ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「調査」最新記事一覧

MVNOメイン利用は7.4%、格安SIMサービスの認知度は87.8%に
MMD研究所は「2017年3月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施。MVNOをメイン利用しているのは7.4%で、Y!mobileを加えると10.8%となる。また、格安SIMサービスの認知度は87.8%となった。(2017/3/21)

自然エネルギー:
地熱発電の開発プロジェクト、資源が豊富な大分県・九重町で
九州電力は新しい地熱発電所の建設に向けて、大分県の九重町で5月から資源調査を開始する。九重町は日本最大の地熱発電の集積地だが、これまで開発対象になっていなかった地域で調査に乗り出す。地下の構造を推定する地表調査や温泉のモニタリング調査を実施して地熱発電の可能性を探る。(2017/3/21)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
【お知らせ】「電子メール」に関するアンケート調査
本アンケートでは、勤務先での「電子メール」の導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2017/3/21)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
【お知らせ】「オフィスソフト」に関するアンケート調査
本アンケートでは、勤務先での「オフィスソフト」の導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2017/3/21)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
【お知らせ】「基幹系システム」に関するアンケート調査
本アンケートでは、勤務先での「基幹系システム」の導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2017/3/21)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
【お知らせ】「無線LAN」に関するアンケート調査
本アンケートでは、勤務先での「無線LAN」の導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2017/3/21)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
【お知らせ】「スマートデバイス」に関するアンケート調査
本アンケートでは、勤務先での「スマートデバイス」の導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2017/3/21)

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)
炎上から学んだこと。そして、若者に伝えたいこと。(2017/3/19)

その購入ボタンを押す前に 知っておきたい「売れ筋ランキング」の中身
製品の販売数は実数で公表されないため、調査会社や販売店が独自に集計した販売ランキングや売れ筋ランキングが役に立つ。しかし、それらの集計方法を知らないと実態を正しく把握できないので注意が必要だ。(2017/3/18)

週刊「調査のチカラ」:
「インサイト」が全て――生活者の本音を探ってみると
社会問題への関心から40代ミドル男性の身だしなみに対する意識まで、調査データから最近の生活者心理を探ります。(2017/3/18)

スマホの平均月額料金、キャリアは7876円 格安SIMは2957円
MMD研究所は「2017年携帯電話の利用料金に関する調査」を実施。現在支払っているスマートフォンの平均月額料金は、大手3キャリアは平均7876円、格安SIMは平均2957円、フィーチャーフォンは3071円となった。(2017/3/17)

蓄電・発電機器:
水素で走る燃料電池船を広島県で実証、ガイドライン策定へ前進
国土交通省は2020年に向けて、水素で走る燃料電池船の実用化を目指している。そのガイドラインの策定に向けて、実際の燃料電池船を利用した実証実験を進めている。新たに3月21日から広島県尾道市でも実証がスタートする予定だ。塩害や波による揺れなどの影響を調査し、ガイドラインの策定に役立てる。(2017/3/17)

市場全体では前年比8.9%減、「フラッシュファースト」意識が鮮明に:
国内企業向けストレージ市場、オールフラッシュ製品が大きく伸長 前年比84%増 IDC調査
IDC Japanが発表した国内企業向けストレージシステム市場規模は、2016年通年で前年同期比8.9%減となる1830億5000万円だった。ただしオールフラッシュカテゴリーは活況で、前年比84.3%と大きく伸長した。(2017/3/17)

キャリアニュース:
異業種への転職に成功したミドル層は59%
転職求人サイト「ミドルの転職」が、ミドル層の異業種転職についてのアンケート調査結果を発表した。転職コンサルタントのうち、異業種転職に成功したミドル層がいると59%が回答。異業種転職が多い業種は「メーカー」だった。(2017/3/17)

特選ブックレットガイド:
3Dプリンタ/3Dプリント材料の世界市場動向
矢野経済研究所が2016年12月、2017年1月に発表した3Dプリンタおよび3Dプリント材料の世界市場に関する調査レポート概要を基に、今後の市場動向を紹介する。(2017/3/17)

乗用車のパワーウインドーの危険性をJAFが調査 大根やゴボウすら切断するとして注意喚起
子どもが首や手をはさまないように、チャイルドシートに乗せスイッチにはロックを。(2017/3/16)

「Nintendo Switchに入れていたSDカードが熱で溶けた」海外で報告 現在サンディスクが原因を調査中
サンディスクは溶けた現物を提供してもらい原因を調査予定。(追記)(2017/3/16)

電子ブックレット/自然エネルギー:
地熱発電プロジェクト最前線 −Part 7−
地熱発電の開発プロジェクトが全国に広がってきた。栃木県の日光市で地熱発電所の建設に向けた調査が始まったほか、東京都の八丈島でも新しい発電所を建設する計画が進行中だ。地熱発電が盛んな大分県の九重町では、これまで利用していなかった熱水を使える地熱発電所が運転を開始した。(2017/3/16)

