ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

ベンチャー に関する記事 ベンチャー に関する質問

「ベンチャー」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
ITmedia News:ベンチャー人
質問!起業→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で起業関連の質問をチェック

泣いた、笑った「2WEEKS アメリカ横断Workshop2014」:
PR:自分の可能性と限界を知る2週間――世界最先端の技術・企業・研究者に触れるリクルートのワークショップで、学生たちは何を得た?
2014年3月、日本全国の大学生・大学院生を対象に、ワークショップ「2WEEKS アメリカ横断Workshop2014」(主催:リクルートホールディングス)が開催された。2週間の本ワークショップは、“テクノロジーの未来”に触れる「MIT Media Lab」(ボストン)や、“クリエイティブの未来”を体感するため映像クリエイティブ・ラボ「PARTY」およびVICE社(ニューヨーク)を訪問し、最後に最先端の技術で社会に貢献する“スタートアップの未来”を経験すべく、アクセラレーター「500 Startups」およびベンチャー企業(サンフランシスコ)をめぐるもの。世界トップレベルの人々と直に接し、これまで培ってきた知識と経験の“殻”を破る新たな学びの機会を提供する。最後の5日間では、現実のWebサービスをグロース(成長・飛躍)するための戦略をグループごとに提案してもらうグローサソンを開催。このワークショップ開催について、リクルートホールディングスでは「日本の学生は技術も知識も非常に豊富だが、グローバルに向けて自分をアピールする機会が少ない。そこで現在世界のトップレベルの人や企業と生で触れ合い、自分の知識や考えをオープンにすることで厳しいフィードバックを受け、今後の成長の糧にしてもらいたいと考えた」と述べている。同社の斬新な試みといえるこのワークショップに関し、実際の参加者は何を感じ、学んだのか。グローサソン優勝者の3人が語る。(2014/4/14)

製造マネジメントニュース:
柏から世界へ! 三井不動産がオープンイノベーション拠点を設立
三井不動産は、柏の葉スマートシティ(千葉県柏市)の中核街区において、オープンイノベーション拠点として「KOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)」を開業する。同施設内にはコワーキングスペースなどの他、3Dプリンタやレーザーカッターを備えた「KOILファクトリー」を用意する他、“エンジェル投資家”からベンチャー企業が投資を受けられる仕組み作りなども行うという。(2014/4/11)

「GoogleのVCは寄生者」──サンフランシスコ市民が格差助長抗議のビラ配り
Google Venturesが出資する新興企業の金持ちな起業家が押し寄せたことで家賃や物価が高騰したとして、サンフランシスコ市民が同社パートナー、ケビン・ローズ氏の自宅周辺で抗議デモを行った。(2014/4/7)

これからの働き方、新時代のリーダー:
ITを使った鮮魚流通の革新は「おいしい魚食文化」を取り戻すために――八面六臂
鮮魚を扱う飲食店に発注アプリ入りのiPadを貸与して、漁師や産地市場とをダイレクトにつなぐ流通ベンチャー、八面六臂。松田社長が狙うのは中抜きによる価格破壊ではない。(2014/4/4)

全身の3Dスキャンから歯のインプラント技術まで:
フランスの医療関連企業、注目の10社が集結
フランス大使館が主催した「フランスメディカルテクノロジーセミナー」には、新興企業から、世界で高いシェアを持つ製品を提供する企業まで、フランスの医療関連企業10社が集結した。いずれも日本の医療機器市場に強い関心を寄せている。(2014/4/4)

電気自動車:
試作4号EV「SIM-HAL」はシムドライブの集大成、今後は実用化フェーズへ
電気自動車(EV)ベンチャーのSIM-Drive(シムドライブ)は、試作EVの4号車「SIM-HAL(シム・ハル)」を発表。これまでの先行開発車での技術成果や経験を生かし、走行距離をはじめとするEVの課題をクリアした。今後は「EV実用化」に向けた開発に本格的に乗り出す。(2014/4/2)

