ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NAVERまとめ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NAVERまとめ」に関する情報が集まったページです。

「電話つながらないときはネット活用を」 大阪地震でLINEが呼びかけ
LINEが、大阪北部で震度6弱の地震が観測されたのを受け、電話回線がつながらないときはインターネット回線を活用するよう呼び掛けている。(2018/6/18)

まとめサイト「やらおん!」「オレ的ゲーム速報」をTogetterが名指し批判 無断転載で問われるまとめサイトの責任とは
「あまりにも悪質」とTogetter。(2018/5/8)

「『NAVERまとめ』に無断転載しないで」朝日新聞など7社が申し入れ LINE、34万件を削除
「NAVERまとめ」に無断転載されていた、朝日新聞社など報道7社の写真・画像34万件が削除された。7社の申し入れにLINEが対応した。(2018/4/26)

NAVERまとめ、無断転載34万件削除 新聞社など報道7社と合意
LINEは無断転載を防止するため、サイトごとの投稿制限措置も行います。(2018/4/26)

絶対売れちゃう → 全く売れません?! バンダイの“ゾンビ型消しゴム”担当者が語る「驚異の話題にならなさ」
2018年1月20日に発売された男児向け商品「ぶっさしーず」。担当者が自信満々で送り出すも苦戦中。(2018/3/10)

モバクソ畑でつかまえて:
「データがtxt形式で保存されてる」「ここまでいじれるとか本当やばい」―― 混乱広がる「きららファンタジア」で一体何が起こったのか
既に運営側が見解を発表していますが、実際は言われているような「いじり放題」ということはありません。(2017/12/23)

NAVERまとめ、新たな著作権管理システム「Lisah」試験導入 画像の不正利用を96%検知 削除申請も即時可能に
対象メディアと連携して画像をくまなくチェックすることも可能。(2017/11/29)

NAVERまとめ、著作物の「無断使用」対策を強化 「まとめ作成者」ランク付け
「NAVERまとめ」に、著作権を管理するシステム「Lisah」と、まとめ作成者のランク付け「オーサーランク」が試験導入。(2017/11/29)

作成者の信頼度も判断可能に:
「NAVERまとめ」に著作権管理システム導入 AIが画像の不正利用を検知
「NAVERまとめ」を運営するLINE傘下のネクストライブラリが、著作権管理システム「Lisah(リサ)」と、まとめ作成者の経歴などを信頼性の参考資料にする仕組み「オーサーランク」をテスト導入。(2017/11/29)

プロ棋士もハマった恋愛番組「バチェラー・ジャパン」とはなんだったのか 広瀬八段×久保裕丈、異色の特別対談
「羽生さんに魂を抜かれた人」と「バラおじさん」の対談が読めるのはねとらぼだけ!(2017/9/30)

LINE、「NAVERまとめ」を新設子会社に継承 「ユーザー参加型のさまざまなサービスを拡充」
新会社設立が発表されました。(2017/9/29)

「人として終わってる」――“情報弱者”を狙う「悪質ポイントサイト」ビジネス 手口や集客方法を関係者に聞いた
悪質ポイントサイトだけでなく、広告代理店やまとめサイトも共犯、との指摘も。(2017/3/26)

週刊「調査のチカラ」:
「LINE」「トランプ」「Instagramの新アイコン」、ソーシャル好き過ぎる人たちの傾向
その情報、信じて大丈夫? 「LINE」や「Facebook」「Twitter」が生活インフラとして定着し、そこから得られる情報の取捨選択のセンスが問われる時代。「SNSのそこが知りたい」を探る。(2017/2/18)

キュレーションメディア“狙い撃ち” Google検索、アルゴリズム変更の狙い
日本のGoogleが、内容の薄いキュレーションメディアを狙い撃ちにするアルゴリズム変更を実施。その背景や、影響を受けるサイトなどについて、SEO専門家の辻正浩さんに聞いた。(2017/2/3)

STORIA法律事務所ブログ:
「NAVERまとめ」と著作権 LINEに法的責任を問えるか? 弁護士が考察する
「NAVERまとめ」のコンテンツは著作権侵害に当たるのか。著作権侵害が認められた場合、LINEに法的責任を追及できるのか。弁護士の杉浦健二さんが解説する。(2017/1/31)

