ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日本ユニシス」最新記事一覧

蓄電・発電機器:
台風や爆弾低気圧でも発電、IoTと機械学習を活用する次世代風力
一般的なプロペラ型の風力発電機は台風などの強風時には稼働できないーー。こうした常識を覆すユニークな風力発電機を開発しているのがベンチャー企業のチャレナジーだ。同社は以前から開発を進めている「垂直軸型マグナス風力発電機」の実用化に向け、沖縄県で日本ユニシスと共同で実証試験を開始する。発電機の性能を検証するだけでなく、同時にIoTや機械学習を活用した「風力発電サービス」の開発も目指す計画だ。(2016/5/31)

視覚障がい者の読書を支援 大日本印刷などが電子図書館システムを開発
大日本印刷(DNP)、日本ユニシスなどの4社は視覚障がい者の読書を支援する電子図書館システムを開発した。(2016/5/17)

日本ユニシス MartSolution:
BIツールのレポーティング機能を強化、データマイニングも可能に
日本ユニシスは情報系構築支援ツール「MartSolution」に、レポーティングツールの新バージョン「MartBrowser v3」を追加した。(2016/4/15)

ヤマダ電機でサービスロボット「NAVII」の実証実験、業務支援の貢献度を確認
日本ユニシスは米Fellow Robotsのサービスロボット「NAVII」(ナビー)を用いた実証実験を、家電量販店のヤマダ電機で行う。来客への効果の他、従業員の業務支援貢献を検証する。(2016/2/3)

3次元ツールニュース:
日本人が安心して使えるポリゴン編集ソフト、ラインアップ拡充
日本ユニシス・エクセリューションズは、ポリゴンデータ編集ツール「POLYGONALmeister」の製品ラインアップを拡充し、新たに「Editor」「Simplifier」「Cleaner Plus」の販売を開始した。(2015/10/1)

電気自動車:
乗り捨て可能なEVのカーシェアリング実証、20台の車両を神戸市に
神戸市で電気自動車や小型モビリティを利用したカーシェアリングの実証実験がスタートする。乗り捨て利用が可能なワンウェイ型のカーシェアリングなのが特徴で、実施事業者は六甲産業、日本ユニシス、ユビテック、三菱重工業の4社だ。(2015/8/20)

電気自動車:
EVの充電しやすさとCO2削減効果の関連性、愛知県で検証開始
トヨタメディアサービスと豊田自動織機、日本ユニシスの3社は、電気自動車やハイブリッド車などの次世代自動車の利用促進に向けプラットフォーム事業の実証を2015年7月から開始した。(2015/7/21)

3次元ツールニュース:
UIを刷新し、利便性を高めたポリゴン編集ソフト「POLYGONALmeister」
日本ユニシス・エクセリューションズ(UEL)は、ポリゴンデータ編集ソフトウェア「POLYGON EDITOR」を刷新し、新しい製品ラインアップとして「POLYGONALmeister(ポリゴナルマイスター)」の販売開始を発表した。(2015/6/22)

ドアに“スマホ錠”で、ビルの空き部屋をワークスペースに 日本ユニシスが実証実験
ドアに貼るだけで、サムターン付きドア錠が「スマホで開閉できるドア錠」になる「Akerun」。日本ユニシスが、このスマホ錠を活用した無人型ワーキングスペースの実証実験を開始する。(2015/6/4)

松岡功の時事日想:
“空気の読める人工知能”が稼働、「未来の会議室」はこう変わる
ぐだぐだなブレスト会議にNO!──日本ユニシスと大日本印刷が「空気が読めるコンピュータをつくろう」プロジェクトをベースにした「未来の会議室」の開発に乗り出した。どんな仕組みか、今後どうなるか。概要とイメージを解説する。(2014/6/18)

導入事例:
スルガ銀行、オープン系の新基幹システムを稼働をスタート
スルガ銀行が、日本ユニシスの次世代オープン勘定系システム「BankVision」を中核とした新基幹系システムを稼働開始した。(2014/1/6)

日本ユニシス、グループ子会社を再編
2014年3月1日付でネットマークスがユニアデックスに吸収合併されることになった。(2013/11/27)

クラウド型電子図書館サービス DNP、日本ユニシスなどが提供
クラウド型の電子図書館サービスをDNP、日本ユニシス、図書館流通センター、丸善が来年4月から共同で提供する。(2013/10/29)

電気自動車:
1200年の歴史がある鹿児島の離島に電気自動車、太陽光との組み合わせなるか
薩摩川内市は日本ユニシスの協力を得て、市内の離島、甑島で電気自動車を利用した実証事業を開始した。市独自の取り組みと国土交通省の支援事業の2つを同時期に同じ場所で進める。(2013/8/2)

カメレオンコードを活用したO2Oサービス、日本ユニシスがテストマーケティングを実施
日本ユニシスは、2次元カラーコードを活用した、位置情報サービスや電子クーポン、ポイントラリーなどのO2Oサービスのテストマーケティングを「'13食博覧会・大阪」で実施する。(2013/4/26)

