ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Oracle Fusion Middleware」最新記事一覧

Oracleの定例アップデート公開、データベースやJavaに深刻な脆弱性
特にDatabase ServerやFusion Middleware、Java SE、Solaris、MySQLの各製品に、危険度の高い脆弱性が存在する。(2016/4/20)

Oracleが定例セキュリティパッチを公開、深刻な脆弱性を多数修正
DatabaseやFusion Middleware、Javaなどの脆弱性に対処した。(2016/1/20)

Oracleが定例パッチを公開、Java 7は最終更新へ
データベースやFusion Middleware、Javaなどの製品に存在する多数の脆弱性を修正した。4月にサポートが終了するJava SE 7は今回のアップデートが最終になる見込みだ。(2015/4/15)

Oracleが定例アップデートを公開、87件の脆弱性に対処
データベースやFusion Middleware、Sunなどに存在する多数の脆弱性に対処した。(2012/7/18)

Oracleが臨時アップデートを公開、Apacheの脆弱性に対処
OracleのFusion Middleware、Application Server、Enterprise ManagerがApache脆弱性の影響を受けるとして、この問題を修正するためのアップデートをできるだけ早く適用するよう強く促している。(2011/9/19)

Oracleが定例のセキュリティアップデート公開、データベースやSun製品の脆弱性に対処
7月の四半期アップデートでは合計78件の脆弱性に対処した。Oracle Secure BackupやFusion Middlewareに極めて深刻な脆弱性が存在する。(2011/7/20)

Oracleが定例パッチを公開、66件の脆弱性に対処
データベースなど多数の製品の脆弱性を修正した。特にAudit Vault、Fusion Middleware、Solarisなどの脆弱性は極めて危険度が高いという。(2011/1/19)

Oracle、SOA管理ツールのAmberPointを買収
AmberPointの獲得により、「Oracle Fusion Middleware」のSOA機能の強化を図る。(2010/2/9)

Oracle、Eclipse向けの無償プラグイン最新版をリリース
Oracleは、Eclipse向けの無償プラグインを発表。Eclipseを利用してFusion Middleware向けのJava EEおよびWebサービスアプリケーションを構築できる。(2010/2/8)

日本オラクルが企業ポータルを発表、マッシュアップによるアプリ統合を可能に
日本オラクルは、Oracle Fusion Middlewareの1つとして、企業ポータルソフトウェアの最新版の提供を開始する。(2009/9/7)

Fusion Middlewareへの統合で「How」を提供する次世代EPMを実現:
PR:「Howが分かるBI」が導くマネジメント・エクセレンス
これまでのBIは「何がおきているか?」つまりWhatまでだった。本当に知りたいのは「どうすればいいか」つまりHowだ。OracleはHowの提供に向け、万を持してOracle Fusion Middleware 11gをリリース。経営者がHowを考える際に、アイデアをリアルタイムにシミュレートできる。自動車での移動中でも可能だ。OracleはHowを知るための新たな考え方「マネジメント・エクセレンス」を推進する。マネジメント・エクセレンスについて、ITmediaエンタープライズ編集長が日本オラクル Fusion Middleware事業統括本部 Fusion Middleware-ビジネス推進本部 本部長の安藤秀樹氏に聞いた。(2009/9/1)

5つの特徴:
真のコストダウンを目指す――日本オラクルがFusion Middleware 11gを発表
日本オラクルはミドルウェア製品群「Fusion Middleware 11g」の提供を日本市場でも開始する。(2009/7/22)

コミュニティー機能も:
「Oracle Fusion Middleware 11g」の目玉はソーシャルネットワーキングと業務効率改善
Fusion Middleware 11gに組み込まれた新たな要素は、社内ネットワークにまつわるさまざまな日常業務の簡素化を狙ったものだ。(2009/7/2)

Oracle、ミドルウェア「Fusion Middleware 11g」を発表
OracleがSOAスイートや開発ツールを統合したミドルウェア「Fusion Middleware 11g」の提供を開始した。(2009/7/2)

Oracle OpenWorld San Francisco 2008 Report:
Oracle、統合された業績管理システムの実現へ前進
Oracle OpenWorld San Francisco 2008は2日目を迎え、午後のキーノートにFusion Middlewareを統括するクリアン上級副社長が登場し、BI製品をEPM製品に統合するとともに、大幅な機能強化を明らかにした。(2008/9/25)

Oracle OpenWorld San Francisco 2008 Report:
BEA製品を取り込むOracle、「Application Grid」を実現
「Oracle OpenWorld San Francisco 2008」のジェネラルセッションにFusion Middlewareを統括するクリアン上級副社長が登場し、同製品のロードマップを明らかにした。BEAの技術や製品が融合され、アプリケーションサーバ層のグリッド化も実現していくという。(2008/9/24)

