ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PC市場」最新記事一覧

関連キーワード

4年で1億台以上も消滅! 凋落するPC市場に未来はあるのか?
PC市場の縮小が止まらない。米ガートナーなどの調べによると、この4年でPC出荷台数は1億台以上も減少、市場規模は約3分の2になってしまった。このままこの市場は縮小の一途を辿るのだろうか……?(2016/7/28)

世界PC出荷の減少続く(米国は数四半期ぶりの増加)──Gartner、IDC調べ
GartnerおよびIDCが発表した2016年第2四半期(4〜6月)の世界におけるPC出荷台数は、いずれも前年同期より1桁減少。米国はドル高と教育機関などの買い替え時期により数四半期ぶりの増加だった。Chromebookが好調で、新モデルがしばらく出ていないMacBookはシェアを落とした。(2016/7/13)

2015年度のスマホ+タブレットの出荷台数は過去最多の3794万台に
ICT総研は「2016年度 スマートデバイス市場動向調査」の結果を発表。2015年度のスマートデバイス出荷台数は年度ベースで過去最多の3794万台となり、タブレットの出荷台数予測は2016年度に951万台とPCの出荷台数に並ぶ見込み。(2016/7/6)

縮小の一途をたどる:
2015年の世界PC出荷台数、4年連続で減少
PC市場が縮小の一途をたどっている。IDCによると、2015年のPC世界市場は3億台を下回り、2億7620万台にとどまった。3億台を下回ったのは2008年以来初めてだという。(2016/1/15)

2015年の世界PC出荷、Appleのみが前年比増──Gartner、IDC調べ
IDCによると、2015年通年の世界におけるPC出荷台数は前年比10.4%減の2億7622万台と、2008年以来初めて3億台を切った。メーカー別のトップ5社中、前年より出荷を増やしたのは4位のAppleのみだった。(2016/1/14)

国内PC出荷、1998年度以来の1000万台割れへ 落ち込み止まらず MM総研
MM総研によると、4〜9月の国内PC出荷台数は前年同期から3割減の474.1万台に。通期では1998年度以来の1000万台割れを予測する。(2015/11/18)

福田昭のストレージ通信(15):
2019年までのストレージ市場を展望する(後編)
PC出荷台数の減少を受けて縮小傾向にあるHDD市場とは反対に、伸び盛りなのがSSD市場である。今回は、SSD市場の動向を、出荷台数やギガバイト単価、メーカーのシェアといった視点で見ていこう。(2015/6/19)

富士通アイソテック、デスクトップPCの出荷台数が累計2000万台に到達
富士通アイソテックは、同社製デスクトップPCの累計出荷台数が2000万台を達成したと発表した。(2015/2/20)

IDC、国内の2014年度クライアントPC市場実績を発表――出荷台数は前年比1.5%減と鈍化
IDC Japanは、日本国内の2014年度のクライアントPC市場実績値の発表を行った。ビジネス市場の販売台数減少により前年比1.5%のマイナス成長となっている。(2015/2/12)

14年度下期の国内PC市場、大幅落ち込み予測 部品価格高騰がメーカーに追い打ち MM総研
14年度下期(10〜3月)の国内PC市場はXP需要の反動減で前年同期から大幅に落ち込むとMM総研が予測。部品価格の上昇も追い打ちをかけ、PCビジネスは厳しい局面を迎えるとみている。(2014/11/12)

Apple、世界PC出荷でトップ5にランクイン──IDC調べ
米調査会社IDCの世界PC市場に関する調査によると、Appleがメーカー別シェアランキングで5位に入った。(2014/10/9)

Lenovo、スマートフォン出荷台数がPCを初めて上回る
世界でのPC出荷台数で長く首位に立つ中国Lenovoが、4〜6月期のスマートフォン出荷台数が1580万台になり、PCの出荷台数(1450万台)を初めて超えたと発表した。(2014/8/15)

世界でのタブレット出荷、2015年にはPCを超える──Gartner予測
PC出荷の減少率は2014年はWindows XPからの移行の影響などで小幅にはなるが、2015年には出荷台数でタブレットに抜かれるとGartnerは予測する。(2014/7/8)