電気自動車:
1枚のカードで複数の充電サービスをカバー、3社が共同
利用しやすい充電サービスの拡大、これが電気自動車の普及に役立つ。JTBコーポレートセールスと日本ユニシス、充電網整備推進機構の3社は、これまで運営してきたサービスを共通で利用可能なカードを発行、このようなニーズに応えた。(2013/4/4)

ユーザーの指示がタクシーに直接届く配車システム、日本ユニシスが提供
ユーザーが配車オペレーターを介さずタクシーを直接呼べるスマートフォンアプリを日本ユニシスが提供する。(2013/2/25)

日本文化を英語で解説、「Samurai Style」のiOS向け電子書籍が登場
学研パブリッシングと日本ユニシスが提供する「Samurai Style」のiOS版電子書籍が登場。Android版も含めて期間限定のセールも行う。(2013/2/15)

Weekly Memo:
異業種提携にみるクラウドビジネスの行方
大日本印刷と日本ユニシスが先週、共同で業務提携に関する会見を開いた。クラウドビジネスの観点からみても、この提携は非常に興味深い動きといえそうだ。(2013/1/21)

日本ユニシスとDNP、異業種提携で2016年に500億円規模のビジネス創出へ
日本ユニシスと同社に資本参加した大日本印刷が業務提携の方針を発表した。ITサービスの強化やマーケティングソリューションなどの新規ビジネスの創出を目指すという。(2013/1/16)

MSと6社、SQL Server SSD Applianceを発売
SQL Server 2012とSSDを利用するデータベースアプライアンスを、SCSK、ソフトバンク・テクノロジー、デル、東芝ソリューション、日本HP、日本ユニシスが販売する。(2012/12/17)

日本ユニシスグループが提供する「究極のシンクライアント」
仮想デスクトップを「速く」かつ「安く」実現する方法とは
クライアントPC周りのさまざまな課題を解決できるVDIだが、一方で性能やコストの課題も多く指摘されている。日本ユニシスグループでは、こうした課題を一気に解決する「究極のVDIソリューション」を提供しているという。(2012/10/2)

日本ユニシス、購買・調達業務に特化したデータ分析ソリューションを発売
購買実績データの「見える化」のみならず、購買/調達部門が行うべき分析業務や意思決定業務を支援するという。(2012/9/18)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
ビジネスモデルの転換を急ぐ日本ユニシス
従来型のシステム開発やSIサービスからの脱却を図るため、日本ユニシスは新たな方向に大きく舵を切った。(2012/8/21)

無線通信技術 RFID:
JRA 美浦・栗東トレセンで稼働中!! ICタグによる新計測方式を採用した「坂路調教タイム自動計測システム」
日本ユニシスは、日本中央競馬会(JRA)の「坂路調教タイム自動計測システム(ALIS)」向けに、ICタグによる新しい計測方式を導入したことを発表。茨城県の美浦トレーニング・センターと滋賀県の栗東トレーニング・センターで稼働している。(2012/8/15)

DNPが日本ユニシス筆頭株主に
大日本印刷と日本ユニシスが業務提携。DNPは日本ユニシスの筆頭株主に。(2012/8/9)

日本ユニシス、商品の売上高と“市場の声”を比較分析できるソフトを発売
SNS上のユーザー投稿やコールセンターの対話履歴などを一元管理し、商品の売上高などと比較分析できるというソフトを日本ユニシスが発売。(2012/8/6)

TwitterやFacebookと一線を画す――未来の出来事でつながるソーシャルメディアの可能性
ユーザーに未来の出来事を提案するソーシャルメディア「Fture.me」を日本ユニシスが立ち上げた。「セレンディピティ(偶然の出会いや発見)」を通じてユーザー同士やユーザーと企業を結ぶ仕組みを目指すという。(2012/6/27)

BI製品紹介:日本ユニシス
顧客分析や需要予測に効果を発揮する国産データマイニング「MiningPro21」
大量のデータに潜む相関ルールや頻出パターンを自動的に分類・解析することで、隠れた有用な関係性を抽出するデータマイニング。日本ユニシスは20年以上前からその有効性を訴えてきた。(2012/5/18)

北國銀行がオープン系の営業店システムを導入へ
日本ユニシスの「Bank_FIT-NE」を採用。勘定系システムにもユニシス製品を採用している。(2012/4/12)

ソースネクスト、プリペイドカード方式でAndroidアプリを販売
ソースネクストが、ティーガイア、日本ユニシスとともに、Android向けアプリの新たな流通網を開拓する。それがギフトカードモールを活用したプリペイドカード方式での販売だ。ケータイショップの店頭などでアプリがダウンロードできるカードを販売する。(2012/4/9)

導入事例:
富国生命、人事・給与システムをクラウド化へ
ワークスアプリケーションズと日本ユニシスの製品およびサービスを組み合わせた環境を構築する。(2012/3/21)

