ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「注文」最新記事一覧

「クリスマスパニック」から1年:
ドミノ・ピザ、17年は「お待たせしない」クリスマスに
ドミノ・ピザがクリスマス限定セットメニューを発表。2016年の注文殺到と商品提供の遅延を反省し、「大切な日に待たせない」オペレーションを開発した。(2017/12/6)

「ZOZOSUIT」配送遅延で謝罪 10時間で23万件の注文
11月下旬スタート予定だった「ZOZOSUIT」の配送が遅延。予約受け付けから10時間で23万件も予約があったという。独自ブランド「ZOZO」も、「諸事情により」若干遅れているという。(2017/12/5)

成田空港に新型の爆発物探知システム 2019年より順次導入
英Smiths Detectionは、同社製の爆発物探知システム「CTX 9800 DSi」20台が成田国際空港からの注文を獲得したと発表した。(2017/12/4)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ネットで買った製品に開封した形跡が……あなたならどうする?
ネットで製品を注文したところ、パッケージに開封した形跡のある製品や、パッケージが汚れていたり、退色していたりする製品が届いた。そんなことはないだろうか。最近になってよく耳にするようになったこの問題は、スルーしても構わない場合と、今後そこからの購入は止めたほうがよい場合、両方のケースがある。(2017/11/25)

全身を瞬時に採寸、ボディスーツ「ZOZOSUIT」無料配布 「ぴったりの服」注文可能に
「人が服に合わせる時代から、服が人に合わせる時代へ」――身体を瞬時に採寸できるというボディスーツ「ZOZOSUIT」の無料配布がスタート。「ぴったりの服」をネット注文可能に。(2017/11/22)

インターネットを守る翼竜:
「ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜」を観ましょう ごちうさ感想
いまから楽しい楽しいコトばかり。(2017/11/19)

「餃子の王将」がデリバリーサービスを開始 11月15日から注文受付
まずは道玄坂店のみで検証。(2017/11/15)

Alibaba、「独身の日(11.11)」の取引総額は39%増の約253億ドル
Alibabaが2009年から11月11日に開催している「独身の日」の24時間限定セールの取引総額が1683億元(約2兆8777億円)と過去最高を記録した。注文の90%がモバイル経由だった。(2017/11/12)

Xperia「3Dクリエーター」と連携 DMM.comがフィギュア作成サービスを開始
DMM.comは、Xperia向けアプリ「3Dクリエーター」でスキャンした3Dデータを使ったオリジナルフィギュア作成サービスを開始。アプリ内から注文できる。(2017/11/10)

女性ロボットが接客:
ハウステンボス、今後は「変なバー」オープン
ハウステンボスが「変なホテル」内で、無人でアルコールを提供する「変なバー」をオープンした。女性ロボットが注文を受け付ける他、ハウステンボスのアトラクションやお土産などのおすすめを紹介してくれるという。(2017/11/10)

「Amazon Echo」に外食業界が注目 スシロー、すき家が注文予約サービス
音声アシスタント「Alexa」対応のスピーカー「Amazon Echo」に、スシローやすき家が対応。テークアウト商品の予約注文サービスを始める。(2017/11/10)

「ヨドバシ・ドット・コム」また配送遅延 一部出荷を停止
「ヨドバシ・ドット・コム」で10月下旬から一部の配送が遅れている。復旧作業のため、10月31日午前8時以前の注文は一時出荷を停止。(2017/11/6)

身に覚えのない商品が勝手に注文されていた―― 「Amazonで不正アクセスされた話」がTwitterで注目集める
おかしな注文に気付いたら、すぐにカスタマーセンターへ連絡を。(2017/11/2)

“桃太郎を○○っぽく読み聞かせる大喜利”が静かなブーム 「ジョジョOPっぽく」「モモッ! モモッモモッ!!」
注文の多過ぎる子ども。演技派過ぎる親。(2017/11/1)

Apple、iPhone X製造の早期倍増に向け部品メーカーと協議
予測をはるかに超える注文に、供給数の拡大を計画している。(2017/10/30)

「バイオハザード2」ボードゲーム版、約1億2000万円の出資を集め製品化
クラウドファンディングは終了しましたが、公式サイトで注文できます。(2017/10/24)

