ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「OneNote」最新記事一覧

Microsoft、Evernote→OneNoteのデータインポートツールを公開
Microsoftのマルチプラットフォームのメモアプリ「OneNote」に、やはりマルチプラットフォームの「Evernote」のメモをインポートするためのWindowsアプリが登場。Mac版も数カ月中に公開の予定だ。(2016/3/14)

Mobile World Congress 2016:
Androidアプリの「Cyanogen OS」移植ツール「MOD」発表 SkypeやCortanaが対応
Cyanogenが、AndroidアプリをCyanogen OSで使えるようにするためのモバイルプラットフォーム「MOD」を発表した。Microsoftが「Skype」「Cortana」「OneNote」などの“mods”を開発済みだ。来月リリースの「Cyanogen OS 13」で利用可能になる。(2016/2/23)

Google Keep、次のアップデートで手書きに対応へ
Googleのクラウドメモアプリ「Google Keep」のAndroid版の次のアップデートで、手書き機能が追加される。競合するEvernoteやMicrosoftのOneNoteには既にある機能だ。(2015/10/30)

Microsoft、iPad版OneNoteでFiftyThreeの「Pencil」と「Paper」をサポート
Microsoftが、iPad版OneNoteでFiftyThreeの感圧スタイラス「Pencil」をサポートした。MicrosoftはAppleのiPad用スタイラス「Apple Pencil」もサポートしている。(2015/10/21)

半径300メートルのIT:
名刺、文書、ホワイトボード――スマホのカメラでデジタル化する理由
マイクロソフトが「Office Lens」のiPhone版とAndroid版をリリースしました。スマホのカメラを使って文書や名刺をスキャンするアプリで、WordやPowerPoint、OneNoteなどと連携します。(2015/4/14)

Microsoft、iPhone/Android向けスキャンアプリ「Office Lens」公開
名刺やホワイトボードを撮影し、OCRで文書として保存できるMicrosoftの「Office Lens」のiPhone版と、Android版プレビューが公開された。取り込んだコンテンツはOneNoteやWord、PDFとしてOneDrive上に保存したりメールに添付したりできる。(2015/4/3)

iPad版OneNote、手描きメモとOCR対応機能追加
Microsoftが、iPad版OneNoteをアップデートし、スタイラスも使える手描きメモと画像内のテキストを検索できるようにするOCR機能を追加した。(2015/2/20)

Microsoft OneNoteがAndroidタブレットに対応 手描き機能も追加
メモアプリOneNoteのAndroid版で手描きのメモやイラストを入力できるようになった。Evernoteにはないラインマーカー機能もある。(2014/8/20)

Microsoft、AmazonのFire OS向けOneDriveアプリをリリース
Microsoftが7月にリリースした「OneNote」に続けて、AmazonのKindle FireおよびFire Phone向けの「OneDrive」の無料アプリを公開した。(2014/8/8)

Microsoft、Kindle FireとFire Phone向け「OneNote」をリリース
Microsoftが、Amazonの「Fire Phone」発売に合わせ、メモアプリ「OneNote」をAmazon AppStoreで無料公開した。Kindle Fireにもインストールできる。(2014/7/25)

Microsoft、Chrome拡張機能「OneNote Clipper」リリース
OneNoteにWebページを保存するためのブックマークレットを主要ブラウザ向けにリリースしたところ、Google Chromeでの利用率が高かったため、Chrome拡張機能版を提供することにしたという。(2014/6/9)

Microsoft、iPhone版OneNoteにノート作成機能を、Mac版には印刷機能を追加
サービスのマルチプラットフォーム化を進めるMicrosoftが、Officeスイートのメモアプリ「OneNote」のiPhone版、iPad版、Mac版をそれぞれアップデートした。(2014/5/2)

Microsoft、GoogleのChromeアプリ版Office Onlineをリリース
Microsoftが「Office for iPad」と「Office Mobile」に続けてChromeアプリ版「Office Online」をリリースした。ユーザーはChromeアプリランチャーから直接Word、Excel、PowerPoint、OneNoteを起動できる。(2014/4/15)

