ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マス広告」最新記事一覧

「君の名は。」観客動員1000万人、興行収入130億円突破 10月14日の新聞広告に新ビジュアルが掲載
アニメ映画の興行収入では「風立ちぬ」を抜き歴代6位に。(2016/10/4)

データ分析専門家が注目する「Apache Spark」
あなたにしか見えないテレビCMも可能? ビッグデータ分析が変える広告配信
有料テレビ広告の最適化を手掛ける米BlackArrow。同社CTO(最高技術責任者)のジョー・マタレス氏は、ビッグデータ分析技術の「Apache Spark」が同社のITシステムの要だと語る。(2015/12/8)

【連載】インターネット時代の企業PR 第36回:
「結局ステマでしょ?」の批判にどう応えるか――戦略PR再定義に向けて
マス広告を中心としたコミュニケーションに代わる(あるいは補完する)新たな手法として近年注目を集めてきた「戦略PR」に批判の目が向けられています。その理由を考えてみましょう。(2015/9/17)

飛んでいる蚊を数字の順につないでみましょう→こ、これは! 「KINCHO」新聞広告の隠されたメッセージが秀逸だと話題に
買っちゃう。(2015/6/8)

見てる? 雑誌の広告、読者注目率は44.7%
ビデオリサーチが第2回雑誌広告効果測定調査「M-VALUE」の結果を公開。(2015/3/4)

モバイル広告、2014年に初の新聞・雑誌・ラジオ広告超え──米eMarketer予測
米広告市場でスマートフォンとタブレットに表示する広告の売上高が増加しており、2016年にはPCを超えるとeMareketerは予測する。(2014/7/3)

グローバルエンタテイメント&メディア アウトルック 2014〜2018:
変わり続ける広告市場――インターネット広告収入がテレビ広告収入を追い抜くのはいつか?
PwCによると、2009年はテレビ広告収入がインターネット広告収入の2倍だったが、2018年にはインターネット広告収入とテレビ広告収入の差はわずか200億米ドルまで縮まるという。(2014/6/26)

広告クリエイティブ最適化を支援:
広告クリエイティブの選定方法に新しい風――テレビCM・新聞広告のクリエイティブをA/Bテストにかける
広告クリエイティブが感性で選択される時代は終わる――。売れるネット広告社 加藤公一レオ氏はそう宣言する。同社は6月2日、オフラインメディアの広告クリエイティブにおけるA/Bテストをオンラインで行う仕組みを提案、広告クリエイティブの選定方法に新しい風を呼びこもうとしている。(2014/6/2)

漫画家・福本伸行さんが政府の「合法ハーブ」乱用防止広報に協力 短編漫画を公開
新聞や雑誌広告にも福本さんのイラストが使われます。(2014/3/17)

動画広告、拡大の一途:
2020年、TV広告とオンライン広告は統合される?
増加の一途をたどるオンライン動画と広告プラットフォームのTV広告。両者は2020年までに融合され、広告の姿を変えていくとClickZ.comが報じている。(2014/3/11)

【連載】東南アジアのマーケティングコミュニケーション戦略:
第3回 東南アジア人が接触するメディア・デバイス――マス広告をデジタルというお茶の間が拡散する高度化した環境
戦略を立案するにあたり欠かせない、東南アジアで暮らす消費者が接触しているメディア・デバイス環境について、日本との違い、また日本より高度化しているといっても過言ではない実情をご紹介する。(2013/10/29)

「新聞広告クリエーティブコンテスト」の作品が衝撃的で考えさせられる件
テーマは「しあわせ」。(2013/10/17)

FUJI ROCK FESを応援!:
雑誌広告でも音が鳴る!? ポカリスエットのiPad連動型広告がすごい
紙でできた“レコード”なのにiPadに乗せると自動的に音楽が演奏され、広告ページの裏側にiPadを入れると2分42秒の光のアートが楽しめる。(2013/7/24)

電子雑誌広告、2017年までに38億ドル規模に
アナリストは2017年までに電子雑誌広告の規模が広告費全体の4分の1に相当する38億ドルに達すると予想しているが、現状、電子雑誌の提供側は何に投資するのが最良なのか混乱しているところが多い。(2013/6/19)

1メートル超の水樹奈々さんが朝刊に 20万部限定の巨大新聞広告
朝日新聞の朝刊に封入される。(2013/4/25)

