ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

自動車・電機メーカーが人気:
「100年後も生き残っていそうな日本企業」ランキング、2位はホンダ 1位は5年連続で……
100年後も生き残っていそうな日本企業は? コンサルティング事業などを展開するリスクモンスターが調査を実施。1位は調査開始以来5年連続で……。(2018/9/21)

離れて絆が強まる家族も:
家族がいるのに「単身赴任」が決まってうれしい人は2割 「仕事に集中できる」「自由だ」などの声
オンライン総合旅行サービスを運営するエアトリが単身赴任に関する調査を実施。家族がいるにもかかわらず「単身赴任が決まってうれしい」人は19%いたことが分かった。一方、離れて絆が強まる家族も多かった。(2018/9/21)

社員からは「日本一給料が高い」:
「精密機器業界の年収」ランキング 2位はソニー 1位はボーナス支給が年4回の……
精密機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、2位はソニーで744万円だった。1位は……?(2018/9/21)

81歳超えても働きたい人も:
30〜50代の8割が「定年後も働き続けたい」 今のうちから必要な準備は……?
定年後も働き続けたい30〜50代の“ミドル世代”は83%。人材会社エン・ジャパンの調査で分かった。必要な準備は「コネクション・人脈づくり」が最多だった。(2018/9/21)

組み込み開発ニュース:
2017年度の国内POSターミナル市場、大規模リプレースにより急拡大
矢野経済研究所は、国内POSターミナル市場に関する調査結果を発表した。2017年度は前年度比157.3%の約763億円に急拡大し、その後反転して2018年度には約614億円になる見込みだ。(2018/9/21)

省エネ機器:
国内エネマネ市場は800億円規模へ、“卒FIT”太陽光が追い風に
富士経済が国内のエネルギーマネジメントシステム(EMS)市場の調査結果を発表。2030年度には2017年度比24.1%増の855億円と予測している。(2018/9/21)

今日のリサーチ:
イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。(2018/9/21)

「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」の結果(1):
「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」、建設技術者の現在の勤め先への満足度
今回の連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に実施した「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」の結果について詳しく紹介する。建設技術者にフォーカスした調査は非常に少なく、本調査の結果が、建設技術者の転職に関する実態を的確に把握して、その採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。(2018/9/21)

中高生のスマホはiPhone比率約74% 女子高生に絞ると約85%にも――MMD研究所調査で明らかに
MMD研究所が中高生を対象とするスマートフォンシェア調査の結果を公表した。スマホを使っている中高生の約74%がiPhone、約22%がAndroidを使っているが、「女子高生」に絞るとiPhone比率が約85%にまで高まる。(2018/9/20)

インフルエンサーの意見を直接活用:
楽天インサイト、インフルエンサーを活用した調査サービスを提供開始
楽天インサイトは、インフルエンサーを活用した調査サービス「R-インフルエンサー・インサイト」の提供を開始した。(2018/9/20)

「アナザーエデン」ガチャ再抽選プログラムの影響について調査結果公表 ★3★4の出現率は表記と0.06%差、★5には影響なし
「ゲーム内で表記しているものと実績値の間に大きな影響は確認できませんでした」としつつも、やはり「不適切な部分があった」として謝罪しています。(2018/9/20)

ただ「自信ない人」も多数:
20年卒の大学生、約8割が「就活準備」を既に開始 人気の業界は……?
学情の調査によると、2020年卒の大学・大学院生の77.1%が就活準備を既に始めている。ただ、周囲と比較し、内定獲得の自信が持てないという人もいた。業界は食品やマスコミが人気だった。(2018/9/20)

コインチェックに次ぐ事件だ:
Zaifから仮想通貨流出 海外メディアはどう報じたのか
仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロが、不正アクセスを受けて67億円相当の仮想通貨が流出したと発表した。現在は原因の調査と顧客資産相当の財源確保に努めているという。海外メディアも、この件について大きく報じた。(2018/9/20)

キャリアニュース:
管理職になることに興味がある女性は25%――志望理由は給与アップ
エン・ジャパンが「女性の活躍」をテーマにしたアンケート調査結果を発表した。管理職になることに興味が「ある」と25%が回答し、その理由として「給与を上げたいから」「仕事の幅を広げたいから」などが挙がった。(2018/9/20)