Microsoft、「Office for iPad」のダウンロードが1200万本突破と発表
Microsoftが「Office for iPad」のダウンロード数がリリース1週間で1200万本を突破したと発表した(ダウンロード数には2011年にリリースしたOneNoteも含まれる)。(2014/4/4)

「Office for iPad」のアプリが各国App Storeで上位独占
米国のApp StoreではiPad向け無料アプリランキングの1〜4位をOfficeのアプリ「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」が占め、MicrosoftのナデラCEOは喜びのツイートを投稿した。(2014/3/29)

Microsoft、Mac版OneNoteを無料でリリース Windows向け無料版も
クラウドを介してメモを複数端末で共有できるMicrosoftの「OneNote」のMac版が無料で公開された。Windows版も無料になり、関連アプリストアも開設された。(2014/3/18)

Microsoft、Mac版OneNoteを今月リリースか──米報道
MicrosoftがEvernote競合の「OneNote」のMac版を間もなくリリースするとThe Vergeが報じた。同時に、現在有料のWindows版が無料になるという。(2014/3/13)

Windows 8.1版「OneNote」、撮影したテキストの自動調整・OCR対応機能追加
MicrosoftがEvernote対抗メモアプリ「OneNote」のWindows 8.1版をアップデートした。端末のカメラで撮影したホワイトボードやレシートの画像が文書として調整保存され、内容をテキスト検索できる。(2013/11/26)

Microsoft、Android版「OneNote」をリリース
Windows Liveの無料ストレージSkyDriveを介してPCやiOS端末とテキストや動画を共有できるメモアプリOneNoteのAndroid版が、日本を除く多くの国で公開された。(2012/2/8)

Microsoft、iPad向けにメモアプリ「OneNote」をリリース
テキストや画像のメモをクラウドに保存し、共有できるMicrosoftのメモアプリ「OneNote」のiPhoneおよびiPad版が日本のApp Storeに登場した。(2011/12/13)

Office 2010導入の問題とその解決方法【第5回】
Excel 2010、Word 2010、OneNote 2010の便利な機能
これまでの連載ではOffice 2010のUIに関する問題点や、改善が必要な未解決の問題について指摘してきたが、それでも筆者はOffice 2010を利用している。今回は筆者が便利だと感じるOffice 2010の機能を紹介する。(2011/11/21)

使ってもらえばきっと分かる──をまず訴求:
「OneNote使ってますか? 実はWP連携にぴったりです」──日本MS、Windows Phoneの普及活動に本腰
日本マイクロソフトがWindows Phone 7.5搭載スマートフォンの“現状”を説明。具体的な活用例とともに、新たに搭載する機能などを解説した。(2011/10/24)

Microsoft、iPhone向けOneNoteアプリを公開
iPhone版OneNoteでは、メモを作成してWindows Liveのオンラインストレージに保存できる。(2011/1/19)

OneNoteのメモを一覧できる「Canvas for OneNote」
カンバスにメモ用紙をはり付けるような感覚で、OneNoteのメモを画面上のキャンバスに好きなように配置できる。(2009/3/2)

Microsoft、ブラウザで使える軽量版Office提供へ
Web経由でブラウザから文書を編集できるWord、Excel、PowerPoint、OneNoteを提供する。(2008/10/29)

Office 2007プリインストールPCが各社より出荷予定
マイクロソフトは、オフィススイート「2007 Microsoft Office system」および「Office OneNote 2007」プリインストールモデルがPCメーカー各社より出荷されると発表した。(2006/12/21)

OneNoteがOfficeの新しい顔に、使い勝手は自然なノート取りへ
MicrosoftのデジタルノートアプリケーションOneNoteの新版OneNote 2007は、Office 2007スイートの幾つかのエディションに搭載されることになり、大規模なユーザーベース獲得に向けた準備が整った。前身のOneNote 2003からさまざまな機能強化が施され、大きく進化を遂げている。(2006/9/1)

Office 2007のコラボレーション機能を試す
Office 2007 Beta 2に含まれる3つのソフト、Outlook、OneNote、Grooveのコラボレーション機能を使ってみた。(2006/6/6)

