ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日本ユニシス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本ユニシス」に関する情報が集まったページです。

将来的には生産管理現場のモニタリングデバイスを目指す:
写真と一緒に温度や雨量などを測定――日本ユニシスが農地モニタリングIoT機器を手掛けるKAKAXI社に出資
日本ユニシスは、農地モニタリングIoT機器を開発するKAKAXI社に出資した。日本国内でKAKAXIの事業展開を支援する他、同機器を農地のモニタリングだけでなく、あらゆる生産管理現場のモニタリングデバイスとして広める。(2018/5/10)

システム運用の判断業務をAIで自動化 エンジニアの呼び出し要否を判断――日本ユニシスと日立が共同検証
日本ユニシスと日立が、システム障害に対するエンジニアの呼び出し要否の判断をAIで自動化する共同検証を開始。金融機関の基幹システムの本番運用環境で行い、機械学習したAIが判断するとともに、オペレーターの判断を継続的に学習しながら判断精度の向上を図る。(2018/4/6)

3Dプリンタニュース:
カラーやテクスチャ機能を強化したポリゴンデータ編集ソフト「POLYGONALmeister Ver3.0.0」発売
日本ユニシス・エクセリューションズは、ポリゴンデータ編集ソフトウェアの最新版「POLYGONALmeister Ver3.0.0」を発売した。カラーおよびテクスチャ機能を強化し、カラー3Dスキャナー、カラー3Dプリンタをサポートする。(2018/3/28)

西武鉄道ら、警備ロボットを使った実証実験へ
西武鉄道とアースアイズ、日本ユニシスは共同で、警備ロボットを使った実証実験を行う。(2018/3/7)

組み込み開発ニュース:
安全性解析手法STAMP/STPAの使いこなし方、日本ユニシスが社内展開へ
日本ユニシスは、IoTなどによって複雑化するシステムの安全性解析手法として注目される「STAMP/STPA」をより具体的に運用するための研究成果を披露した。(2018/3/2)

「部下は何も考えていない」と思っていませんか?:
PR:リーダーは「部下のための10分」を作れ! チームを変えるコーチングの力
欧米では一般的になっている「コーチング」。日本企業ではどのような力を発揮するのか? 日本ユニシスの川端絵美さんに聞いた。(2018/2/14)

IT活用:
斜面が水路に与える影響をセンサー監視、伊豆の水力発電所で
日本ユニシスが東京発電が保有する水力発電所に「斜面状態モニタリングサービス」を実証導入。斜面の状態変化が水路設備にもたらす影響をモニタリングし、監視手法としての有効性を検証する。(2018/2/9)

札幌市円山動物園で「けものフレンズ」ARポストカード販売 ロボットが撮影
日本ユニシスは「けものフレンズ」のARポストカードを札幌市円山動物園で販売する。(2018/2/5)

CADニュース:
金型設計向け3D CAD・CAMシステム「CADmeister V12.1」、グループ操作機能を強化
日本ユニシス・エクセリューションズは、3次元統合CAD・CAMシステム「CADmeister」の新バージョン「V12.1」を発売した。グループ操作時に、下位グループに所属する要素を一括で選択できる機能などを追加した。(2018/2/5)

製造ITニュース:
IoTデバイスの稼働管理・運用の自動化が可能な管理ツールを発表
日本ユニシスとユニアデックスは、IoTデバイスの稼働管理や運用の自動化が可能な「IoTビジネスプラットフォーム IoTデバイス管理機能」の提供を開始する。(2017/2/16)

CADニュース:
3次元統合CAD/CAMシステム「CADmeister V11.1」を発表、モデリング機能改善など
日本ユニシス・エクセリューションズは、3次元統合CAD/CAMシステム「CADmeister」の最新版V11.1を発売した。部品の一括配置機能など、モデリングを効率化する機能群を強化するとともに、シェーディング機能の処理効率を改善している。(2017/2/10)

製造ITニュース:
chemSHERPAに対応する製品含有化学物質管理システムの最新版
日本ユニシス・エクセリューションズは、製品含有化学物質管理システム「グリーン調達マイスター」の最新版V7.0を2017年2月下旬から発売する。環境負荷物質情報調査のための新スキーム「chemSHERPA」に対応する。(2017/2/3)

