ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「最大」最新記事一覧

「ポタフェス2016 冬 in 東京/秋葉原」は12月17日と18日に開催――会場は2カ所に
e☆イヤホンは、12月17日(土)と18日(日)に開催する国内最大級のポータブルオーディオ体験展示会「ポータブルオーディオフェスティバル(ポタフェス)2016冬 in 東京/秋葉原」の概要を発表した。(2016/11/22)

1日の利用者数は約4万人:
バスタ新宿に待望のコンビニがオープン 業者決定迷走の理由は「トイレ掃除」?
国内最大級のバスターミナル「バスタ新宿」に待望のコンビニ、ファミリーマートが18日、ようやくオープンにこぎ着けた。(2016/11/21)

企業のマーケティング活動をサポート:
LINE、調査事業者向けユーザーリサーチプラットフォームを公開
LINEは、同社が提供するコミュニケーションアプリ「LINE」上で保有する、国内最大級のスマートフォン調査パネルを基盤とした調査事業者向けのユーザーリサーチプラットフォーム「LINE Research Platform」を公開した。(2016/11/14)

約2万点を超える品ぞろえ:
梅田に新たな“テーマパーク”登場 国内最大級のポータブルオーディオ専門店
大阪・梅田に10月、イヤフォンやヘッドフォンなど約2万点を超える商品を集めた国内最大規模のポータブルオーディオ専門店「e☆イヤホン梅田EST店」がオープンした。(2016/11/11)

「世界最大の柿の種」亀田製菓が完成 ブーメランに使えそうなでかさ
長さが6袋入りパックの2倍はあるよ……。(2016/11/4)

世界最大、全高4.4メートルのアーケード筐体が約1000万円で販売中 二重の意味で手が届かない
どこに置くか以前に、でかすぎて操作できないよ!(2016/11/1)

琵琶湖で「ハスが消滅した」意外な原因
国内最大級のハス群生地として知られる滋賀県草津市の琵琶湖岸にある烏丸半島。例年、夏のシーズンにはハスの葉が湖面を埋め尽くし大勢の見物客でにぎわうが、今年はそのハスの名所からハスが消えてしまった。環境の変化が原因なのか……。(2016/10/31)

FAニュース:
インダストリー4.0の中心でモノづくりを叫べ――ハノーバーメッセ
ドイツの展示会運営会社ドイツメッセとそのパートナーである日本能率協会は世界最大の産業技術の見本市「HANNOVER MESSE 2017」についての記者会見を開催した。(2016/10/26)

製造マネジメントニュース:
IoTとロボットで世界にアピール、「CeBIT」で日本がパートナー国に
ドイツメッセと日本能率協会は、ドイツのハノーバーで開催される世界最大規模の情報通信技術の見本市である「CeBIT 2017」の開催概要について発表。2017年は日本がパートナー国となり、約100社の日本企業の出展が見込まれている。(2016/10/24)

約200種ものビールが一堂に会する「大江戸ビール祭り2016」が10月19日から開催!
国内最大級のクラフトビールイベントです。(2016/10/16)

世界最大! 77V型の有機ELテレビ「OLED 77G6P」、LGエレが発売
LGエレクトロニクス・ジャパンは、4K対応有機ELテレビの最上位モデルとなる77V型の「OLED 77G6P」を発売する。「まるで映像だけが浮かんでいるような感覚」を演出したスマートなテレビだ。(2016/10/14)

利益の3割を稼ぐ主力事業に:
自動運転バス、ドローンの無人配送――世界の都市交通の近未来
「メルセデス・ベンツ」を展開するドイツの自動車大手ダイムラーが次世代の交通・物流システムの構築に挑んでいる。世界最大級の商用車メーカーとして先端技術で渋滞や大気汚染、資源枯渇などの課題を解決し、2020年代の市場競争をリードする考え。(2016/10/13)

ニチコン ESS-U2M1:
11.1kWhの単機能家庭用蓄電システム、蓄電容量は業界最大級
ニチコンは、大容量でコストパフォーマンスに優れた単機能家庭用蓄電システム「ESS-U2M1」を2016年10月1日に発売した。(2016/10/13)

伊豆急行、東京急行電鉄が国内最大級の観光列車を2017年夏から運行 アルファ・リゾート21を改造
設計、デザインは「ななつ星in九州」「富士山ビュー特急」を手掛けた水戸岡鋭治氏が担当。(2016/10/7)

横浜〜伊豆を結ぶ国内最大級の観光列車が運行へ 伊豆急と東急
伊豆急行と東京急行電鉄はJR横浜駅〜伊豆急下田駅を結ぶ新たな観光列車を運行する。(2016/10/6)

