ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WELQ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WELQ」に関する情報が集まったページです。

「netgeek」被害者らが団結し集団訴訟へ 「悪意の攻撃で金を稼ぐのを許すわけにはいかない」
ITコンサルタント、永江一石さんが中心となり、「被害者の会」結成を呼びかけています。(2018/11/19)

「無料公開」でも無断転載は違法 “まとめサイト”側に賠償命令 東京地裁
Twitterに投稿したイラストを「まとめサイト」に無断で転載されたとして、イラストレーターの女性がサイト側に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁が著作権侵害を認め、イラストの原稿料相当額の支払いを命じる判決を言い渡していた。(2018/10/30)

異例の司法判断:
「無料公開」でも無断転載は違法 “まとめサイト”側に賠償命令 東京地裁
ツイッターに投稿したイラストを「まとめサイト」に無断で転載されたとして、イラストレーターの女性がサイト側に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁が著作権侵害を認め、イラストの原稿料相当額の支払いを命じる判決を言い渡していたことが29日、分かった。司法関係者によると、ネット上の無断転載をめぐる訴訟は相次いでいるが、無料で公開した投稿でも賠償を求められると明示した司法判断は異例という。(2018/10/30)

「netgeek運営者情報に20万円の賞金出します!!」 悪質ニュースサイトに異例の“懸賞金” 「これは支援する」「面白い」と賛同も
ITコンサルタント、永江一石さんへの名誉毀損と営業妨害で。(2018/10/3)

マイナビウーマン、「『生理日をずらす』6つの裏ワザ」記事削除 「不適切な内容」全記事で調査
「マイナビウーマン」の記事に不適切な内容が含まれていると指摘されたことを受け、マイナビが問題の記事を削除し、サイトの全記事について調査を始めた。(2018/4/2)

マイナビウーマン「生理日をずらす裏ワザ」記事を削除 「わざと体調を崩す」「風邪薬を飲む」など紹介
「第二のWELQ」などの批判が相次いでいます。(2018/3/30)

大手ゲーム攻略サイト「GameWith」、他サイトからの情報盗用で謝罪 勢い増す「企業型ゲーム攻略サイト」の問題浮き彫りに
「こんなにあからさまにパクるヒドいサイトだとは思わなかった」など、被害者側がTwitterで訴えて話題になっていました。(2018/3/16)

AIが裁判の判例学んだら…… 福井弁護士が“合法パクり”に危機感
AI時代は“適法なパクり”が問題化するかもしれない――AI時代の著作権について福井建策弁護士が解説した。(2018/3/1)

ネットメディアの信頼性向上を目指して:
ネットメディアの信頼性向上を目指して「インターネットメディア協会」の設立準備会が発足
さまざまなメディアの有志が集まり、「インターネットメディア協会」(仮称)の設立準備会が発足した。狙いは、ネットメディアの信頼性向上だ。(2018/2/27)

スマホ版Yahoo!検索で「がん情報」 国立がん研究センターと連携
スマートフォン版「Yahoo!検索」で、国立がん研究センターが提供するがん関連情報を掲載する。(2018/1/30)

「WELQ後のSEO」「横浜DeNAのマーケティング戦略」他:
2017年、ITmedia マーケティングで最も読まれた記事は? 年間アクセスランキングベスト10
マーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2017年、読者はどんな記事に注目したのか。ランキング形式で振り返ります。(2017/12/29)

寄稿・福井健策弁護士:
「森のくまさん」騒動からJASRAC問題まで……著作権10大ニュースで考える、情報社会の明日はどっちだ?
著作権まわりでもさまざまなニュースがあった2017年。この1年の「10大ニュース」を、弁護士の福井健策さんが振り返る。(2017/12/26)

Google、医療・健康の検索結果を見直し 「より信頼性高いサイト」上位に
Google JapanがWebページの評価方法をアップデート。医療従事者や専門家などが提供するページなど「より信頼性が高く有益な情報があるサイト」を上位に。(2017/12/6)

検索結果の60%に影響:
Google検索、信頼性高い医療情報を上位に アルゴリズム変更
Google日本法人が、検索エンジンのアルゴリズムをアップデートしたと発表。信頼できる医療情報が上位に表示される仕様になったという。(2017/12/6)

NAVERまとめ、著作物の「無断使用」対策を強化 「まとめ作成者」ランク付け
「NAVERまとめ」に、著作権を管理するシステム「Lisah」と、まとめ作成者のランク付け「オーサーランク」が試験導入。(2017/11/29)

オバマ元大統領も投稿 実名制Q&Aサイト「Quora」日本上陸 医療情報などの「信頼性」はどう保つ?
「高品質なコンテンツ」を保つためにやっていることとは?(2017/11/14)

