ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

キャリアニュース:
フレキシブルな働き方による経済効果は世界で10兆400億ドル
リージャスが、16の国と地域を対象にした調査結果を発表。フレキシブルな働き方による効果を予測した結果、2030年までに世界で10兆400億ドルの経済効果が見込まれることが分かった。節約できる通勤時間は、延べ35億3000万時間に上るという。(2018/11/15)

太陽光:
“卒FIT太陽光”の一般認知度は4割、売電先の一番人気は「民間企業」
昭和シェル石油とソーラーフロンティアは、“卒FIT”を迎える住宅太陽光発電の登場が迫る中、発電者(プロデューサー)であると同時に消費者(コンシューマー)でもある「電力プロシューマー」に関するアンケート調査を実施。2019年12月以降、住宅太陽光の売電先が広がることなどに関しての認知度は4割程度だった。(2018/11/15)

全体的にはわずかに改善:
1カ月の残業時間、教育関連の仕事で長い傾向に 年代別では50代が最長
エンジニアのキャリア支援などを手掛けるメイテックはこのほど、約1万人の社会人を対象に実施した残業に関する調査結果を発表。教育関連の職業に就いている人の残業時間が長い傾向にあることが分かった。(2018/11/14)

海外土産に「サニーゴ」、5割が旅先でポケGO エアトリ調べ
旅行サイトのエアトリが、「Pokemon GO」と旅行に関するアンケート調査を実施。トレード機能が実装されたことで、海外のお土産に“地域限定ポケモン”をプレゼントする人が見られたという。(2018/11/14)

今日のリサーチ:
AIなどが生む新サービスへの興味度、4カ国比較で日本が最下位――博報堂DYメディアパートナーズ調査
テクノロジーによって生活を変える55の新しいサービスへの興味度において、日本は調査対象4カ国中、最も低いことが分かりました。(2018/11/14)

その契約、本当に必要?
ソフトウェア保守契約を無検討で更新してはならない
調査の結果、大多数の企業がソフトウェア保守契約を検討せずに更新していることが明らかになった。だがその保守契約から何らかの価値を得ているだろうか。(2018/11/14)

「Pixel 3」の認知は約3割 ジャストシステム調査から
ジャストシステムは、11月13日に「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年10月度)の結果を発表した。約3割がすでにGoogleのスマートフォン「Pixel 3」を認知しており、スマホユーザーが日常的に情報収集に利用しているメディアは「インターネットやアプリ」が最も多くなった。また、3年前と比べて10代の1日あたりのSNS利用時間が1.3倍に増加している。(2018/11/13)

汎用性は高まるのか:
ミレニアル世代で高まる仮想通貨人気 半数以上は「仮想通貨投資に関心あり」
米New York Postが報じたところによると、米国でミレニアル世代(24〜35歳)を対象に実施した調査で、半数以上のミレニアル世代が仮想通貨投資に関心を示している実態が明らかとなった。(2018/11/13)

スマホ決済普及の壁:
「支払いは現金で」派、多いのは20代 キャッシュレス決済調査
調査会社マクロミルの調査で、20代男女は支払いでは「現金派」が多いことが分かった。(2018/11/13)

意外と多い?:
所有不動産を「子供に相続したくない」親は何パーセント?
戸建てやマンションなど不動産を持っている親にとって、相続をどうするかは悩む問題。調査によると、「資産を残したい」「家族の思い出の場所」「先祖代々の土地」という子供に不動産を守ってもらいたい気持ちは強いが、「子供に相続したくない」という回答も多かった。(2018/11/13)

キャリアニュース:
副業を禁止する企業に「魅力を感じない」――8割以上が回答
マクロミルが「副業」に関する意識調査の結果を発表。勤め先が副業を認めているという回答者は16.7%で、今後副業を希望する人は44.1%いた。さらに、副業を禁止する企業に約83%が「魅力を感じない」と回答した。(2018/11/13)

今日のリサーチ:
「100年後も生き残ると思う日本企業」調査、トヨタとホンダが不動の1、2位――リスクモンスター調べ
リスクモンスターは「100年後も生き残ると思う日本企業」調査を実施しました。(2018/11/13)

