ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Outlook.com」最新記事一覧

関連キーワード

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10のEdgeブラウザ、Anniversary Updateでどう変わる?
Windows 10の標準ブラウザとなる「Edge」は、当初こそ荒削りだったが、Anniversary Updateで大きな進化を見せるようだ。その姿とまだ不十分なところとは?(2016/6/14)

Microsoftサービスでアカウント乗っ取りの問題報告
OutlookやAzureなどのアカウントを乗っ取ることができてしまうCSRF問題が発覚。Microsoftは連絡を受けてから2日で対処した。(2016/4/6)

Outlook.com Premium、招待制で提供中 5つまでのカスタムアドレスや広告非表示
Microsoftがプレミア版Outlook.comを招待制で提供している。5つまでのカスタムアドレスを設定でき、受信箱には広告が表示されない。(2016/4/5)

基礎から分かるグループポリシー再入門(17):
グループポリシーで「ストアアプリ」をインストールする
前回までは、グループポリシーの「基本設定」項目を利用したファイル/フォルダの操作やコントロールパネルの設定などを紹介してきた。今回もその一環として、アプリケーションのインストール、それも「Windowsストアアプリ」について、その実現方法を探ってみたい。(2016/3/15)

TwitterのGIFアニメ添付機能が「著作権侵害」に? 米国では「フェアユース」
TwitterのGIFアニメ添付機能にアニメやドラマを元にしたものが含まれており「著作権侵害では?」と懸念の声が上がっている。日本にはない「フェアユース」の概念を前提とした機能のようだ。(2016/2/25)

「友達の友達」に個人情報が知られてしまう?
評価が分かれるWindows 10のWi-Fiセンサーとの“暫定的”な付き合い方
Windows 10の「Wi-Fiセンサー」は、ホットスポット共有を簡単にする機能だ。しかし、セキュリティリスクの可能性や実質的なメリット、他の共有方法と比べた安全性などに多くの専門家が疑問を呈している。(2016/2/21)

MicrosoftのOutlook.com、ついにプレビュー卒業へ GIFアニメ追加アドインなども追加
Microsoftのメールサービス「Outlook.com」がプレビューを卒業し、正式版になった。Office 365の機能やEvernoteやPaypalのアドインが使えるようになる。メールにGIFアニメを貼り付ける機能も追加された。(2016/2/18)

Gmailのスパム対策機能などをMicrosoftやYahoo!のアカウントでも使える「Gmailify」
Android版GmailアプリのVer.4.4のアップデートで、アプリで送受信するよう設定したMicrosoftおよびYahoo!のメールアカウントでもGmailのスパムフィルタやカテゴリ分け、Google Nowの通知機能などを使えるようになる。(2016/2/18)

国家が関与する攻撃についての警告通知、MicrosoftやYahoo!も
国家が関与している場合は巧妙で執拗(しつよう)な攻撃が仕掛けられる公算が大きいと判断し、その事実をユーザーに通知することにした。(2016/1/5)

Microsoft、「Edge」のJavaScriptエンジン「Chakra」をオープンソース化へ
MicrosoftがWebブラウザ「Edge」のJavaScriptエンジン「Chakra」のコアコンポーネントを「ChakraCore」として来年1月GitHubでオープンソースで公開する。クラウドサービスやIoTで採用でき、将来的にはWindows以外のプラットフォームもサポートする見込みだ。(2015/12/6)

Microsoft、iOS向けイベント設定アプリ「Invite」をリリース
Microsoftがモバイルアプリ開発プロジェクト「Garage」から、iPhoneで手軽にミーティングなどのイベントのスケジュール調整をし、日程を決めるためのアプリ「Invite」をリリースした。Android版とWindows Phone版も間もなくリリースする予定だ。(2015/9/25)

Windows 10のツボ(29):
Windows 10の新ブラウザ「Edge」でWebページ上にメモを書き込もう
Windows 10の新しい標準ブラウザ「Microsoft Edge」には、Webページにメモを書き込める機能がある。特にペン付きのWindowsタブレットで使い勝手がいい機能だ。(2015/9/17)

Windows 10のツボ(27):
Windows 10で2in1を使うなら知っておきたい「Continuum」機能
Windows 10で新たに追加された新機能「Continuum」と「タブレットモード」について解説する。(2015/9/15)

Windows 10のツボ(26):
Windows 10のロック画面に予定や新着メールを表示して即チェックする
Windows 10のロック画面には、Windows 8/8.1に引き続き、特定アプリのステータスを表示できる。今回は設定方法を解説する。(2015/9/14)

Windows 10のツボ(25):
Windows 10の新ブラウザ「Edge」なら今夜のアップルスペシャルイベントが視聴できるぞ
アップル好きのWindowsユーザーに朗報、スペシャルイベントのライブストリーミングがWindows 10に搭載される“Microsoft Edge”からの視聴に対応した。(2015/9/9)

