ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ニコニコ生放送」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

“FFT黒本”「小数点以下の確率で盗める」18年目にして驚愕の事実発覚か 「スクウェアが資料にうそを入れた」
時効ということで……。(2018/5/20)

GWは「みずがめ座イータ流星群」を見てみよう! 特徴と観察のコツ
「5月7日の午前3時頃」が狙い目。(2018/5/3)

ニコニコ動画・生放送、「4月末までの改善計画」全て対応
ドワンゴは「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」について、会員登録やログインなしでの視聴など、4月末までに改善を予定していた項目に全て対応したという。(2018/5/2)

声優・古谷徹さんと三石琴乃さんが「日本国憲法」を24時間朗読するニコ生、5月3日0時から放送決定
憲法記念日に日本国憲法を考える。(2018/5/2)

niconico、計画していた機能改善の大半を完了 今後もプレミアム会員のメリット拡充など予定
チャンネル動画のフルHD画質視聴や、非ログインでの視聴など、4月中を予定していた改善項目はほぼ対応済み。(2018/5/1)

ニコニコ超会議2018:
超鉄道ブース「鉄道寄席」にななめ45°、ダーリンハニー、桂梅團治師匠が登場 鉄分特濃、しかも特盛り
「横見式は使わない?」「師匠が秋になると不機嫌になる理由」……。テレビでは見られない鉄分と技を披露。(2018/4/29)

ニコニコ超会議2018:
「超歌舞伎」、初音ミクがスクリーンの外に 鏡音リン応援する「鏡屋!」の声も
テクノロジーと伝統芸能が融合した「超歌舞伎」の新作「積思花顔競 祝春超歌舞伎賑」が上演。普段はスクリーン上に登場する初音ミクが、山車(だし)に乗ってステージ上を移動する演出も。(2018/4/28)

ニコニコ超会議2018:
バーチャルYouTuberに人生相談してもらえる「バーチャルYouTu“BAR”」 ミライアカリに相談に乗ってもらった
バーチャルYouTuberと生会話できてしまう不思議さ。(2018/4/28)

制作費数千万円か!? ニコニコ超会議2018のKADOKAWA「殺戮の天使」体験ブースが壮大な仕上がり
ほぼ家。(2018/4/27)

仮想通貨の登録交換業者16社、自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」設立
金融庁の登録を受けた仮想通貨交換業者16社が4月23日、新たな自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」の設立を正式発表した。(2018/4/23)

ニコ生でAC部の12作品一挙放送 運営コメントで本人降臨、オリジナルアニメーションも
絶対見ます。(2018/4/23)

PR:ミドすけがプロデューサーデビュー!? ニコニコ超会議の「おそ松さん×三井住友銀行」コラボがいろいろ心配
そんな計画性のなさで大丈夫!?(2018/4/19)

「niconicoの本気を見た」 VTuber需要狙う「バーチャルキャスト」で復権なるか
「niconicoの本気を見た」――ドワンゴの「バーチャルキャスト」が好評だ。VR空間でバーチャルキャラクターになりきり、ライブ配信できる新サービスは、高まるVTuberの需要にフィットするか。(2018/4/16)

「身を引き裂かれるような思い」 ちばてつや氏、海賊版サイトブロッキングに断腸の声明
ブロッキングは「諸刃の剣になりかねない」とも危惧しつつ、同時にそんな手段すら検討せざるを得ない「海賊版サイト」の存在にあらためて「強い憤りを感じる」とも。(2018/4/14)

ドワンゴ、VRでキャラクターになりきれる「バーチャルキャスト」発表 ライブ配信や複数人のコミュニケーションに対応 実際に体験してみた
ドワンゴが、VR空間でライブ配信やコミュニケーションを行えるサービスを提供開始した。(2018/4/13)

バーチャルキャラになって配信できるサービス「バーチャルキャスト」 ドワンゴとインフィニットループが提供
他のユーザーの配信に乱入したりできます。(2018/4/13)

政府、海賊サイト問題で緊急対策を正式決定 「漫画村」「Anitube」「Miomio」へのブロッキング進める方針
一部では憲法違反との指摘もあり、果たして適切な対応だったのか今後問われていく形となりそうです。【対象サイト追記】(2018/4/13)

「囲碁電王戦FINAL」最終局、DeepZenGoが勝ち越しで幕
「囲碁電王戦FINAL」の最終局は、DeepZenGoがプロ棋士・趙治勲名誉名人に勝利し、2勝1敗と勝ち越した。引退するDeepZenGoは、今後は使い勝手を向上させる。(2018/4/9)

なぜコインチェックを買収するのか マネックス松本社長が笑う理由
マネックスグループがコインチェックを買収した。その記者会見では、マネックスグループの松本大社長から「仮想通貨ビジネスの未来は強い、大きいものと信じている」などポジティブな発言が飛び出した。発言からは、仮想通貨市場への楽観視、コインチェックのブランド資産への評価が読み取れた。(2018/4/6)

コインチェック、交換業登録は「2カ月程度めど」 マネックスグループ松本社長
マネックスグループの松本大社長は、コインチェックのサービス全面再開、仮想通貨交換業への登録を、2カ月程度をめどに完了させる考えを示した。(2018/4/6)

「囲碁電王戦FINAL」第2局、DeepZenGoがリベンジ果たす 1勝1敗に
「囲碁電王戦FINAL」の第2局で、囲碁ソフト「DeepZenGo」がプロ棋士・朴廷桓九段に勝利。DeepZenGoとプロ棋士の勝負は1勝1敗に。(2018/4/2)

GACKT、ぽっちゃりになって“我苦豚”に改名!? フルヌード写真集やミミガー封入シングルなどネタ満載
ひたすら手が込んでる。(2018/4/1)