XPサポート終了で一段落も:
2014年4月のPC出荷台数、悪材料を跳ね返し前年同月超え
JEITAが2014年4月度の国内PC出荷台数と金額を発表した。Windows XPからの乗り換え需要の落ち着き、消費税の8%への増税など、出荷台数に悪影響と与えるできごとがあったものの、前年同月比では良い数字を残した(2014/5/21)

Windows XPの移行特需で沸いたPCベンダーの状況
IDCによると、2014年第1四半期のPC出荷は過去最高を記録。主要メーカーの動向を取りまとめている。(2014/5/21)

世界PC出荷台数、2014年は3億台を切る──IDC予測
2010年から3億台の水準を保ってきた世界におけるPC出荷台数が、経済成長の停滞やタブレットやスマートフォンの普及に押され、2014年には2億9590万台になると予測した。(2014/3/5)

ビジネスニュース 業界動向:
「Bay Trail」も起爆剤にはならず、PC出荷台数は期待値よりも低調
2013年第4四半期におけるPCの出荷台数は、前四半期よりも9.4%上昇したものの、PC業界が期待したほどには伸びなかった。業界はインテルのAtom SoC「Bay Trail」に望みをかけていたようだが、現時点では、PCの売り上げを大幅に引き上げる効果は期待できないという見解もある。(2014/2/20)

VAIOはやっぱり……:
Dellは好調、ソニーは苦戦――明暗分けた2013年国内PC市場
国内クライアントPC市場の2013年の年間出荷台数は、辛うじて前年比プラス成長(0.2%増)となった。しかし、国内クライアントPC市場をセグメント別で見てみると、家庭市場とビジネス市場とで明暗がはっきりと分かれていることが分かる。(2014/2/12)

2013年第4四半期のPC出荷数は2ケタ成長 XP買い替え需要がけん引――IDC調べ
2013年10〜12月のPC出荷台数は前年同期比17.8%増の435万台。このうちビジネス市場はWindows XP移行ニーズなどで51.1%増を記録した。(2014/2/12)

IBM、HPなどRISC陣営も対抗
“ウィンテル”はまだ終わらない――クラウド注力が追い風に
クライアントPCの出荷台数が減少する中、Intelが新たな居場所として注力している分野の1つがクラウド基盤だ。既存ベンダーを脅かし始めたとして市場での存在感を高めつつある。その理由とは?(2014/1/16)

世界PC出荷台数、2013年は史上最悪の減少率──Gartner調べ
Gartnerによると、2013年第4四半期の世界におけるPC出荷台数は前年同期比6.9%減の8260万台で、7期連続の減少になった。(2014/1/10)

国内PC市場は6四半期ぶりのプラス成長、XP買い替えが牽引
IDC Japanが発表した国内クライアントPC市場出荷実績値によると、2013年第3四半期の家庭市場は前年同期比24.6%減、ビジネス市場は同21.3%増となっている。(2013/11/11)

約9カ月ぶりに前年超え:
7月のPC出荷台数、前年同月実績を上回る デスクトップPCが好調
JEITAが2013年7月度の国内PC出荷台数を発表。出荷台数、金額ともに前年同月の実績を上回った。前年比で100%を超えるのは2012年10月以来、約9カ月ぶりだという。(2013/8/27)

Lenovo、Windows 8端末に「Pokki」スタートボタンアプリをプリインストールへ
PC出荷世界一のLenovoが、Windows 8搭載PCに従来タイプのスタートボタンを追加するアプリ「Pokki」をプリインストール出荷する。(2013/8/23)

Lenovo、モバイル端末の販売台数がPC超え──第1四半期は2桁台の増収増益
世界PC市場でHPを抜いて首位に立ったLenovoの4〜6月期の決算は2桁台の増収増益だった。PCからモバイルへのシフトを進めており、同四半期のスマートフォンとタブレットを合わせた販売台数はPCの販売台数を超えた。(2013/8/16)

