ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大証ヘラクレス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大証ヘラクレス」に関する情報が集まったページです。

ヤフー・宮坂社長とブロードバンドタワー・藤原会長兼社長CEOがトップ対談:
PR:企業のデジタル化戦略を後押しする「都心・地域連携型データセンター」のススメ
「モバイル」「ソーシャル」「クラウド」「ビッグデータ」といったキーワードが企業のビジネスと結び付きを強くする中、それらの基盤となるデータセンターへの要求が大きくなっている。ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」をはじめ大規模なインターネット事業を展開するヤフーは、まさにデータセンターのヘビーユーザーといえよう。同社がデータセンターに求める要件とは何か。ヤフーで代表取締役社長を務める宮坂学氏と、同社を主要顧客に持つブロードバンドタワーの代表取締役会長兼社長CEOである藤原洋氏の対談から、企業がデータセンターを効果的に活用する上でのヒントを探る。(2013/9/19)

オープンインタフェースが破産 元ヘラクレス上場
PC/AT互換機規格の「AX協議会」が出発点で、その後上場も果たしたオープンインタフェースが破産へ。(2011/4/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
超低金利継続が確認されて反発
(2010/2/25)

ダブルクリック、トランスコスモスが吸収合併 米Googleとの係争決着
ダブルクリックとGoogleとの係争が決着。Googleが4500万ドルを支払い、ダブルクリックは広告事業を譲渡。ダブルクリックはトランスコスモスが吸収合併する。(2010/1/26)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
大幅続落の反動で堅調だが芳しくない経済指標を受けて戻りも限定的
(2010/1/26)

株式上場する企業がなくなる日
2009年に株式公開した企業は10月2日時点で、わずか16社。2006年は188社、2007年は121社、2008年は49社だったことを思うと株式公開企業数は激減しているのだ。企業を取り巻く経済環境がめまぐるしく動く中で、株式市場はどこにいくのだろうか。(2009/10/23)

ゼンテックが民事再生を申請
通信関連ソフト開発のゼンテック・テクノロジー・ジャパンが民事再生の適用を東京地裁に申請した。負債総額は101億6301万円。(2009/10/8)

上場を中断・延期した企業の87.6%、「株式市場の低迷」が理由
2008年の新規株式上場(IPO)社数は49社と、2007年の121社から大幅に減少した。帝国データバンクの調査によると、やはり景気低迷と株式市場低迷の影響が大きいようだ。(2009/4/24)

IRサイトランキング、カプコンとNTTドコモがトップに
ゴメス・コンサルティングが、IRサイトを使いやすさや情報の充実度などの観点から評価し、ランク付けする「IRサイトランキング2009」の結果を発表。トップはカプコンとNTTドコモが獲得した。(2009/4/16)

山口揚平氏が教える“会社の本質”:
よいベンチャーを見抜く4つのポイント
一般に、1000社あるベンチャーのうち、中堅企業まで育つのは1社といわれる。成長するベンチャー企業には、共通する特徴があるのだろうか。ブルー・マーリン・パートナーズの山口揚平氏は「良い会社かどうかは、従業員3人と話をすれば分かる」と話す。その理由とは……。(2008/12/10)

ぐるなびが東証1部上場へ
業績好調なぐるなびが東証1部に上場。(2008/12/5)

1位は1053%の成長率、トーマツがテクノロジー系の成長企業TOP50を発表
今最も売り上げを伸ばしているテクノロジー関連企業は? 監査法人トーマツが成長企業の上位50社を発表した。(2008/10/16)

きっかけはMBA留学 上場のベンチャーリパブリック率いる2人
「coneco.net」を運営するベンチャーリパブリックの社長と副社長は、創業時から上場を目標に二人三脚で歩んできた。起業のきっかけはハーバード大へのMBA留学だ。(2008/8/26)

ベンチャーリパブリック、初値は公開価格割れ
価格比較サイトなどを運営するベンチャーリパブリックが8月7日、大証ヘラクレスに新規上場し、公募価格(3000円)を6.6%下回る2800円の初値を付けた。(2008/8/8)

イベント“発見”サイト「ことさが」 「日時」と「場所」軸に情報検索
イベント情報検索サイト「ことさが」がオープンした。独自開発のクローラーで情報を自動収集。各種APIを活用し、イベント関連情報もまとめて表示する。(2008/7/30)

