ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「西野亮廣」最新記事一覧

関連キーワード

小悪魔ageha流:
小悪魔ageha、「はれのひ」被害者を支援 無償で撮影会
雑誌「小悪魔ageha」が「はれのひ」被害者を支援する。無償で着付けやヘアメークを提供する。(2018/1/16)

「また炎上か…と思ったら違った」 キンコン西野、“はれのひ”被害者に向けた無料成人式を開催
これはすごい。(2018/1/12)

広がる被害者支援の輪:
キンコン西野「はれのひ」被害者に成人式をプレゼント
キングコングの西野亮廣さんが「はれのひ」被害者などに「成人式をプレゼント」と発表。2月4日にイベントを開き、振り袖の着付けとヘアメーク、船上パーティーを無償で提供する。(2018/1/12)

「はれのひ」被害者に成人式プレゼント キングコング西野さん
キングコングの西野亮廣さんが「はれのひ」の被害に遭った新成人に「リベンジ成人式」を贈ると発表した。(2018/1/12)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
スマホ向け動画制作のCandee、2期目で売上8億円超
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/10/18)

キングコング西野、5500館の図書館へ自身の著書を自腹で寄贈 「貸し出しが書籍の売り上げに貢献する」
全国の図書館職員へのメッセージも(2017/10/16)

キンコン西野氏、自著を図書館5500館に寄贈 「本が売れないのは図書館のせいではない」証明するため
「書籍の売り上げ減少は図書館のせいではないと考えています」――キンコン西野氏が自身のブログでこんな考えを示し、これを証明するために、自著を全国の図書館5500館に寄贈すると発表した。(2017/10/16)

キンコン西野、絵本の列車ラッピング無断使用を快諾 「全然オッケーだ!!」「著作権をナアナアにしている」
「皆がハッピーになるのなら、それが一番イイ!」と西野さん。(2017/5/2)

ちょぼらうにょぽみ先生 キンコン西野の「えんとつ町のプペル」を漫画「あいまいみー」で盛大にボコる
一方、当の西野さんはこの漫画をリツイート。(2017/2/7)

「クロエの流儀」今井大輔、ついにちょぼらうにょぽみにイラストで反撃 「こいつら絶対仲良しだろ」「血で血を洗う戦い」
ちょぼ先生「こんな事されたら、どっちがあいまいみー本編かわからなくなるでしょ…」(2017/1/31)

「無料モデル」は難しい 少なくとも「物語」においては
コンテンツの「無料モデル」は成立するのか――絵本「えんとつ町のプペル」をめぐる“炎上”で改めて浮かび上がったこんな疑問を、作家の堀田純司さんが考察する。(2017/1/30)

炎上中のキンコン西野に“狂気の漫画家”ちょぼらうにょぽみ先生がアプローチ 「地獄の釜が開いた」と話題に
ちょぼらうにょぽみ先生「プペルを私が描いているあいまいみーに登場させても宜しいでしょうか?」(2017/1/28)

キンコン西野氏が火種 「コンテンツ無料化は、作家を殺す」のか? マンガを例に考える
キングコング西野氏が絵本「えんとつ町のプペル」を無料公開し、賛否両論が渦巻いている。「コンテンツの無料化は作家を殺す」との批判もあるが、実際はどうなのか。漫画を例に考える。(2017/1/24)

「えんとつ町のプペル」Amazonで1位に 無料公開で宣伝効果 「クリエイターの対価問題は別の話」 西野さん、批判に反論
キングコングの西野さんが絵本「えんとつ町のプペル」をWebで無料公開し、Amazonの書籍ランキング1位を獲得したことを報告。「クリエイターにお金が回らなくなる」などの批判に反論した。(2017/1/20)

キンコン西野、3カ月前に発売したばかりの絵本「えんとつ町のプペル」を無料公開して賛否両論
西野さんの行動力に感心する人もいれば、ほかのクリエイターに迷惑がかかるのではという否定的な意見も。(2017/1/19)

ベストセラー絵本「えんとつ町のプペル」無料公開 「高くて買えない」小学生からの声受け
キングコングの西野さんのベストセラー絵本「えんとつ町のプペル」がWebで無料公開。「2000円は高くて買えない」という小学生からの声を受け、無料公開を決めたという。(2017/1/19)

キンコン西野が”芸人引退宣言” 「絵本作家」にジョブチェンジするもお笑いは続ける予定
テレビ朝日「EXD44」で宣言。その後、ブログでもあらためて発表しました。(2016/6/28)

キンコン西野さん、五輪エンブレム落選作から選ぶ「負けエンブレム展」結果発表
コンテストを開催した結果、最終候補の4作が残った理由が分かったとコメント。(2016/4/25)

五輪エンブレム最終候補は「超ツマンナイ」 キンコン西野さんが優秀な落選作品を募る「負けエンブレム展」呼びかけ
選ばれたエンブレム案以上に素晴らしいものが見つかるかも?(2016/4/11)

キンコン西野亮廣、Twitterを辞めることを発表 「飽きちゃった」「呟いている自分が急激にダサく感じて」
InstagramやFacebookの更新は続けていくそう。(2015/10/5)

きゃりーぱみゅぱみゅさん、雑な五輪エンブレムを作成
ある意味斬新。(2015/9/9)

キングコング西野さんが五輪エンブレム案を公開 まさかの「菊」を使ったデザインが話題に
「この花じゃないといけない理由がある」など意味深な発言も。(2015/9/4)

ネットから紙への挑戦、小学館『NEWSポストセブンマガジン』4月1日創刊
ニュースサイト「NEWSポストセブン」から反響の大きかったネタを再編集し、紙媒体として販売する。(2015/3/31)

キングコング西野さんが芸人を引退し占い師に転身するとネタ発表 釣られる人続出で「また嫌われた!」と嘆く
こんな占い師いるわけないだろ! いい加減にしろ!(2015/1/5)

「アメトーーク」で「好感度低い芸人」の放送が決定 ゲストはキンコン西野さんら
なんというエグい企画……。(2013/11/1)

キンコン西野がSNSで同居人募集→パンカク社長の柳澤氏に決定
お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんがSNSで同居人を募集し、アプリ制作会社パンカクの柳澤康弘社長と同居することが決まった。(2013/5/21)

「キングコング」の西野さん、SNSのフォロワーから同居人を募集
「楽しそうな人を選ばせていただきます」とのこと。(2013/5/16)

ブロマガに「日本維新の会」など新発行人 合計185チャンネルに
niconicoの記事配信サービス「ブロマガ」に日本維新の会や辻仁成さんなど新たな発行人。31チャンネルが新設され、チャンネル数は合計185となった。(2012/11/5)

吉本の新ブログポータル「ラフブロ」 「あの芸人」含む500人集合
人気芸人ら約500人が集合する吉本の新ブログポータル「ラフブロ」がオープンする。(2008/1/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。