世界スマートスピーカーのモデル別市場調査、トップは「Google Home Mini」
米調査会社Strategy Analyticsが、4〜6月期のスマートスピーカーのモデル別出荷ランキングを発表した。トップは「Google Home Mini」、2位がAmazonの「Echo Dot」だった。(2018/9/20)

スマホ料金、大容量では東京が世界最高額 総務省の内外価格差調査
総務省が19日発表した平成29年度の電気通信サービスの内外価格差調査によると、1カ月のデータ利用が20ギガバイトの場合、東京のスマートフォンの月額利用料金は7022円と世界の主要6都市中最高だった。ニューヨークが6975円、ドイツ・デュッセルドルフが5049円、ソウルが5009円と続いた。最も安かったのはパリで2460円だった。(2018/9/20)

EU、Amazon.comによる販売データ扱いについて予備調査開始
(2018/9/20)

自然エネルギー:
“超臨界”地熱発電を実現へ、NEDOが事前調査に着手
NEDOが超臨界地熱発電技術の調査井掘削に向けた事前調査に着手すると発表。超臨界地熱発電は地中にある高音の超臨界水を利用する技術で、一般的な地熱発電より高出力化ができるとして実現が期待されている。(2018/9/20)

電力供給サービス:
新電力は2年で倍増、電力販売実績があるのは73.6%
帝国データバンクが小売電気事業者に関する調査結果を発表。新電力の数は電力自由化がスタートした2016年4月から倍増し500社を突破した。(2018/9/20)

災害×新技術:
土砂災害の復旧準備を最短化、“西日本豪雨”の被災地を「UAVレーザー測量」で調査するテラドローンに聞く
日本列島を立て続けに襲う大雨と地震。これに伴い甚大な被害をもたらすのが、土砂崩れ・地すべりなどの「土砂災害」だが、その災害状況の計測も2次災害のリスクから困難を極める。そこで、現在活躍の場を広げているのが「UAVレーザー測量」である。最短で即日にフライト計測し、中一日で測量精度1/500に基づく地形データの提出が可能だ。“西日本豪雨”の土砂災害状況を調査するテラドローンの関隆史、河越賛の両氏に話を聞いた。(2018/9/20)

今日のリサーチ:
目標管理はExcelか紙が7割、アナログ過ぎる日本の職場の現実――HRBrain調べ
HRBrainは「目標管理の実態と従業員の本音に関する意識調査」を実施しました。(2018/9/20)

5.8カ月分の賞与支給:
「自動車・輸送用機器業界」の平均年収、 ホンダ・トヨタを超えて1位だった会社は?
自動車・輸送用機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、2位はブリヂストンの660万円だった。1位は……?(2018/9/19)

ゲオ、2018年4〜8月の中古iPhone販売数は約14万
ゲオは、2018年4月から8月末までの中古携帯電話販売台数を発表。約41万台のうちiPhoneは約14万台と全体の35.4%を占めている。また、9月4日〜10日にかけてゲオアプリ会員8010人に実施した「格安SIMの利用調査アンケート」の結果も公開した。(2018/9/19)

習い事と家庭の両立が課題:
7割の女性が「スキルを磨いて長く働きたい」 副業、起業、パラレルキャリアにも意欲
「ビジネス界で長く働けるスキルを身に付けたい」と考えている女性は69.5%。ナリス化粧品が実施した調査でこんな結果が出た。副業やパラレルキャリアに興味を持っている人も多かった。(2018/9/19)

「少子高齢化で消費減」という常識に挑む:
キユーピーが業界の少量志向に反しドレッシングを「増量」した理由
キユーピーが主力ドレッシングのうち150ミリリットルのボトルを増量。少量こそ利便性が高いとする業界の常識に反するが家庭への精密な調査でサラダの消費が増えていると判断した。(2018/9/19)

今日のリサーチ:
AIの導入が最も進んでいる国は? 日本を含むAPAC(アジア太平洋地域)の現状――Appier調べ
AIの導入に関するAPAC各国の現状に関する調査です。(2018/9/19)