専門性の高さが魅力:
実名制のQ&Aサイト「Quora」、日本進出の勝算は?
米QuoraがQ&Aサイト「Quora(クオーラ)」の日本語版をリリースした。実名制を採用しており、専門性・信頼性の高さが魅力だ。(2017/11/14)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
「第2のWELQ」か上場再挑戦か――「ヘルスケア大学」運営会社1.1億円の黒字
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/11/10)

女性向けメディア「MERY」11月21日から記事提供再開
2017年8月にDeNAと小学館による共同出資会社「株式会社MERY」の設立を発表し、運営体制を刷新した上での運営再開を目指していた。(2017/10/27)

「180日以内に引き出さないと報酬没収」の規約変更に利用者から猛反発 クラウドワークスに改定の理由を聞いた
7月17日の規約変更について、利用者からは不満が噴出しています。(2017/10/21)

DeNA、「WELQ」再開は断念 年内スタート予定の新「MERY」に旧運営会社は関わらない方針
新「MERY」は年内サービススタートを予定(2017/8/10)

“プロ”が作る「新MERY」に価値はあるのか DeNAのメディア事業が進む先
昨年末の“キュレーションサイト問題”を受け、運営体制の見直しを迫られたDeNAが、女性向けメディア「MERY」を小学館と共同で再スタート。この先、DeNAのメディア事業はどうなるのか。南場会長、守安社長の発言から探った。(2017/8/9)

小学館とDeNAが共同で会社設立 「MERY」の運営体制を刷新し再開へ
新しい「MERY」の誕生を目指すとしています。(2017/8/3)

我々はファクトチェック団体にはならない:
これ以上、“偽ニュース”を野放しにするわけにはいかない――メディアの信頼性向上を目指し任意団体が発足
国内で、ファクトチェック(事実確認)の推進・普及に向けた任意団体が発足した。(2017/6/22)

「間違い多数」の指摘受け、全記事非公開に 「医師が教える」美容整形サイト「ニコリー」
医師の監修を受けているとうたう美容整形情報サイト「ニコリー」の記事に「誤りが多数ある」と指摘されていた問題で、運営元が全記事を非公開にした。(2017/6/12)

ヘルスケア大学、未確認の参画医師情報を一時非掲載に 一時は参画医師5000人以上とも
今後は参画医師の減少が見込まれる。(2017/6/10)

ニュースサイト「BUZZAP!」、押井守作品の違法アップロード動画を記事で紹介 「大胆なことされますね」と押井メルマガが指摘
YouTubeに違法アップロードされていたOVA作品「天使のたまご」を記事に埋め込んでいた。(2017/6/4)

「ヘルスケア大学」は信頼できる? 執筆体制は
「ヘルスケア大学」の記事に間違いが多数含まれているとの指摘があり、運営元が改善策を発表。記事は編集部と社内外のライターで執筆し、医師が監修しているという。(2017/5/25)

DeNA、内部統制を見直し 役員責任を明確化、新設部門で「抜本的な意識改革」へ
守安功社長、南場智子会長の代表取締役2人体制のもと、社外取締役の権限を強化するなど、コーポレートガバナンスと内部統制の見直しを図る。(2017/5/23)

スピン経済の歩き方:
海外の富裕層が押しかける「診療所」をほとんどの日本人が知らない理由
関西国際空港の近くにある病院を目指して、わざわざ海外からやって来る人が増えている。病院名は、IGTクリニック。がん治療専門のクリニックに、なぜ外国人の患者が増えているのか。その理由は……。(2017/5/23)

「ヘルスケア大学」記事に「間違い多数」と指摘 運営元「精査する」
「ヘルスケア大学」の記事に、間違いが多数含まれていると医師などが指摘している。運営元は「指摘を受けた記事は修正する」「指摘受けていない記事についても再度、自社の企業努力として精査する」と改めて発表した。(2017/5/22)

リクルート、キュレーションメディア「ギャザリー」終了 「一次権利者の権利保護が現状困難」
リクルートライフスタイルが、キュレーションメディア「ギャザリー」を5月31日に終了。理由は「一次権利者の権利保護が現状において困難なため」。(2017/5/19)

リクルート、キュレーションメディア「ギャザリー」終了を発表 「一次権利者の権利保護を図ることが困難」
キュレーションメディア騒動の影響で約1万6000記事を非公開にしていました。(2017/5/18)

キュレーションを“失った”DeNA 「新たな収益の柱」は
DeNAの守安社長と南場会長が決算説明会で、新体制に向けた改革内容を説明した。(2017/5/11)