「2016 Imagine Cup World Finals」レポート
筑波大生が「奥歯をかむとズームするスコープ」で世界の学生と勝負、気になる結果は?
Microsoftが毎年開催する世界最大の学生向けITコンテスト「Imagine Cup」。日本からは筑波大学の学生が参加した、2016年の世界大会の様子をレポートする。(2016/10/4)

自然エネルギー:
世界最大のCO2フリー水素製造を福島県で、仕様検討が始まる
政府が進める福島県を再生可能エネルギーと水素エネルギーのモデル地域として発展させる「福島新エネ社会構想」。この構想における注目プロジェクトの1つである、世界最大規模の水素エネルギーシステムの開発に向けたが事業可能性調査が始まった。東芝、東北電力、岩谷産業の3社が共同で実施するもので、システムの仕様なども含め、2017年9月までに調査結果をまとめる予定だ。(2016/10/3)

自然エネルギー:
大型の蓄電池を備えたメガソーラー着工、出力変動を1%以下に抑える
北海道では発電能力が2MW以上のメガソーラーを新設する場合には蓄電池を併設しなくてはならない。天候によって太陽光発電の出力が変動する影響を緩和するためで、変動幅を1分あたり1%以下に抑えることが条件だ。国内最大級の蓄電池を併設するメガソーラーの建設工事が苫小牧市で始まる。(2016/10/3)

太陽光:
インドが秘めた力、短期間に最大規模の太陽光
単独規模としては世界最大だと主張する太陽光発電所がインドで完成した。出力は648MW。2万7000トンの部材、6000kmの電力用ケーブル、250万枚の太陽電池モジュールを用いて、わずか8カ月で立ち上げた。(2016/9/30)

世界最大の音楽配信サービス「Spotify」日本上陸 日本版サイトとアプリが公開
広告入りの無料プランと、選曲の自由度が高くローカル再生も可能な有料プランを用意。(2016/9/29)

自然エネルギー:
国内最大級の木質バイオマス発電所、北海道で2020年に運転開始へ
北海道の南部に広がる室蘭市の臨海工業地帯に木質バイオマス発電所を建設する計画が決まった。東燃ゼネラル石油の遊休地で2017年に着工、2020年の春に運転を開始する予定だ。発電能力は75MWに達して、木質バイオマス発電所では国内で最大の規模になる。(2016/9/29)

IT活用:
火力発電所にもIoTの波が押し寄せる、東京電力がGE製のシステムを導入
世界の産業界に急速に広がるインターネットによる大量データ処理技術「IoT」が日本の大規模な火力発電所にも広がろうとしている。東京電力が米ゼネラルエレクトリックと共同で、千葉県で運転中の国内最大のLNG火力発電所にIoTを活用した設備管理システムを導入する計画だ。(2016/9/27)

SIM通:
「IFA 2016」登場の最新スマホから注目機種をピックアップ!
世界最大級の家電の総合見本市イベント「IFA 2016」に合わせて、今年も多くのスマートフォンメーカーが新機種を発表。その中から注目の機種を紹介します。(2016/9/23)

独自のフィルターで明るい色調を再現:
「世界最大」32インチの曲がるカラー電子ペーパー
凸版印刷と台湾のE Ink Holdingsは、1枚のTFT駆動背面版で構成されたフレキシブルでフルカラーの電子ペーパーとして、「世界最大」となる32インチの試作品開発に成功したと発表した。(2016/9/16)

「東京ゲームショウ2016」開幕 VRが花盛り 「脳波VR」「VRライブ」など登場
国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2016」が開幕。国内外から過去最多の614企業・団体が集結した。(2016/9/15)

千葉ロッテ本拠地にビーコン400個以上を配置、国内最大級
プロ野球、千葉ロッテマリーンズの本拠地に400個以上のビーコンが配置され「1つの施設におけるビーコン整備の実績としては国内最大級」となった。(2016/9/12)

自然エネルギー:
国内最大の燃料用の“藻”工場建設、培養プールを三重県多気町に
ミドリムシの屋外大量培養技術の確立で注目を集めるユーグレナは、中部プラントサービスと三重県、三重県多気町とともに、国内最大級の燃料用微細藻類培養プールを建設する。(2016/9/6)

世界最大の飛行船「Airlander 10」、2度目の試験飛行で着陸時に損傷
地面に激突し、操縦席のガラスが損傷。原因究明中だ。(2016/8/26)

業界最大級に――レコチョクがハイレゾ音源の配信をスタート
レコチョクは8月25日、音楽配信サービス「レコチョク」において、ハイレゾ音源の配信を開始した。アニソンから邦楽、洋楽、クラシック、ジャズまで幅広い楽曲をラインアップ。(2016/8/25)