株などの評価損拡大:
18年家計の金融資産 2人以上世帯では1151万円で横ばい、単身世帯では約200万円減少
金融広報中央委員会は11月9日、2人以上の世帯を対象に実施した2018年版「家計の金融行動に関する世論調査」の結果を発表。将来のために蓄えている金融資産の平均保有額は1151万円と前年から横ばいだった。(2018/11/12)

4分の1が「将来結婚したくない」:
17〜19歳で恋人がいない人は79.3% 「今後も欲しくない」人の割合は……?
日本財団が未婚の17〜19歳男女800人を対象とした、恋愛と結婚に関する調査結果を発表。現在恋人がいない人は79.3%で、異性と交際した経験がない人が44.5%いることが分かった。(2018/11/12)

今日のリサーチ:
4500万人突破のTwitter国内利用者には3つの特徴がある――Twitter Japan調査
Twitterのオーディエンスの特徴とは。(2018/11/12)

全ての企業にとって有用か?:
ラックがセキュリティ調査ツールを無料提供、侵害判定とマルウェア分析が可能
ラックはセキュリティ調査ツールを無料で提供する。「侵害判定」と「マルウェア自動分析」の2つの機能を備える。フォレンジック調査が必要かどうかも簡単に判断できる。マルウェアを発見した場合はラックが初動対応を支援する。(2018/11/12)

平均預金残高は667万円:
夫婦の“お金”事情 女性の「へそくり額」は男性の2倍……
投信投資顧問会社スパークス・アセット・マネジメントが夫婦のお金事情について調査。「老後の備えに満足している」人はわずか7.3%しかいないことが分かった。(2018/11/9)

解決方法は?:
転職活動での悩みは? 「アピールポイントが分からない」「退職交渉が難航」などの声も
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパンは11月8日、転職活動についての調査結果を発表。多くの人が自分のアピールポイントや適性などが分からずに悩んでいることが分かった。回答者からは寄せられた具体的なエピソードでは……(2018/11/9)

今日のリサーチ:
ステマに不快感を抱く消費者は過半数、一方で広告主の意識は?――WOMマーケティング協議会調査
広告主と一般消費者を対象に実施したインフルエンサーマーケティング実態調査の結果です。(2018/11/9)

2018年ビルのエネルギー効率に関する調査結果:
国内では「従業員の採用・維持」と「テナント・賃料の確保」がビル省エネ化のカギ
ジョンソンコントロールズは2018年11月1日、日本を含む世界20カ国1900人のエネルギー/設備管理責任者を対象に行った「2018年ビルのエネルギー効率に関する調査結果」を発表した。調査結果によると、ビル省エネ化を推し進める要因とされたのは、ビルで働く社員の満足度につながる「従業員の採用・維持」と、「テナント・賃料の確保」だった。グリーンビル認証を取得など、ビルに付加価値をつけることが求められている。(2018/11/9)

「GT-R」280キロで暴走、みんなはどう思った? ネットの反応を調査
最も強い反応を示したのは「栃木県民」でした。(2018/11/14)

交際が始まりやすい季節は?:
独身男女の7割は知り合って1年以内に「交際スタート」
結婚相手紹介サービスを手掛けるオーネット(東京都世田谷区)が独身男女を対象に「交際スタート」に関する調査を実施したところ、独身男女の7割は知り合って1年以内に交際を開始していることが分かった。(2018/11/8)

新iPad ProのUSB-C互換性を徹底調査 ドック、給電からDAC、モバイルルータまで
iPad Pro 11-inch、iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) のUSB-C接続周辺機器を徹底的にチェックした。(2018/11/8)

緑豊かな街:
新宿まで30分圏内なのに「家賃が安い駅」は? 1位は4.8万円の……
新宿まで30分以内にアクセスでき、かつ家賃相場が安い駅は? 不動産ポータルサイト「SUUMO」を運営するリクルート住まいカンパニーが調査した結果、2位は小田急線の「生田駅」で4.9万円。1位は4.8万円の……(2018/11/8)

今日のリサーチ:
「荒野行動」に熱中する男女にNPS調査――テスティー
若年層プレイヤーがスマホ版バトルロワイヤルゲーム「荒野行動」を支持する理由。(2018/11/8)