3Dプリンタニュース:
形状修正工数を大幅に削減する、ポリゴン編集ソフトの新バージョン
日本ユニシス・エクセリューションズは、ポリゴン編集ソフトウェア「POLYGONALmeister」の新バージョンを発表した。クリーニングの自動修正機能が向上し、写真から簡単にレリーフ作成できる機能が新たに搭載された。(2017/1/16)

サービタイゼーション:
IoT活用サービスはどうすれば設計できるのか、日本ユニシスが初期段階をガイド化
日本ユニシスは、同社の総合技術研究所を中心とする研究開発の取り組みを披露する「R&D見本市」において、IoT活用サービスの設計にも役立てられる「デザイン思考によるサービスデザイン」を紹介した。(2016/12/7)

情報化施工:
必要なのは電源だけ、屋外現場の映像監視を簡単・低コストに
日本ユニシスは屋外現場向けの映像監視サービス「スマートユニサイト」の提供を開始した。通信モジュールが一体化したカメラを利用することで、ネットワーク工事不要で電源さえ確保できれば導入できる簡易性が特徴だ。カメラのレンタル費、通信費などを含めて月額1万円から利用できる。(2016/12/6)

人工知能ニュース:
日本ユニシスがAI技術「Rinza」を体系化、工場やインフラの予兆検知にも適用へ
日本ユニシスは、情報活用ソリューションの提供や研究開発活動で培ってきた人工知能(AI)関連技術と知見を「Rinza」として体系化した。Rinzaを活用した具体的なサービスとして「知的エージェントサービス」を発表する一方で、今後は工場やインフラの予兆検知にも適用していきたい考えだ。(2016/11/29)

BIM/CAD:
3D CADにVR空間画像の出力機能、提案力向上に
建造物のプレゼンテーションにVR(バーチャルリアリティ)を活用しようという動きが進んでいる。日本ユニシス・エクセリューションズは同社の住宅用3D CAD「DigiD」のオプションソフトの新版、VR空間画像の出力機能を追加した。(2016/8/19)

蓄電・発電機器:
台風や爆弾低気圧でも発電、IoTと機械学習を活用する次世代風力
一般的なプロペラ型の風力発電機は台風などの強風時には稼働できないーー。こうした常識を覆すユニークな風力発電機を開発しているのがベンチャー企業のチャレナジーだ。同社は以前から開発を進めている「垂直軸型マグナス風力発電機」の実用化に向け、沖縄県で日本ユニシスと共同で実証試験を開始する。発電機の性能を検証するだけでなく、同時にIoTや機械学習を活用した「風力発電サービス」の開発も目指す計画だ。(2016/5/31)

視覚障がい者の読書を支援 大日本印刷などが電子図書館システムを開発
大日本印刷(DNP)、日本ユニシスなどの4社は視覚障がい者の読書を支援する電子図書館システムを開発した。(2016/5/17)

日本ユニシス MartSolution:
BIツールのレポーティング機能を強化、データマイニングも可能に
日本ユニシスは情報系構築支援ツール「MartSolution」に、レポーティングツールの新バージョン「MartBrowser v3」を追加した。(2016/4/15)

ヤマダ電機でサービスロボット「NAVII」の実証実験、業務支援の貢献度を確認
日本ユニシスは米Fellow Robotsのサービスロボット「NAVII」(ナビー)を用いた実証実験を、家電量販店のヤマダ電機で行う。来客への効果の他、従業員の業務支援貢献を検証する。(2016/2/3)

3次元ツールニュース:
日本人が安心して使えるポリゴン編集ソフト、ラインアップ拡充
日本ユニシス・エクセリューションズは、ポリゴンデータ編集ツール「POLYGONALmeister」の製品ラインアップを拡充し、新たに「Editor」「Simplifier」「Cleaner Plus」の販売を開始した。(2015/10/1)