4〜6月の国内PC出荷は前年比12.5%減、家庭市場は5四半期連続の前年割れ――IDC
IDC Japanは、日本国内におけるクライアントPC市場出荷実績値を発表した。(2013/8/13)

ビジネス向けPC市場は成長続く:
個人向けPCの出荷台数、前年比で30%ダウン――IDC調べ
IDCが2013年4月〜6月の国内PC出荷台数を発表した。ビジネス向けPC市場が成長を続ける一方で、個人向けPC市場は前年同期比30%減と大幅に縮小。ビジネス向けPCに注力するベンダーが増えたことや、円安による価格上昇が原因という。(2013/8/13)

ビジネスニュース 業界動向:
2013年Q2のPC市場、レノボがHPを抜いて首位に
Lenovo(レノボ)が、アジア以外の地域で売り上げを伸ばし、PC市場のトップに立った。ただし、2013年第2四半期のPC出荷台数は、前年同期比で11%減になるなど、同市場の不振は続いている。(2013/7/23)

世界PC出荷台数、5期連続の減少 LenovoがHPから首位奪う──IDC調べ
IDCの4〜6月期の世界PC市場調査によると、同四半期のPC出荷台数は11.4%現の7563万台。メーカー別ランキングではLenovoがHewlett-Packardから首位を奪った。(2013/7/11)

ホワイトペーパー:
Windows XPの終焉─そのとき残されたシステムは?〜Computer Weekly日本語版 6月12日号
Windows XPのサポート終了を控え、企業が取るべきアプリケーション資産の対処法とは? 他にも、PC出荷台数激減の分析、英国陸軍のIT活用事例、オンライン旅行会社でイノベーションを起こすCIOのインタビューなどをお届けする。(2013/7/8)

PCベンダーの生き残り策は?
2013年第1四半期のPC出荷台数激減をアナリストとベンダーが分析
経済的圧力、大規模なIT更新の見合わせ、タブレットの台頭により、PC業界は危機的な状況に陥っている。PCベンダーは生き残りを賭けた対策が求められている。(2013/6/13)

Computer Weekly:
2013年第1四半期のPC出荷台数激減をアナリストとベンダーが分析
経済的圧力、大規模なIT更新の見合わせ、タブレットの台頭により、PC業界は危機的な状況に陥っている。PCベンダーは生き残りを賭けた対策が求められている。(2013/6/12)

2013年1QのPC国内出荷は4.6%減の412万台――IDC調べ
1〜3月期のクライアントPC出荷台数は、ビジネス市場で前年同期比9.0%増となる一方、家庭市場では同比20.0%減になった。(2013/5/27)

モバイルノートは比較的堅調:
4月のPC出荷台数、前年比で30%ダウン ノートPCの落ち込み激しく
JEITAが2013年4月度の国内PC出荷台数を発表。出荷台数、金額ともに前年比で30%以上減っている。(2013/5/24)

“万一遅れた場合”は5000円キャッシュバック:
ドスパラ、PC通販時の出荷日を延期しない「出荷日保証サービス」を開始
ドスパラは、同社販売のBTO対応PCの出荷を厳密化する「出荷日保証サービス」を開始した。(2013/5/17)

国内PC出荷、6年ぶり減少 タブレットに個人需要流出
12年度の国内PC出荷数は、個人向けPCの需要減が顕著で6年ぶり減少。割安なタブレットの需要が流れている。(2013/5/9)

3年連続で出荷は1000万台を突破:
ビジネスPCの買い替え、モバイルノート好調、単価下落――2012年度PC市場のキーワード
JEITAが2012年度の国内PC出荷台数を発表した。全体の台数は2011年度とほぼ変わらないが、内訳の傾向は変化している。(2013/4/25)

ビジネスニュース 業界動向:
「Windows 8」が悪影響? 2013年Q1のPC出荷台数が大幅減
発売前から、「PC市場の救世主になるのか」という議論が尽きなかったMicrosoftの「Windows 8」。タッチパネル対応などを評価する声はあるものの、あまりに変わり過ぎたUI(ユーザーインタフェース)に戸惑いを覚えたユーザーも多かったようだ。アナリストは、こうした理由から、PC離れがさらに加速し、同市場の落ち込みを招いたと指摘する。(2013/4/17)

