ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ミャンマー」最新記事一覧

自然エネルギー:
もみ殻で精米、熱と電力を100%自給
米作への依存度が高いミャンマーは、精米時に必要なエネルギーの調達に苦心している。精米後に残る「もみ殻」をバイオマスとして用い、必要な全エネルギーを得る。このような取り組みをヤンマーが始めた。(2017/3/27)

実証実験に使ったインフラ基盤とは:
PR:大和総研ビジネス・イノベーションがブロックチェーンのエンタープライズ活用を検証した理由と評価、今後の期待
デジタルトランスフォーメーションに向けて、さまざまな銀行や企業が、実証実験を行っている「ブロックチェーン」だが、エンタープライズで活用するためには、機密データを処理するための、サイバーアタックなどに対する万全なセキュリティや、高速に処理するためのパフォーマンスの強化が不可欠とされている。では、これらの課題に応えるシステムには、どのようなインフラ基盤が求められるのだろうか? デジタルトランスフォーメーションに向けてブロックチェーンなど新しい技術やアイデアを検証していく上で必要となる環境とは、どのようなものだろうか?(2017/3/22)

3月1日就職活動解禁:
合同説明会の正しい活用法
3月1日の新卒採用広報活動解禁とともに会社説明会が始まりました。企業説明会や合同説明会があらゆるところで開かれていますが、ほとんどの学生が「ここで何を話し何を聞くべきかが分からない」のだそうです。(2017/3/7)

北朝鮮女スパイの長い歴史を紐解く
日本人を装い旅客機を爆破、ハニートラップ、75歳で現役。著名な3人の北朝鮮女工作員を紹介しよう。(2017/2/17)

頭にそびえ立つ建築物 世界各国の「ミス・ユニバース」衣装がツッコんだら負けだった
どの国も美しい……そして見事なエンターテインメント。(2017/1/28)

「スター・ウォーズ」ファンの科学者ら、新種のテナガザルを「スカイウォーカー」と命名 中国南西部で発見
ルーク・スカイウォーカー役の俳優「いろいろなキャラグッズが出たけど、今度はテナガザルだぞ!」(2017/1/14)

今こそ未来に備えるとき
Fordが自動車開発に活用 急拡大するAR/VRビジネスに必要なスキルとは
自動車メーカーから小売業に至るまで、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)が企業における従業員の働き方や製品の生産方法に変化をもたらしている。具体的な事例を紹介しよう。(2016/12/31)

自然エネルギー:
日本の投資がアフリカへ、躍り出る途上国の再エネ
英米の政府機関と米Bloombergは、発展途上国58カ国を対象とした再生可能エネルギーに関するレポート「Climatescope 2016」を公開した。発展途上国は導入規模、投資のいずれにおいても先進国を超え、地域ごとに独自の成長を見せている。日本からの投資は中東や北アフリカに集中しており、企業では九州電力が目立つ。(2016/12/26)

長期休暇取れたらここに行くんだ…… 「日本人に人気の海外観光スポット」が納得のランキングに
冬休みには行けなかった。(2016/12/25)

中古車増加に対応:
ホンダ、ミャンマーでアフターセールス事業
ホンダは、ミャンマーで4輪車のアフターセールス事業を開始。ホンダ車の登録台数が増加している同国で、質の高いサービスの需要に対応する。(2016/12/19)

年賀状に使いたい! シロフクロウと一緒に写真撮影ができるイベント 東武動物公園で開催!
縁起のいい写真が撮れそう。(2016/11/29)

自然エネルギー:
日本の低炭素技術を発展途上国へ、廃棄物発電や地熱発電を拡大
環境省は日本の強みを生かした地球温暖化対策で国際貢献を果たすため、発展途上国を支援する実行計画(イニシアティブ)をとりまとめた。合計27項目にわたる支援策のうち、日本の低炭素技術を生かしたものが10項目を占める。廃棄物発電や地熱発電、ビルやデータセンターの省エネ設備などだ。(2016/11/18)

CADニュース:
ミャンマーの工科大学で機械CAD授業を実施
ジェイサットコンサルティングは、豊橋設計と共にミャンマーの工科大学マンダレーで、機械CAD授業を運営すると発表した。教育改革が進む同国で、日本の製造業が必要とする、2D図面の理解と3DCAD操作の両方が可能な人材を育成する。(2016/10/3)