それでもAIの恩恵は大きい
導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実
調査の結果、AI導入企業の90%はAIのメリットを引き出せていないという。さらに、彼らは多くの懸念を抱えていた。AIを活用するために解決しなければならない課題とは何か。(2017/3/16)

2月のプレミアムフライデーは約6人に1人が利用し高い満足度 推進協議会事務局がアンケート調査
17%が仕事を早めに切り上げたという回答結果に。(2017/3/16)

ECは、東アジアで活発に利用:
アジア8都市でスマートフォン保有率が90%超え──博報堂調査
博報堂は、グローバル市場でのマーケティング戦略に活用するための生活者調査「Global HABIT(グローバル・ハビット)」の2016年版を発表した。(2017/3/15)

業界を驚かせた買収発表:
IntelによるMobileye買収、アナリストの反応は
IntelがMobileyeを買収することで合意したと発表した。自動運転車向けのコンピュータビジョン技術において既に同分野をけん引する存在であるMobileyeが買収されるというこの発表は、業界を驚かせた。調査会社のアナリストなど、業界の専門家はこの動きをどう見ているのだろうか。(2017/3/15)

トレンドマイクロ 2016年 年間セキュリティラウンドアップ:
SCADAにも多くの脆弱性、製造業IoTにセキュリティの重要性増す
注目される製造業IoTだが、トレンドマイクロらの調査で産業制御システム「SCADA」関連製品の脆弱性も多く発見された。製造業IoTの存在感が増すに従い、セキュリティリスクも高まっている。(2017/3/15)

PwCの調査から
「デジタルIQ」とは? 企業のIT活用度が大幅低下している謎
主要企業の経営幹部やIT担当役員を対象とした、先進情報技術に関する調査によると、企業のIT導入を成功に導く鍵は「ヒューマンエクスペリエンス(HX)の重視」である可能性を示唆している。(2017/3/15)

企業間格差も減少:
「正社員を採用予定」の企業、17年は過去10年間で最多
帝国データバンクが、企業の雇用に関する意識調査の結果を発表。(2017/3/14)

IDC Japan調査:
16年のウェアラブル出荷台数、25%増 シェア1位は?
IDC Japanが、2016年の世界のウェアラブルデバイス市場の調査結果を発表。ベンダーの新規参入などが影響し、出荷台数は前年比25%増の1億240万台だった。(2017/3/14)

開示は4月11日か:
東芝、決算発表を再延期 米原発事業の「圧力」追加調査
東芝が2016年4〜12月期の決算発表の再延期を申請。(2017/3/14)

ITサプライヤーの喫緊の課題とは:
国内パブリッククラウド市場、2021年に1兆円規模へ IDC調査
IDCジャパンが国内パブリッククラウドサービスの市場予測を発表。2016年の市場規模は対前年比30.5%増の3762億円と推定。2021年には1兆538億円規模まで成長するとみられる。(2017/3/14)

事業の拡大を急ぐあまり:
「ベンチャーは免罪符ではない」DeNAは何を誤ったのか
DeNAが行っていたキュレーション事業は何が問題だったのか。DeNAは3月13日、第三者委員会の調査報告書を公開。同日、第三者委員会が東京・渋谷で記者会見を行い、同事業の問題点、原因分析、再発防止策の提言について説明した。委員長は「永久ベンチャーは免罪符ではない」と語った――。(2017/3/13)

キャリアニュース:
女性の活躍推進について男性の本音を調査――4割が不公平感
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは、男性250人を対象に、女性活躍推進についての意識調査結果を発表した。女性登用を「優秀な人材獲得」につながると68%が認める一方で、能力を伴わない登用を不公平と感じる人も4割いた。(2017/3/13)

「肩こりは幽霊が原因」 WELQの“トンデモ記事”ができるまで 調査報告書で明らかに
「肩こりの原因、幽霊のことも?」――WELQに掲載されていた“トンデモ記事”がどう作られたのか、第三者委員会の報告書によって明らかになった。(2017/3/13)

「『DeNAのDNA』を持ち合わせていない者たちによって始められた事業」 DeNA、キュレーションサイトについての第三者委員会調査報告書を公開
DeNAは3月13日に都内で会見を開く予定。(2017/3/13)

DeNA、キュレーション事業の第三者委員会調査結果を発表 創業者・南場智子氏が代表取締役に復帰
昨年話題になったキュレーションプラットフォーム事業。第三者委員会からの報告書を全文(PDFで306ページ)公開しました。(2017/3/13)

エン・ジャパン 獲得スキル調査:
20〜40代が取得したいスキル・資格の一番人気は?
アルバイト求人サイト「エンバイト」は、2017年に身に付けたい「スキル」に関するアンケート調査結果を発表した。(2017/3/13)