「新たな柱を築く」:
DeNA、まとめサイトは「再開難しい」
「WELQ」などを運営するキュレーションメディア事業が問題になったディー・エヌ・エー(DeNA)。サイトの閉鎖はどのような影響があったのか、今後のDeNAはどのような体制になるのか――決算会見で守安功社長と南場智子会長が語った。(2017/5/11)

「第2のWELQ」? Yahoo!ニュースの指摘を受け、医療情報サイト「ヘルスケア大学」が釈明
誤りを一部認め、改善の意向を示しています。(2017/5/11)

「メディアの在り方」など研究:
DeNAと小学館、新デジタルメディアを検討
DeNAと小学館は、新しいデジタルメディアを共同で検討することに基本合意した。(2017/4/20)

単体事業からプラットフォームへ:
「クラウド」から「リアル」へ ランサーズの新戦略
ランサーズが新成長戦略を発表。「オープン・タレント・プラットフォーム」構想のもと3つの新事業を展開し、さらなる成長を目指す。(2017/4/19)

「社長退任のあいさつで皆泣いた」 WELQに端を発したキュレーション騒動、MERYから見た実情
DeNAから独立した運営体制でありながら、「全記事非公開」が今も続くMERY。内部の人間は、WELQから始まる一連のキュレーションメディア騒動をどう見ていたのか。(2017/3/18)

キュレーションメディア問題を受け:
「事業再開は白紙」DeNAの2時間会見
DeNAは3月13日、キュレーションメディア事業についての記者会見を行った。守安功代表取締役社長、南場智子代表取締役会長、小林賢治執行役員が出席し、把握している問題点、今後の対応、関係者の処分、事業再開のめどなどについて語った。記者からの質問は相次ぎ、会見は2時間にわたった――。(2017/3/13)

「再開めどは白紙」「収益の柱にするのはあり得ない」――DeNA南場会長、キュレーション事業の今後に言及
DeNAの南場智子会長が「キュレーション事業の再開は、まったくめどは立っていない」と記者会見で話した。(2017/3/13)

事業の拡大を急ぐあまり:
「ベンチャーは免罪符ではない」DeNAは何を誤ったのか
DeNAが行っていたキュレーション事業は何が問題だったのか。DeNAは3月13日、第三者委員会の調査報告書を公開。同日、第三者委員会が東京・渋谷で記者会見を行い、同事業の問題点、原因分析、再発防止策の提言について説明した。委員長は「永久ベンチャーは免罪符ではない」と語った――。(2017/3/13)

DeNA、キュレーションメディアの今後については“白紙” 「検討したが、同じ形での継続はあり得ない」
DeNAは3月13日に行った記者会見の中で、キュレーションメディアの今後について触れ、「まったくの白紙」と回答した。(2017/3/13)

利益優先でリスク軽視 医療記事の監修「コスト見合わない」と見送り……DeNAキュレーションサイト問題の背景
「ゲーム事業の成長が鈍化する中、次の事業の柱を見つけなくてはという焦燥感があった」――第三者委員会の報告書は、DeNAがリスクを十分精査しないままキュレーションメディアに突き進んだ背景を分析している。(2017/3/13)

「肩こりは幽霊が原因」 WELQの“トンデモ記事”ができるまで 調査報告書で明らかに
「肩こりの原因、幽霊のことも?」――WELQに掲載されていた“トンデモ記事”がどう作られたのか、第三者委員会の報告書によって明らかになった。(2017/3/13)

信頼回復とマネジメント強化狙う:
DeNA、代表取締役2人体制へ 南場会長が復帰
DeNAは3月13日、南場智子会長の代表取締役復帰を発表した。現在代表取締役社長兼CEOを務める守安功氏は残り、代表取締役2人体制となる。キュレーションプラットフォーム事業で発生した問題を受け、信頼回復とマネジメント強化を狙う。(2017/3/13)

「『DeNAのDNA』を持ち合わせていない者たちによって始められた事業」 DeNA、キュレーションサイトについての第三者委員会調査報告書を公開
DeNAは3月13日に都内で会見を開く予定。(2017/3/13)

DeNA、キュレーション事業の第三者委員会調査結果を発表 創業者・南場智子氏が代表取締役に復帰
昨年話題になったキュレーションプラットフォーム事業。第三者委員会からの報告書を全文(PDFで306ページ)公開しました。(2017/3/13)

休止中の「WELQ」を無断コピーしたサイト「WELQ資料館」に批判集まる → サイト閉鎖へ
「歪曲して拡散されるネット報道が落ち着くまで閉鎖します」(2017/3/1)

DeNA、キュレーション問題で38億円減損 「事業計画が未定」
DeNAがキュレーションメディア問題を受けて運営子会社の資産価値を見直し、38億5900万円の減損を計上。(2017/2/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。