外国人労働者の増加にも注意:
IT支出の増加要因は「働き方改革」「消費税率改正」、ノークリサーチが調査
ノークリサーチは、国内の中堅中小企業を対象に「守りのIT支出」を増加させる社会的要因の調査結果を発表した。働き方改革や消費税率改正がセキュリティや運用管理の支出を増加させる他、多様な要因を報告している。(2018/11/8)

競争激化か:
バンコクの日本食レストランが頭打ち ジェトロ
日本貿易振興機構(ジェトロ)がまとめた「2018年度タイ国日本食レストラン店舗数調査」によると、タイの日本食レストラン店舗数は3004店舗と前年から230店舗増加した。新規出店が891店舗に対し、閉店数は661店舗。種類別では、すし店が454店舗と201店舗増加。料亭・総合和食・定食などを含む日本食店も749店舗と27店舗増えた。一方、居酒屋は246店舗と44店舗減少し、競争が激しいとみている。(2018/11/8)

iPhoneはシニアにも人気、スマホ所有率1位 MMD調査から
MMD研究所は、11月7日に「2018年10月 シニアのスマートフォン、 生活に対する意識調査」の一部結果を発表した。スマートフォン所有率は59.9%、フィーチャーフォン所有率は30.5%となり、MVNO利用率は19.6%に。不安に感じていることは「自分の健康」が63%で最多となった。(2018/11/7)

年々深刻化:
ハイスキル人材不足、日本は世界33カ国中「最悪」 技術進化に追いつけず
外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンはこのほど、世界33カ国を対象としたハイスキル労働市場に関する調査結果を発表。日本はハイスキル人材不足問題において33カ国中「最悪」であることが分かった。(2018/11/7)

27年にはリニア開通:
18年版「働きたい街」ランキング東海編 2位は静岡「都会と田舎のバランスがいい」 1位は……
転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリアがビジネスパーソンを対象に東海エリアで働きたい街について調査した結果、2位は「静岡」で130点だった。1位は……(2018/11/7)

今日のリサーチ:
野村総合研究所「生活者1万人アンケート調査」、スマホ1人1台で「背中合わせの家族」が増加
野村総合研究所が8回目の「生活者1万人アンケート調査」を実施しました。(2018/11/7)

エネルギー管理:
東京電力、千葉県銚子沖で洋上風力発電の可能性を調査
東京電力ホールディングスが、千葉県銚子沖での洋上風力発電事業の検討に向け、海底地盤調査を開始した。(2018/11/7)

キャリアニュース:
世界10カ国の女性78%が「困難に感じる」と回答、テック業界への就業
ブッキング・ドットコム・ジャパンが、テック業界に従事する世界10カ国の女性を対象とした調査結果を発表。女性不足である業界の現状を好機と捉える女性が64%いる一方で、78%が「業界に加わること自体が困難だと感じる」と回答した。(2018/11/6)

「うめきた2期」が注目:
18年版「働きたい街」ランキング関西編 2位は京都「街並みきれい」 1位は……
転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリアがビジネスパーソンを対象に働きたい街について調査した結果、2位は「京都」で332点だった。1位は……(2018/11/6)

今日のリサーチ:
CDOの台頭によりCIOの役割に変化──Harvey Nash/KPMG 2018年度CIO調査
世界84カ国のCIOとITリーダーを対象に実施した意識調査です。(2018/11/6)

続出する「退職トラブル」:
詐術、脅迫、暴力、洗脳 「辞めたくても辞めさせないブラック企業」急増の真相
「会社を辞めたいのに辞めさせてくれない」という人の相談が増えている。厚生労働省の調査では、会社に辞めたいと伝えても辞めさせてくれない「自己都合退職」の相談が2番目に多く、3万8945件(相談件数の12.8%)もあった。「退職トラブル」の実態とブラック企業への対策を探る。(2018/11/6)

勤務先は転職先選びにも影響?:
18年版「働きたい街」ランキング関東エリア編 人気の理由は「交通の利便性」
転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリアがビジネスパーソンを対象に働きたい街について調査した結果、関東エリアで2番目に人気だったのは「横浜」(462点)だった。1位は……(2018/11/5)

調査レポート:
世界スマートフォン出荷ランキング、Appleは7〜9月期も3位──IDC調べ
IDCが7〜9月期の世界におけるスマートフォン市場調査結果を発表した。メーカー別ランキングでは、前四半期に中国Huaweiに抜かれた米Appleが3位に留まった。トップのSamsungも中国勢にシェアを奪われた。(2018/11/5)

