ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Nikon 1」最新記事一覧

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月15日〜8月21日):
デジタル一眼ランキングにキヤノン「EOS M10 ダブルズームキット」が初登場
デジタル一眼ランキングはオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が5連覇。キヤノン「EOS M10 ダブルズームキット」が10位に初ランクインした。(2016/8/29)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月8日〜8月14日):
オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が総合ランキング4連覇
デジタル一眼ランキングはオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が強い。ソニーの「α5000 ダブルズームキット」と「α6000 ダブルズームキット」が共にトップ10入り。(2016/8/22)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月1日〜8月6日):
オリンパス「PEN Lite E-PL7」が人気、2つのレンズキットが5週連続トップ10入り
デジタル一眼ランキングはオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が3連覇。もう1つのレンズキット「PEN Lite E-PL7 EZレンズキット」も5週連続でトップ10入りしている。(2016/8/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月25日〜7月31日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」2連覇
先週、初めてデジタル一眼ランキングを制したオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が2連勝。(2016/8/8)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月18日〜7月24日):
オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が初のトップ
デジタル一眼ランキングをオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が初制覇。オリンパス機が1位になるのは11カ月ぶり。(2016/8/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月11日〜7月17日):
一眼ランキングまた首位が交代、キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」1週で返り咲き
デジタル一眼ランキングは、またトップが替わった。先週、ニコン「D5500 ダブルズームキット」に奪われた1位の座をキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が奪い返した。(2016/7/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月4日〜7月10日):
一眼ランキング、ニコン「D5500 ダブルズームキット」が首位に
デジタル一眼ランキングは、キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」がトップから後退。替わって8週ぶりにニコン「D5500 ダブルズームキット」が制した。(2016/7/18)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月20日〜6月26日):
一眼ランキング2位争い、オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」譲らず
デジタル一眼ランキング、先週初めて2位になったオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」は順位をキープ。トップ3は先週と同じ顔ぶれとなった。(2016/7/4)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月6日〜6月12日):
一眼ランキングに「Nikon 1 J5」が9週ぶりランクイン、ニコンじわり攻勢
デジタル一眼ランキングは1位から6位まで先週と変わらずおとなしい動き。10位にニコン「Nikon 1 J5 ダブルレンズキット」がおよそ2カ月半ぶりに帰ってきた。(2016/6/20)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月4日〜4月10日):
総合ランキング、キヤノンとニコンの上位争いが続く
1位は12週連続でキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」だが、2、3、4位を巡りキヤノンとニコンが激しく競り合っている。(2016/4/18)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月28日〜4月3日):
総合ランキング、「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」11週連続トップもニコン勢が巻き返し
キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が11連覇。ニコン「D5500 ダブルズームキット」が3週ぶり2位に返り咲き。(2016/4/11)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月21日〜3月27日):
総合ランキングはキヤノンが好調、2週続けて1、2位占める
新製品が出始めてはいるが、ランキングの動きはおとなしい。先週に続いて、キヤノン、キヤノン、ニコンというトップ3。(2016/4/4)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月14日〜3月20日):
総合ランキングでキヤノン攻勢「EOS Kiss X7」「EOS Kiss X8i」が1、2位
先週、トップ3からオリンパスが後退し、キヤノン、ニコン、ニコンという並びになったが、今週はキヤノン「EOS Kiss X8i」が2位まで順位を上げ、キヤノン、キヤノン、ニコンとキヤノンが一歩リード。(2016/3/28)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月7日〜3月13日):
総合ランキング、キヤノン、ニコン、オリンパスのトップ3が崩れる
ここしばらく続いていたトップ3体制からオリンパスが後退し、キヤノン、ニコン、ニコンという状態に。(2016/3/21)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月29日〜3月6日):
総合ランキング、トップ10の半数をニコン勢が占める
総合ランキングはキヤノン、ニコン、オリンパスのトップ3は今週も変わらず。ニコン勢はますます好調で、トップ10のうち5つを占めている。(2016/3/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月22日〜2月28日):
キヤノン、ニコン、オリンパスのトップ3が3週連続、再び三つどもえ状態に
総合ランキングでのニコン勢の好調は今週も続いている。トップ3はキヤノン、ニコン、オリンパスで固定化の様相。(2016/3/8)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月15日〜2月21日):
キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が5連覇、ニコンも好調維持
総合ランキング、ニコン勢の好調が続いているが、1位はキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が譲らず5連勝。(2016/2/29)

プロはCP+ 2016をどう見たか 荻窪圭、三井公一が気になった製品を紹介
例年多くの人でにぎわう、写真とカメラのイベント「CP+ 2016」。普段から製品レビューなどでカメラやレンズ、アクセサリー類に触れているプロは、展示のどこに目を引かれたのか。初日を終えた25日の夜に話を聞いた。(2016/2/26)