Office 2007コンシューマー版でOutlookが消える理由
Microsoft Officeスイートの次期バージョンには、ボリュームライセンス顧客向けの新しいエディションが含まれる。また新しいコンシューマー向けのエディションでは、Outlookの代わりにOneNoteがバンドルされるなど、知名度の低い製品の利用が促進されることになるかもしれない。(2006/3/2)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 最終回
PR:TabletPCとOneNoteの現状と将来
ノートPCが進化したひとつのカタチ――それがタブレットPC。より進化する次期バージョン「Windows XP Tablet PC Edition 2004」リリースを控え、最後に「タブレットPCとは結局なんたるか」ということを探っていくことにする。(2004/7/14)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第28回
PR:付箋やメモをデジタル化――「ミニノート」を、より活用する
今回は、タブレットPC+OneNoteの組み合わせで最も頻繁に、かつ緊急時に活用されるであろう「ミニノート」の機能をおさらいし、より具体的な利用方法を探っていくことにしよう。(2004/7/6)

MSのOneNote 2003 SP1、完成間近
米Microsoft幹部によると、メモ取りソフト「OneNote 2003 SP1」のコード作成が完了した。ただし、パッチの構築プロセス、検証、各国版の開発が続くため、「あと2〜3週間は正式版を目にすることはない」という。(2004/7/1)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第27回
PR:OneNoteとタブレットPCで、お手軽DTP+凝った企画書作成を実践(後編)
前回は、忙しいビジネスマンが、短時間でそれなりのレイアウト――企画書作成――をする作業に、OneNoteを活用してみてはどうかと提案した。今回はその実践編として、作成例を順を追って解説していこう。(2004/6/30)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第26回
PR:OneNoteとタブレットPCで、お手軽DTP+凝った企画書作成を実践(前編)
Wordは便利なワープロソフトであるが、いざ写真やイラストが混在した、ちょっと複雑な文書――企画書など――を作ろうとした時「もう少し簡単にできたらいいなぁ」と感じる人も多いのではないだろうか。今回は、OneNoteとタブレットPCを使った、DTP作業のような、凝った企画書作成などの実践例を紹介していこう。(2004/6/22)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第23回
PR:OneNoteを持って会議に出よう――会議で役立つ5つのポイントをおさらい
頻繁に発生する会議への参加、そこでの作業を効率化したいと思うのはビジネスマンなら当たり前のこと。そのような訳で「OneNoteを持って会議に出よう」というテーマで解説してきた。今回はその締めくくりとして、5つのポイントから要点を振り返ってみた。(2004/5/25)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第22回
PR:OneNoteを持って会議に出よう――議事録の作成と配布
長時間の会議が終了、でもA氏はまだまだ仕事がある。それは「議事録」の作成だ。議事録のまとめから、要点の整理、上司や関係部署へ配布、そしてアーカイブ化までタブレットPC+OneNoteで行うとどのくらい時間と手間が短縮できるのか……(2004/5/19)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第21回
PR:OneNoteを持って会議に出よう――ノートフラグで忘れや進捗をチェック
第14、15回で解説した「ノートフラグ」とは何か、そしてその使い方は覚えているだろうか。この機能を使いこなすことで、現在の進捗状況はもちろん、仕事の漏れ・忘れの防止が一瞬でチェックできる。今回はより実践的なTipsを紹介していこう。(2004/5/12)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第20回
PR:OneNoteを持って会議に出よう――会議の前準備、情報収集技で差をつける
会議の席、いざ発表という時に用意した資料が他の資料に紛れて見つからず、満足なプレゼンができなかった……という経験はないだろうか。今回はタブレットPC+OneNoteで一括整理する、会議の前準備方法と情報収集技を紹介していこう。(2004/4/27)

ビデオメモ機能も付いたMSのOneNote SP1
Microsoftがメモ取りソフト「OneNote」のSP1プレビュー版をリリース。音声録音機能が同社の予想を超えた使われ方をされている点を踏まえ、ビデオメモ機能などが追加された。(IDG)(2004/4/21)