これからの働き方、新時代のリーダー:
鮮魚流通業界のAmazonを目指す、八面六臂の挑戦
「ITを使って、日本の魚食文化を活性化する。もっとおいしい魚を食べてほしい」――鮮魚流通ベンチャー、八面六臂(はちめんろっぴ)の松田雅也社長の思いだ。(2014/3/20)

ただいま「休憩中」:
昼休み3時間「シエスタ」を実践するITベンチャーの“ポリシー”
従業員らに3時間の昼休みを与え、仮眠を推奨する中小企業がある。なんともうらやましい話だが、仕事に支障は出ないのか。(2014/3/18)

Web動画マーケティング任せて:
メンバーズとモバーシャル、ジョイントベンチャー「MOVAAA(ムーヴァー)」設立
メンバーズは3月14日、Web動画制作事業を手掛けるモバーシャルと、Web動画マーケティング支援のジョイントベンチャー「MOVAAA (ムーヴァー)」を設立したことを発表した。(2014/3/17)

電気自動車:
PHEVベンチャーのフィスカーが中国企業傘下で新生、新型車「Atlantic」投入へ
破綻した米国のプラグインハイブリッド車(PHEV)ベンチャーFisker Automotive(フィスカー)。2014年3月、フィスカーの再出発を知らせるWebサイトが開設された。その名も「The New Fisker」である。(2014/3/14)

ビットコインATM、日本上陸へ
世界初というビットコインATMを運用している米ベンチャーが日本向けATMを出荷するという。(2014/3/13)

「あなたの夢が叶いますように」 フィンランドの新興企業・Dreamdoが起こす革命
人々や企業が夢を抱き、それを実現できるよう支援したい――。2013年に産声を上げたフィンランドのベンチャー企業・Dreamdoは、ユニークなWebサービスでユーザーの夢を形にしていく。(2014/3/12)

「医療×ITベンチャーサミット」リポート(3)
医療・ヘルスケア分野を支える、多様なITベンチャー
成長分野として注目される医療・ヘルスケア市場。参入するITベンチャーは医療技術の集合知の形成、健診データを用いる自己管理の促進、医療セキュリティのハッカソン実施などユニークな事業を展開している。(2014/3/12)

センシング技術:
血圧や心電図を測れるスマホケース、まずはiPhone向けが登場
米国の新興企業が、スマートフォンケースにもなる、生体情報測定機器を発表した。動画を見る時のようにスマートフォンを横に持つだけで、血圧や体温の他、心電図まで測定することができる。(2014/3/11)

センシング技術:
家電を制御する指輪、宙に書いた文字も認識
新興企業のLogbarが、指輪タイプのウェアブル機器を発表した。ジェスチャ認識機能を備えたもので、Bluetooth Low Energyを介して家電などを制御する他、宙に書いた文字も認識できるという。(2014/3/10)

車載情報機器:
運転スコアに応じて保険費用を低減!? サイバーエージェント出資のスマホアプリ
サイバーエージェントは、ドライバー向けのAndroidアプリ「Dash」を開発/提供する米国ベンチャー・Dash Labsに出資した。Dashを利用すれば、ドライバーの安全運転や燃費のよい走行から得られる運転スコアに応じて自動車保険や自動車用品のディスカウントを受けられる。(2014/3/7)

医療機器ニュース:
米国ベンチャー発、子どもや高齢者を“みまもる”ウェアラブル機器
CareProductの腕時計型/ブレスレット型ウェアラブル機器は、立っている、横になっているといった、ユーザーの行動パターンをモニタリングする。ビーコンと組み合わせて使うことで、ユーザーがいつもとは異なる場所で異なる行動パターンを取っていた場合、アラートが発信される。カメラを使用しないので、プライベートに配慮したみまもりシステムが構築できるとしている。(2014/3/5)