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(前編)
炎上はネットからリアルへと……。(2017/3/12)

週刊「調査のチカラ」:
「デジタルコヒージョン」「ミドルの出戻り」他、声に出して読みたい調査レポート
スマートなメガサービスが実現する近未来。それが「デジタルコヒージョン」――とか何とか。意識高めのマーケターならいっぺん言ってみたいキーワードにまつわる調査レポートを集めてみましたよ。(2017/3/11)

ニンテンドースイッチ「スーパーボンバーマンR」の“操作遅延”にKONAMIが調査を発表 オン・オフ両方の改善を進める対応へ
原因はいまだ不明です。(2017/3/10)

JKビジネス少女の本音「客気持ち悪い」 一方で月収50万円超も
「客は気持ち悪かった」――「JKビジネス」店に在籍していた少女に対する意識調査でこんな実情が浮かんだ。(2017/3/10)

情報化施工:
住宅向け地盤調査、人の経験と勘頼みから脱却
地盤ネットホールディングスは、戸建住宅向けの地盤調査を、自動で行えるシステムの開発に着手する。従来、人の経験や勘で判断していた土質の評価に統一基準をつくり、効率良く、かつ高精度に調査を行えるようにする狙いだ。(2017/3/10)

2020年には4400万台に:
4K/8Kテレビ市場の中心は中国 日本は「出荷に制約」
中国の4Kテレビの出荷台数は、2016年は2500万台を突破。20年までには4400万台に増加すると見られ、西欧と北米の合計と同等になる見通しだ。一方、日本では、各社は切り替えに対して積極姿勢を見せているが、消費者の志向から4Kテレビ出荷の制約がある――英調査会社IHS Markit調べ。(2017/3/8)

「#祝ってくれる人RT」「#共感したらRT」 若者がよく使うハッシュタグの傾向は?
Twitterとエヌ・ティ・ティ・データ ソーシャルビジネス推進室 は、「#Twitter文化研究所」という共同調査プロジェクトを立ち上げたことを発表した。(2017/3/8)

「昼飯はカップ麺とおにぎり」「忙しいからサラダだけ」 不健康な社会人のランチ実態
大人のダイエット研究所が、働き世代のランチ事情の改善を目的として、男女100名を対象にランチ実態調査を行った。(2017/3/8)

国内EC運営者の海外展開の意向に関する調査結果:
国内EC運営者の67.2%は越境EC出店の意向、イーベイ・ジャパンが調査
イーベイ・ジャパンが「国内のEC出店者におけるECの海外展開(越境EC)意向」に関する調査を実施。その結果を発表した。(2017/3/8)

2017年は「クラウド専門家の時代」元年に:
2017年のアプリケーションサービス展開動向、「セキュリティ」が最優先事項に F5ネットワークス調査
F5ネットワークスが企業のアプリケーションサービス提供状況を調査した「2017年版アプリケーションデリバリーの状況」の結果を公開。セキュリティへの懸念がアプリケーションサービスを急速に普及させる要因になっているとし、従来の「可用性」を上回り、「セキュリティ」がアプリケーション展開の最重要課題となったことが分かった。(2017/3/8)

Computer Weekly:
導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実
調査の結果、AI導入企業の90%はAIのメリットを引き出せていないという。さらに、彼らは多くの懸念を抱えていた。AIを活用するために解決しなければならない課題とは何か。(2017/3/8)

悪質コードのばらまきに悪用される恐れも
「Internet Explorer」の“非常に危険な”脆弱性をGoogleが発見、「Edge」にも影響か
「Microsoft Edge」と「Internet Explorer」に新たな脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。Googleのセキュリティ調査チームが発見した、この脆弱性が及ぼす影響とは。(2017/3/8)

プールの水は約0.01%が尿 カナダの大学のガチ調査で嫌な事実が判明
「プールでの運動による効果は尿がもたらす健康リスクを上回る」と強調し、プールから人を遠ざける意図はないと述べています。(2017/3/7)

キャリアニュース:
転職成功者の平均年齢は「32.5歳」――過去10年で最高
転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職成功者の年齢調査」の結果を発表した。転職成功者の平均年齢は「32.5歳」で過去最高となった。また、転職成功者のうち35歳以上が30.2%を占めた。(2017/3/7)

10代〜20代の女性がスマホ撮影でよく使うアプリは?
テスティーは、同社運営のスマホ向けアンケートアプリ「TesTee」で10代〜20代女性を対象としたスマホの写真撮影に関する調査を実施。およそ8割がスマホのカメラを使って写真を撮影し、利用するカメラアプリは「snow」「Instagram」が人気を集めた。(2017/3/6)

Uber、特別プログラム「Greyball」で世界の役人を欺いている?
Uberがサービスを取り締まろうとする地域で、当局関係者によるおとり調査などを回避する目的で特別プログラムを使っているとNew York Timesが報じた。(2017/3/6)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。