ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

「JEITA」最新記事一覧

Japan Electronics and Information Tecnology Industries Association:社団法人電子情報技術産業協会
-こちらもご覧ください-
ITmedia モバイル:携帯データBOX
「JEITA」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

7か月連続の前年割れ:
2016年の国内電子部品メーカー出荷、不調が続く
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2016年6月の日系メーカーによる電子部品の出荷額が、前年比6.4%減の3159億円と発表した。中国向け出荷額が、前年比11.9%減と大きく減少している。(2016/9/8)

欧州向け出荷額のみが前年比増:
2016年5月の日系部品出荷額、6カ月連続の前年割れ
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2016年5月の日系メーカーによる電子部品の出荷額が、前年比7.9%減の2900億円と発表した。2015年12月から引き続き、6カ月連続の前年割れである。(2016/8/3)

高周波部品の成長も鈍化:
2016年4月の日系部品出荷額、前年比約10%減
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2016年4月の日系メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。世界出荷額は前年比9.5%減の2996億円となり、5カ月連続の前年割れとなった。(2016/7/5)

日系電子部品メーカーの世界シェアは38%か:
2015年度の日本の電子部品をグラフで振り返る
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2015年度の「日本メーカーによる電子部品の世界出荷額」に関する統計結果について説明を行った。スマートフォン向け高周波部品がけん引したとみられる。(2016/6/17)

米国、欧州への出荷額は増加:
2016年3月の国内部品出荷額、前年比6.3%減
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2016年3月の日本メーカーによる電子部品の世界出荷額が、4カ月連続の前年割れとなる前年比6.3%減の3190億円となったと発表した。(2016/6/13)

国内出荷額は9カ月連続の減少:
16年2月の国内部品出荷、3カ月連続となる前年割れ
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2016年2月の日本メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。世界出荷額は前年比1.8%減の2811億円となり、3カ月連続で前年割れとなった。(2016/5/11)

接続部品は前年比13.5%減:
16年1月の国内部品出荷、2カ月連続の前年割れに
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2016年1月の日本メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。世界出荷額は、前年比6.9%減の3109億円。2015年12月に引き続き、前年割れとなった。トランス/高周波部品以外の全てが、前年比で減少となっている。(2016/4/5)

産業発展に貢献する優良ベンチャー企業を探せ:
JEITAベンチャー賞、第1回は8社が受賞
電子情報技術産業協会(JEITA)は、第1回「JEITAベンチャー賞」の授賞企業8社を発表した。CPS(サイバーフィジカルシステム)/IoT(モノのインターネット)の社会実装を推進するJEITAは、優良なベンチャー企業を支援し、関連企業との連携強化を推進していくことで産業発展を後押しする。(2016/3/28)

中国/アジアが大きく減少:
2015年12月の国内部品出荷、約3年ぶり前年割れ
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2015年12月の日本メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。世界出荷額はアジア/中国の出荷額が大きく減少し、前年比5.6%減の3166億円。前年割れは2013年2月以来であり、スイッチ/音響部品/高周波部品以外の全てが前年比で減少となった。(2016/3/10)

『AV&IT機器世界需要動向』:
国内テレビの“4K化率”は2020年に70%以上へ
電子情報技術産業協会は、AV&IT機器の世界需要動向を取りまとめた報告書を発表した。同報告書から、2020年までの国内テレビの4K化率と、4Kテレビの地域別需要について紹介する。(2016/2/24)

国内への出荷額は6カ月連続で減少:
2015年11月の国内電子部品メーカー出荷、6.9%増
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2015年11月の日本メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。世界出荷額は前年比6.9%増の3500億円となっており、受動部品/接続部品はともに前年比と比べて増加したが、変換部品は前年比1.8%減となった。(2016/2/10)

国内メーカーによる電子部品の世界出荷統計:
2015年10月の出荷額、高周波部品が前年比94%増
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2015年10月の日系メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。世界出荷額は前年比9.2%増の3697億円となったが、接続部品と変換部品は前年比と比べて減少。品目別では、高周波部品が前年比94%増の583億円と大きく伸びる形となった。(2016/1/22)

