ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「京商」最新記事一覧

燃料電池車:
子ども向けに本気で作った、運転免許なしで乗れる燃料電池車
メガウェブは2015年12月26日から、子どもが自分で運転できる燃料電池車(FCV)「FC-PIUS」を使った走行体験イベントを始める。燃料電池車について正しく理解してもらい、「燃料電池車=水素爆発」といった誤解を解くために、技術者たちが奔走して時間とコストをかけて子ども向けの燃料電池車を開発した。(2015/12/22)

水上走行モデルも:
ついに陸海空を制覇? 10分で分かるパロットの新型ドローン13機種のスゴイ点
仏Parrot(パロット)が9月に発売する新型ドローン3シリーズ計13機種を発表した。今回はついに水上を走る新モデルが登場する。(2015/7/16)

ヒツジの皮をかぶったオオカミ:
全100号で“ハコスカ”を完成させる週刊「NISSAN スカイライン2000GT-R KPGC10」を試してみた
全100回で日産の伝説的車「ハコスカ」を組み立てられるパートワークマガジン「週刊NISSAN スカイライン2000GT-R KPGC10」を買ってみた。(2015/6/11)

公開中の「新劇場版『頭文字D』Legend2 ー闘走ー」、あのAE86を忠実に再現した1/64ダイキャストモデルが6月9日発売!
あのAE86が特別仕様のダイキャストに!(2015/5/28)

日産、京商も全面協力:
週刊「NISSAN スカイライン2000GT-R KPGC10」先行予約販売開始――全100号で“ハコスカ”を完成
伝説の「ハコスカ」、KPGC10型GT-Rの精巧な1/8スケールモデルを組み立てられるパートワークマガジン「週刊NISSAN スカイライン2000GT-R KPGC10」が5月27日創刊する。創刊号は277円(税別)。(2015/4/27)

タッチアンドトライイベントも:
DMM.com、完成品「Robi」などスマートロボット4機種の予約販売を開始
DMM.comは、デアゴスティーニ「Robi」(ロビ)の組立代行バージョンなど、スマートロボットの予約販売を開始した。第1弾はRobiのほか、「Palmi」「BOCCO」「PLEN.D」の計4体。価格は2万9000円(税別)から。(2015/4/1)

組立済みのRobiも:
DMM.com、世界初のロボットキャリア事業「DMM.make ROBOTS」を開始
DMM.comが世界初のロボットキャリア事業「DMM.make ROBOTS」を開始すると発表した。5月から富士ソフトやユカイ工学など5社のロボットを発売する。(2015/1/27)

RCカーや戦車の操作、ゴルフスコアの記録も――「SmartWatch 3」の利用シーンを広げるアプリ
スマートウォッチはAndroidスマートフォンと連携してさまざまな情報を通知してくれるが、ソニーモバイルは、さらに利用シーを広げる取り組みを行っている。開発中のものがほとんどだが、「SmartWatch 3」と連携する新しいサービスを紹介する。(2015/1/20)

打ち方、ハジメ!!:
ソニーモバイルの「SmartWatch 3」で戦車をグリグリしてきた
1月16日まで開催されている「ウェアラブルEXPO」で、ソニーモバイルのAndroid Wear搭載「SmartWatch 3」を使ったあれやこれやを見てきた。砲撃もできるんだぜ。(2015/1/15)

クリスマスプレゼントにも?:
スマホで操縦、“今買える”無人飛行機ドローン6選
スマートフォンやタブレットのアプリから操作することで、飛んだり走ったりできるドローンをご紹介。(2014/12/4)

スマホ操作の話題機がサポート充実:
パロット、「Rolling Spider」と「Jumping Sumo」のスペアパーツ発売
仏パロット社のドローン「Rolling Spider」(ローリングスパイダー)と「Jumping Sumo」(ジャンピング・スモウ)のスペアパーツ21種類が発売になった。(2014/10/2)

フォトリポート:
ジオニックトヨタに「カーズ」のマックィーンも! カッコ良くて痛くて面白い「東京オートサロン2014」が幕張メッセで開幕
今年のオートサロンは国内の自動車大手8社が出展。全428社が800台を超える車を展示しています。(2014/1/11)