広告事業が全体をけん引:
LINEのIPO後初決算は営業益10倍、最終黒字に転換
LINEが2016年12月期通期の決算(IFRS)を発表。売上高が前期比16.9%増の1407億円、営業利益は前期比で約10倍の198億9700万円と大幅な増収増益。通期で最終黒字に転換した。(2017/1/25)

「NAVERまとめを批判するNAVERまとめ」を検索から排除? 疑惑にLINEが回答
LINEは、「NAVERまとめを批判する内容を含んだNAVERまとめを、検索対象から排除しているのでは」との疑惑に回答する文書を公開した。(2017/1/5)

LINEが「NAVERまとめ」に関する報道を受け見解を発表 権利侵害対策なども
写真の盗用などによる権利侵害が指摘されていました。(2016/12/28)

「広告会社はNAVERまとめへの広告配信を停止してください」 NAVERまとめに写真をパクられた写真家がネット署名開始
スタート3日で750人以上の賛同を集めています。(2016/12/25)

STORIA法律事務所ブログ:
「WELQ」はアウトか? セーフか? DeNAの責任は? 著作権法の観点から弁護士が分析してみた
WELQをはじめとした「まとめサイト」の問題は、倫理面や法律面が複雑に絡み合っている。WELQの「リライト」は、著作権法の観点からアウトか、セーフか。著作権に詳しい弁護士の柿沼太一さんが解説する。(2016/12/21)

「キュレーション」がダークサイドに堕ちる前のことを思い出し語りしてみる
2009年、情報を選別し送り出す人という意味でキュレーターという呼称を日本で初めて使った。今では「フェイク」と同義のように扱われている「キュレーション」の黎明期を思い起こしてみる。(2016/12/16)

JR京葉線でラッシュ時の線路に男性立ち入り、救助を拒否するなどして大幅遅延 電車の下で寝る
JR東日本に確認しました。(2016/12/15)

なぜ無断転載された側に手間を要求? 「NAVERまとめ」の“トンデモ”削除対応、理由を聞いた
運営元のLINEに取材しました。(2016/12/14)

NAVERまとめに無断転載“された”側の訴え……「抗議への対応に驚愕」
「NAVERまとめ」に記事や画像を無断転載されたライターが、LINEに削除を依頼したところ、「驚愕の対応」をされ、泣く泣く削除依頼をあきらめたという。(2016/12/12)

DeNA、「MERY」も含めた10サイトを全て非公開に キュレーションメディア問題を受けて
MERYは12月7日より全記事を非公開化。(2016/12/5)

「WELQ」問題を受け:
「NAVERまとめ」、元記事に還元する仕組み導入へ
LINEがキュレーションプラットフォーム「NAVERまとめ」の運営方針を変更すると発表。まとめられた1次情報発信者にインセンティブが還元される仕組みを2017年中に導入する。(2016/12/5)

「NAVERまとめ」が新方針 “キュレーションサイト問題”受け「まとめ作成者の信頼ランク」採用へ
まとめ作成者に評価制度を設けることで発信者の責任を重くするほか、1次コンテンツ作成者に利益配分する仕組みも検討する。(2016/12/5)

「メッセンジャーの陣取り合戦は終わった」──日米同時上場のLINE、次の戦略は
「スマホメッセンジャーの陣取り合戦は終わった」――日米同時上場したLINEは、世界展開を視野に入れる。だが、単なるメッセンジャーアプリだけでは、他SNSとの競争激化は避けられない。そんな状況を踏まえ、同社が打ち出す戦略「スマートポータル」とは。(2016/7/15)

検索結果からまとめサイトや知恵袋を除外した「ノイズレスサーチ」が話題 実際に検索してみた
違う検索結果が。(2016/7/5)

給料は? 稼ぎ頭は? 有価証券報告書で見る「LINEの今」
LINEの上場が決まり、ベールに包まれていた実態が明るみに。LINE社員の給与や役員報酬の実態は?(2016/6/13)

LINE上場、正式発表 東証・NY市場に 「グローバル展開積極化」
LINEの新規上場を東証が正式発表。NY市場にも同時上場する。時価総額は6000億円に迫る規模に。(2016/6/10)

LINE Out無料化は「配慮が十分ではなかった」「復興支援のための追加施策も検討」――LINE
熊本地震で「LINE Out」を無料化したことで、回線混雑を助長させるとして、物議を醸している。今回の震災で、LINEはどのような考えで復興支援を行おうとしていたのか。なぜLINE Outの無料化に踏み切ったのだろうか。(2016/4/15)