電気自動車:
乗り捨て可能なEVのカーシェアリング実証、20台の車両を神戸市に
神戸市で電気自動車や小型モビリティを利用したカーシェアリングの実証実験がスタートする。乗り捨て利用が可能なワンウェイ型のカーシェアリングなのが特徴で、実施事業者は六甲産業、日本ユニシス、ユビテック、三菱重工業の4社だ。(2015/8/20)

電気自動車:
EVの充電しやすさとCO2削減効果の関連性、愛知県で検証開始
トヨタメディアサービスと豊田自動織機、日本ユニシスの3社は、電気自動車やハイブリッド車などの次世代自動車の利用促進に向けプラットフォーム事業の実証を2015年7月から開始した。(2015/7/21)

3次元ツールニュース:
UIを刷新し、利便性を高めたポリゴン編集ソフト「POLYGONALmeister」
日本ユニシス・エクセリューションズ(UEL)は、ポリゴンデータ編集ソフトウェア「POLYGON EDITOR」を刷新し、新しい製品ラインアップとして「POLYGONALmeister(ポリゴナルマイスター)」の販売開始を発表した。(2015/6/22)

ドアに“スマホ錠”で、ビルの空き部屋をワークスペースに 日本ユニシスが実証実験
ドアに貼るだけで、サムターン付きドア錠が「スマホで開閉できるドア錠」になる「Akerun」。日本ユニシスが、このスマホ錠を活用した無人型ワーキングスペースの実証実験を開始する。(2015/6/4)

松岡功の時事日想:
“空気の読める人工知能”が稼働、「未来の会議室」はこう変わる
ぐだぐだなブレスト会議にNO!──日本ユニシスと大日本印刷が「空気が読めるコンピュータをつくろう」プロジェクトをベースにした「未来の会議室」の開発に乗り出した。どんな仕組みか、今後どうなるか。概要とイメージを解説する。(2014/6/18)

導入事例:
スルガ銀行、オープン系の新基幹システムを稼働をスタート
スルガ銀行が、日本ユニシスの次世代オープン勘定系システム「BankVision」を中核とした新基幹系システムを稼働開始した。(2014/1/6)

日本ユニシス、グループ子会社を再編
2014年3月1日付でネットマークスがユニアデックスに吸収合併されることになった。(2013/11/27)

クラウド型電子図書館サービス DNP、日本ユニシスなどが提供
クラウド型の電子図書館サービスをDNP、日本ユニシス、図書館流通センター、丸善が来年4月から共同で提供する。(2013/10/29)

電気自動車:
1200年の歴史がある鹿児島の離島に電気自動車、太陽光との組み合わせなるか
薩摩川内市は日本ユニシスの協力を得て、市内の離島、甑島で電気自動車を利用した実証事業を開始した。市独自の取り組みと国土交通省の支援事業の2つを同時期に同じ場所で進める。(2013/8/2)

カメレオンコードを活用したO2Oサービス、日本ユニシスがテストマーケティングを実施
日本ユニシスは、2次元カラーコードを活用した、位置情報サービスや電子クーポン、ポイントラリーなどのO2Oサービスのテストマーケティングを「'13食博覧会・大阪」で実施する。(2013/4/26)

電気自動車:
1枚のカードで複数の充電サービスをカバー、3社が共同
利用しやすい充電サービスの拡大、これが電気自動車の普及に役立つ。JTBコーポレートセールスと日本ユニシス、充電網整備推進機構の3社は、これまで運営してきたサービスを共通で利用可能なカードを発行、このようなニーズに応えた。(2013/4/4)

ユーザーの指示がタクシーに直接届く配車システム、日本ユニシスが提供
ユーザーが配車オペレーターを介さずタクシーを直接呼べるスマートフォンアプリを日本ユニシスが提供する。(2013/2/25)

日本文化を英語で解説、「Samurai Style」のiOS向け電子書籍が登場
学研パブリッシングと日本ユニシスが提供する「Samurai Style」のiOS版電子書籍が登場。Android版も含めて期間限定のセールも行う。(2013/2/15)

Weekly Memo:
異業種提携にみるクラウドビジネスの行方
大日本印刷と日本ユニシスが先週、共同で業務提携に関する会見を開いた。クラウドビジネスの観点からみても、この提携は非常に興味深い動きといえそうだ。(2013/1/21)

