ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「卒論」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「卒論」に関する情報が集まったページです。

【ネタバレ】「好きなキャラを殺されたんですよ!?」 PS4スパイダーマンはなぜ神ゲーとなったのか、重症オタクが語る「ダン・スロット」という文脈
意外と語られていないPS4「スパイダーマン」のシナリオについて、スパイダーマンのマニアに「どこがすごいんですか?」と聞いてみました。(2018/10/25)

輸送は人力、飛ばすまでが一苦労! 琵琶湖のほとりで「鳥人間コンテスト」の舞台裏を見てきた
台風接近により開催が危ぶまれた「鳥人間コンテスト2018」現地レポート。(2018/8/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
結局Focus&Deepが重要
プロフェッショナルとして、全ての仕事に一定以上の成果を出しながら、本当に重要な仕事には、「神が細部に宿る」レベルまで仕上げなければいけない。(2018/8/2)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(46):
東京編:YOUは何しに奥多摩へ?――山の廃校で語学教育とシステム開発と地域活性化を模索する“くらげ”たち
JELLYFISHは奥多摩の廃校を活用し、高度IT人材育成を目的とした学校を開校した。学校は同時にラボ型開発の拠点でもある。生徒たちは語学やエンジニアとして必要な思考力などを学び、同時にアルバイトとして開発経験も積む。ゆくゆくは自身のアイデアやプロダクトで地域活性化も狙う。(2018/7/23)

今までの常識を覆す:
就活をやめてエストニアへ そこで私が確信した日本と世界のキャリア観の決定的な違い
普通なら就職活動真っ只中の期間である大学3年生の1月から大学4年生の6月までの約半年、就活を中断してエストニアに留学中の筑波大学4年生、齋藤侑里子さん。そんな彼女が現地で感じた、日本の就活への違和感、グローバルスタンダードなキャリアの築き方とは――。(2018/6/6)

「ずっと私の先生でいてほしい」 魔法が使えないおばあちゃんが少女に“魔法”を教える漫画に心が温かくなる
2人の関係にほっこり。(2018/6/4)

建築(家)のシンギュラリティ(3):
建築学の再編成──情報技術がもたらす新たな建築教育の可能性
建築学と情報工学の融合が進む昨今、これからの「建築家」という職能はどう変化していくのか――キーパーソンへのインタビューを通して、建築家の技術的条件を探る本連載。第3回は日本におけるコンピュテーショナル・デザインの第一人者であるnoizの豊田啓介氏とともに、これからの建築教育について考えます。(2018/5/7)

卒業制作のテーマは“BL×顔出しパネル”! 好きなものを堂々と発表したい――に挑んだ武蔵野美大生を取材
きっかけは教授からの「評価とか気にしないであなたの好きなことやらなきゃ!」という一言。(2018/2/17)

大学最後の追い込みに、温泉旅館にこもり卒論を書く「卒論執筆パック」が登場 書き終わった人は「卒論お疲れパック」もあるよ!
集中できない人は温泉旅館へ急げ……!(2018/1/17)

常見陽平のサラリーマン研究所:
私が出会った「スゴい営業マン」が実践していたこと
どの職種においても「営業力」は求められるものだ。今回は、凡人営業マンと優秀な営業マンの違いについて、私が体験してきた「スゴい営業」を紹介しながら考えたい。(2017/12/1)

完全に能力者じゃないですか! 小倉唯、尋常でないスプーン曲げを見せる 「前よりも才能が開花してたよ」(ニッコリ)
完全にユイ・ゲラーです。(2017/11/15)

中小・Uターンは減少:
18年卒の内定率、過去最高の92.7%
18年3月卒業予定の学生の内定率は92.7%で、過去最高を更新した――人材採用コンサルティングのディスコ調べ。(2017/10/24)

PR:社長に「この漫画読んで!」と交渉 “アニメ×伝統工芸”の異色コラボ仕掛け人、夢はまさかの「海賊王」
アニメグッズになぜ「西陣織」? ユニークなコラボグッズを生み出す「プレミコ」担当者に会ってきました。(2017/8/17)

IPA/SEC所長対談:
新たな時代を担う組込みシステムの技術者に求められるものとは:組込み適塾 塾長 井上克郎×SEC所長松本隆明(後編)
情報処理推進機構のソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)所長を務める松本隆明氏が、ソフトウェア分野のキーパーソンと対談する「SEC journal」の「所長対談」。前編に続き、組込みシステム産業振興機構(ESIP)が推進する「組込み適塾」の塾長で、大阪大学大学院教授の井上克郎氏に、人材育成と組込み技術の未来についての考えを聞いた。(2017/6/21)

「論文」と「レポート」は何が違う? どう書き始めればいい?
「人に読まれる文章」とは。(2017/5/7)

Over the AI ―― AIの向こう側に(10):
外交する人工知能 〜 理想的な国境を、超空間の中に作る
今回取り上げる人工知能技術は、「サポートベクターマシン(SVM)」です。サポートベクターマシンがどんな技術なのかは、国境問題を使って考えると実に分かりやすくなります。そこで、「江端がお隣の半島に亡命した場合、“北”と“南”のどちらの国民になるのか」という想定の下、サポートベクターマシンを解説してみます。(2017/4/27)