省エネ機器:
制度と技術を一体導入、アジア地域の省資源化を実現
NEDOは、アジア地域においてリサイクルなどの資源循環に関する制度や技術の導入を目指した実証事業を開始した。バングラディッシュとミャンマーで実施する。(2016/10/3)

日本型セキュリティの現実と理想:
第30回  日本の終戦までの最後の1年間とサイバーセキュリティの現状の共通点
日本は1945年8月15日に終戦を迎えた。日中戦争に始まる戦いの末期は防戦一方となり、生命線として定めた境界線を突破される状況に追い込まれた。日本にとってこの大きなターニングポイントから、現在のサイバーセキュリティを考えてみたい。(2016/9/1)

ソーラー機で初の世界一周に成功 1年遅れのゴール
2015年6月には名古屋に緊急着陸して話題となった。(2016/7/26)

水曜インタビュー劇場(蚊公演):
フマキラーの蚊取り線香が、なぜインドネシアで売れたのか
フマキラーの海外展開が絶好調だ。アジアや中南米を中心に進出しているが、売り上げはインドネシアがトップ。1990年に進出してから7年間も赤字が続いていたのに、なぜトップブランドに成長することができたのか。(2016/7/6)

約1億年前の鳥の翼を保存した琥珀の研究論文が発表 羽の色や生え方まで分かる保存状態の良さ
歯や爪のある原始的な鳥類、エナンティオルニス類のものだと見られています。(2016/6/29)

「映画とは人生そのもの」 映画フリーク永井豪、漫画との関係性や“文化”としての創作を語りまくる
「映画は最も漫画に近いというか、“映像で伝える”というところが近いと思うんです」。(2016/6/24)

「EZwebは?」「沖縄セルラーは?」「Windows 10 Mobileスマホは?」――KDDI株主総会で出た質問と回答をまとめてみた
株主総会といえば、株主からの質問も大きな注目要素だ。そこで、KDDIの第32期(2015年度)定時株主総会で株主から寄せられた主要な質問とその回答をまとめてみた。(2016/6/22)

勘定データの記録に適用できることを実証:
インフォテリアとテックビューロ、金融機関でのプライベートブロックチェーン実証実験に成功
インフォテリアとテックビューロは、金融機関の勘定データをクラウド上に配置したプライベートブロックチェーンに移行する実証実験に成功。勘定データの記録に同技術を適用できることが実証されたとする。(2016/6/17)

山根康宏の中国携帯最新事情:
スマホシェア世界4位に食い込んだOppo、Xiaomiにない強さとは?
スマホの世界シェアでApple、Samsung、Huaweiに次ぐ4位に食い込んだOppoとはどんなメーカーなのか。かつての勢いを失った振興メーカーの“顔”、Xiaomiとの違いに迫った。(2016/6/7)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDI田中社長「契約者数は増えない。MVNOでUQ頑張って」――au経済圏の流通拡大で、取扱高2兆円超を目指す
KDDIが2016年3月期(2015年度)の決算会見を開催した。会見後、囲み取材に応じた田中孝司社長は何を語ったのか。(2016/5/20)

「実質0円廃止」の影響? 「お客さま体験価値」提供ビジネスを加速するKDDI
2013〜2015年度の3カ年の中期経営目標を達成したKDDI。「実質0円廃止」の影響がこれから出てくることを見越して、2016〜2018年度の中期経営目標では「お客さま体験価値」をより一層重視する姿勢を強めている。(2016/5/13)

太陽光で世界一周を目指す「ソーラー・インパルス2」 ハワイ・カリフォルニア間を飛行し、太平洋横断に成功
バッテリーの故障により、半年以上のあいだフライトを中断していました。(2016/4/25)

本当の顧客は誰か?:
おっさんの胃袋をわしづかみ、“肉撃”ですぐさま利益改善を遂げた大阪王将
中華料理チェーン「大阪王将」などを展開するイートアンドは一昨年、ターゲット顧客と商品戦略の見誤りなどから営業利益を大きく下げた。そこから戦略を練り直し、すぐにV字回復したわけだが、その取り組みとは一体――。(2016/4/21)