日本オラクル、BEA製品を組み込んだ「Fusion Middleware」を9月に提供
日本オラクルは、BEA製品を組み込んだミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware」を国内で本格的に展開していく。新製品の提供は9月1日に開始する予定だ。(2008/8/4)

NEWS
オラクル、「Oracle Fusion Middleware 11g」のプレビューを公開
顧客からの要望の高いSOAやEnterprise 2.0機能を統合した、最新アプリケーションの構築・展開のための基盤「Oracle Fusion Middleware」の機能強化を公開(2007/11/16)

Oracle、「Enterprise2.0」機能をFusionに追加へ
Oracleでは、「Enterprise2.0」機能が自社のFusion Middleware製品の差別化につながると考えているようだ。(2007/11/15)

Oracle OpenWorld 2007 San Francisco Report:
新機能が目白押しの「Fusion Middleware 11g」でリーダーの座を狙うOracle
米国時間11月13日、「Oracle OpenWorld San Francisco 2007」は2日目を迎え、データベースと並んで存在感を増しつつある「Oracle Fusion Middleware 11g」をプレビューする基調講演が行われた。(2007/11/15)

日本オラクル、シングルリポジトリ管理を実現した完全統合型ECM製品を出荷
日本オラクルは、統合的なコンテンツ管理ができる「Oracle Fusion Middleware」に、ECM製品とオプションを追加し、出荷を開始した。(2007/10/10)

NEWS
B-EN-Gと日本オラクル、SOA分野で協業を強化
「Oracle Fusion Middleware」を活用したSOA推進専門チーム「オラクルフュージョンテクノロジーセンター」を設立(2007/10/1)

日本オラクル、インメモリ・データグリッド製品の最新版
日本オラクルは、Oracle Fusion Middlewareの新たなコンポーネントとして、インメモリ・データグリッド製品「Oracle Coherence 3.3」を提供する。(2007/9/5)

Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007 Report:
新たな買収ソリューションで進化を続けるOracle Fusion Middleware
上海で開催されているOracle OpenWorld。3日目の基調講演では、買収によって獲得した技術を取り込み、さらに完成度を高めていくOracle Fusion Middlewareの紹介が行われた。(2007/8/2)

オラクルとフレームワークス、物流システムで協業
フレームワークス開発のサプライチェーン向けシステム基盤「物流プラットフォーム(仮称)」に日本オラクルの「Oracle Fusion Middleware」が採用された。両社は今後とも、製品の連携や共同セミナーの開催など、積極的に協業を行っていくという。(2007/5/22)

Oracle、最新開発ツールと新アーキテクチャをJavaOneでプレビュー
Oracleは、Javaアプリケーションサーバを含むミドルウェア製品群「Fusion Middleware」で実現する新機能について、Java EEを始めとするテーマで紹介した。(2007/5/14)

Oracle OpenWorld San Francisco 2006 Report:
Oracle Fusion MiddlewareもWeb2.0──次世代クライアント環境を披露
「Oracle OpenWorld San Francisco 2006」の2日目は、キーノートにOracle Fusion Middleware製品を統括するトーマス・クリアン上級副社長が登場し、Oracle SOA Suite 10g R3やOracle WebCenter Suiteを発表した。(2006/10/25)

Oracle、Sunopsis買収でデータインテグレーションを統合へ
米OracleはSunopsisの買収により、Sunopsisのデータインテグレーション技術をOracle Fusion Middleware製品ファミリーに統合し、同社のソリューションの一部としていく計画だ。(2006/10/10)

Oracle、Sigma Dynamicsの資産を買収
OracleはSigma Dynamicsの技術で「Oracle Business Intelligence Suite」「Oracle Fusion Middleware」を強化する。(2006/8/25)

Oracle、「PeopleSoft CRM 9」をリリース
Oracleは、この数年間に買収したPeopleSoftなどの企業のアプリケーションのサポートを継続する姿勢だ。PeopleSoft CRM 9は金融サービス分野向けにデザインされ、Fusion Middlewareを利用する。(2006/8/15)

進化する!データベーステクノロジー:
Oracle DB 10g R2のセキュリティは本当に向上したのか?
 オラクルは、企業システムのミドルウェアプラットフォーム「Oracle Fusion Middleware」、ミドルウェア上で稼働する業務アプリケーション群「Oracle Applications」、そして運用管理基盤「Oracle Enterprise Manager」を統合したトータルな企業システム環境を提供しているが、Oracle Databaseは、それらのあらゆるアプリケーション、ミドルウェアのデータ基盤としての役割を果たしている。最新版の「Oracle Database 10g Release 2」では、可用性やパフォーマンス向上のためのグリッド機能、さらにはセキュリティや運用管理など、さまざまな機能強化が図られている。(2006/5/23)