人工知能と機械学習もGPUで進化する
徹底解説:GPUコンピューティングが急成長する理由と減速する懸念
かつてゲームでしか役に立たない技術と評価されていたGPUが企業向けデータセンターに進出し、機械学習や人工知能といった成長著しいプロジェクトに貢献しようとしている。(2017/3/2)

Go AbekawaのGo Global!〜Abhijit Shanbhag編:
映像解析技術で世界をより良くする――エンジニア出身社長を突き動かすたった1つの想い
イメージや動画の解析技術を提供し、シンガポールの犯罪減少に寄与するソフトウェアを開発しているテクノロジー企業の代表が常に持ち続けている“純情”な想いとは――。 ※日本のエンジニアへのアドバイス動画付き(2017/2/15)

もっと若者にPCを――「LAVIE Hybrid ZERO」「LAVIE Note Mobile」 2017年春の挑戦
世界の先進国と比べて、日本の若者のPC普及率は低い。なぜ若者はPCを使わないのか――疑問を突き詰めて開発されたのが、NECパーソナルコンピュータの軽量2in1 PC「LAVIE Hybrid ZERO」と新モバイルノートPC「LAVIE Note Mobile」だ。(2017/2/7)

学歴=大学名ではない:
「文系エンジニアは世界で通用しない」は本当か?〜シリコンバレーの常識
「米国では、いや日本以外の国では、理系出身者しかITエンジニアになれない」「文系エンジニアというものは海外には存在しない」――このようなウワサを聞いたことはないだろうか。日米のエンジニアが文系エンジニアについて真剣に解説する前後編。後編は、シリコンバレー在住のエンジニアが、米国の採用事情や学歴の考え方、そして文系エンジニアはシリコンバレーに存在するのか、を解説する。(2017/1/23)

高すぎる休学費用に日本女子大の卒業生が一石を投じた! 大学側は「重要な課題として検討したい」と前向きな返答
一人の卒業生が大学を動かすかもしれません。(2016/10/22)

レゴのお人形気分になれる自転車用ヘルメット「レゴヘアヘルメット」
大人だってかぶりたい。でも、基本的にはキッズ用。(2016/10/9)

ITライフch:
日清のカップ麺「ラ王」対応ARアプリで二次元美少女とラーメンデートしてみた!?
日清食品は、ARボイスドラマ「マジで恋する8分間〜マジ恋8〜」を公開した。二次元美少女キャラ“麺堂家5姉妹”とカップ麺「ラ王」を食べるというもの。(2016/10/5)

Over the AI ――AIの向こう側に(1):
中堅研究員はAIの向こう側に“知能”の夢を見るか
今、ちまたをにぎわせているAI(人工知能)。しかしAIは、特に新しい話題ではなく、何十年も前から隆盛と衰退を繰り返してきたテーマなのです。そしていまだに、その実態はどうも曖昧です。本連載では、AIの栄枯盛衰を数十年見てきた私が、“AIの彼方(かなた)”を見据えて、AIをあらゆる角度から眺め、検証したいと思います。果たして“AIの向こう側”には、中堅主任研究員が夢見るような“知能”があるのでしょうか――(2016/7/27)

父は娘の人生をどこまでコントロールすべきなのか?
(2016/6/12)

日本の教育制度についても言及:
中村修二氏が大学生に伝える「5年間海外に住め」
2014年にノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏は2016年6月9日、工学院大学の学生向けに講演を行った。中村氏は「大学生は海外に5年間住んで、日本を外から見てほしい」と語る。(2016/6/10)

プログラミング異種格闘インタビュー(4):
ミドル×IT 50代からのスマホアプリ開発
異業種、異職種ながら、ITやプログラミングで世の中を良くしていこうとチャレンジしている人たちへのインタビューシリーズ。第4ラウンドのテーマは「ミドル×IT」だ。(2016/6/8)

俺たちの情シス第6回リポート:
イマドキの新人に直撃質問! 「PC持ってる?」「老害って、どんな人?」
ITmedia エンタープライズ編集部主催の“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」の第6回を開催しました。今回は旬の新人さんたちが主役。情シスのみなさんの質問に彼らが見せた反応とは……。(2016/6/3)

新しい「出稼ぎ」の形:
PR:北の大地で自給自足生活を目指すプログラマーが選んだ働き方とは?
都会の喧騒(けんそう)から脱出し、大自然に囲まれて、自ら家を建て、田畑を耕す、自給自足の生活をしてみたい――そんな希望をかなえる働き方とは。(2016/4/5)

ハギーのデジタル道しるべ:
PCの使い方が分からない(?)新人にマナーをうまく伝える知恵
システムエンジニア教育や情報セキュリティ教育、コンプライアンス教育、内部不正対策など40年近く手掛けてきた経験からいえる、いまの新人にITリテラシーやマナーを知ってもえるためのヒントとは?(2016/4/1)

