ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「調査」最新記事一覧

FM:
インフラ検査に力、壁面や天井に張り付いて検査できる自走式ドローン
産業用ドローンを展開するプロドローンは、社会インフラ検査市場向けに水平面でも垂直面で壁面調査が可能な、自走式張り付き型ドローンを開発した。(2016/9/26)

週刊「調査のチカラ」:
Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端末の成長予測まで。現在過去未来を結ぶ調査ウォッチの旅へようこそ。(2016/9/24)

1周年記念データ削除? モバゲー「愛との約束」で全ユーザーがレベル1に戻ったという報告が多数あがる
運営元は「調査する」とのこと。(追記)(2016/9/23)

アジアの中でも高い数値に:
日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発表した。日本では、1人のユーザーが複数デバイスを利用する傾向が高まっている。(2016/9/23)

エネルギー管理:
IoTで複数の浄水場を統合制御、節電量を使ったビジネスも視野に
横河ソリューションサービスと関西電力は、滋賀県内にある4カ所の浄水場ポンプ設備をIoTで統合制御する事業の可能性調査に着手する。需給予測にもとづく浄水場ポンプ設備の最適な運用管理による省エネと、その節電量を活用したアグリゲーションビジネスの可能性を検証する狙いだ。(2016/9/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
あなたのその愛想笑いは要注意かもしれない
日本では一般的に、「笑顔」は好印象なイメージと結びついている。では、海外はどうか。ある調査によると、意外な傾向が……。(2016/9/22)

「ら抜き」言葉が初の多数派に 文化庁の「国語に関する世論調査」
「見られる」より「見れる」。(2016/9/21)

近鉄車掌が制服を脱ぎ捨て線路へ、その後高架下に飛び降り病院に搬送 人身事故対応でトラブルか?
詳細は現在も調査中とのこと。(2016/9/21)

「iPhone 7」(32GB)の推定原価は先代より37ドル高い約225ドル──IHS調べ
「iPhone 7」(32GB)の部品と組み立てを含む原価は約225ドルで、先代より約37ドル高くなったが、競合よりは高い利益率を維持していると、調査会社のIHSが試算を発表した。(2016/9/21)

2020年には市場規模70億円に:
法人向け名刺管理サービス市場、Sansanが約8割のシェア――シード・プランニング調査
シード・プランニングは法人向け名刺管理サービスに関する市場動向調査を実施。2016年は市場規模40億円を超え、2020年には70億円弱に達するとする見通しを発表した。(2016/9/20)

Cisco IOSなどに新たな脆弱性、ファイアウォールにも影響
ハッカー集団から流出したハッキングツールで悪用されていたのと同様の脆弱性がその後の調査で発覚した。Ciscoはソフトウェアアップデートの公開を予定している。(2016/9/20)

太陽光:
火星探査の技術を採用、メガソーラー・ローバーは高速で正確
米TerraSmartは大規模太陽光発電所(メガソーラー)の予定地調査や杭打ち作業に利用できる自律車両を開発。2016年10月には出力42メガワットの建設予定地に投入する。作業員の6倍以上の効率で正確に調査できる第2世代機の計画もある。いずれもNASAの火星探査機(ローバー)の技術を用いたという。(2016/9/20)

IDC Japan 国内IoT市場企業ユーザー動向:
大手製造業を中心にIoT利用が着実に向上、事業部門が主体となりビジネスを加速
IDC Japanは、国内のIoT(Internet of Things:モノのインターネット)市場における企業ユーザー動向に関する調査結果を発表した。(2016/9/20)

週刊「調査のチカラ」:
「iPhone 7」発売記念、調査が教える「モバイルファースト」な日本の現在
「iPhone 7」をエンジニアはどう評価した? スマートフォンユーザーのセキュリティ意識は? ゲームアプリの普及に効果があるのはやはりテレビCM? スマートフォンをめぐるさまざまな調査を紹介します。(2016/9/17)

1位はやはり“あの機能” iPhone 7で最も気になる新機能を調査
新機能満載のiPhone 7。みんなが注目するのはどの機能?(2016/9/17)

ほぼ予想通り? 「iPhone 7と7 Plusどちらを買うか」問題を調査
決まり手、本体サイズ。(2016/9/16)

製造業IoT:
IoTの課題は「接続相手の信頼性が不明」なこと――IPA/SECが調査
情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)は、IoT(モノのインターネット)の課題を企業がどう捉えているかについての調査結果を明らかにした。(2016/9/16)

自然エネルギー:
2020年に市場規模は半減、主要な再生可能エネルギー関連市場の展望
調査会社の富士経済が再生可能エネルギー関連システムの市場調査結果をまとめた。2016年度の市場規模は3兆円を超える見込みだ。一方、太陽光発電市場の縮小などにより、2020年度に市場規模は約半分まで縮小すると予測している。一方、蓄電池などのポストFIT市場を見据えた製品市場は拡大する見込みだ。(2016/9/16)