Windows 8の不発響く?:
世界PC出荷台数、過去最高の落ち込み――IDC調査
米調査会社IDCが4月10日に発表した統計によると、2013年1〜3月期の世界PC出荷台数は7630万台となり、前年同期より13.9%減少した。同社が1994年に統計を取り始めて以来、最大の落ち込みとなった。(2013/4/11)

世界PC出荷台数、13.9%減と過去最大の減少率──IDC調べ
タブレットの台頭とWindows 8の伸び悩みにより、1〜3月の世界PC出荷台数は前年同期比13.9%減と過去最大の落ち込みになった。(2013/4/11)

ビジネスニュース 業界動向:
PC出荷台数の減少傾向止まらず、タブレットは大幅成長
PC、タブレット端末、携帯電話機の総出荷台数は、今後も大きく伸びると予測されている。ただし、その内訳を見ると、PCは減少傾向にあり、反対にタブレット端末と携帯電話機は大幅な成長が見込まれている。(2013/4/10)

春モデル発売時期の遅れが原因:
1月のPC出荷台数、前年比13.4%減 出荷金額は500億割れで2012年度最低に
JEITAが2013年1月度の国内PC出荷台数を発表。PC春モデルの発売が例年よりも遅く、出荷台数、金額ともに前年比で大きく減っている。(2013/2/22)

ビジネス向けは5%増、個人向けは6%減:
2012年の国内PC出荷台数は前年比0.6%減――IDC調べ
IDCが2012年通年の国内PC出荷台数を発表した。ビジネス向けPCが好調な一方で、個人向けPC市場は前年比6.5%と縮小。Windows 8が市場をけん引できなかったことや、PCの値ごろ感が出せなかったことが原因という。(2013/2/18)

Windows 8は“不発”、家庭市場をけん引できず――IDC Japanが厳しい評価
IDC Japanによると、2012年の家庭向けPC出荷台数は前年を大きく下回る結果に。「Windows 8に起爆剤としての効果を期待したが、残念ながら不発に終わった」とアナリストは指摘している。(2013/2/18)

ビジネスニュース 業界動向:
2012年Q4もPCは販売不振、アジア勢は堅調に推移
調査会社のIDCによると、2012年第4四半期のPC出荷台数は、前年同期比で6.4%減となる8980万台に落ち込んだ。そうした中、LenovoとASUSTeK Computerのアジア勢は出荷台数を堅調に伸ばしている。(2013/1/17)

世界PC出荷台数、タブレットの影響で4.9%減の9030万台に──Gartner調べ
10〜12月期の世界PC市場は、Windows 8搭載PCの発売の影響もあまりなく、ホリデーシーズンのプレゼント需要はタブレットに奪われた形だった。(2013/1/15)

調査リポート:
タブレット市場が急成長、2013年にノートPCの出荷台数を上回る可能性も――NPD DisplaySearch調べ
2012年後半に相次いで登場した7インチタブレットが人気を博し、タブレット市場が急成長している。NPD DisplaySearchは、2013年にタブレットの出荷台数がノートPCを上回ると予測している。(2013/1/8)

10月よりも減少:
Windows 8搭載PCは伸び悩み? 11月のPC出荷台数、前年比8.8%減
JEITAが2012年11月度の国内PC出荷台数を発表。Windows 8搭載PCの需要が伸びず、前年同月比で約10%下回った。(2012/12/26)

出荷金額も増加傾向:
10月のPC出荷台数は前年比5.6%増、Windows 8発売が後押し
JEITAが2012年10月度の国内PC出荷台数を発表。Windows 8発売の効果もあり、2011年10月度よりも出荷台数、出荷金額ともに増加した。(2012/11/22)

国内PC出荷台数は5.9%減、Windows 8発売前の“買い控え”などが影響――IDC調べ
2012年第3四半期の国内PC出荷台数は372万台と、前年同期比で5.9%減少した。(2012/11/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。