日本ユニシスとDNP、異業種提携で2016年に500億円規模のビジネス創出へ
日本ユニシスと同社に資本参加した大日本印刷が業務提携の方針を発表した。ITサービスの強化やマーケティングソリューションなどの新規ビジネスの創出を目指すという。(2013/1/16)

MSと6社、SQL Server SSD Applianceを発売
SQL Server 2012とSSDを利用するデータベースアプライアンスを、SCSK、ソフトバンク・テクノロジー、デル、東芝ソリューション、日本HP、日本ユニシスが販売する。(2012/12/17)

日本ユニシスグループが提供する「究極のシンクライアント」
仮想デスクトップを「速く」かつ「安く」実現する方法とは
クライアントPC周りのさまざまな課題を解決できるVDIだが、一方で性能やコストの課題も多く指摘されている。日本ユニシスグループでは、こうした課題を一気に解決する「究極のVDIソリューション」を提供しているという。(2012/10/2)

日本ユニシス、購買・調達業務に特化したデータ分析ソリューションを発売
購買実績データの「見える化」のみならず、購買/調達部門が行うべき分析業務や意思決定業務を支援するという。(2012/9/18)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
ビジネスモデルの転換を急ぐ日本ユニシス
従来型のシステム開発やSIサービスからの脱却を図るため、日本ユニシスは新たな方向に大きく舵を切った。(2012/8/21)

無線通信技術 RFID:
JRA 美浦・栗東トレセンで稼働中!! ICタグによる新計測方式を採用した「坂路調教タイム自動計測システム」
日本ユニシスは、日本中央競馬会(JRA)の「坂路調教タイム自動計測システム(ALIS)」向けに、ICタグによる新しい計測方式を導入したことを発表。茨城県の美浦トレーニング・センターと滋賀県の栗東トレーニング・センターで稼働している。(2012/8/15)

DNPが日本ユニシス筆頭株主に
大日本印刷と日本ユニシスが業務提携。DNPは日本ユニシスの筆頭株主に。(2012/8/9)

日本ユニシス、商品の売上高と“市場の声”を比較分析できるソフトを発売
SNS上のユーザー投稿やコールセンターの対話履歴などを一元管理し、商品の売上高などと比較分析できるというソフトを日本ユニシスが発売。(2012/8/6)

TwitterやFacebookと一線を画す――未来の出来事でつながるソーシャルメディアの可能性
ユーザーに未来の出来事を提案するソーシャルメディア「Fture.me」を日本ユニシスが立ち上げた。「セレンディピティ(偶然の出会いや発見)」を通じてユーザー同士やユーザーと企業を結ぶ仕組みを目指すという。(2012/6/27)

BI製品紹介:日本ユニシス
顧客分析や需要予測に効果を発揮する国産データマイニング「MiningPro21」
大量のデータに潜む相関ルールや頻出パターンを自動的に分類・解析することで、隠れた有用な関係性を抽出するデータマイニング。日本ユニシスは20年以上前からその有効性を訴えてきた。(2012/5/18)

北國銀行がオープン系の営業店システムを導入へ
日本ユニシスの「Bank_FIT-NE」を採用。勘定系システムにもユニシス製品を採用している。(2012/4/12)

ソースネクスト、プリペイドカード方式でAndroidアプリを販売
ソースネクストが、ティーガイア、日本ユニシスとともに、Android向けアプリの新たな流通網を開拓する。それがギフトカードモールを活用したプリペイドカード方式での販売だ。ケータイショップの店頭などでアプリがダウンロードできるカードを販売する。(2012/4/9)

導入事例:
富国生命、人事・給与システムをクラウド化へ
ワークスアプリケーションズと日本ユニシスの製品およびサービスを組み合わせた環境を構築する。(2012/3/21)

トライネット・ロジスティクス、ERPをクラウド環境に移行
三井物産グループのトライネット・ロジスティクスが、ERPの稼働環境を日本ユニシスのIaaS上に構築した。(2012/3/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。