Windows 10のツボ(24):
Windows 10の“子供用”ユーザーアカウントとは?
1台のPCを家族で共用する場合は、保存するデータや個人設定を分けるため、それぞれにユーザーアカウントを設定するのがオススメだ。Windows 10では、アカウント設定を子供用にすることで、保護者が子供のPC利用状況を把握できる機能が備わっている。(2015/9/9)

あなたのデータがMicrosoftに筒抜け?
「Windows 10」のデータ収集、プライバシーへの不安は取り越し苦労か?
「Windows 10」は、絶えずユーザーの情報を米Microsoftに送り出しているが、それはユーザーエクスペリエンスが実際にどの程度プライベートなものであるかという問題を提起している。(2015/9/8)

初めてのOffice 365
Office 365を導入するときにIT管理者が知るべき2つのポイント
Office 365を導入するときにIT管理者が直面するであろう、Office 365の契約、Office 365 ProPlusのインストールの注意点について解説します。(2015/9/8)

Windows 10のツボ(23):
Windows 10の通知機能でGmailの新着メールを確認したい
Windows 10にプリインストールされているメールアプリは、主流のWebメールサービスを登録して利用することができる。より便利に使うために、新着メールのプッシュ通知をオンにする方法を解説する。(2015/9/6)

Tech TIPS:
Windows 10の「Wi-Fiセンサー」で他人がWi-Fiネットワークに接続するのを防ぐ
次第に広まっていくWindows 10だからこそセキュリティは気になるところ。新機能「Wi-Fiセンサー」によるセキュリティ上の影響と対策をシステム管理者の視点で解説。(2015/8/24)

Google入門:
これから始めるInbox by Gmail
2014年10月から招待制でサービスが開始されたGoogleの新しいメールサービス「Inbox by Gmail」が、2015年5月より一般公開となった。そこで本稿では、Inboxは通常のGmailサービスと何が違うのか、どのように活用すべきかについて解説していく。(2015/8/19)

Outlookのアドイン、EvernoteやUberが利用可能に(要Office 365またはExchange)
OutlookのカレンダーのイベントにUber発注リマインダーを追加したり、メールの一部をEvernoteにクリップするためのサードパーティー製アドインが、まずは「Outlook 2013」と企業向け「Office 365」加入ユーザーの「Outlook on the Web」で使えるようになった。(2015/8/13)

「Outlook on the Web」(旧「OWA」)大幅アップデート
Microsoftがメール・予定表サービス向けアプリ「Outlook Web App(OWA)」を「Outlook on the Web」に改称し、新機能を追加した。企業向け「Office 365」の「初回リリース」ユーザーはもう利用できる。その他のユーザー向けアップデートは9月の予定だ。(2015/8/5)

基礎から分かるグループポリシー再入門(8):
“必要ないもの/使わないもの”は無効化し、クライアントのセキュリティを向上させる
前回に続き、今回もクライアントを管理する上でのセキュリティに役立つグループポリシー設定を紹介する。今回のテーマは「必要ない/使わないものは無効化する」だ。(2015/7/8)

特集「Office 365」:
「Windows 10時代」のOfficeとの付き合い方
2015年夏登場予定の「Windows 10」。これによって企業のWindows PC利用環境にどんな変化が出てくるのか。間もなくのリリースが予告される「“ユニバーサル”版Office」と「Office 2016」の違い、そしてOffice 365やライセンスまわりの話を整理しよう。(2015/5/29)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「HTTP」前提が崩れる――早く「常時SSL」にすべき理由
WebサイトをトップからHTTPSにする「常時SSL」が本格化の気配を見せてきた。「HTTPで十分」という意識ではやっていけなくなるだろう。その理由とは?(2015/5/22)

Microsoft、Outlook.comを大幅アップデートへ
MicrosoftがWebアプリ版メーラーOutlook.comをアップデートし、受信トレイを自動的に整理整頓する「Clutter」機能やGoogleのInboxにあるようなピン機能などを追加する。まずは一部のプレビューユーザー向けにローリングアウトしていく。(2015/5/22)

メールとカレンダーを刷新:
「Windows 10」プレビューの最新ビルド「10061」公開
ビルド「10061」では新しいメールアプリとカレンダーアプリが搭載されたほか、タブレットモード向けのUIをブラッシュアップした。(2015/4/23)

Android版Outlookがプレビュー卒業 さらなるアップデートを約束
Microsoftが、1月にプレビュー版として公開したAndroid向けの「Microsoft Outlook」を正式版にした。既に正式版になっているiOS版とほぼ同等の機能や安定性が得られたため。(2015/4/23)

Android版Gmail、全アカウントのメールを1つの受信箱でチェック可能に
Android版Gmailのアップデートで、Outlookなどを含むすべてのアカウントのメールを「All Inboxes」でまとめて閲覧できるようになった。また、Googleアカウント以外でも「スレッド」表示が可能になった。(2015/3/31)