PR:ミャンマー国家プロジェクトの金融システムでは、なぜ「手のひら静脈認証」が選ばれたのか?
内部犯行や標的型攻撃による情報漏えい事件は後を絶たないが、「セキュリティ強化」は事業継続に関わる重大な経営課題である。ミャンマーにおける金融システム立ち上げの国家プロジェクトと、そこで採用された富士通の手のひら静脈認証技術から「真に使えるIT」を考える。(2016/4/14)

日本NI新社長 コラーナ マンディップ シング氏:
「計測器メーカーとしてゼネラリストではいけない」
システム開発ソフトウェア「LabVIEW」を中核とする計測プラットフォームを提供する日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)。同社では2016年4月1日付で代表取締役が交代し、池田亮太氏に代わって、コラーナ マンディップ シング氏が就任した。(2016/4/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
ミャンマーの「女帝」アウンサンスーチーはなぜ嫌われるのか
ミャンマーで新政権が発足し、世界中で大きな話題になった。民主活動家・アウンサンスーチー率いる国民民主連盟(NLD)が与党になったわけだが、ここにきて彼女を非難する声があがっている。なぜなら……。(2016/4/7)

視点:
ASEAN経済共同体(AEC)の発足と存在感を増すASEANコングロマリット企業
1番目の目標は「単一の市場 ・ 生産拠点」 はヒト・モノ・カネがASEAN域内で自由に流通し、広域で統合された経済圏を創出することを目指している。(2016/3/15)

現地のサポートは現地の言葉で
「標準化」「一元対応」「マルチリンガル対応」で実現する海外拠点のヘルプデスク
IT部門の右腕ともいえるヘルプデスク。海外進出が加速する中で企業は、その設置をいかに早い段階で進めるべきなのか? そこで望まれるのは、現地社員も確実に利用するための多言語対応だ。(2016/2/1)

2016年は“継続”と“変革”の年?――通信4社の年頭所感
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクグループ、UQコミュニケーションズの社長が、2016年の年頭所感を発表した。競争が厳しさを増す中で、各社は2016年にどう臨むのか。(2016/1/5)

日本人、本当にアンコールワットが大好きだな 「日本人に人気の海外観光スポット2015」発表
美術館・博物館部門の第1位の「オルセー美術館」はなるほど納得。自然スポット第1位は「プリトヴィチェ湖群」……ってど〜こだ?(2015/12/12)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「iPhoneから切り替えてほしい」――エイサーが日本でSIMフリースマホを投入する理由
11月に発売したSIMロックフリースマートフォン「Liquid Z530」で、日本市場への本格参入を果たした日本エイサー。同社が見据える日本のスマートフォン市場と、今後のマーケット戦略とはどのようなものなのか? 同社をリードする楊博光氏と宇佐美慶基氏に聞いた。(2015/11/27)

蓄電・発電機器:
ごみを燃やして年間5200MWhを発電、電力不足とごみ処理課題を同時解決
JFEエンジニアリングは、経済発展に伴うごみ排出量の増加が課題となっているミャンマーヤンゴン市にごみ焼却プラントを建設する。日量60トンの廃棄物を焼却処理し、同時に年間約5200MWhの発電も行うことで、ミャンマーの電力不足も補う計画だ。(2015/11/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
スーチー派が勝っても、ミャンマーが“変われない”理由
ミャンマーで、5年ぶりに総選挙が実施された。地元メディアが「アウンサン・スーチー党首率いる最大野党が優勢」と伝えているので、現地の経済発展が期待されるが、事はすんなりと進むのだろうか。筆者の山田氏は難しいとみている。その理由は……。(2015/11/12)

飛躍:
AECがもたらすASEANヘルスケア産業の未来
AECは、EUがもたらしたような単一経済圏の誕生を意味するのか、それとも同床異夢の加入国の意向が折り合わず、これまでと変わらない事業環境が続くのか。ヘルスケア産業にもたらすであろう変化と、そこで生まれる事業機会とは?(2015/9/15)