重さ34キロ! 巨大な真珠がフィリピンで公開される
世界最大となりそうです。(2016/8/24)

車載セキュリティイベントレポート:
新たなジープハッキングは速度制限なし、自動運転車はセンサーが攻撃対象に
世界最大のセキュリティイベントである「Black Hat USA」では近年、自動車のセキュリティに関する発表に注目が集まっている。2015年の同イベントで「ジープ・チェロキー」にリモート制御が可能な脆弱性が発表されたが、2016年も同じくジープ・チェロキーに新たな脆弱性が見つかった。(2016/8/18)

イノベーティブな新聞だ:
農政改革目指す小泉進次郎氏、ある新聞を皮肉たっぷり批判 
自民党の小泉進次郎農林部会長が皮肉たっぷりにある報道機関を批判した。標的になったのは、国内最大の農業専門日刊紙である日本農業新聞。ハッキリ物言う“進次郎節”で、痛烈な口撃が突如、始まった。(2016/8/12)

ファッションも意識:
e☆イヤホン、大阪・梅田に国内最大規模の新店舗をオープンへ
「e☆イヤホン」を運営するタイムマシンは、大阪梅田駅近くのショッピングモール「梅田EST」に国内最大規模の新店舗を10月にオープンする。ファッショナブルで開放的な店舗を目指す。(2016/8/9)

太陽光:
屋根借りメガソーラーで国内最大級、物流倉庫で860世帯分を発電
オリックスは物流倉庫や工場などの屋根を借り受けて太陽光発電を行う「屋根借り式」の太陽光発電事業を進めている。伊藤忠商事とシンガポールのMapletree Investments社が開発した物流施設「アイミッションズパーク堺」の屋根を活用した太陽光発電事業を開始した。(2016/8/3)

自然エネルギー:
岩手県に国内最大級のバイオマス発電所、地域雇用と11万世帯分の電力を生む
東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県南部の大船渡市に、太平洋セメントとイーレックスが国内最大級となる出力75MWのバイオマス発電所を建設する。被災した太平洋セメントの工場内に建設するもので、2019年秋から年間11万世帯分の電力を発電する見込みだ。発電事業の開始に伴い地元から従業員を採用するなど、復興を進める東北経済の活性化にも寄与する。(2016/8/2)

自然エネルギー:
潮流発電で世界最大級、五島列島の海底で2019年に実証運転
海洋の再生可能エネルギーとして注目を集める潮流発電の実用化プロジェクトが国内で始まる。長崎県・五島列島の海底に、直径16メートルのタービンを備えた潮流発電機を設置する予定だ。発電能力は1基で2MWに達する。2019年に実証運転を開始して、潮流発電の実用化を目指す。(2016/7/28)

エネルギー列島2016年版(14)神奈川:
水素エネルギーが港のCO2を減らす、国内最大の木質バイオマス発電所も稼働
神奈川県の港を中心に水素エネルギーを地産地消する動きが広がってきた。風力発電の電力からCO2フリーの水素を作って燃料電池フォークリフトに供給するプロジェクトが始まる。鉄道の駅でもCO2フリーの水素を製造する計画が進む。バイオマス発電や太陽光発電でも新たな取り組みが活発だ。(2016/7/26)

電子ブックレット/自然エネルギー:
エネルギー列島2016年版(12)千葉
広い土地がなくても再生可能エネルギーは導入できる。千葉県では世界最大の水上式メガソーラーの建設がダムで進んでいる。工場の駐車場や物流施設の屋根でもメガソーラーが稼働中だ。太陽光発電の電力を使った果物の温室栽培、日本初の洋上風力発電の実証プロジェクトも軌道に乗ってきた。(2016/7/26)

世界最大規模のファイル共有サイト「Kickass Torrents」のオーナー逮捕、サイトは閉鎖
上映中の映画もダウンロードできた世界最大規模の違法ファイル共有サイト「Kickass Torrents」のオーナーである30歳のウクライナ人が逮捕され、サイトは閉鎖された。(2016/7/21)

OpenStack Days Tokyo 2016 事例レポート
10年先の基盤となるか――JFEスチール、NTTドコモ、富士通がOpenStackに期待すること
日本国内最大規模のオープンクラウドイベント「OpenStack Days Tokyo 2016」から、JFEスチール、NTTドコモ、富士通のOpenStack活用事例を紹介する。各社はOpenStackに何を期待しているのか。(2016/7/21)