製造業IoT:
10年間地盤沈下し続けた日系電子産業、CPSは明るい未来を開くのか
JEITAは2015年の電子情報技術産業の世界生産見通しを発表。電子情報産業の日系企業の世界生産見込みは2014年比7%増の42.8兆円の見通しとなり、国内生産額も増加した見込みだ。ただ一方で10年間の統計を見ると1.5倍に成長した世界生産額に対し、日系製造業の生産額はほとんど伸びていない事実が浮かび上がる。(2015/12/17)

国内メーカーによる電子部品の世界出荷統計:
9月の国内電子部品メーカー出荷、前年比10%増
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2015年9月の日本メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。世界出荷額は前年同月比10.0%増の3746億円となり、受動部品、接続部品などが前年同月比と比べて伸びた。品目別では、高周波部品が前年同月比71%増の568億円と伸びが著しい。(2015/12/1)

国内メーカーによる電子部品の世界出荷統計:
8月の世界出荷額、高周波部品が前年比65%増へ
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2015年8月の日本メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。世界出荷額は前年同月比14.1%増の3375億円となり、受動部品、接続部品などが前年同月比と比べて伸びた。品目別では、高周波部品が前年同月比65%増の414億円と伸びが著しい。(2015/11/6)

2020年に向けて順調に市場は拡大:
4K TVはじわりと浸透、次の流れはHDR
「CEATEC JAPAN 2015」のNHK/JEITAのブースでは、4Kおよび8Kの液晶TVがずらりと並び、次世代TV技術として注目されているHDR(High Dynamic Range)対応TVも展示された。かつてのようにTVの話題が大きく取り上げられることはなくても、4K TVは着実に普及が進んでいることがうかがえる展示となっていた。(2015/10/20)

国内メーカーによる電子部品の世界出荷統計:
7月の国内電子部品メーカー出荷、前年比13%増
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2015年7月の日本メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。世界出荷額は前年同月比13.0%増の3463億円となり、受動部品、接続部品などが前年同月比と比べて伸びた。品目別では、高周波部品が前年同月比51%増の392億円と伸びが著しい。(2015/10/6)

国内メーカーによる世界出荷統計:
2015年6月の電子部品出荷額、前年同月比12.8%増へ
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2015年6月の日本メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。世界出荷額は前年同月比12.8%増の3324億円となり、受動部品、接続部品などが前年と比べて伸びた。品目別では、アクチュエータが前年比39%増の222億円と伸びが著しい。(2015/9/1)

国内メーカーによる電子部品の出荷統計:
2015年5月の世界出荷額、高周波部品が前年比35%増
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2015年5月の日本メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。世界出荷額は前年比9.5%増の3098億円となり、受動部品、接続部品などの部品それぞれが前年と比べて伸びた。品目別では、高周波部品が前年比35%増の308億円と伸びが著しい。(2015/8/3)

高周波部品の伸びが顕著に:
2015年4月の国内電子部品メーカー、世界出荷額は前年比11.9%増に
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2015年4月の日本メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。世界出荷額は前年比11.9%増の3255億円となり、受動部品、接続部品などの部品それぞれが前年と比べて伸びた。品目別では高周波部品が前年比32%増の333億円と伸びが著しい。(2015/7/8)

4Kテレビは全体の7.4%:
テレビ復調傾向?――JEITAが4月の民生用電子機器国内出荷実績を発表
薄型テレビ全体の出荷台数は33万9000台で前年比109.5%。4K対応テレビは2万5000台で前年比517.9%と急伸した。(2015/5/25)

XPサポート終了で一段落も:
2014年4月のPC出荷台数、悪材料を跳ね返し前年同月超え
JEITAが2014年4月度の国内PC出荷台数と金額を発表した。Windows XPからの乗り換え需要の落ち着き、消費税の8%への増税など、出荷台数に悪影響と与えるできごとがあったものの、前年同月比では良い数字を残した(2014/5/21)

医療機器ニュース:
ヘルスソフトウェアの業界ガイドラインを制定する協議会が発足へ
電子情報技術産業協会(JEITA)は2014年4月11日、保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)、日本画像医療システム工業(JIRA)と共同で、法規制対象外の医療用ソフトウェアに関するガイドラインの策定など目指してヘルスソフトウェア推進協議会(仮称)の設立する方向で検討を開始したと発表した。(2014/4/11)