MS、Dynamicsを柱とするプラットフォーム戦略を推進へ
Microsoftでは、進化途上にあるERPアプリケーションスイート「Dynamics」を、SAPのNetWeaverやOracleのFusion Middlewareに対抗し得る開発プラットフォームに仕立て上げる決意を固めているようだ。(2006/4/3)

Oracle OpenWorld Tokyo 2006 Report:
OOW Tokyo開幕、「フュージョン効果」で日本企業の業務プロセス改善も進むとOracle幹部
Oracle OpenWorld Tokyo 2006が開幕、キーノートには、Oracle Fusion Middlewareを統括するクリアン上級副社長とOracle Databaseを統括するメンデルソン上級副社長が登場し、ミドルウェア基盤の戦略を語った。(2006/3/2)

日本オラクルがISV向け支援プログラム、Fusion Middleware対応促進図る
日本オラクルはISVを対象に、開発支援プログラム「Ready! Fusion Middlewareプログラム」を実施する。(2006/3/1)

SAP R/3環境を生かしてSOAへ、日本オラクルが「Fusion Middleware for SAP」提供
日本オラクルは2月末より、既存のSAP R/3環境を生かしながらSOA化を実現するミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware for SAP」の提供を開始する。(2006/2/22)

製造業とOracle Fusion Middlewareが歩み寄り
三菱のFAシステム「e-F@ctory」とOracle Fusion Middlewareが連携を実現した。(2006/1/23)

Oracle、FusionミドルウェアでPeopleSoftアプリを認定
Oracleは、「PeopleSoft Enterprise」をOracle Fusion Middleware 10g Release 2のアプリケーションとして認定した。(2005/12/14)

Oracle Fusion Middleware Day Report:
データ統合でSOAをリードするオラクルのミドルウェア戦略
Oracle Fusion Middleware Dayの基調講演に登壇したアプリケーション事業推進本部長の保科実氏は、「近年のIT投資は新規システム構築から既存システムの統合にシフトしている」と話した。(2005/10/26)

SOA実現へオラクルがスイート攻勢、データ統合で差別化も
日本オラクルが10月25日に開催した「Oracle Fusion Middleware Day」において、米Oracleのビジェイ・テラ氏が同社のSOA構想を語った。(2005/10/25)

今週は日本のSOA Week?
ミドルウェア統合は中堅企業にもメリット――Oracle Fusion Middleware Day
25日はBEAWorld2005とOracle Fusion Middleware Dayが開催された。26日はIBM SOA SummitとSAP TechEdだ。業界をリードする4社が図ったように今週SOAのソリューションを披露する。まさに「SOA Week」とでも呼べばいいだろう。(2005/10/25)

日本オラクルと日立が企業ブログで協業
日本オラクルと日立は企業ブログで協業することを発表した。Oracle Fusion MiddlewareとBOXER イントラブログとの相互接続検証を行い、企業向けソリューションを2006年から提供する。(2005/10/6)

Oracle OpenWorld 2005 San Francisco Report:
ロズワットEVP、Oracle Fusion ArchitectureとFusion Middlewareの詳細を明らかに
Oracle OpenWorld 2005の3日目はサーバテクノロジー・デーとなった。ロズワットEVPは、Oracle Fusion Architectureと、その実装となるFusion Middlewareについて詳細に説明している。(2005/9/22)

BPEL製品推進の協業施策打ち出すオラクル
日本オラクルは、「Oracle Fusion Middleware」の主要コンポーネントとなる「Oracle BPEL Process Manager」の出荷に合わせ、相次いで協業施策を打ち出した。(2005/8/9)

日本オラクルと日立システムが「Fusion」で協業
日本オラクルと日立システムアンドサービスは「Oracle Fusion Middleware」に関して協業する。まずビジネスインテリジェンス分野への展開を図る計画だ。(2005/8/1)

「DB以外でもゴリラになる」、オラクルのミドルウェア戦略
日本オラクルは、Fusion Middlewareを核にした製品戦略を説明した。システム事業推進本部長の三澤氏は、「ミドルウェアをまとめ上げ世に問うていく」と話した。(2005/7/25)

Oracle、新ミドルウェアブランド「Oracle Fusion Middleware」を発表へ
Oracleは4月25日に、PeopleSoftおよびJ.D. Edwardsとの連携を視野に入れた新しいミドルウェア製品ライン「Oracle Fusion Middleware」を打ち出す計画だ。(2005/4/25)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。