戸惑いながらも頑張る:
99%の企業が取り組み、開始直前の内部統制監査
監査法人トーマツは、企業の内部統制報告制度の対応状況について、株式会社292社に実施した調査の結果を発表した。(2008/3/21)

オンキヨー、ソーテックを吸収合併
オンキヨーがソーテックを9月に吸収合併。ソーテックは解散する。(2008/3/19)

2008年に投資したい市場、したくない市場は?
世界的な株安を受け、個人投資家の間で悲観的な見方が広がっているようだ。株価の低迷を引き起こしているマイナス要因とは? 野村證券金融経済研究所調べ。(2008/2/8)

クインランドが破産 民事再生断念
Webサイト構築コンサルのクインランドが破産する。資金繰りに窮し、18日付けで申し立てた民事再生手続きは取り下げた。(2007/10/25)

クインランドが民事再生申し立て 負債203億円
ヘラクレス上場でWebサイト構築コンサルティングなどを手掛けていたクインランドが民事再生手続きを申し立て、経営破たんした。ヘラクレス上場廃止も決まった。(2007/10/18)

オンキヨー、ソーテックTOBが成立
(2007/8/1)

日本エンタープライズが東証2部に
(2007/7/3)

オンキヨーがソーテックを子会社化
オンキヨーがソーテックを子会社化する。TOBと第三者割当増資の合計約26億円で株式の50.1%を取得。ソーテックのPC開発力を取り込み、高音質再生に特化したPC開発などを加速させる狙いだ。(2007/7/2)

アスキーソリューションズが最終赤字に
(2007/4/6)

ファンダンゴ上場廃止 吉本興業が完全子会社化
(2007/3/19)

ウェブドゥジャパン初値は公開価格の1.8倍
(2007/2/14)

IRI子会社・IXIが民事再生申請 簿外債務100億円超、上場廃止
(2007/1/22)

アドテックスの破産手続き開始決定
(2007/1/11)

ソースネクスト、マザーズに上場へ
1980円ソフトのソースネクストが東証マザーズに上場する。同社は以前、旧ナスダック・ジャパンから上場直前に承認を取り消されたことがあった。(2006/11/17)

「DVDirect」など閲覧のユーザーにウイルス感染の疑い
DVD販売サイト「DVDirect」や携帯プレーヤーの製品紹介ページを見たユーザーがウイルスサイトに誘導され、感染した可能性があり、運営企業が注意を呼び掛けている。(2006/10/14)

ネットビレッジが「fonfun」として新スタート
(2006/10/2)

カブドットコムの夜間取引市場、9月15日にスタート
(2006/8/17)

ゴメス、初値高騰後にストップ安
(2006/8/17)

USEN、ギャガを100%子会社化へ
(2006/7/14)

ゲームサーバからHDD30台紛失、最大6万4200人分の情報流出の恐れ
「君主」など、ゲームポットが運営するオンラインゲームのサーバからHDDが紛失。最大で6万4207人分の個人情報が流出する可能性がある。(2006/5/29)

ストレージのアドテックスが経営破たん
ストレージ関連事業を展開していたヘラクレス上場企業・アドテックスが民事再生法の適用を申し立てた。負債額は約150億円。(2006/4/13)

大証ヘラクレス、1月30日から一部新システムへ
大証ヘラクレスは1月30日から新売買システムに一部移行する。現行システムは注文殺到時にたびたび処理遅れを引き起こしていたが、新システムは現行システムの7倍に向上しているという。(2006/1/16)

一休の初値は106万円
(2005/8/3)

ぐるなび初値は240万円 ヘラクレス時価総額3位に
(2005/4/26)

ぐるなび上場初日は値付かず
(2005/4/25)

日本通信が上場、初日は8万円まで上昇
(2005/4/21)

ソフトクリエイト、初値は1万540円
(2005/4/20)

「bモバイル」の日本通信がヘラクレス上場へ
PHSデータ通信サービスを展開する日本通信が4月21日、大証ヘラクレスに上場する。(2005/3/22)

ガンホー初値は420万円 公開価格の3.5倍
(2005/3/10)

ガンホー、上場初日は値付かず
(2005/3/9)

「たのみこむ」を編プロが買収
ユーザーから寄せられたリクエストをもとに、商品を開発・販売するサイト「たのみこむ」を運営するエンジンを、編集プロダクションのブレインナビが完全子会社化する。(2004/11/30)

オリンパス、ITXを子会社化
(2004/8/17)

GMO、ゼロのISP事業を吸収
(2004/7/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。