ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「帝国データバンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

個人も“会社を買う”チャンス:
迫る“廃業の危機”を救ったのは……「後継者がいない」中小企業の物語
「後継者がいない」問題を抱える企業は多い。“大廃業時代”が迫る中、注目されているのがM&Aだ。企業だけでなく、個人が会社を引き継ぐケースも増えている。実際にM&Aを経験した企業の事例から、有用性や社会的意義を読み解く。(2018/9/26)

電力供給サービス:
新電力は2年で倍増、電力販売実績があるのは73.6%
帝国データバンクが小売電気事業者に関する調査結果を発表。新電力の数は電力自由化がスタートした2016年4月から倍増し500社を突破した。(2018/9/20)

「対応済み」との声も:
約2割の企業が「働き方改革」をやっていない 理由は「必要ない」「効果が不明」
17.7%の企業が「働き方改革」に取り組んでいないという。帝国データバンクの調査で判明した。その理由は「必要性を感じない」「効果を期待できない」などが出た。(2018/9/17)

すべては焼酎ブーム再来のため:
雑誌発行に舞台公演も!? 焼酎業界の「名プロデューサー」走る
焼酎業界で多くの名酒を生んだ「名プロデューサー」である卸会社の社長が焼酎への逆風の中でブーム復活を狙う。地道な商品開発に加え雑誌発行、舞台の制作まで挑戦。(2018/8/23)

アニメブームに沸くなかで……:
アニメ制作企業の業績回復 一方で埋まらない格差も 帝国データバンク調べ
帝国データバンクがこのほど発表したアニメ制作企業の経営実態の調査結果によると、2017年(1月〜12月期決算)の収入高合計は2037億2100万円(前年比+8.2%増)と、初めて2000億円を突破し、過去最高だった。(2018/8/22)

緩やかに増えているが……:
約50%の日本企業は「女性の管理職なし」 調査で判明
日本企業に女性管理職はどの程度存在するのか?――帝国データバンク調べ。(2018/8/17)

九州の蔵元が上位に集中:
「焼酎メーカーの売り上げ」ランキング発表 あの蔵元は何位……?
帝国データバンクが、国内焼酎メーカーの2017年1〜12月期の売上高を集計し、ランキング化した結果を発表。九州の蔵元が上位に多数ランクインしたが、減収となる企業や赤字の企業も多かった。大手メーカーのハイボールやワインの人気に押されたという。(2018/8/13)

村山モータースが破産 ハーレーダビッドソンの老舗ディーラー
「ハーレーダビッドソン新宿」は他社が営業を継続しています。(2018/7/25)

業界内では有数の老舗:
ハーレーダビッドソン老舗ディーラー「村山モータース」が破産
帝国データバンクによると、ハーレーダビッドソンの老舗ディーラー「ハーレーダビッドソン新宿」を経営していた村山モータースが、7月18日に東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。(2018/7/25)

東大・京大は何位?:
社長の出身大学ランキング、早慶を抑えて「日本大学」がトップ
社長の出身大学を帝国データバンクが調査。最も多かった大学は日本大学だった。2位は慶応義塾大学、3位は早稲田大学だった。(2018/7/25)

顧客満足にも影響:
弱みだった「人」をどう変えた? アルバイト出身の女性役員が語るスープストックトーキョー流の働き方
スープ専門店「Soup Stock Tokyo」を展開するスープストックトーキョーでは従業員の働きがいと働きやすさを推進し、顧客へのサービス向上や従業員のキャリア支援にもつなげようとしている。その取り組み内容や成果について、同社取締役の江澤身和さんに話を聞いた。(2018/7/13)

太陽光:
太陽光関連企業の倒産は「底打ち」か、2018年上期は44件
帝国データバンクが2018年上期における太陽光関連企業の倒産状況を発表。これまで増加傾向にあった倒産状況は「ピークアウト感も出ている」とした。(2018/7/12)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
“聖杯”の寄る辺に従い、満たされた純利益345億円 「FGO」提供のアニプレックス
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/7/11)