MS、OneNote SP1のプレビュー版リリース
OneNote 2003のService Pack 1(SP1)では、Pocket PCやSmartphone搭載機器で取った手描きや音声のメモをOneNoteにコピーする機能を追加、PCと同期すると自動的にOneNoteにメモがコピーされるようになった。(2004/4/21)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第19回
PR:OneNoteを持って会議に出よう――まずはオール手書きでもOK
今回よりタブレットPCとOneNoteを持って、実際に会議に出席してみよう。煩雑なPC操作にとらわれない手書きの気軽さ、手書きした文字も自在に移動・段落化できる“デジタルメモ”としての便利さが享受できるだろう。まずはオール手書きでもOKだ。(2004/4/20)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第18回
PR:OneNoteを持って会議に出よう――システム手帳を超えたデジタルノート
多数の会議に参加、議事録の作成、仕事の進捗状況チェックなどの業務がある、ある企業の営業企画部A氏のケースを例に、“より”実践的なタブレットPC+OneNoteの活用事例を紹介していくことにしよう。(2004/4/13)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第17回
PR:OneNote詳細実践編――“アウトライン”の具体的な操作方法
 OneNoteの最も便利な機能の一つ“アウトライン”機能は必ず使いこなせるようになっておきたい。今回は具体的な操作方法として、縦型横型、およびそれら複合型のアウトラインの作成方法と使用例を紹介していく。(2004/4/6)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第16回
PR:OneNote詳細実践編――“アウトライン構造”とは
 報告書、企画書、社外文書など、Wordを用いて段落構成がなされた文書作成の機会は多いだろう。OneNoteで各種情報を収集し、まとめられた素材は、OneNoteの“アウトライン”機能を活用すると、“箇条書きリストした議事録”作成から、Wordへのコピー&ペーストでそのまま文書化することも可能だ。そんな“アウトライン”機能の概要を説明していこう。(2004/3/30)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第15回
PR:OneNote詳細実践編――“忘れ”を防ぐToDoリストを作成する
 タスクを簡単により効率的に、そして“忘れず”にこなすことができるようになるであろうOneNoteの機能「ノートフラグ」機能。今回は、チェックフラグの設定・カスタマイズから、実際の操作例まで、より実践的なノウハウを紹介していく。(2004/3/23)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第14回
PR:OneNote詳細実践編――「ノートフラグ」で情報を整理する(前編)
 与えられた業務やその納期を忘れないよう管理したり、進捗状況をチェックしなければならないとき、あなたはどのようにしているだろうか? 今回はそれらタスクを簡単に、そしてより効率的にこなすことができるようになるであろうOneNoteの機能「ノートフラグ」について解説していく。(2004/3/16)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第13回
PR:OneNote詳細実践編――手書き文字をテキスト変換する(Tips/後編)
 現在のタブレットPC+Windows XP Tablet PC Edition、日本語に関する認識率はまだ完璧とはいえないかもしれない。ただし、ちょっとしたコツの会得とTipsを組み合わせることで、比較的認識率の高い書き方ができるようになってくる。今回はそんなTipsをいくつか紹介していく。(2004/3/9)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第12回
PR:OneNote詳細実践編――手書き文字をテキスト変換する(前編)
 タブレットペンで手書きでの記入・PC操作が可能――これはタブレットPCの大きな特徴であるが、記入した文字も単なる“ビットマップデータ”として保存するだけではタブレットPCを利用する意味がない。手書き文字をテキストとして認識・変換する「手書き認識文字機能」を使いこなせるようにしておきたい。(2004/3/2)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第11回
PR:OneNote詳細実践編――オーディオ録音と音声メモ
 「先日の会議、結局どのように決まったんだっけ?……」会議で打ち合わせた会話、プレゼンテーション、講義や講演など「録音」の必要性は非常に高い。にもかかわらずさほど活用されていないのは面倒だからか。OneNoteを活用すればその“面倒”を払拭できるかもしれない。(2004/2/24)

サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第10回
PR:OneNote詳細実践編――インターネットとの連携
普段何気なく使っているブラウザの“お気に入り”機能。会議資料作成のため、あるいは突然コメントを求められた時、あなたはそこからすばやく該当ページを見つけられるだろうか。今回はOneNoteのインターネットと連携した情報収集活用術とそのシチュエーションを紹介していく。(2004/2/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。