西武新宿線で車両の床下から発煙、8時42分には運転再開 Twitterには「匂いがすごい」など報告も
消火器を持つ駅員の姿も。(2016/4/15)

奈良の常識「マラソンタオル」がTwitterで話題に 奈良「えっ全国じゃないの?」他県「なにそれ天才か」
「奈良なのに知らんぞ」「北海道だけど着たことあるぞ」とさまざまな反応も。(2016/1/8)

「戦利品の忘れ物にお気をつけを」 コミケ向けアナウンスが話題の都営バス運転手、その謎に迫る
都営バスがコミケで運行している会場直行便――ここには参加者向けのアナウンスが秀逸だと名物化している運転手がいた。(2015/12/28)

秋葉原駅前で女性が道案内のお礼にジュースを手渡す不審行為が話題に 勧誘行為や美人局のうわさも
Twitterで経緯を説明するユーザーは、不審な男性に付けられていたとも報告。(2015/10/28)

思う存分ぼっち充できるな! スマホで楽しむダンボール製「1人映画館」が「SOLO THEATER」としてついに商品化
映画に首ったけ。(2015/7/29)

ダイエット成功の秘訣は「スケジュール調整スキル」――編集者・鳴海淳義さん
話を聞いてみたいあの人に、生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回ご登場いただくのは、Naverまとめ職人&ブロガーとして名高い鳴海淳義さんです。(2015/7/25)

ねとめし:
バニラアイスにビールをかけるとめっちゃウマイ!→バニラアイスにかけるとおいしいビールはどれ?
アイス+ビールでメロンクリームソーダやコーヒーフロートよりも大人なデザートに!(2015/7/3)

まずは「ヤフトピ」を超える:
「アプリ」と「カテゴリー」から脱却して月間1200万MAUに――執行役員 島村氏が語る「LINE NEWS」の世界観
月間アクティブユーザーが1200万人を超え、順調に支持を集めている「LINE NEWS」。LINEアプリ内で提供している「LINE NEWS DIGEST」「LINE NEWS マガジン」も好調だ。LINE NEWSはどのような狙いで提供されているのか? 同サービスを統括する島村武志氏に聞いた。(2015/6/12)

ハーゲンダッツ「華もち」の目撃情報がネットに続々、再販されたとうわさに 担当者「まだ休止中です」
売れすぎて発売2日で販売休止となったあの餅入りハーゲンダッツが、販売を再開している……?(2015/4/28)

ねとめし:
こんにゃくって凍らせていいの!? ネットで話題の「氷こんにゃく」は本当にお肉の代わりになるのか
まさかこんにゃくを冷凍するときが来ようとは……。(2015/4/24)

本との出会い、キュレーションサービス経由が存在感――トレンド総研調査
1年間に1冊以上本を読む20代〜40代の男女500名を対象に実施した。(2015/4/24)

末広町駅で「液体まかれた」 うその通報で大学生を逮捕 ネットでは「負傷者多数」「テロ?」など一時騒然
事件当日の様子はネットでも話題になっていました。(2015/4/6)

エイプリールフール2015:
2015年エイプリルフールネタまとめ
ついに来ましたね、この日が。出版社や電子書店を中心に、各社が本気で考えたエイプリルフールネタを随時更新していきます。(2015/4/1)

@IT セキュリティセミナー 東京・福岡・大阪ロードショーリポート(1):
@ITの筆者陣も登場、「訴訟」や「まとめ」を通して見たサイバー世界
@IT主催のセキュリティセミナー、リポート第1弾はスポンサーセッションの内容とともに、@ITの人気筆者陣による講演をお送りしよう。(2015/3/23)

そう使うのかよ! ちゃおの付録「究極まんが家セット」のトレース台がフィギュア好きの間で斜め上の人気に
まんがを描くだけにしか使えないと思ったか?(2015/3/19)

読めたらがっかり? 「視力が悪い人にしか見えない文字」が書かれた画像がTwitterで話題に
読めないと悔しいけど読めても悲しい。(2015/3/19)

「スマホの使いすぎで小指が変形=テキストサム損傷」は誤用? いつから誤解が広まったのか調べてみた
本来の「text thumb injury」はスマホの使いすぎによる親指の腱鞘炎などを指す言葉でした。(2015/3/10)

カラスとネズミがゴミの山をあさる謎カプセルトイのクオリティが無駄に高いと話題に
フィギュア界に高まる「ゴミ捨て場」の需要。(2015/2/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。