「医療×ITベンチャーサミット」リポート(2)
未来を変える医療ITは“患者共感”型が主流に
2014年1月に神戸市で開催された「医療×ITベンチャーサミット」では、医療・ヘルスケア分野で新製品・サービスを提供するベンチャー企業の取り組みが紹介された。より患者の身近な存在としての医療ITが生まれている。(2014/2/28)

まさに“ギガファクトリー”:
テスラのリチウムイオン電池工場、単独で2013年の世界生産を超える規模に
電気自動車(EV)ベンチャーのTesla Motors(以下、テスラ)は、米国南西部に「Gigafactory(ギガファクトリー)」と呼ぶ大規模なリチウムイオン電池工場を建設する方針を明らかにした。フル稼働に入る2020年の年間生産規模は、2013年における世界全体のリチウムイオン電池セルの生産規模を上回る35GWhを計画している。(2014/2/28)

着る人工筋肉「マッスルスーツ」ベンチャー、東京理科大など設立 介護や物流の現場支援に
東京理科大学の小林宏教授による動作補助ウェア「マッスルスーツ」の製品化を行うベンチャー企業「イノフィス」が設立された。介護や流通を中心に導入を進め、世界市場も狙う。(2014/2/27)

電気自動車:
水面も走る4人乗りの超小型EV、全長2.5メートルで100キロ走行
日本のベンチャー企業がユニークな電気自動車(EV)を開発した。全長2.5メートルの短い車体ながら、4人乗りで、しかも水に浮いて水面を走ることができる。東南アジアの市場を主なターゲットにして、2015年10月に発売する計画だ。(2014/2/27)

再検証「ロボット大国・日本」(13):
「米国ベンチャーに負けない!!」――NEDO、生活支援ロボット実用化プロジェクトの成果を報告
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、5年にわたり実施してきた「生活支援ロボット実用化プロジェクト」に関する成果報告会を実施。同プロジェクトに参画した2社のロボットが、世界で初めて国際安全規格「ISO 13482」の認証を取得した。(2014/2/26)

「医療×ITベンチャーサミット」リポート(1)
医療産業都市・神戸市から、医療ITベンチャーの振興を提言
ベンチャー企業支援の強化方針が盛り込まれた「産業競争力強化法」。政府の成長戦略の検討方針で重点分野に位置付けられる医療業界では、新サービスの創出につながるITベンチャー企業の参入支援が成長の鍵を握る。(2014/2/25)

ISSCC 2014:
半導体ベンチャー企業は消えていくのか? ISSCCで討論
2014年2月9〜13日に米国で開催された「ISSCC」では、半導体企業やベンチャーキャピタルのCEO、個人投資家らが、半導体業界についてパネルディスカッションを行った。同業界は新興企業が減り、投資先もIT企業へと移っている。半導体企業は統廃合が進み、企業の数は減っていくという見方が強い。(2014/2/21)

ベンチャー企業オフィス100選【ジーニー編】:
社員の意見を採り入れたオフィスで成長し続けるベンチャーを目指す
インターネットメディア事業およびインターネット広告代理事業を展開するジーニーは、新橋で事業を立ち上げた後、1年後に六本木オフィスへ移転。そこには、社員の意見が多く取り入れられているという。(2014/2/28)

歩行支援ロボットの開発も 医療機器ニュース:
テムザック、医療ロボットの研究拠点を鳥取に設立
九州のロボットベンチャー・テムザックが医療ロボットの研究・開発を目的とする研究開発子会社「テムザック技術研究所」を設立。歩行支援ロボットの開発も進めていくという。(2014/2/20)

電気自動車:
水上走行もできる4人乗り超小型EVをベンチャーが開発、水害の多いタイで販売
電気自動車(EV)ベンチャーのFOMMは、前輪2輪にインホイールモーターを搭載する4人乗りの超小型EV「FOMMコンセプトOne」を開発した。2014年3月にタイで開催される「第35回バンコク国際モーターショー」に出展し、2015年10月からタイ市場での販売を目指す。水害の多いタイ市場向けにジェット水流発生装置で水面を移動できる機能も搭載している。(2014/2/20)