「NOKIZAL」決算ピックアップ(番外編):
「Fate/Grand Order」のガチャは、なぜ“よく回る”のか? マスターの1人として考えてみた
「Fate/Grand Order」(FGO)というスマートフォンゲームが、開発元のディライトワークス、発売元のアニプレックスに莫大な利益をもたらしています。FGOでは、希少なキャラクターを入手するために有料ガチャを利用する必要がありますが、それは他のスマホゲームでも同じはず。なぜ、FGOのガチャは多くのプレイヤーを魅了しているのでしょうか。(2018/7/14)

信用スコアがマーケティングにもたらすインパクト:
日本版「FICOスコア」「芝麻信用」となるか? 新生銀行グループ会社が提供する「SXスコア」の可能性
海外では、金融業界で利用されてきた個人の信用を評価するスコアをオープンにして活用する動きが進む。日本でその先駆けとなりそうなのが、新生銀行グループのセカンドサイトが提供する「SXスコア」だ。(2018/7/11)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
UberJapan黒字化も、届かない本来のポテンシャル
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/5/18)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
自動運転ベンチャーZMPの決算 上場延期の“痛み”
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/4/19)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
ネットショップ作成「BASE」の決算 香取慎吾さんのテレビCMなど“ガンガン攻める”
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/4/18)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
“業界首位”へあと一歩、駐車場シェアサービス「akippa」に迫る脅威
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/4/17)

負債総額60億3500万円:
シェアハウス「かぼちゃの馬車」が民事再生 入居者は生活インフラ寸断の恐れ
女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」を展開するスマートデイズが東京地裁に民事再生法の適用を申請。3月末現在で債権者は911人、負債総額は60億3500万円。入居者の生活インフラ確保が困難になる恐れもあるという。(2018/4/9)

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を展開していたスマートデイズ、東京地裁に対し民事再生法適用を申請
2017年末ごろから、サブリース賃料の引き下げや一方的な支払いストップなどでオーナーから不満の声が多くあがっていました。(2018/4/9)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
仮想通貨取引「GMOコイン」、事業開始から半年で黒字1億円
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/4/4)

「つみネコ」開発元が破産 初期iPhoneの定番ゲーム
iPhoneリリース初期に人気を博したゲームアプリ「つみネコ」を開発したビースリー・ユナイテッドが破産。「つみネコ」のアプリは現在、別会社が運営・配信している。(2018/3/28)

「ウタエル」リリースも収益減:
人気アプリ「つみネコ」旧運営元が破産 音楽アプリ参入が裏目に
人気ゲーム「つみネコ」旧運営元のビースリー・ユナイテッドが破産。負債総額は約4688万円。同タイトルとライセンスビジネスで成長したが、音楽事業参入に伴う投資が大きな負担となり、資金繰りが悪化した。(2018/3/28)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
屋根点検など“渋い展開”が光るドローン系ベンチャー、CLUEは決算も手堅い?
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/3/5)

大学発ベンチャーの1割は東大から
帝国データバンクは「大学発ベンチャー企業の経営実態調査(2018年)」を公開した。(2018/2/26)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
ソニー子会社のIoTベンチャーQrio、売上総損失1.1億円で苦戦 スマートホーム戦略に活路?
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/2/26)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
スタートトゥデイが20億円で買収、「IQON」運営のVASILY 傘下で出直しなるか
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/2/20)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
「Zaif」運営テックビューロの決算 資金繰りは余裕も“危うさ”はらむ
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/2/19)

事業拡大が裏目に:
「翼システム」破産 「カーコンビニ倶楽部」旧運営元
ソフトウェア開発会社「翼システム」が破産。2007年までは「カーコンビニ倶楽部」を運営していた。負債総額は数十億円に上る見込みだが、詳細は現在調査中。(2018/2/15)