キャリアニュース:
65%のミドル層が「自己投資をしている」――投資内容1位は「知性磨き」
人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が「自己投資」についてのアンケート調査結果を発表した。全体の65%が「自己投資をしている」と回答し、投資内容は「知性磨き」、月間の投資金額は「(1万円以上〜)3万円未満」が最も多かった。(2016/9/16)

米国実績ではコンバージョン率5倍:
市場調査とアドテクの長所を融合、「Kantar グロースターゲティング」の提供を開始
カンター・ジャパンは、ターゲティング付加価値ソリューション「Kantar グロースターゲティング」の提供を開始する。ブランドやカテゴリーの中から消費が増える成長セグメントを特定、幅広いリーチでターゲティング広告の配信ができる。(2016/9/15)

『ビジネス2.0』の視点:
国内企業のIoT利用率は5.4%、企業間連携が普及のカギに?
IDCがIoTに対する国内企業の動向を調査したレポートを発表。IoTに取り組んでいる企業はの割合は、前年の調査から増えているものの、必ずしも高いとはいえない。今後は企業を超えた連携がIoT普及のカギを握るという。(2016/9/15)

自然エネルギー:
水道の圧力差エネルギー、全国274カ所で1万9000kWの発電能力
環境省と厚生労働省が全国1500以上の水道事業者を対象に、水道の施設を利用した小水力発電の導入ポテンシャル調査を実施した。水源から浄水場や配水池へ流す水の圧力差を使って、全国の274カ所で発電できることがわかった。北海道から九州・沖縄まで各地に可能性が広がっている。(2016/9/15)

製造業IoT:
IoTは導入企業の過半数で「投資対効果ある」段階に
ボーダフォンが世界17カ国、9業界の約1100人の企業経営幹部を対象にIoTの普及を調査した「ボーダフォンIoT普及状況調査レポート2016」をまとめた。既にIoTは「導入するかどうか」を超え「どのように導入するべきか」のフェーズに突入しているという。(2016/9/14)

矢野経済研究所 車載モータの世界市場:
燃費規制の厳格化を追い風に、車載モータの新たな需要が拡大
矢野経済研究所は、自動車システムメーカーやモータメーカーなどを対象に「車載モータの世界市場」に関する調査を実施し、その結果概要を発表した。(2016/9/14)

自然エネルギー:
孫氏が苦言「電力はなぜつながらない」、自然エネルギーの国際連携
自然エネルギー財団は設立5周年記念シンポジウムをこのほど東京都内で開催した。同財団は東日本大震災後、ソフトバンクグループ代表の孫正義氏が自然エネルギーを基盤とする社会の構築などを目的に設立。現在、シンポジウム、ワークショップなどを通じて自然エネルギー普及のための調査研究、提言、政策作りなどの活動に取り組んでいる。(2016/9/13)

防水? FeliCa?:
「iPhone 7」の新機能、エンジニアは“どこ”を評価した?
「fabcross for エンジニア」が、設計/開発系エンジニアに聞いたiPhone 7/iPhone 7 Plusに関する意識調査結果を発表。彼らがiPhone 7の新機能で特に評価した項目は……?(2016/9/12)

上場企業の年収、6年連続増の622万円 それでも給与上がったと実感できない3つの理由とは……
上場企業の16年3月期の平均年間給与は前期比1.2%増の622万3000円。調査を始めて以来、6年連続の増加だが、給与は上がったと実感するサラリーマンはごくわずかで、個人消費も伸びていない。(2016/9/12)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】暗号化に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「暗号化」についてお伺いします。(2016/9/12)

週刊「調査のチカラ」:
ご長寿の秘訣はメディア接触? 100歳以上の男女100人に生活実態調査
人生の大先輩に聞く元気の秘訣にミドル世代の自己投資、老犬の介護事情まで、「加齢」にまつわる調査データを紹介してみます。(2016/9/11)

スマホゲーム「アイドリッシュセブン」 トレースや模倣の疑惑を否定
運営元のバンダイナムコオンラインが、カードイラストのトレース疑惑などについて、調査の結果、事実ではないとコメントしています。(2016/9/9)

CIDとクラスター向けが需要をけん引:
車載ディスプレイ世界市場、2016年は7.7%増
矢野経済研究所は、車載ディスプレイの世界市場に関する調査結果をまとめ公表した。2015年から2022年までの年平均成長率(CAGR)は9.0%と予測する。(2016/9/12)

電力供給サービス:
ネガワット取引でデマンドレスポンスが拡大、市場規模は20倍以上に
需要家が節電した電力を事業者が買い取り、その電力を他の需要家に供給するネガワット取引。節電した電力を売買できるというこの新しい市場の設立に向けて、制度設計が進んでいる。それに伴い注目されているのがインセンティブの付与などと引き換えに、需要家側が電力の使用を抑制する「デマンドレスポンス」だ。調査会社の富士経済は、デマンドレスポンスの関連サービス市場の展望をまとめた。(2016/9/9)