IDC Japanがユーザー調査:
AIと機械学習、多くの企業でストレージ支出が増加へ
IDC Japanは、人工知能(AI)と機械学習(ML)がストレージ支出に与える影響をユーザー調査した。この結果、国内企業611社のうち、70%が「大きな影響を与える」と認識していることが分かった。(2018/9/19)

製造マネジメントニュース:
5Gの活躍の場はIoTに、ネットワークサービスの利用に関する企業調査
IDC Japanは、国内ネットワークサービス利用動向に関する企業アンケートの調査結果を発表した。企業は、次世代移動通信システム5GのIoTでの活用に大きな期待を持っていることが分かった。(2018/9/19)

「増税は不公平」という人も:
増税・値上げを機に「たばこをやめる」人は何割? 喫煙者に聞いた結果は……
クロス・マーケティングの調査によると、10月のたばこ増税を機にたばこをやめる予定の喫煙者は12.1%。喫煙習慣を変えない人が多数を占めた。増税に反対する人も多かった。(2018/9/18)

2018年出荷数、300億個突破へ:
マイコン市場、IoTを追い風に安定成長
米国の市場調査会社であるIC Insightsによると、マイコン(MCU)市場は今後5年の間、主にセンサーの普及が進んでいることや、IoTの台頭などを受け、安定成長を続ける見込みだという。(2018/9/19)

年酬1億円以上の役員が多数:
「機械業界の平均年収」ランキング 2位は三菱重工 1位は……?
機械業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、2位は三菱重工業で593万円だった。1位は……(2018/9/18)

居心地が良すぎて退職:
退職者が「辞めたけど、良い会社だった」と感じる企業、2位はP&G 1位は……
退職者からの評価が高い会社は? 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」が調査を行った結果、2位はP&Gだった。1位は……?(2018/9/18)

メインで使っている格安SIM、「楽天モバイル」「mineo」「UQ mobile」が上位に MMD調べ
MMD研究所は、9月18日に「2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査」の結果を発表。メイン利用のMVNOシェアは11.3%、認知度は90.2%に。メインで利用している格安SIMサービス上位は「楽天モバイル」「mineo」に加え「UQ mobile」が初めて3位にランクインした。(2018/9/18)

黒いバン・セダンに注意?:
7割のドライバーが「あおり運転」された経験アリ 「1000円取られた」など悪質な例も
チューリッヒ保険会社の調査によると、あおり運転をされた経験があるドライバーは7割。1000円を取られた人や、空き瓶を投げつけられた人もいた。あおり運転をされたきっかけは「車線変更」が最も多かった。(2018/9/18)

57%の企業が最高データ責任者(CDO)を置く:
データ分析への投資が拡大するも、社内のアクセス制限などがネック
マイクロストラテジー・ジャパンは日本など5カ国を対象とした「グローバルエンタープライズアナリティクス調査2018」を発表した。企業にとってデータ分析が重要な位置を占めることが明らかになった半面、社内のアクセス制限や従業員のトレーニング不足など3つの課題も見えてきた。(2018/9/18)

今日のリサーチ:
「AIに仕事を奪われる」 4割の若者が不安を感じている――SMBCコンシューマーファイナンス
SMBCコンシューマーファイナンスが、全国の高校生と大学生、専門学校生を対象に、AIへのイメージを調査しました。(2018/9/18)

今日のリサーチ:
「敬老の日」の対象イメージ年齢は68.3歳――ビデオリサーチ調べ
ビデオリサーチは敬老の日にちなみ「呼称と年齢のイメージ」について調査しました。(2018/9/17)

「対応済み」との声も:
約2割の企業が「働き方改革」をやっていない 理由は「必要ない」「効果が不明」
17.7%の企業が「働き方改革」に取り組んでいないという。帝国データバンクの調査で判明した。その理由は「必要性を感じない」「効果を期待できない」などが出た。(2018/9/17)