食堂運営企業の倒産で「分かったときには、もう今日の昼食が作れない」 学食が営業できなくなる大学も
「スエヒロ」ブランドで都内私大の学生食堂などを運営していた企業が倒産。(2018/2/1)

帝国データバンク、「社長年齢分析」公開 平成生まれの社長が最も多い業種は?
帝国データバンクは「全国社長年齢分析(2018年)」を公開した。(2018/1/31)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
グルメ情報サービス「Retty」売上倍増も、3強の背中はまだまだ遠く
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/1/29)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
かつて“課金率100%”うたった「神の手」、年末年始のテレビCM効果は
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/1/25)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
3年間の保有でライブドアに売却益400億円をもたらした「弥生会計」の秀逸なビジネスモデル
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/1/23)

6年ぶりに増加:
飲食店の倒産件数、過去最多 理由は?
2017年の飲食店の倒産件数は707件で過去最多だった。「大手企業が客単価の低い業態を積極的に出店しているため、価格競争についていけない個人経営の飲食店が倒産している」という。(2018/1/18)

B2C事業者の倒産多数:
17年の企業倒産件数、8年ぶり増加 負債額トップはタカタ
2017年は、企業の倒産はどの程度発生したのか?――帝国データバンク調べ。(2018/1/16)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
弥生が買収したクラウド請求管理「Misoca」、利用者倍増もシナジー効果はまだまだ?
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/1/16)

AIで「ビジネスマッチングサービス」を高度化――山口FGと山口銀行、日立が実証実験へ
山口フィナンシャルグループ(山口FG)と山口銀行は、日立製作所の「Hitachi AI Technology/H」を用いて、顧客企業のビジネスパートナーをマッチングするサービスの実証実験を行う。事業データと企業信用調査データを分析することで、マッチングの精度向上を目指す。(2018/1/16)

“相性がいい”取引先、AIがマッチング 日立、山口銀行など実験
山口銀行、日立などが「ビジネスマッチング」の精度向上のためにAIを活用する実証実験を行う。(2018/1/15)

スキー専門誌の草分け:
「スキージャーナル」発行元が破産 ネット上に惜しむ声
「月刊スキージャーナル」などのスポーツ関連書籍を発行していたスキージャーナルが東京地裁に破産を申し立てた。(2018/1/15)

モノづくりの礎を築いた:
創業100周年の企業は? あの大手メーカーが歩んだ100年
2018年に創業100周年を迎える企業には、パナソニックなどの大手メーカーが名を連ねる。(2018/1/10)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
プレイガイド「e+」業績と比較して見えた、「チケキャン」の“荒稼ぎ”
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/12/30)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
2年間で売上13.5倍 「主婦イラスト2500円」でも話題、スキル売買「ココナラ」
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/12/18)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
Cygamesは黒字133億円、AbemaTVは赤字191億円 サイバーエージェント子会社決算まとめ
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/12/18)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
音声翻訳デバイス「ili」でリベンジなるか 「Ring」で“炎上”したログバーの決算
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/12/14)

「FREETEL」事業は楽天に承継:
「FREETEL」元運営会社、民事再生法申請 負債額26億円
格安スマホブランド「FREETEL(フリーテル)」を運営していたプラスワン・マーケティングが民事再生法の適用を申請。負債額は約26億円。(2017/12/4)

「MTGOX」が民事再生へ ビットコイン高騰で資産価値が上昇、負債額上回る
MTGOXが債権者から東京地裁へ民事再生法の適用を申し立てられた。破産手続き中の同社だが、ビットコイン価格の急騰で資産価値が上昇し、負債額を上回ったという。(2017/12/4)

「FREETEL」のプラスワン・マーケティングが民事再生申し立て
「FREETEL」ブランドで知られたプラスワン・マーケティングが東京地裁に民事再生法の適用を申請した。「資金繰りの悪化により、債権者に支払いを継続することが困難になったため」という。(2017/12/4)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
グラドルの“例のポーズ”ほど緩くない赤字が続くソフマップ
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/12/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。