JEITA、ノートPCの「バッテリ動作時間測定法」を改訂
ノートPCの公称バッテリー動作時間として広く使われているJEITAの測定法が13年ぶりに改訂された。(2014/2/21)

製造マネジメントニュース:
JEITA佐々木会長「“地産地消”を進めれば必然的に国内生産比率は下がる」
JEITAは2014年の電子情報技術産業の世界生産見通しを発表。電子情報産業の日系企業の世界生産見込みは2013年比3%増の38.8兆円の見通しとなり、国内生産額の見通しも3年連続のマイナスから2014年は回復する見通しを示した。(2013/12/25)

NHKとJEITA、CEATECに8Kやハイブリッドキャストを出展
NHKとJEITAが共同で、「CEATEC JAPAN 2013」に「スーパーハイビジョン(8K)」や「ハイブリッドキャスト」が体感できるブースを設置する。(2013/9/26)

約9カ月ぶりに前年超え:
7月のPC出荷台数、前年同月実績を上回る デスクトップPCが好調
JEITAが2013年7月度の国内PC出荷台数を発表。出荷台数、金額ともに前年同月の実績を上回った。前年比で100%を超えるのは2012年10月以来、約9カ月ぶりだという。(2013/8/27)

モバイルノートは比較的堅調:
4月のPC出荷台数、前年比で30%ダウン ノートPCの落ち込み激しく
JEITAが2013年4月度の国内PC出荷台数を発表。出荷台数、金額ともに前年比で30%以上減っている。(2013/5/24)

3年連続で出荷は1000万台を突破:
ビジネスPCの買い替え、モバイルノート好調、単価下落――2012年度PC市場のキーワード
JEITAが2012年度の国内PC出荷台数を発表した。全体の台数は2011年度とほぼ変わらないが、内訳の傾向は変化している。(2013/4/25)

春モデル発売時期の遅れが原因:
1月のPC出荷台数、前年比13.4%減 出荷金額は500億割れで2012年度最低に
JEITAが2013年1月度の国内PC出荷台数を発表。PC春モデルの発売が例年よりも遅く、出荷台数、金額ともに前年比で大きく減っている。(2013/2/22)

国内テレビ需要、2017年には地デジ化特需前の水準に? JEITA予測
電子情報技術産業協会(JEITA)は、AVおよびIT機器の需要動向に関する調査結果をまとめた「AV&IT 機器世界需要動向 〜2017年までの展望〜」を発行した。(2013/2/18)

2012年の国内スマホ出荷、前年比で約5割増に――JEITA12月携帯出荷台数
電子情報技術産業協会が12月と2012年通年の携帯出荷台数を発表。2012年の国内スマホの累計出荷台数は、前年比144.2%の1574万9000万台と好調だった。(2013/2/13)

スマホ出荷、5カ月連続で二桁超えの成長――JEITA11月携帯出荷台数
電子情報技術産業協会が11月の携帯出荷台数を発表。スマートフォンの出荷台数は順調に伸びており、5カ月連続で二桁以上の成長となった。(2013/1/15)

10月よりも減少:
Windows 8搭載PCは伸び悩み? 11月のPC出荷台数、前年比8.8%減
JEITAが2012年11月度の国内PC出荷台数を発表。Windows 8搭載PCの需要が伸びず、前年同月比で約10%下回った。(2012/12/26)

スマホ好調、出荷比率が6割超えに――JEITA10月携帯出荷台数
電子情報技術産業協会が10月の携帯出荷台数を発表。スマートフォンの出荷台数は前年の水準を上回り、出荷台数全体に占める割合は6割を超えた。(2012/12/11)

出荷金額も増加傾向:
10月のPC出荷台数は前年比5.6%増、Windows 8発売が後押し
JEITAが2012年10月度の国内PC出荷台数を発表。Windows 8発売の効果もあり、2011年10月度よりも出荷台数、出荷金額ともに増加した。(2012/11/22)