東京おもちゃショー2013:
お寿司が走る、ティッシュも走る、そしてネオンは空を飛ぶ
近年、“ネタ”としか思えないユニークなRCカーや赤外線ヘリコプターが増殖している。「東京おもちゃショー」で見つけた新鮮なネタを紹介していこう。(2013/6/17)

人気調査データをランキングで紹介:
社長輩出率が最も高い都道府県は山形県〜調査データランキング〜
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。「東証1部上場企業の2012年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」や「2012年『全国社長 出身地・出身校』調査」がランクインしました。(2012/11/16)

フワフワ飛ぶ球体を操縦するフライングトイ「スペースボール」
防衛省の「球形飛行体」っぽいおもちゃが登場。(2012/10/12)

工夫次第でアレコレ撮れる、どこでも撮れる スマホ対応スポーツカム“ADIXXION”「GC-XA1」
アクションカメラとかスポーツカメラとか、そんな風に呼ばれる製品ジャンルがある。JVCケンウッドの“ADIXXION”「GC-XA1」もそのひとつ。スマホからのリモート操作にも対応しており、工夫次第でアレコレ撮れる楽しいビデオカメラだ。(2012/7/24)

全日本模型ホビーショー:
ミクカーからアイマス戦闘機まで 模型ホビーショーで見つけた痛モノ特集
全日本模型ホビーショーの会場で見つけた痛車や痛戦闘機、痛イカ漁船を紹介します。(2011/10/14)

イタリアでスーパーカーの聖地巡礼8日間
京商は、イタリアのスーパーカーの聖地を8日間で巡る「京商スーパーカーツアー」を開催する。価格は42万円。(2011/7/13)

京商がスーパーカーの聖地巡礼ツアー フェラーリやランボルギーニ巡る
京商スーパーカーツアーでは、フェラーリやランボルギーニの施設を見学したり、一般公開されていないコレクションを見ることができる。(2011/7/13)

リビングでラジコンヘリ、そしてラジコン戦車バトル
京商は、ライトユーザー向けに展開している「京商エッグ」に、大人向けの「ゴールドラベル」を新設した。細かなディテールを再現しつつ、アクショントイとしても楽しめる。(2011/6/15)

フェラーリ「250 Testa Rossa」を、その手の中に
京商は、「フェラーリミニカーコレクション 8」をコンビニエンスストア「サークル K」「サンクス」で7月5日に発売する。価格は500円。(2011/6/2)

雨の富士スピードウェイを走った「6輪たいれる」を再現
京商は、1/18スケールのダイキャストモデル「ティレル P34 1976 JAPAN GP」を2月下旬に発売する。価格は1万9950円。(2011/1/19)

萌えゲー痛車でレース参戦 京商アリスモータースTV
ラジコンの京商と萌えゲームのアリスソフト、初音ミクカーを走らせたアドバンスステップが共同で始めたスーパー耐久チーム「京商アリスモータース」のUst番組。萌え痛車でレースに参戦している。次のレースは、10月16〜17日のスーパー耐久第6戦(仙台ハイランド)。(2010/10/13)

デアゴスティーニ、「週刊 マクラーレン MP4-23」創刊
デアゴスティーニ・ジャパンは、「週刊 マクラーレン MP4-23」を10月5日に創刊する。1/8スケールの「マクラーレン MP4-23」が完成する。創刊号は890円、2号以降は1790円。(2010/9/7)

フェラーリとランボルギーニの本場工場見学ツアー
京商は、ガッレリア・フェラーリ見学やランボルギーニの工場の食堂でランチを楽しめるツアーを10月25日から31日の日程で催行する。旅行代金は39万5000円。(2010/8/20)

補助翼も動く:
京商、4チャンネル操縦が可能な「ミニュームADプレーン」を発売
京商は、小型軽量のR/C飛行機「ミニュームADプレーン」を12月27日に発売する。新たにエルロン(補助翼)を含む4チャンネル操縦に対応した。(2008/12/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバにスイーツ(笑)が侵食? 「あー、駅の向こうは別の街」
つくばエクスプレス秋葉原駅の駅ビル「AKIBA TOLIM」が4月17日にオープンした。女性の利用者を意識したショッピングモールの出現に、従来の電気街の反応は……ほとんどないみたいです。(2008/4/21)