ZOZOTOWNの送料、「自由化」でどうなった? “ケチった”のはあの県のユーザー
「ZOZOTOWN」で行われている「送料自由化」の実験。「0円」に設定された注文は、約3週間で43%あり、設定された送料の平均は96円だったという。(2017/10/24)

こころぴょんぴょん! ローソンで「ごちうさ」キャンペーン
「ご注文はうさぎですか??」のグッズが登場!(2017/10/20)

製造IT導入事例:
フィンランドの産業機械メーカー、開発からサービスまでの一元化デジタル基盤導入
ダッソー・システムズは、さまざまな場所で製品開発、注文処理、サービスの業務を統合する産業機械メーカー向けソリューション「シングル・ソース・フォー・スピード」をフィンランドのValmetが導入し、活用していることを発表した。(2017/10/17)

Facebook、フードデリバリー(出前)サービス開始
Facebookの「発見」タブの「Food Order」をタップすると最寄りのレストランや出前サービスの一覧が表示され、タップしていくとそのまま注文できるサービスが、まずは米国でスタートした。(2017/10/16)

自動車、鉄道、航空機にも波及する不正:
改ざん問題公表の神戸製鋼、ストップ安
10月10日午前の株式市場で、神戸製鋼に売り注文が殺到して取引が成立せず、ストップ安売り気配に。(2017/10/10)

CEATEC JAPAN 2017:
スマートスピーカーのトラブルを防ぐ「声認証技術」、NECが開発
テレビのニュースで流れた声に反応してスマートスピーカーが勝手に商品を注文。そんなトラブルを防ぐ技術をNECが開発した。(2017/10/2)

「ヨドバシ・ドット・コム」で配送遅延 「想定を上回る注文」で
「ヨドバシ・ドット・コム」で配送に遅れ。三連休初日の16日以降、「想定を大きく上回る注文」を受けたことが原因という。【更新】(2017/9/26)

Walmart、“冷蔵庫まで直接お届け”サービス開始
米小売り最大手のWalmartが、スマートホーム企業August Homeとの提携により、配達員がワンタイムコードで不在宅のドアを解錠し、家の中に注文品を届けるサービスのテストをシリコンバレーで開始した。配達の様子はモバイルアプリでリアルタイムで確認できる。(2017/9/25)

Amazonのレストラン出前サービス、200店擁するOloとの提携で強化
Amazon.comが米英で展開するレストラン出前サービス「Amazon Restaurant」で、出前サービス企業Oloと契約するレストランに直接注文できるようになる。Oloは全米200以上のレストランと提携している。(2017/9/25)

Amazonかたるフィッシングメール再び 「この注文をキャンセルしてください」と偽サイトに誘導
Amazon.co.jpをかたるフィッシングメールが出回っていると、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けている。(2017/9/22)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
料理などスマホ注文「O:der」のShowcase Gig、3億円の赤字
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/9/20)

残量が少ないと“最安値”で自動注文 IoT活用「スマートマット」登場
日用品を自動注文するIoTデバイス「スマートマット」が登場。飲料水などの残りが少なくなると、最安値で扱っているECサイトから注文してくれるという。(2017/9/13)

ユニクロとジーユーのECストア、「後払い決済」導入 注文決定から14日内にコンビニ等で支払えばOK
大手ファストファッションブランドに利便性の高い決済方法が。【訂正】(2017/9/11)

復帰した種田梨沙の声も! 劇場版「ご注文はうさぎですか?」予告編解禁で心ぴょんぴょんが待ちきれない
公開は11月11日!(2017/9/2)

“海の家×IT”が生み出す価値とは:
猛暑の中、30秒に1件の注文をどうさばく?――“海の家”が最適なIT活用の実証実験場である理由
海に行くと、さまざまなIT企業の“のぼり”が増えている。なぜなのか。2013年から海の家を運営しているセカンドファクトリーに、その理由を聞いた。(2017/8/30)

野菜宅配「らでぃっしゅぼーや」、配送無料枠を拡大 「時代に逆行」で生き残りへ
らでぃっしゅぼーやが、配送無料の対象範囲を拡大。カタログ注文の場合、条件を「購入額が8000円以上」から「5000円以上」に引き下げる。(2017/8/25)

米Amazon、商品をロッカーで渡す「Instant Pickup」開始 注文を受けると2分で提供
まずはカリフォルニア州のロサンゼルスとバークレーで開始。(2017/8/16)