新聞広告の価値:
広告媒体としての評価、新聞は「自分のペースで見たり読んだりできる」、ADK調査
アサツーディ・ケイ(ADK)は2月15日、「消費者にとっての新聞/新聞広告の価値」について調査結果を発表した。(2013/2/18)

雑誌広告のオンライン送稿サービスを開始 NEC
NECはデジタルセンドと協業し、雑誌広告のオンライン送稿サービスを開始。印刷前のプリフライトチェックも統合した。(2012/2/24)

MicrosoftがまたGoogle批判ビデオを公開 今度の標的は「Google Apps」
Gmail批判動画やプライバシーポリシー更新批判の新聞広告などで何かとGoogleを批判しているMicrosoftが、今度は企業向けに「副業感覚でエンタープライズ市場に首をつっこむ広告企業にご注意を」といった内容の動画をYouTubeで公開した。(2012/2/22)

MicrosoftがGoogle批判の新聞広告 Googleは反論
Googleのプライバシーポリシー更新を懸念するユーザーに自社サービスを勧めるMicrosoftの動きに対し、GoogleはMicrosoftも複数のサービスのユーザー情報を統合していることなどを指摘して反論した。(2012/2/2)

スマホで新聞広告を拡張――クウジットの動画広告配信サービスがAndroidに対応
スマホのカメラで新聞広告内の専用画像を読み取ると、動画を視聴できる――。こんな宣伝を可能にする「A-CLIP」が、Androidに対応した。(2011/9/6)

ドコモ、仲良し家族の絆を伝える「家族(イエ・ラブ・ゾク)」のモデルを募集
ドコモの雑誌広告シリーズ「家族(イエ・ラブ・ゾク)」がモデル家族の募集を開始した。ドコモケータイを利用している仲良し家族なら、写真とエピソードを添えることで応募できる。(2011/8/3)

米トヨタが「天使のミクさん」イラスト第2弾 日本の絵師さんが描く
米トヨタの「CAROLLA+MIKU」コラボ雑誌広告第2弾が公開。翼の生えた初音ミクとカローラが描かれている。(2011/5/26)

プロ野球中継広告にAR クウジットが提供
クウジットのAR技術が日本テレビの2011年プロ野球中継のプロモーションに採用された。新聞広告や球場で配布されるクリアファイルなどにARマーカーが仕込まれる。(2011/4/12)

電通、読売新聞にAR広告 携帯やiPhoneで体験
携帯電話かiPhoneを使ったARでCG映像を再生できる新聞広告が、18日の読売新聞朝刊に掲載された。(2010/10/18)

ネット広告費、新聞抜く 総額は11.5%減
「2009年日本の広告費」によると、インターネット広告費(7069億円)が新聞広告費(6739億円)を上回った。(2010/2/22)

新聞をカメラで撮ると動画広告へ――iPhone活用の広告配信サービス「A-CLIP」
新聞広告をiPhoneのカメラで撮ると、より詳細な商品の情報を動画で視聴できる――。博報堂DYメディアパートナーズとクウジットが、新聞とスマートフォンを連動させた広告配信システムを開発した。(2010/1/7)

博報堂が展開するAR広告「テノヒラアド」って何だ?
「セカイカメラ」のヒットもあり、最近さらなる注目を集めているAR技術(拡張現実)。このARを使った新しい広告を、博報堂と慶應義塾大学、IMJが開発。11月から新聞広告が始まっている。(2009/12/4)

mixi登録制、来年2月から マス広告も展開へ
mixiを招待なしで利用できる登録制は来年2月から。登録制スタートに合わせてマス広告も展開し、ユーザーを拡大する計画だ。(2009/11/5)

Weekly Memo:
Oracleの対IBM「宣戦布告」広告の背景
Sunの買収を発表したOracleが先週、新聞広告を通じてSPARC/Solarisへの投資強化とともに、宿敵IBMへの「宣戦布告」のメッセージを発信した。その背景を探ってみたい。(2009/9/14)

IBMに宣戦布告:
「OracleはSunのハードウェアで勝利する」とエリソンCEO
Oracleが同社の新聞広告で、「SolarisとSPARCの開発にSun以上に力を入れる」と宣言。広告に「MySQL」の文字はない。(2009/9/11)

iPhoneで新聞広告を無料閲覧――「新聞広告.com iPhone」
ソーマが、新聞広告を閲覧できるiPhone向けサイト「新聞広告.com iPhone」をオープンした。カテゴリーやキーワードで広告を検索することもできる。(2009/8/26)