ケータイ出荷は5カ月連続の前年割れ、スマホは好調に推移――JEITA9月携帯出荷台数
電子情報技術産業協会が9月の携帯出荷台数を発表。スマートフォンの出荷台数は前年の水準を上回ったが、フィーチャーフォンとPHSは前年割れとなった。(2012/11/13)

スマホ好調、出荷台数の6割超に――JEITA 7月携帯出荷台数
7月の国内携帯電話出荷台数は、スマートフォンが好調に推移。7月に出荷した国内移動電話のうち、6割超をスマートフォンが占める結果となった。(2012/9/12)

好調だった6月の反動か:
7月のPC出荷台数、前年比16.2%減――液晶一体型PCが不振
JEITAが2012年7月の国内PC出荷台数を発表。売り上げが好調だった6月の反動で、7月の売り上げは例年よりも大きく落ち込んでいる。(2012/8/28)

100万台を突破:
6月のPC出荷台数、前年比24.1%増――夏モデルが好調
JEITAが2012年6月の国内PC出荷台数を発表。PC夏モデルの売れ行きがよく、出荷台数は前年同月比で24.1%増加し、100万台を超えた。(2012/7/24)

夏商戦前で出荷台数が減少――JEITA 5月携帯出荷台数
電子情報技術産業協会が5月の携帯出荷台数を発表。夏商戦前の谷間の時期で出荷台数は前年同月を下回った。総出荷台数に占めるスマホ比率も4割を割り込んだ。(2012/7/10)

4月のケータイ出荷、スマホ比率が4割に――JEITA4月携帯出荷台数
電子情報技術産業協会が3月の携帯出荷台数を発表。携帯電話の出荷台数は5カ月連続で前年を上回り、総出荷台数に占めるスマホ比率は4割となった。(2012/6/12)

モバイルノートが好調:
ノートPCの出荷台数、デスクトップの3倍に――JEITA調べ
JEITAが2012年4月の国内PC出荷台数を発表。全PCの出荷台数のうち、ノートPCの比率は75.5%と過去最高の値となった。(2012/5/24)

2011年度第4四半期の携帯出荷、スマホが初の半数超え――JEITA3月携帯出荷台数
電子情報技術産業協会が3月の携帯出荷台数を発表。合わせて第4四半期と2011年度の累計出荷台数も公開した。第4四半期の出荷実績ではスマホ比率が初めて5割を超えている。(2012/5/15)

携帯出荷、3カ月連続で200万台超えに――JEITA2月携帯出荷台数
電子情報技術産業協会が2月の出荷台数を発表。携帯電話、PHSともに前年同月を上回る出荷台数となるなど好調に推移している。(2012/4/10)

前年度比21.3%増:
2月の国内PC出荷数、100万台を突破
JEITAが2012年2月の国内PC出荷台数を発表。現在の集計方法を採用した2007年度以降で初めて、2月単月で出荷台数が100万台を突破した。(2012/3/22)

携帯出荷、スマホ需要拡大で2カ月連続の前年超え――JEITA1月携帯出荷台数
電子情報技術産業協会が1月の出荷台数を発表。携帯電話の出荷台数は2カ月連続で前年を上回り、PHSも好調に推移している。(2012/3/13)

2011年のスマホ出荷、1000万台超に――JEITA
JEITAとCIAJが、第3四半期のスマートフォンの出荷実績を発表。スマートフォンの出荷比率は第2四半期に続いて4割を超え、2011年の総出荷台数は1000万台を超えた。(2012/2/14)

ET2011 開催直前情報:
問題はツールかモデルかユーザーか? 切り分ける枠組みをJEITAが紹介
今回からEmbedded Technologyと同時開催になったEDA技術の展示会「EDSFair2011 Nov.」では、JEITAのECセンターでEDA技術の標準化に取り組むグループが、デジタル機器の内部を走る高速信号のシミュレーション品質を高めるフレームワークを紹介する。(2011/10/18)

4〜6月の携帯出荷、スマートフォン比率が3割超に――JEITA6月携帯出荷台数
JEITAが発表した国内携帯電話の出荷台数実績から、2011年4月から6月までの累計出荷台数に占めるスマートフォンの割合が3割を超えたことが分かった。(2011/8/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。