蓄電・発電機器:
1時間でFCV2台分の水素を生み出す国内最大級の製造装置
東芝は1時間で燃料電池自動車2台分の燃料に当たる水素を製造可能なアルカリ水電解式の水素製造装置を開発した。アルカリ水電解式の水素製造装置としては日本最大級とし、2016年度中の販売開始を予定している。(2016/7/19)

エネルギー列島2016年版(12)千葉:
ダムや駐車場でも太陽光発電を増やせる、洋上風力の発電効率は30%超える
広い土地がなくても再生可能エネルギーは導入できる。千葉県では世界最大の水上式メガソーラーの建設がダムで進んでいる。工場の駐車場や物流施設の屋根でもメガソーラーが稼働中だ。太陽光発電の電力を使った果物の温室栽培、日本初の洋上風力発電の実証プロジェクトも軌道に乗ってきた。(2016/7/12)

中国、世界最大の球面電波望遠鏡「FAST」の建設完了
中国が2011年に着工した直径500メートルの電波望遠鏡の4450枚のパネルがすべてはめ込まれ、完成した。9月に稼働開始の見込みだ。(2016/7/5)

「自動車向けでは世界1位」:
トーメンエレと豊通エレ統合、国内最大エレ商社誕生へ
トーメンエレクトロニクスと豊通エレクトロニクスは2016年7月1日、2017年4月に経営統合すると発表した。経営統合後の新会社の売り上げ規模は4600億円となり、半導体、電子部品を扱うエレクトロニクス商社としては、国内最大規模となる見込みだ。(2016/7/1)

Beacon、ロボット、ウェアラブルで新しいIoTの価値を創出:
PR:言語や感情など人間を取り巻くあらゆるデータを基にIoTプレイヤーと迅速に作り上げる新しいUX・ビジネス
ジェナは、モバイルやロボット、ウェアラブルなどのデバイスなどを活用した新しいIoTサービス、ビジネスの創出をサポートするアプリケーション開発ベンダーだ。国内最大規模のスマートフォン・タブレット向けアプリ開発実績を有し、特にスマートデバイスならではの優れたUI/UXを実現するクリエイティブが評価されている。代表取締役社長の手塚康夫氏によれば、「ジェナが提供するIoTは、従来の数値化が容易なセンサー情報に加えて、人の言語や感情など数値化が難しい、人間を取り巻く環境を対象にした、これまでにない情報を取り扱っている。リアルな体験・サービスを提供できる仕組みだ」という。それを支えるのがIBMのコグニティブテクノロジーを採用しているIoTプラットフォーム、「IBM Watson IoT Platform」だ。同社は、Watson IoT Platformを活用して、どのようなサービスを開発・提供しているのだろうか。(2016/7/21)

モバイルサイトの高速表示と媒体社の収益拡大を両立:
SSP「MicroAd COMPASS」がAMP対応広告タグの提供を開始
マイクロアドは、媒体社向けに提供している国内最大級のSSP「MicroAd COMPASS」において「AMP」対応広告タグの提供を開始したと発表した。(2016/6/27)

新興国自動車事情(1):
北京モーターショーに見る、中国地場自動車メーカー変化の兆し
自動車市場の成長を支えるのは既に成熟し切った日米欧ではなく新興国だ。本連載では、その新興国各国のモーターショーや開催都市の自動車事情を紹介していく。第1回は、世界最大の自動車市場となって久しい中国の首都・北京で開催された「第14回北京モーターショー」のレポートをお送りする。(2016/6/22)

自然エネルギー:
世界最大規模のCO2フリー水素製造へ、2020年に福島県で運転開始
安倍総理が3月に表明した「福島新エネ社会構想」の骨子が明らかになった。注目すべきは再生可能エネルギーによる1万kW級の水素を製造するプロジェクトで、2020年までに運転を開始する計画だ。再生可能エネルギーの導入量を拡大するために、福島県内の送電線の増強にも官民一体で取り組む。(2016/6/20)

琵琶湖に進出した自転車業界の巨人「ジャイアント」、狙いは?
世界最大の自転車メーカー、台湾・ジャイアント社が日本進出を加速させている。といっても、工場を作るわけではない。では、何を……?(2016/6/16)

蓄電・発電機器:
住宅電力を丸ごとバックアップ、12kWhの大容量ハイブリッド蓄電池
電子部品メーカーのニチコンは「業界最大級」(同社)とする容量12kWhの家庭用ハイブリッド蓄電システム「ESS-H1L1」を開発した。停電時も家中のほとんどの電気機器などをバックアップできるという大容量と高出力機能を特徴とする。既に受付を開始しており、2016年7月以降順次出荷する予定だ。(2016/6/7)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。