彼女いる男性は話題に敏感:
「知人の結婚」に焦る?焦らない? 適齢期の独身男女に聞いた結果は……
結婚適齢期の独身男女は、知人から結婚報告を受けた際にどう感じるのか? オーネットが調査結果を発表。「うらやましい」「焦る」と感じる人が3〜4割いることが分かった。(2018/9/17)

行き先は海外より国内が吉?:
異性と「一緒に旅行」した際、約半数の男性が相手に恋 ただ交際に発展は2割
オンライン総合旅行サービスを運営するエアトリが「男女での旅行」について調査を行った。男性は女性より一緒に旅行した異性にほれやすい事実が分かった。ただ、交際に発展するケースは2割にとどまっていた。(2018/9/14)

SNSにネガティブ情報書く人も:
就活で志望企業を嫌いになった学生は4割 「社員が偉そう」「オワハラ」はNG
就活を通じて、志望していた企業を嫌いになった学生は4割程度存在することが、企業広報戦略研究所の調査で判明。「社員の態度が傲慢(ごうまん)だった」などの体験談が出た。ネガティブな情報をSNSに書き込む人もいた。(2018/9/14)

全国には6万9785人:
100歳以上の高齢者、人口10万人当たりで最も多い都道府県は?
100歳以上の高齢者は全国に6万9785人いることが厚労省の調査で分かった。48年連続で過去最多を更新中だ。(2018/9/14)

企業の7割がAI/ML導入でストレージ支出が増えると認識 データ増への対応ニーズ拡大か――IDC調べ
IDC Japanの調査によると、AIとMLの導入が進むに従い、それを支えるストレージインフラ支出が増大すると認識する企業は70%に達した。AI/MLデータ増大への対応、ストレージ予算増加、データの統括管理などに伴う支出が想定される。(2018/9/14)

筑波大の調査で判明:
「飲み放題」利用で大学生の飲酒量2倍に 危険な飲み方も誘発
筑波大学の研究グループが、「飲み放題」が大学生の飲酒行動に与える影響に関する調査結果を発表。飲み放題を利用すると男女ともに飲酒量が2倍近く増えることが分かった。(2018/9/14)

「地域社会とのほどよい関係性」が重要:
「本気で自殺したい人」の過半数が1年後も同じ心境 どうすれば改善される?
「本気で自殺したい人」の過半数が1年後も同じ心境であることが、日本財団の調査で判明。その原因は「家庭の問題・健康問題・経済的な問題」など。「地域社会とのほどよい関係性」などが自殺念慮の解消に効果があることも分かった。(2018/9/14)

日本はデジタルコラボや自動化に懐疑的:
デジタル先進企業の従業員は「意欲」が高く「幸福感」も強い――Arubaが調査
デジタル化が働き方やオフィス改革に及ぼす影響をArubaが調査した。デジタル化が進んだオフィス環境で働く従業員は、生産性はもちろん、仕事に対する意欲と満足度が高く、デジタル化の進んでいない職場の従業員よりも幸福感が強いことも分かった。(2018/9/14)

今日のリサーチ:
「eスポーツ」認知度は約50%、前年比大幅増――CyberZ調査
CyberZが実施した「eスポーツ」に関するユーザー認知度調査によると、10〜60代男女全体の約半数が「eスポーツ」を認知していることが分かりました。(2018/9/14)

出席者が多かった企業は?:
株主総会の出席者が減少中、「お土産廃止」が影響か 菓子配布をやめたKDDIは700人減
上場企業の株主総会に出席する人が減っていることが、東洋経済新報社の調査で判明。2018年の出席者は平均216人で、前年から21人減っていた。株主にお土産を配るのをやめる企業が増えたためという。(2018/9/13)

家賃補助など高評価:
「電機業界の年収」ランキング、苦境乗り越えた東芝が3位、2位はパナ 1位は……
電気機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、3位は東芝、2位はパナソニックだった。1位は……?(2018/9/13)

創業当初から人気の具材:
串カツ田中に聞く「人気の具材」ランキング 2位は「紅しょうが」 1位は……?
串カツで人気の具材は? 外食チェーン店「串カツ田中」を運営する串カツ田中ホールディングスが調査を行った結果、2位には「紅しょうが」がランクイン。1位は……?(2018/9/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。