CP+ 2016に出展されている注目カメラを一気にチェック
2月25日から28日までパシフィコ横浜で開催されている「CP+ 2016」の会場で見付けた注目製品をまとめて紹介。時間がない人もこれだけは見ておきたい製品をピックアップした。(2016/2/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月1日〜2月7日):
まだまだ勢いに乗るニコン、今週も4機種がトップ10入り
総合ランキングはキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が3連覇となったが、ニコン勢の好調が続いている。2位のニコン「D5500 ダブルズームキット」以下、トップ10に4機種が入りブランド別でトップだ。(2016/2/15)

ニコン好調続く「D5500 ダブルズームキット」が4週ぶりの1位に
3週連続1位のキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」に替わって、ニコン「D5500 ダブルズームキット」が12月以来の1位に復帰した。(2016/1/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月4日〜1月10日):
キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」3連覇もニコンの好調続く
2016年最初のデジタル一眼レフランキングで大攻勢のニコンは、今週もブランド別数トップと好調を維持。1位のキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」は年末年始をまたいで3連覇。(2016/1/18)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月28日〜1月3日):
2016年はニコンの大攻勢でスタート「D3300 18-55 VR IIレンズキット」ほか5機種がトップ10入り
ニコンは年末年始に強い? 2016年最初のデジタル一眼レフランキングは、なんとニコン勢が2位の「D3300 18-55 VR IIレンズキット」を筆頭に5つを占めた。(2016/1/12)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月14日〜12月20日):
ニコン「D5500ダブルズームキット」が連続トップ、「D3300ダブルズームキット2」初ランクイン
先週トップに立ったニコン「D5500 ダブルズームキット」が連覇。「D3300ダブルズームキット2」が初登場、また、他にも2機種がトップ10に入るなどニコン勢が躍進している。(2015/12/28)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月7日〜12月13日):
ニコン「D5500ダブルズームキット」1位、ニコン勢がおよそ1年ぶりのトップ
14週1位を続けていたキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が、ニコン「D5500 ダブルズームキット」と入れ替わった。ニコン勢が最後にランキングを制したのは、実に今年1月以来のことだ。(2015/12/21)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月30日〜12月6日):
ニコン「D5300ダブルズームキット2」が2週振りランクイン
キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」、ニコン「D5500 ダブルズームキット」、オリンパス「PEN Lite E-PL6 EZ ダブルズームキット」のトップ3は動かず11週目。今週10位のニコン「D5300ダブルズームキット2」は、先週トップ10外に後退したもののすぐに戻ってきた。(2015/12/14)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月23日〜11月29日):
キヤノン「EOS Kiss X7i EF-S18-135 IS STM レンズキット」が久々のランクイン
キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」、ニコン「D5500 ダブルズームキット」、オリンパス「PEN Lite E-PL6 EZ ダブルズームキット」のトップ3はとうとう10週目。7位のキヤノン「EOS Kiss X7i EF-S18-135 IS STM レンズキット」は7月13日週以来のトップ10入りだ。(2015/12/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月16日〜11月22日):
ソニー「α6000 ダブルズームキット」が上り調子に?
キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」、ニコン「D5500 ダブルズームキット」、オリンパス「PEN Lite E-PL6 EZ ダブルズームキット」の3トップが9週目に入った。動きの少ないなか目立ったのはソニー「α6000 ダブルズームキット」。先週10位から6位に上昇した。(2015/11/30)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月9日〜11月15日):
ニコン「Nikon 1 J5 ダブルレンズキット」、およそ3カ月ぶりにランクイン
ニコン「Nikon 1 J5 ダブルレンズキット」が8月以来のトップ10入り。キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」の連続1位は11週目に入った。(2015/11/24)

ハイエンドコンデジの全機能全部入りに迫る本格派――キヤノン「PowerShot G5 X」
キヤノンのPowerShot Gシリーズでは唯一のEVF内蔵モデルとなる「PowerShot G5 X」。ハイエンドコンデジに求められる機能をしっかりと押さえ、今後の定番モデルとなりそうな製品だ。(2015/11/11)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月17日〜8月23日):
トップ交代、オリンパス「PEN Lite E-PL6 EZ ダブルズームキット」が初制覇
1位キヤノン、2位、3位オリンパスという8週間続いたトップ3がついに崩れた。今週のデジタル一眼ランキングトップは「PEN Lite E-PL6 EZ ダブルズームキット」が制した。(2015/8/31)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月3日〜8月9日):
ニコンの攻勢始まる「Nikon 1 J5」ほか4機種がトップ10入りでブランド別トップ
トップ3は今週でもう7週間動いていない。キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」は8週連続トップで、オリンパス2機種が続く。今週はランキング下位に動きがあり、ここのところおとなしかったニコン勢に復調のきざし。(2015/8/17)

本格派にも納得の仕上がり これまでの“J”とはちょっと違う「Nikon 1 J5」
コンパクトなボディと高速連写が身上の「Nikon 1」の中でも、Jシリーズは比較的エントリー向けという印象だった。しかし、J5はこれまでのJとは違う。Vシリーズのテイストも持った高機能モデルに生まれ変わっている。(2015/6/2)

ニコン、ミラーレス新モデル「Nikon 1 J5」
レンズ交換式ミラーレスカメラ「Nikon 1 J5」は4月下旬発売。(2015/4/2)