トライネット・ロジスティクス、ERPをクラウド環境に移行
三井物産グループのトライネット・ロジスティクスが、ERPの稼働環境を日本ユニシスのIaaS上に構築した。(2012/3/12)

導入事例:
ヤマハ、グローバルサイトの運用管理にクラウドを採用
日本ユニシスのIaaSとSDL・TridionのWebコンテンツ管理のサービスを組み合わせて利用する。(2012/3/1)

「バドミントン日本リーグ2011」 日本ユニシス対NTT東日本をライブ配信
いしかわ総合スポーツセンター(石川県金沢市)で開催される「バドミントン日本リーグ2011」をライブ配信する。日本ユニシス対NTT東日本の試合を届ける。配信は12月18日13時0分〜。(2011/12/14)

朝日信用金庫、国際勘定系システムを刷新
日本ユニシスの次世代国際勘定系システム「OpenE'ARK」を導入し、2012年度下期に稼働を開始する。(2011/11/25)

「バドミントン日本リーグ2011」 日本ユニシス対広島ガスをライブ配信
徳島アミノバリューホール(徳島県鳴門市)で開催される「バドミントン日本リーグ2011」をライブ配信する。日本ユニシス対広島ガスの試合の模様を届ける。配信は11月12日13時0分〜。(2011/11/10)

東京東信用金庫の勘定系システムとして日本ユニシスの「SBI21」が稼働
東京東信用金庫は日本ユニシスの勘定系システム「SBI21」を導入。信用金庫のニーズに柔軟に対応するシステムになるという。(2011/9/28)

日本ユニシス、ユーザーと共同開発した信金系リース会社向けの基幹システムを発売
リース業界向け基幹システム「LeaseCreation」をベースに、信用金庫系のリース会社に必要な機能をパッケージ化した。(2011/9/22)

日本ユニシスとワークスアプリケーションズ、ERPパッケージの販売で協業
日本ユニシスは、ワークスアプリケーションズのERPパッケージの代理店販売を開始したほか、同パッケージのクラウド基盤を提供した。(2011/8/1)

日本ユニシスと日本図書館協会、「電子書籍を活用した東日本大震災復興支援サイト」を開設
日本ユニシスと日本図書館協会は、東日本大震災の被災地域に向けて「電子書籍を活用した東日本大震災復興支援サイト」を共同で開設した。(2011/5/24)

3銀行で日本ユニシスの国際勘定系システムの共同利用がスタート
肥後銀行と山陰合同銀行、みちのく銀行は、日本ユニシスの国際勘定系システム「OpenE'ARK」の共同利用を開始した。(2011/5/23)

在宅勤務向けにリモートアクセスツールを無償提供――日本ユニシス
日本ユニシスは、通勤困難者が発生した企業や団体向けにリモートアクセスツールを3カ月間無償提供する。(2011/3/28)

電気自動車:
兼松と日本ユニシス、EV向け充電インフラシステムサービス連携で合意
両社は大阪府の協力のもとでEV向け充電インフラシステムサービスについて相互に連携を図る。 (2011/2/1)

給付金の支払いを迅速化、富国生命がイメージワークフローシステムを導入
富国生命は、査定業務の精度向上と給付金支払いの迅速化を目的に、日本ユニシスと「給付金イメージワークフローシステム」を開発した。(2011/1/25)

プライベートクラウドソリューション最前線【第5回】
あらゆるOSやハイパーバイザーを自前でサポート――日本ユニシスのプライベートクラウド
クラウド時代を予見し、いち早くクラウドサービスプロバイダーとなった日本ユニシス。同社は、マルチベンダーならではの豊富なバリエーションでプライベートクラウドを展開する。(2010/12/27)

ポスト鳩山政権の見極め方――東大の伊藤元重教授
日本ユニシスは年次フォーラム「BITS2010」を都内のホテルで開催した。ポスト鳩山政権を日本国民が見極めるための4つのポイントを指摘した。(2010/6/4)

アスリートという働き方:
引退後も戦力になる人材育成――日本ユニシスバドミントン部
冬季オリンピック、FIFAワールドカップ――。2010年は、さまざまな競技に注目が集まる年だ。しかし不況の昨今、金銭的な面でスポーツ界は存続自体がなかなか厳しく、廃部や企業のスポンサー撤退も珍しくない。スポーツを職業としている人たちは、どんな働き方をしているのだろうか。今回は日本ユニシス実業団バドミントン部を訪ねた。(2010/3/16)

NEWS
日本ユニシス、企業向け教育プラットフォームサービスに英語表示やお知らせ機能を追加
日本ユニシスは、社員研修の申し込みや受講履歴管理を行うSaaS型教育プラットフォームの最新版を提供開始した。アップデート版では、英語表示機能や管理者からのお知らせ機能を追加した。(2010/3/16)

ユニシスとラック、情報セキュリティのeラーニングを提供へ
日本ユニシスとラックが協業し、情報セキュリティのeラーニングサービスを提供すると発表した。(2010/3/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。