注目の次世代ユーザー認証技術
人に聞こえない「音」がパスワード代わりに、Googleが買収した新興企業の注目技術とは
米Googleが買収したSlickLoginは、音を利用したユーザー認証技術を開発している。パスワードの置き換えや追加のセキュリティレイヤーとなる可能性を秘めている。果たして、同社買収におけるGoogleの思惑とは。(2014/2/20)

電気自動車:
米国グリーン・ニューディールの成果は中国企業の下へ、PHEVベンチャーも買収
プラグインハイブリッド車(PHEV)「カルマ」を展開する米国のベンチャー企業Fisker Automotive(フィスカー)を、中国の大手自動車部品メーカーである万向集団(Wanxiang Group)が買収することになったと複数の米国メディアが報じている。(2014/2/17)

Google、高周波音ログイン技術のSlickLoginを買収
Googleが買収したSlickLoginは、モバイルアプリから発生させる高周波音をPCのマイクに拾わせることでWebサイトにログインする認証技術を開発しているイスラエルの新興企業だ。(2014/2/17)

ワンダーポット:
湯沸かし=携帯充電 震災を機に生まれた「発電鍋」に脚光
湯を沸かしながら携帯電話の充電などができる「発電鍋」が注目を集めている。熱を直接電気に変える発電鍋を開発したのは大阪のベンチャー企業TESニューエナジーで、「ワンダーポット」の名称で売り出した。(2014/2/17)

クラウドワークスで始める新しい働き方:
岐路に立ったら、常に面白いコンテンツになるほうを選ぶ
ライター松田然さんは、ベンチャーから大企業まで800社以上の取材・広告制作を経験。起業、フリーランス、上場企業、海外企業などのさまざまな働き方を経験し、「挑戦する人のHubになる」をテーマにこれからのライフスタイルのヒントを発信している。(2014/2/14)

印刷ベンチャーのラクスル、ミクシィなど6社から14億5000万円調達
印刷ベンチャーのラクスルがミクシィなど6社を引受先とする14億5000万円の第三者割当増資を実施した。(2014/2/7)

ドイツのベンチャーreadfy、広告表示で全作無料になる電子書籍ストアアプリを提供
ドイツのスタートアップが電子書籍版のSpotifyといえる「readfy」をβ公開。(2014/2/7)

モノづくりイベントレポート:
モノづくりベンチャーが日本のモノづくりを盛り上げるには?
ITと結び付いたモノづくりに取り組むベンチャー企業、Sassor、ガラポン、ユカイ工学の3社が、モノづくりベンチャーの現状や日本のモノづくりについて語った。(2014/2/7)

過疎化・高齢化にITの力で立ち向かう 徳島発・地域活性化ベンチャー「あわえ」
徳島県美波町を拠点に、ITを使った地域活性に取り組むベンチャー「あわえ」が、地域の文化や資料のデジタル化、企業誘致の促進などの事業構想を発表。先駆者として「地方で起業すると採用面でもメリット」といったリアルな声を語った。(2014/1/29)

電気自動車:
「マクラーレンやフェラーリと同じ」、「トミーカイラZZ」は1台1台を職人が手作り
電気自動車(EV)ベンチャーのグリーンロードモータースは、EVスポーツカー「トミーカイラZZ(ズィーズィー)」の実車を東京で初公開。併せて第2期33台分の受注も始めた。また、同車両のEVプラットフォームは、京都府舞鶴市の工場で、「マクラーレンやフェラーリのスポーツカーと同様に、1台1台を職人の手作りで製造する」という。(2014/1/29)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
「航空ベンチャー」ではあっても「LCC」ではない──スカイマーク 西久保愼一社長に聞く
スカイマークは2014年3月、プレミアムシートのみを搭載したエアバスA330-300を羽田−福岡などの国内幹線に導入する。同社を率いる西久保愼一社長に、その戦略と今後のプランなどを聞いた。(2014/1/28)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
経営者&人事担当者が書きがちな「ダメブログ」の共通点
あるベンチャー企業で、代表取締役がブログに「人が欲しい」と書いたら5分で応募があったそう。「ブログならオレも書いてるよ」という人は多いでしょう。あなたのブログは、人が応募したくなるものでしょうか。それとも……?(2014/1/27)