「囲碁電王戦FINAL」、DeepZenGoは黒星スタート
囲碁ソフト「DeepZenGo」が過去に敗北したプロ棋士と対局するリベンジマッチ「囲碁電王戦FINAL」の第1局は、プロ棋士のミイク廷九段がDeepZenGoに勝利。(2018/3/26)

「ロボットガールズ」新プロジェクトが始動 新作アニメとクラウドファンディングの2本立てだゼーーーーット!
アニメは2018年夏配信、フルボッコな返礼プランを用意。(2018/3/22)

海賊版サイト問題に政府「早急に対策を講じていきたい」 サイトブロッキングも検討中
19日の記者会見で菅義偉内閣官房長官が語りました。(2018/3/20)

囲碁AI「DeepZenGo」が今春で引退 最後の対局となる「囲碁電王戦FINAL」は北京・ソウル・東京で開催
おつかれさまでした。(2018/3/18)

「DeepZenGO」引退へ “最強の囲碁AI”目指すプロジェクト、ドワンゴ
ドワンゴが、囲碁AIのプロジェクト「DeepZenGO」を今春で終了する。(2018/3/16)

超高校級のかわいさ 篠崎愛、吉木りさ、久松郁実のJKコスが青春感しかない
ミス◯◯高校たちの集結かな。(2018/3/15)

ニコニコ超会議2018に「コワすぎ」参戦決定! 工藤が、市川が、田代が帰ってくるぞおお!
新作まだですか?(2018/3/14)

ニコニコ生放送でホーキング博士追悼特番 “車いすの天才物理学者”が遺した業績を振り返る
宇宙創成からブラックホールの謎、タイムトラベルの可能性など独創的な理論を次々と発表していました。(2018/3/14)

ザ・秘境駅「羽帯駅」が廃駅に 最終列車を見守る番組、3月16日にニコ生で放送
1日の乗車人数0人! 春のダイヤ改正で廃駅に。(2018/3/14)

「超歌舞伎」がPSVRに! ミクさんの舞いを360度見られるアプリが無料配信決定
やったー!(2018/3/13)

ニコニコ超会議に「ポプテピピック」ブース、“もちかえれる竹書房/キングレコード”を出展 ついに両社完全破壊か
どういうことだってばよ。(2018/3/13)

コインチェック、流出NEMを12日中に補償へ
12日中にユーザーのCoincheckアカウントに反映される予定とのこと。※追記・訂正あり(2018/3/12)

ドワンゴが競馬予測AIを利用して募金活動 AIの選んだ馬券を購入、勝ち分を寄付
企画についてはコンプライアンス含め、漫画『インベスターZ』とのコラボで説明。(2018/3/8)

マルウェアに感染:
コインチェック、来週めどに補償開始へ 標的型攻撃が流出原因か
仮想通貨交換業者のコインチェックから仮想通貨「NEM」が流出した問題で、総額460億円分の補償を順次実施すると発表した。(2018/3/8)

コインチェックの仮想通貨流出、マルウェア感染が原因 補償は来週めどに告知
サービス再開についても来週めどに報告するとしています。(2018/3/8)

AIが競馬予測 当たったら全額寄付 ニコ生で新企画
ドワンゴが、人工知能が馬券を購入し、見事的中したら収益を全額寄付する募金プロジェクトを「niconico」で実施する。(2018/3/8)

「影響力がまだ残っているうちは続けるよ」 GACKT、初の女子校で卒業式シークレットライブ
そこにシビれる憧れるゥ!(2018/3/7)

幾原邦彦監督最新作「さらざんまい」発表! 2019年放送
新作キター!(2018/3/6)

ニコ生の配信専用アプリ、ビットレートが最大2Mbpsに 配信時間も6時間へ大幅に伸長
Ver.2.0.0にアップデートした。(2018/3/5)

スマホ向け「ニコニコ生放送」配信アプリ 最大2Mbps、6時間配信が可能に
配信用のスマートフォン向け「ニコニコ生放送」アプリがリニューアル。配信ビットレートが最大2Mbpsに向上し、1回あたり6時間の長時間配信が可能になった。(2018/3/5)

地雷を探して15年 マインスイーパ日本最速プレイヤーが挑む“思考のスピードを超越した戦い”
マインスイーパ「上級」世界第2位のよわぽんさんに取材しました。(2018/3/3)

ニコニコ動画、会員登録・ログインなしで視聴可能に 新バージョン「niconico(く)」は延期
会員登録・ログインなしで、一般会員のログイン時と同じ画質で動画とコメントを閲覧可能。(2018/2/28)

ニコニコ動画、ログインなしで視聴可能に
「ニコニコ動画」が会員登録やログイン不要で再生可能に。まずPCとスマートフォンのWebブラウザに対応した。(2018/2/28)

環境に優しい「ツチニカエルでんち」、NTTが作製 いたる場所にセンサーが使われるIoT時代に向けて
肥料や生物由来の成分から構成された、土壌や生物へ悪影響を与えない電池。(2018/2/21)

コインチェック、事業継続の意思を再度表明 継続危ぶむ報道受けて
仮想通貨「NEM」流出で、継続を危ぶむ声も一部であがっていました。(2018/2/19)

藤井聡太五段、羽生竜王に朝日杯将棋オープン戦で勝利 佐藤名人を破って実現した公式戦初対局
(2018/2/17)

仮想通貨580億円流出のコインチェック「補償のめどついた」 事業は継続、確認が済みしだい送金や売買も再開へ
13日より、ようやく日本円での出金を再開しています。(2018/2/13)

バレンタイデーにニコニコドキュメンタリー「『童貞』を考える」放送 「死ぬまで童貞だった偉人たち」など3本
社会状況やネットの風潮を受けて「童貞」についてあらためて考えることが狙い。(2018/2/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。