ニコン、秒間20コマ連写に対応した快速ミラーレス「Nikon 1 J5」を発表
AF追従しながらの秒間20コマ連写という性能を持つ、ニコンの高性能ミラーレス一眼がモデルチェンジ。新型センサーや新型画像処理エンジンを搭載して「Nikon 1 J5」として登場した。(2015/4/2)

どこから見る?:
2月12日開幕! CP+ 2015の出展概要と見どころまとめ
2月12日から15日までの4日間、パシフィコ横浜でカメラと写真用品のイベント「CP+ 2015」が開催される。主要なカメラメーカーや用品メーカーが勢ぞろいするイベントの見どころをまとめた。(2015/2/12)

ニコン、「Nikon 1 V3」向けにリモート撮影対応ファームウェアを開発 5月に配信
ニコンが、Nikon 1 V3をCamera Control Pro 2に対応させる新ファームウェアの配信を発表。5月に利用可能になる見込みだ。(2015/1/6)

2014年注目したカメラ&トピックス(フォトグラファー 三井編):
キラリと光る特徴を持つデジカメとレンズが目を引いた
2013年同様、2014年のカメラ業界は、スマートフォン人気の影響が色濃かったことは間違いない。話題になった新製品も少なかった印象だ。しかし、光る個性を持ったカメラやレンズは輝いて見えた。(2014/12/29)

2014年注目したカメラ&トピックス(ライター 荻窪編):
高速AFのミラーレスと大型センサーのコンパクトが一番面白かった
2014年に登場した新しいカメラの中でも、特に面白かったのが、ハイエンドコンデジとミラーレス一眼。デジタル一眼レフのような完成度の高い製品よりも、いろいろな成長が感じられ、従来製品より大きく進化した製品が登場したからだ。(2014/12/26)

TRON Symposium:
30周年を迎えたTRONプロジェクトの歩みと最前線
2014年に30周年を迎えたTRONプロジェクト。開催された「2014 TRON Symposium(TRONSHOW)」(東京ミッドタウン 2014年12月10〜12日)では、プロジェクトの“歩み”と“最前線”が紹介されていた。(2014/12/11)

ドスパラ、4K液晶やゲーミングキーボードなどが当たる「ドスパラ22周年祭」を開始
ドスパラは、22周年を記念した謝恩セール「ドスパラ22周年祭プレゼントキャンペーン」を開始した。(2014/10/31)

ニコン、「D5300」や「Nikon 1 V3」などが対象のキャッシュバックキャンペーン
ニコンイメージングジャパンが、デジタル一眼レフカメラ「D5300」「D3300」やミラーレス一眼「Nikon 1 V3」「Nikon 1 J4」「Nikon 1 S2」「Nikon 1 AW1」「COOLPIX S6900」を対象にしたキャッシュバックキャンペーンを実施する。(2014/10/8)

像面位相差AFってどうなの?:
「iPhone 6」のカメラはFocus Pixelsと手ブレ補正技術に注目
「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」は、「iPhone 5s」からの進化点が多いが、カメラに限ってみてもかなりの機能強化が図られる。注目のFocus Pixelsと手ブレ補正技術を中心に、iPhoneのカメラにどんな変化がもたらされるか考察する。(2014/9/12)

交換レンズ百景:
異次元のスナップショットを手持ちで楽しむ――ニコン「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」
ニコンの「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は、35ミリフィルム換算すると焦点距離が189ミリから810ミリ相当になるという望遠ズームレンズ。AFが高速な「Nikon 1 V3」と組み合わせると、快適な超望遠撮影が楽しめる。(2014/8/20)

とにかく小さくて軽い、でもちょっといいカメラが欲しい そんな人が買うべきデジタル一眼5選
レンズ交換ができるカメラでとにかく「軽くて」「小さい」モデルをご紹介。(2014/7/10)

乳児の新米パパママが買うべきデジ一眼&レンズ5選
「待望の我が子が誕生したら、やっぱりちゃんとしたカメラで日々を記録したい」と考える新米パパママに向けて、オススメのカメラとレンズの組み合わせをご紹介しよう。(2014/7/14)

長玉だって楽しめる、中級者が買うべきミラーレスデジカメ5選
望遠ズームや単焦点など、さまざまなレンズを交換しながらの使い勝手に優れるグリップを備え、自分の意図を素早くカメラへ反映させることができる、中級者向けミラーレスをご紹介。(2014/7/12)

海のレジャーに持っていきたい防水デジカメ5選
ちょっとした磯遊びからシュノーケリングにダイビング、海に行くなら持っていくカメラは防水を選びたい。海のレジャーに適したデジカメをご紹介。(2014/7/10)

夏本番迫る!デジカメのお得キャンペーン情報まとめ
長梅雨が伝えられますが、それでも夏はやってきます。夏本番に備えてデジカメ購入を検討している方に向け、現在実施されている各社の主なキャンペーンをまとめました。(2014/7/4)

「Nikon 1 AW1」一言レビューまとめ
(2014/7/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。