キャリアニュース:
仕事に対する満足度調査――総合1位は「法務/知的財産/特許」
転職サービス「DODA(デューダ)」が「仕事に対する満足度調査」の結果を発表。「総合」「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間」「職場環境」を指標別に点数付けしたところ、総合満足度が最も高い職種は「法務/知的財産/特許」だった。(2016/9/9)

「4人に1人が本気で自殺したい」「5人に1人が身近な人を自殺でなくす」――日本財団が自殺に関する調査結果を発表
「自己有用感」「社会問題解決能力」「共感力」が自殺のリスクを抑える要因との分析も。(2016/9/8)

4人に1人が「本気で自殺したい」 日本財団が調査 自殺未遂経験者、推計53万人 
過去1年以内に自殺未遂を経験した人は推計53万5000人――。本気で自殺したいその理由とは?(2016/9/8)

Teslaの自動運転搭載車「Model S」がオランダで死亡事故 原因は調査中
TeslaのAutopilot中だったかどうかは不明。車の損傷が激しく、救助が困難だったという。(2016/9/8)

ワンセグ携帯での受信契約、総務省がNHKに実態調査へ 「契約不要」の地裁判決受け
総務省は、ワンセグ携帯電話所有者の受信契約の実態について、NHKから近く聞き取りを実施する。(2016/9/8)

ランサムウェア被害、身代金払ってデータ回収できた割合は?
ランサムウェアに感染した組織のうち、身代金を払ってデータを取り返すことができたのはどれほどあったか――英国で調査が行われた。(2016/9/8)

「介護・福祉」関連の倒産件数、過去最高のペースで推移
2016年1〜8月の「老人福祉、介護事業」の倒産件数はどのくらいなのか。介護保険が施行された2000年以降でみると、過去最多を記録した前年を上回るハイペースで推移していることが、東京商工リサーチの調査で明らかに。(2016/9/7)

双腕アーム付き産業用ドローンなど、プロドローンが開発
プロドローンが2本のロボットアームを装備した大型ドローン「PD6B-AW-ARM」と壁面調査が可能な張り付き型ドローン「PD6-CI-L」を開発した。(2016/9/7)

Pokemon GOプレイヤーは24% やめる理由は「バッテリーがなくなる」――MMD研究所調べ
MMD研究所がまとめた「Pokemon GO」利用実態調査で、現在遊んでいる人は24.2%という結果に。やめた理由には「バッテリーがなくなる」などが挙がった。(2016/9/7)

電子ブックレット(メカ設計):
自動車メーカーが、クラウドCAEは「使えるのか?」調査した
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は過去の人気記事から『ホンダとマツダが語った「“使えるクラウドCAE”実現に必要なこと」』をお届けします。(2016/9/7)

キャリアニュース:
転職者の活躍・定着を阻む要因は――「給与」と「職務内容のミスマッチ」
エン・ジャパンの「入社後活躍研究所」が「転職者の入社後活躍・定着度調査」の結果を発表した。活躍度や定着度については7割が満足と回答。転職者の活躍・定着を阻む要因には、給与への不満や職務内容とのミスマッチが多く挙がった。(2016/9/7)

【お知らせ】読者調査にご協力ください! 抽選でAmazonギフト券プレゼント
ITmedia ニュースをご覧のみなさんに向け、年に1度の読者調査を実施中。ご意見・ご要望、お待ちしております!(2016/9/6)

モバイルアプリでのデジタルメディア消費時間、全体の50%に──米comScore調べ
comScoreの調査によると、米国人が7月にデジタルで過ごした時間全体の50%をモバイルアプリが占めた。1年前より9ポイント増加した。モバイルWebアプリも合わせると57%で、PCは32%、タブレットは11%だった。(2016/9/6)

「ゴルスタ」、サービス終了 個人情報漏えいと厳しすぎる運営方針で批判殺到
個人情報漏えいと運営方針に批判が集まっていた「ゴルスタ」が9月5日、サービス終了を発表。運営会社は「教育を生業とする弊社にとって、今回の調査結果は大変重く、直ちにサービス全体を終了する理由となりました」とコメントしている。(2016/9/5)

みんな「ポケモンGO」に飽きちゃった? アンケート調査で見えたもの
まだまだポケモンにハマっている?(2016/9/5)

クラウドインフラに関する調査レポート
パブリックは4割、プライベートは3割――ユーザー企業にクラウド利用状況を聞いた
TechTargetジャパンは2016年6〜8月に、「クラウドインフラに関するアンケート調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2016/9/5)

週刊「調査のチカラ」:
博報堂こそだて家族研究所、子どもの「初めての○○」年齢を調査、スマホ保有やSNSは何歳から?
新型iPhone発売のうわさから電子書籍定額制読み放題サービス、ビールのおつまみ一番人気まで、ゆく夏の名残を感じつつ今回も気になる調査データを5本をピックアップしてお送りします。(2016/9/3)

みんな図鑑埋まりすぎ! 「ポケモンGO」アンケート調査
図鑑をコンプリートした人も何人か出てきました。(2016/9/2)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。