ミクシィ4〜6月期、モバイル広告好調 「地方や30代以上のユーザー増やす」
ミクシィの4〜6月期はモバイル広告が好調。下期の登録制導入に合わせてマス広告を投入し、30代以上や地方のユーザー取り込みを狙う。(2009/8/3)

ミクシィ、初の減益予想 マス広告でユーザー拡大へ
ミクシィが上場以来初の減益となる見通しだ。「mixiアプリ」に投資するほかマス広告を展開。ユーザーを数を拡大し、「次の5年」の飛躍を目指す。(2009/5/12)

マス広告がスルーされている決定的要因とは?
日本社会に「情報流通」という言葉が流行したのは、1998年ころ。そして10年が経過したわけだが、果たして「情報流通」の量はどのくらい増えたのだろうか?(2009/5/3)

日経新聞、3期連続で減収
日経新聞の前期決算は、新聞広告収入の減少などで3期連続の減収に。(2009/3/11)

Google、ラジオ広告サービスから撤退
撤退に伴い、Google社員40人が職を失う可能性がある。(2009/2/13)

Google、新聞広告プログラムを終了
サービス終了が相次ぐGoogleで、新聞広告の販売を仲介する「Print Ads」プログラムも終了する。(2009/1/21)

神尾寿の時事日想:
地方都市・長崎で意外な成功!?――駅前デジタルサイネージ「ナビタッチ」の可能性
マスメディア広告の価値が減少し、交通広告など“リアルメディア”の相対的価値が上昇する中、ナビタッチの効果はどこまで上がっているのか。日本で初めてナビタッチが導入されたJR長崎駅の状況をレポートした。(2008/11/26)

ビジネス力1分間トレーニング:
その9 さて広告業界の打つ手は?
ある広告代理店は多くのテレビ広告を独占してきました。しかし近年、広告媒体の多様化が急速に進み、テレビ広告にかける予算が縮小。その代理店では今後の対応を考えるために、緊急に経営会議が開かれました。(2008/9/4)

ビジネス力1分間トレーニング:
その8 大々的にテレビCMを始めたライバル企業
堅実経営がモットーの矢崎化学。地味な会社なので若手社員からは、女の子にモテないと不評です。ある日、競合他社が、大々的にテレビ広告をはじめました。競合の若手社員が合コンでモテはじめたというウワサも聞こえてきます。さてあなたなら、どう判断しますか?(2008/9/2)

MS、テレビ広告サービスのNavicを買収
MicrosoftはNavic買収により、テレビ広告事業を強化する。(2008/6/19)

テレビ広告の効果測定もGoogle Analyticsで
テレビ広告販売サービス「Google TV Ads」の効果を「Google Analytics」で確認できるようになった。(2008/6/7)

Google、テレビ広告販売サービスを正式スタート
昨年6月からβ運用していた「Google TV Ads」が一般広告主向けに公開された。(2008/5/2)

新聞サイトへの広告支出額、前年比19%増
紙媒体での新聞広告支出額の減少により、新聞広告支出全体では落ち込んだ。(2008/4/1)

新聞サイトへの広告支出額、新聞広告全体の7%に――米調査
新聞への広告支出額全体が減少する一方、新聞サイトへの広告支出は順調に拡大。前年同期を21%上回る伸びをみせている。(2007/11/21)

新聞広告もネットで出稿 電通の「新聞ADGOGO」
(2007/11/14)

低コスト・CGMで世界に発信──ユニクロのWeb戦略
YouTubeで動画を公開したり、ブログパーツを配布したり――ユニクロが昨年から、CGMを活用したWebプロモーションに力を入れている。Webなら国内・海外で同時展開できる上、マス広告などと比べてプロモーションコストも抑えられる。(2007/11/6)

Google、Nielsenと提携――テレビ広告分析にデータを活用
Googleが、Nielsenの視聴率データを活用し、試験運用中のテレビ広告プラットフォームを強化する。(2007/10/25)

テレビCMが増えた業種は、株価に要注意!?
大和総研の調査によると、テレビ広告費が増えた業種は2年後に株価が低迷していることが分かった。2006年にテレビ広告が増えた業種は「住宅・建材」、来年あたりは注意が必要……?(2007/9/20)

AdWordsから新聞広告を打てる――「Google Print Ads」拡充
Googleが、新聞広告販売プログラム「Google Print Ads」の対象を、全米のAdWords広告主に拡大。New York TimesやWashington Postなどへの広告出稿の仲介を行う。(2007/7/19)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。