絶えている。なぜか。(2016/7/5)

TechFactory 人気記事TOP10【2016年6月版】:
超小型EVで沖縄をドライブ――実証実験「ちゅらまーい Ha:mo」体験レポート
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、沖縄県北部の本部町で2016年1月に始まった「ちゅらまーい Ha:mo」という超小型EVを用いた実証実験の体験レポート記事「『沖縄観光×超小型EV』、乗って分かった真の魅力と普及への壁」が第1位でした!(2016/7/5)

高まるインバウンド需要:
PR:横浜中華街や「塚田農場」などで導入相次ぐ FONのWi-Fiは今なぜ支持されるのか?
全世界で2000万以上のWi-Fiスポットを展開するFON(フォン)。インバウンド需要が高まる中、日本でも今、さまざまな場所でFONのWi-Fiスポットが増えているのだ。本稿では、観光地として有名な横浜中華街、そして好業績で知られる居酒屋「塚田農場」などの事例を取り上げ、FONが今注目を集める理由をお伝えする。(2016/7/5)

太陽光で携帯4台を同時充電 シャープ「ソーラー充電スタンド」発売 観光地や商業施設に
太陽光で携帯やスマートフォンを4台まで同時に充電できる「ソーラー充電スタンド」をシャープが発売。観光地や公共エリア、商業施設など向け。(2016/6/28)

“爆買いバブル”は終わったのか 家電・ブランド品の高級店ガラガラ
中国人観光客らが多い大阪・ミナミの商店街で「異変」が起きている。訪問客は増えているのに、家電・ブランド品の販売店や百貨店の高額品売り場で客足が途絶えているのだ。(2016/6/28)

太陽光:
観光地の“おもてなし”、スマホのソーラー充電スタンドをシャープが発売へ
シャープは太陽光パネルで発電する電気で携帯電話やスマートフォンを充電できるソーラー充電スタンドを製品化し、発売することを発表した。(2016/6/28)

小笠原村観光局のポスター、シンプルなのにインパクトがあると話題に 自然の魅力を画像を使わずに紹介
あえて白黒。(2016/6/25)

大洗町夏の観光ポスターが完成! ガルパンとゆるキャラ「アライッペ」が今年もコラボ
2013年から続くガルパンコラボ。今年は花火大会です。(2016/6/22)

今年も黒部ダムの観光放水がスタート! ダムカレーなど名物も充実
放水の時間だあああああ!(2016/6/22)

九州の高速道路が定額乗り放題になるパス、NEXCO西が発売 熊本地震で打撃受けた観光業を支援
ETC限定の割引プランで、事前の申込みが必要です。(2016/6/21)

九州の高速道路が定額で乗り放題 7月から 熊本地震の復興支援
九州の高速道路が定額で3〜4日間乗り放題になる「九州観光周遊ドライブパス」を、NEXCO西日本が発売する。(2016/6/21)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。