キリン、ミャンマーのビール最大手を買収 約700億円
キリンホールディングスがミャンマーのビール最大手Myanmar Breweryを約697億円で買収。(2015/8/19)

じぇじぇじぇはそのまま! 「あまちゃん」がフィリピンで10月から放送開始、初の吹き替え版
「おしん」以来25年ぶり。(2015/8/18)

ワレ真珠湾ニ奇襲セズ!:
米と戦わず英蘭と戦わば勝てたのか?──艦これ提督的ウォーゲーム要務令「大東亜戦争」編
敗戦から70年の日に大東亜戦争のIFに思いをはせる。海軍と陸軍が対立しなければ日本は勝つことができるか。その1つのヒントをボードウォーゲームに求めてみる。(2015/8/15)

新領域も成長中:
2台目+データ増収で好調のKDDI、次の一手はロボット?電力? 2年縛りにも言及
過去最高益という第1四半期決算を発表したKDDI。3M戦略による2台目需要で、タブレット販売とデータ収入が増益に寄与したほか、auスマートパスやau WALLETなどの付加価値領域も順調だ。(2015/8/11)

最大で2万ドルの報奨金:
LINE、脆弱性の公募プログラム実施を発表
LINEは2015年8月5日、ユーザーが発見した脆弱性の公募プログラム「LINE Bug Bounty」の実施を発表した。脆弱性の報告者には、最大で2万ドルの報奨金が支払われるという。(2015/8/5)

FAニュース:
ミャンマーに電力・配電用変圧器を手掛ける合弁会社を設立
日立産機とミャンマーのSoe Electric & Machineryは、電力・配電用変圧器事業を中心とする合弁会社設立の契約を締結した。協業関係を強化し、近年高まるミャンマーの変電・配電設備の需要に応える。(2015/7/30)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
シンクライアント導入で重要なのはデジタル化でやりきるという“志”
アナログの情報をデジタル化することで、ネットワークを介し、いつでも、誰でも、どこにいても、同じタイミングで情報を利用できるようになる。そのためには、シンクライアント活用という手法がある。(2015/7/7)

PR:次世代ICTインフラの姿とは――ミャンマーの金融プロジェクトから学ぶ
大和総研のミャンマー金融ICTインフラ構築プロジェクトを率いた伊藤慶昭氏を講師に招き、「ミャンマープロジェクトに学ぶ、次世代ITインフラストラクチャーの条件」と題した勉強会が開催された。ミャンマーの特殊な環境下でのICTインフラ構築プロジェクトの過程で、次世代のICTインフラの姿が浮かび上がってきたという。(2015/6/22)

au WALLETは1200万契約突破:
KDDI、第31期株主総会を開催 第32期は「3M戦略」と「グローバル戦略」をさらに“深化”
KDDIは6月17日、第31期定時株主総会を開催した。来場した株主からは、基地局などへの設備投資、料金プラン、SIMロック解除義務化などに関する質問が寄せられた。(2015/6/18)

ETWest 2015:
バズワードを脱した「IoT」はどんな価値を生むのか
IoT導入に向けたリファレンス作りや標準化団体活動に力を入れるインテルが、ETWset 2015にて講演を行った。「バズワードは脱した」という、IoTはどのような価値を創造するのか。常務執行役員 平野浩介氏が語った。(2015/6/12)

アジア女性の最先端層へアプローチ:
アジア7カ国から情報感度の高い女性約50人が結集、「博報堂亜女子会議」
博報堂はアジアの女性たちのネットワークを独自に構築。2015年6月9日、「博報堂亜女子会議」として本格活動を開始した。(2015/6/9)

KDDI、ミャンマーで「海外ダブル定額」を開始
KDDIは、ミャンマーで「海外ダブル定額」を開始した。4G LTE対応のスマホやタブレットで、1日単位の定額パケット通信が利用できる。(2015/6/1)

過去最高益を達成したKDDI――収益指標は「ARPU」から「ARPA」へ
KDDIが2015年3月期決算を発表した。ユーザー数拡大と、スマホ移行に支えられ、過去最高益を達成した。2015年度はサービスのマルチデバイス利用を推進することで、ユーザーアカウントあたりの平均収入「ARPA」拡大を目指す。(2015/5/12)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。