星のオーリィ! 京大の折田先生像、今年はカービィに メタナイトからのメッセージ付き
「どうかこれ以上食べ物をあたえないでください メタナイト」。(2016/2/25)

アプリ「卒論 ゲスの極みと恋する乙女の恋愛物語」がストアから消滅
開発元と指摘された会社には見解を問い合わせ中。(2016/1/29)

Twitterで「走れメロス」がまるまる送れちゃう時代へ 1万文字拡大予定で、ユーザーざわめき立つ
140字のTwitter小説「ニンジャスレイヤー」はどうするの?(2016/1/7)

うわっ、私のツイート多すぎ……? Twitter依存度が一目で分かる「日本Twitter廃人ランキング」公開
毎日卒論レベルの文字数をツイートしている人も。(2015/12/15)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(4):
世界初の“凍る”鋳造技術を実用化! 業界常識を覆した町工場の“熱い”挑戦
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。今回は、世界で初めて「凍結鋳造システム」の実用化に成功した株式会社 三共合金鋳造所の取り組みを取材した。(2015/12/11)

「コンサルタント」という生き方:
変革に挑むリーダーの支えが生きがい、“出会い系コンサルタント”の素顔――國生恭子さん
顧客が抱える課題の解決策を提供する職業、コンサルタント。名乗れば誰でもなれる職業ではあるが、その実態はよく分からないという人も多いのでは。今回はリピート率100%という驚異の実績を持つ“プロ”にその仕事内容とこだわりを聞いた。(2015/11/4)

就活のトリセツ(1):
キョーテイ、オワハラ、内々定、研究室推薦――スタート前に知っておきたい「就活のジョーシキ」
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第1章は、押さえておきたい「就活のジョーシキ」を手ほどきしよう。(2015/10/29)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第37回 転職成功とはまだ言えない――ユニクロの店舗システムを支える女性エンジニアの真意
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2015/9/1)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
無料Wi-Fiは危ない? 夏休みに注意するセキュリティ(中編)
夏休みは普段とは異なるネット利用も増える。前回に続いて保護者や子どもが知っておくべき最近の犯罪や危険行為などの特徴と対策や注意点を紹介していこう。(2015/7/24)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
親子で知るべき情報セキュリティの基本とPC、スマホの使い方
今回は「学生」を中心に情報セキュリティの注意事項をご紹介したい。特に親と子どもの間には、意識の違いが存在する。生活が変わる時期でもあるので情報セキュリティの基本について確認してもらえると幸いだ。(2015/3/13)

うぁあああああああああああ 現場に飾られた「ようかい体操第一」の替え歌がつらい
卒論締め切りの季節です。(2015/1/16)

本屋探訪記:近所に欲しい古本屋 学芸大学駅の「SUNNYBOY BOOKS」
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は東京・学芸大学駅の「SUNNYBOY BOOKS」を紹介。(2014/6/27)

始まりは昭和34年:
日立の人なら誰でも知ってる「ケンロン」って何?
日立グループの企業には、社員ならほぼ全員が経験する“名物研修”があるという。50年以上続いている伝統の研修「研論(ケンロン)」とはどのようなものなのか? 日立製作所に取材した。(2014/5/20)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/24)

クールの上を行く「AWESOME AWARD2013」の集計・分析結果、発表
AWESOME JAPANは、2013年度で最もユーザーの心に響いたアニメ/マンガ/劇場アニメ/アニソンを決定する「AWESOME AWARD2013」の集計・分析結果を発表した。(2014/2/26)

ありそうでなかったアプリ:
リクルートの内定者“ミラクル☆ガールズ”が開発――プレゼント動画アプリ「MINMOO」
結婚式や誕生日などにお祝い動画を送ることはよくあるが、「離れた場所にいる家族や友だちの動画を、編集要らずで1本の動画につなげるアプリ」は、ありそうでない。そんなiPhoneアプリが配信されたが、開発したのは4人の現役女子大生だった。(2014/2/8)

卒制・卒論だけで選考する新卒採用試験、チームラボが実施
書類選考も自己PRもなし! 必死に作った卒制や卒論だけで選考してもらえる新卒採用が登場した。(2014/2/3)

同人や卒論のお共に?――締め切りまでユーザーを急かす「進捗アプリ」に注目集まる
冬コミの入稿もこれで管理できるかもしれないぞ!(2013/12/6)

教育ソリューションフォーラム2013リポート:
“非常に薄いが意外に頑丈”A4サイズのデジタルペーパーが狙う市場
「本のデジタル化」ではなく「紙のデジタル化」――ソニーのデジタルペーパー「DPT-S1」はそんなポジションを担っている。果たしてどんな分野でこの製品は注目されているのだろうか。(2013/11/13)

その日、私の仕事はなくなりました 〜僕の業務システム改善日記〜:
「その日、私の仕事はなくなりました」 主な登場人物紹介
(2013/10/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。