COMPグミ8月15日から販売再開 予想以上の注文で一時販売休止に
8月15日より販売再開です。(2017/8/15)

10月から順次発送:
任天堂、「Switch」予約注文受け付け開始 8月22日から
任天堂が8月22日から「Nintendo Switch」の予約注文の受け付けを開始。1日の受け付け台数に限りはあるものの、10月1日から順次発送を予定する。(2017/8/9)

「注文をまちがえる料理店」イベント実現に向けクラウドファンディング 認知症のスタッフとともに笑顔になれる
期限は8月31日23時まで、目標金額は800万円です。(2017/8/8)

「注文した車と違うやん!」2000万円超の英アストンマーチン ディーラー誤発注で法廷闘争に
歯科医の男性は、輸入車販売会社と2000万円超の売買契約を結び、アストンマーチンの「Qオーダー」を実施。ところが届いた車の内装を見て仰天した。「頼んだのと違うやん!」。(2017/8/8)

ZOZOTOWNに他人住所で登録、「ツケ払い」で商品受け取り 容疑で18歳逮捕
ZOZOTOWNに虚偽の会員登録して注文したとして18歳の少年を逮捕。「ツケ払い」を使って他人の住所に送っていた。(2017/8/7)

「けものフレンズ」1話がニコニコ動画で公式アニメ再生数1位に 「ご注文はうさぎですか?」抜く
1000万再生も目前。【訂正】(2017/8/1)

BIM/CAD:
VRで“オンリーワン”の家づくり、「社長の邸宅」プロジェクト
注文住宅・デザイン住宅を手掛けるフリーダムアーキテクツデザインは、会社経営者などの富裕層に向けた家づくりプロジェクト「社長の邸宅」を開始する。VRを活用した設計手法や、プラットフォームサービスを利用して世界中のデザイナーとの協業を行い、“オンリーワン”の家づくりを支援するという。(2017/7/27)

ピザやお寿司にカレーまで LINEアプリから出前注文できるサービス「LINEデリマ」が公開
トークからのメニュー検索もできます。(2017/7/26)

グミタイプ完全食「COMPグミ」一時販売停止 想定を上回る注文に供給追いつかず
販売再開予定日は8月2日、同社公式販売サイトにて予約受付中。(2017/7/18)

ネット注文商品、24時間受け取りOK ヨドバシ梅田に専用店舗
ネットで注文した商品を受け取れる24時間営業の店舗が「ヨドバシ梅田」に登場。(2017/7/14)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(43):
注文書=検収です、お金を払ってください!
オフショア先に発注したプログラムに多数の不具合が見つかった。しかしオフショア側は「金額入りの注文書」を作業完了後に発行したのだから検収完了であり、料金は支払えと言う。国境をまたいだ裁判の行方やいかに――?(2017/7/14)

Amazonプライムデー、開催時間拡大で売上増へ 一方、配送問題は……
Amazonが、年に1度のプライム会員向けセール「プライムデー」を7月10日午後6時にスタート。開催時間を30時間に拡大し、昨年を上回る注文を見込む。一方、配送問題は……。(2017/7/10)

コカ・コーラもシーチキンもボタン一発で注文できる Amazon Dash Buttonのラインアップが100ブランド以上に拡大
アルコール飲料やオフィス文房具など新カテゴリが設けられ、幅広いラインアップに。(2017/6/28)

マクドナルドでUberの宅配サービス導入 一品からでも注文可、エリアは都内33店
マックデリバリーに比べ配達手数料は80円高いけど、下限1500円の縛りが無いのは魅力。(2017/6/26)

券売機前であわわわとおさらば 松屋がQRコードをかざして注文できるシステムを導入
後ろからのプレッシャーに弱い人に。(2017/6/23)

マクドナルド、トラブル復旧で特別企画実施へ 注文の有無に関わらず「わびドリンク」を1人1杯提供
ポイントと一部の電子マネーが使用できない不具合が続いていました。(2017/6/21)

Apple新製品の注文確認メールを装ったフィッシングメールが増加
フィッシング対策協議会が6月7日、Appleをかたるフィッシングメールが増加しているとして注意喚起した。Appleの注文確認メールなどを装い、Apple IDやクレジットカード番号などを搾取しようとする。(2017/6/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。