最大25機を同時飛行:
安定性重視の低価格R/Cヘリ、京商「ロボホッパー」
京商は、インドア用ラジオコントロールヘリコプター「R/Cロボホッパー」を12月4日に発売する。2.4GHz帯の無線方式を採用。初心者でも安定した飛行を楽しめるという。(2007/11/26)

小牟田啓博のD-room:
第12回 この歳で目覚めてしまったラジコンカーの魅力
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。ラジコン(R/C)関係の仕事をきっかけに、この歳になってR/Cの魅力にはまった小牟田氏の熱の入れようとは。(2007/9/18)

量産型「マノイ PF01」、新カラーで発売
4月1日の限定先行販売から2カ月弱、ヒューマノイドロボット「マノイ PF01」量産型が発表された。音声カードをはじめ多彩なオプションを用意した。(2007/5/29)

会社の会議室でR/Cレース?
京商のミニッツシリーズに初のレクサスボディ
模型メーカーの京商が販売する手のひらサイズのラジオコントロールモデル「ミニッツシリーズ」。5月10日にトヨタ シティショウケースで行われた製品発表会では新作の「トムスSC430」のデモ走行が行われた。(2007/5/11)

手軽な本格派:
室内R/C飛行機「ミニュームプレーン」、京商が満を持して投入
京商は、室内用ラジオコントロール飛行機「ミニュームプレーン セスナ210センチュリオン」を6月1日に発売する。インドアタイプのトイ系飛行機が人気を集めるなか、本家ラジコンメーカーが満を持して投入する本格派だ。(2007/5/10)

京商の2足ロボ「マノイ PF01」、限定カラーで先行発売
京商は6月の量産型発売に先駆け、ヒューマノイドロボット「マノイ PF01」の先行販売バージョンを発売する。カラーも限定色のシルバー&ホワイト。(2007/2/9)

+D Style News:
お誕生日おめでとう――1歳になった「表参道ヒルズ」に限定商品ずらり
「表参道ヒルズ」が2月11日でオープン1周年を迎える。2月1日には、顧客/カード会員/エリア関係者などを招き、オープン1周年記念パーティーが行われた。そこにはたくさんのアニバーサリーグッズやイベントが!(2007/2/2)

二足歩行ロボットのワンメイクレース
京商「マノイ」に“アスリートモデル”誕生
京商は、二足歩行ロボット「マノイ」を用いたワンメイクレース「KYOSHOアスリート ヒューマノイド カップ」を今年12月に開催する。あわせてスピード競技向けの“アスリートモデル”「マノイ AT01」を投入。(2006/8/3)

ツクモ、「KHR-2HV」のオリジナルセット販売
九十九電機は5月26日、近藤科学が発表した二足歩行ロボットキット「KHR-2HV」を秋葉原のロボット専門店「ツクモ ロボット王国」などで販売すると発表した。各種のオリジナルセットも用意する。(2006/5/26)

LifeStyle Weekly Access Top10:
ヒルズもいろいろあるけれど
表参道を通勤経路とする筆者的には大ニュースなのが、表参道ヒルズのオープン。ほかのヒルズといえば六本木ヒルズが有名だが、ほかにもいろいろ“ヒルズ”はあったりする。(2006/2/17)

「表参道ヒルズ」の歩き方(男性用)
いよいよ東京の新名所「表参道ヒルズ」がオープンする。個性的で洒落たショップやレストランが集まった魅惑的な空間は、新しいデートスポットになること請け合い。今回は、流行に疎いIT戦士な男性のために、一足先に表参道ヒルズを調査してきた。(2006/2/10)

っぽいかもしれない
プラモデル・ラジコンショーで2足歩行ロボットを見てきた
東京ビッグサイトで開催中の「プラモデル・ラジコンショー」には、実は2足歩行ロボットもけっこういるのだ。そんな彼らを、得意の動きとともに紹介していこう。(2005/9/21)

“脱マニア”目指す2足ロボ 15万円「マノイ」発売
アトム風デザインの2足歩行ロボが来年発売される。ごく一部のマニア対象だったロボットキットを、一般層にも広げる狙いだ。(2005/9/21)

LifeStyle Weekly Access Top10(2004年8月20日〜26日)
ホーネットにまつわる思い出話
タミヤラジコン「ホーネット」。どこが“IT”なのかは聞いちゃいけない。部品を交換してチューニング、は自作PCにつながる感覚があるのかもしれない。ないかもしれないけど。(2004/8/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。