経産省のベンチャー有識者会議をライブ配信 孫泰蔵さん、南場智子さんら登壇
次のApple、Google、Facebookは日本から出す――経済産業省によるベンチャー有識者会議をライブ配信する。茂木敏充経済産業大臣の私的懇談会として開催されるもので、ベンチャー支援の課題と対策を検討する。登壇者は、MOVIDA JAPANの孫泰蔵代表、ディー・エヌ・エーの南場智子取締役など。配信は1月27日17時30分〜。(2014/1/24)

孤独、ジレンマ……“起業”の苦しい現実とその先にあるものとは
月商1億円のベンチャー企業を立ち上げた渡邊健太郎氏の著書で、“起業”の苦しみを描いた小説『ベンチャーズ☆ハイ』を紹介。(2014/1/14)

Google、“iPodの父”のスマートホーム企業Nestを32億ドルで買収
Googleが、家庭向けの温度調節器や煙感知器などのスマートホーム製品を販売する元Appleのエンジニア、トニー・ファデル氏の新興企業Nestを買収する。Nestは買収完了後も独立した子会社として存続する。(2014/1/14)

なぜ日本は福島原発で作業するロボットを創れないのか 大手が市場独占、技術力あるベンチャー参入できず
福島原発の事故を機に、原発施設で作業するロボット開発が加速している。日本では市場を大手企業や有名大学が独占し、ベンチャーは画期的な技術を開発しても参入は困難なのが実情だ。(2014/1/7)

3Dプリンタで動脈を「立体複製」 4年後実用化 佐賀大など開発
3Dプリンタを活用し、患者本人の皮膚などから動脈を作製する技術を、佐賀大学と東京のバイオベンチャー企業が共同で開発した。(2014/1/7)

ロボット大国なのに:
なぜ日本は福島原発で作業するロボットを創れないのか
福島第1原発の事故を機に、原発施設で作業するロボット開発が加速している。日本でも世界に先駆けた技術も登場しているが、市場は実績のある大手企業が独占し、ベンチャー企業の参入は難しい。(2014/1/7)

Apple、連写アプリ「SnappyCam」開発ベンチャーを買収
フル解像度で20枚超の連写が可能なiPhoneアプリ「SnappyCam」開発会社をAppleが買収。(2014/1/6)

プラズマテレビの生みの親のベンチャーは、外資の手に渡るのか 事業停止した篠田プラズマ
「プラズマテレビの生みの親」が立ち上げたベンチャー・篠田プラズマが資金繰りの悪化から事業を停止した。スポンサー企業を探して再建を目指すが、国内外の数社が関心を示しているという。(2013/12/26)

人はどうして起業をするのか?
月商1億円のベンチャー企業を立ち上げた渡邊健太郎氏の著書で、「なぜ起業をするのか」というテーマの小説『ベンチャーズ☆ハイ』を紹介。(2013/12/25)

“日の丸技術”はどこへ?:
プラズマテレビの生みの親のベンチャーは、外資の手に渡るのか
曲げられる大画面の次世代ディスプレーを開発・製造する篠田プラズマが、資金繰りの悪化から事業を停止した。かつて世界に先駆けフルカラーのプラズマテレビを実現した“日の丸技術”はどこに行ってしまうのか。(2013/12/25)

「われこそはシニアベンチャー」 60歳過ぎ再び起業 創業した上場企業離れ再挑戦
「われこそはシニアベンチャー」と自負する起業家がいる。紫外線関連機器メーカー、ユーヴィックスの森戸祐幸社長(73)だ。若い頃から起業に挑み、一定の成果を上げて“卒業”すると、新たに次の事業を起こす。「60歳を過ぎての挑戦者だ」(2013/12/20)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。