中古車の需要減対策も:
消費税増税対策 中古車含め補助金検討を 公明党・西田税調会長
公明党の西田実仁(まこと)税制調査会長は2日、産経新聞などのインタビューに応じ、来年10月に予定される消費税率10%への引き上げによる消費の反動減対策として、新車だけでなく中古車の購入も支援する補助金制度の導入を検討するとの考えを示した。西田氏は「購入の負担軽減を同じに考えるべきだ」と主張。中古車の需要減対策も確実に進める重要性を強調した。(2018/11/5)

働き方改革の「不都合な真実」
リモートワークをしたら業務時間増加? 矛盾に悩む企業の救世主とは
中堅企業における働き方改革への取り組みを調査した結果をレポート。昨今導入が増えているリモートワークの導入、利用状況などから見えた課題と、その解決策を解説する。(2018/11/5)

全体の6割:
専業主婦であることに「罪悪感」? 「何の存在意義もないと感じる」「夫にばかり経済的負担が」……
主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」を運営するビースタイルがこのほど、「専業主婦であることに対する罪悪感」についての調査結果を発表。専業主婦・主夫であることに罪悪感を覚えたことがあった人は全体で56.6%いることが分かった。(2018/11/2)

5位は月55.9時間……:
銀行業界で「最も残業時間が少ない」企業は? 「ほぼ定時で帰れます」との声も
銀行業界で残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位は三井住友銀行で23.5時間だった。1位は……(2018/11/2)

経産省・業界団体が指針発表:
飲食店「無断キャンセル」の損害額は年間2000億円 どうすれば防げる?
飲食店における無断キャンセルの被害額は年間2000億円であることが経済産業省と業界団の調査で判明。両者はこれを受けて防止策を公表した。明確な基準で算定したキャンセル料の請求、IT活用、事前決済の導入などがカギになるという。(2018/11/2)

今日のリサーチ:
世界のR&D支出上位1000社に日本企業160社がランクイン――Strategy&調査
研究開発に多額の費用を投入した世界の上場企業のトップ1000社「グローバル・イノベーション1000」。2018年の傾向はどうなっているでしょう。(2018/11/2)

12月12日に向け:
軽減税率の財源不足分捻出 3000億円、自民税調で検討
自民党税制調査会は31日、非公式幹部会(インナー)を開き、2019年度税制改正に向けた議論を開始した。19年10月の消費税率10%への引き上げに合わせ導入される軽減税率による1兆円の減収分のうち、穴埋めのめどがついていない約3000億円の捻出や、増税に伴う消費の反動減対策が焦点となる。12月12日にも決定する与党税制大綱に向け、公明党の税調とともに議論を本格化させる。(2018/11/2)

エネルギー管理:
地域エネルギーマネジメント設備市場、2030年度に250億円規模へ
矢野経済研究所が国内の地域エネルギーマネジメント事業に関わる設備・システムの市場調査予測を公表。市場規模は2018年度の200億円から、2030年度には350億円に拡大すると予測している。(2018/11/2)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第11話:鑑識(後編)
自社を攻撃した犯人について、本格的な調査を始めた「ひまわり海洋エネルギー」のCSIRT。コマンダーのメイは、フォレンジック(鑑識)を担当する識目(しきめ)の元を訪ね、その仕事について詳しく聞こうとしていた。(2018/11/2)

「有給休暇の取得義務化」認知度半数以下 転職エージェント企業の調査で判明
生活に直結する人も多い制度のはずですが……?(2018/11/1)

自然・植物系の名前が多数:
18年版「赤ちゃんの人気名前ランキング」 あの俳優にあやかった名前が急上昇
人気の赤ちゃんの名前は? ベネッセコーポレーションが2018年1月〜9月生まれの新生児を対象に名前に関する調査を実施。男女共に自然や植物を連想させる名前が人気だったという。(2018/11/1)

今日のリサーチ:
AIで結果が出ている企業とそうでない企業、「倫理観」の認識で大きなギャップ――SASなど調査
企業は人工知能の倫理的かつ責任ある利用に向けた取り組みを強化していることが判明しました。(2018/11/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。