オンラインストレージ活用:
一歩先を行くGoogleドライブの使い方
無償で利用できる容量が増えたり、パソコン用やスマートフォン用の便利な拡張機能やアプリが提供されたりしたことで、Googleドライブを活用および検討するユーザーが増えている。本稿では、オンラインストレージをさらに使いこなすためのGoogleドライブの活用法を解説していく。(2015/3/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
無料で便利な「iOS/Android版Outlook」を使ってみた
Windowsの枠組みを超えて、Officeアプリ/サービスの拡充を図るMicrosoft。同社が公開したiOS/Android向け「Outlook」アプリは、無料で便利に使える注目アプリだ。実際にインストールして試してみた。「Universal Office」アプリについても紹介する。(2015/2/18)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第4回 メール環境の移行は一筋縄ではいかない(後編)
前回に続き、メール環境をWindows PCからMacBook Airに移行する方法を解説していく。OutlookとWindows Liveメールに続き、今回はThunderbirdと秀丸メールのメールクライアントの移行などを行う。(2015/2/4)

iOSおよびAndroid版「Microsoft Outlook」アプリ登場 GmailとiCloudもサポート
Microsoftが、GmailやiCloudも使え、カレンダー機能もあるモバイルアプリ「Microsoft Outlook」をAnroidとiOS向けに公開した。日本語化もされている。昨年末に買収したAcompliをベースにしており、柔軟なUIのカスタマイズやクラウドストレージとの連係が可能だ。(2015/1/30)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第3回 メール環境の移行は一筋縄ではいかない(前編)
Windows PCからMacBook Airへの移行で懸念材料となっていたメール環境について報告していく。Windows PCからMac OS X上のメールクライアントへどのように移行すればよいのか、さまざまな移行方法を試してみた。(2015/1/28)

海外先行出荷Winタブの展示も:
日本マイクロソフト、コンシューマー向けオンラインサービスをアピール
2014年秋から年末にかけて投入する新サービスの概要を紹介。Windowsタブレットの展示では、日本未出荷モデルも登場した。(2014/12/2)

Tech TIPS:
格安SIMのスマートフォンでグーグルの2段階認証をセットアップするには音声通話を活用する
通信費を削減しやすい格安SIMがユーザーを増やしている。だが機能的な制限により、グーグルの2段階認証のセットアップ時に暗証番号をテキストで受信できないという問題がある。その具体的な対策は?(2014/12/2)

Tech TIPS:
AndroidのGmail 5.0アプリでGmail以外のメールアカウントを利用する
Androidスマートフォン/タブレット向けのGmailアプリが、Ver. 5.0から名前に反して(!?)Gmail以外のメールも読み書きできるようになった。そのセットアップ方法は?(2014/12/1)

Google、Androidの標準メールアプリをGmailに統合
Android版Gmailがマルチアカウントに対応したため、プリインストールされている標準アプリ「メール」の役割が終了し、Gmailに統合される。(2014/11/28)

Office OnlineにSkypeチャット機能追加 文書を閉じてもチャットの続きが可能
Web版Officeスイート「Office Online」で、共同編集しながらのSkypeチャットが可能になる。文書を閉じた後も、Skypeでチャットを続けられる。(2014/11/24)

Tech TIPS:
Outlook.comでエイリアスを追加して複数のメールアドレスを作成する
Outlook.comのエイリアス機能を使って複数のメールアドレスを作成する方法を解説する。用途別にメールアドレスを使い分けることも可能だ。(2014/11/21)

GmailのAndroidアプリ更新でOutlookなど他アカウントをサポート
Android版Gmailアプリがバージョン5.0への更新でマテリアルデザインになる他、POP/IMAPサポートによりマルチアカウント機能でOutlook.comやExchangeなど、Gmail以外のメールアカウントも使えるようになる。(2014/11/4)

Tech TIPS:
Gmailの宛先に誤ったメールアドレスが予測表示されないようにする
Gmailで新規メールを作成する際、オートコンプリート機能により宛先(To:)に先頭の文字を入力しただけで、メールアドレスの候補が表示される。しかし、一度でも誤ったメールアドレスに送信してしまうと、そのアドレスも候補として表示されてしまう。このような誤ったメールアドレスが予測表示されるのを防ぐには?(2014/9/19)

Tech TIPS:
Outlook.comメールサービスをIMAPで利用する
マイクロソフトのWebメールサービス「Outlook.com」はPOPとIMAPに対応している。Webブラウザーだけでなく、使い慣れたメールクライアントを使っても、Outlook.comの利用が可能だ。その設定方法は?(2014/8/1)

一人情シス・イシノにきく Chromebook導入のカギ:
3万円のGoogle PC、仕事で使っちゃダメですか?――情シスに聞いてみた
Chrome OSを搭載したChromebookの販売が日本でも始まった。誠 Biz.ID編集部に届いた同機を試してみたところ、起動の早さ、レスポンスの良さ、アプリの豊富さなどに驚きつつ、1つの疑問がわき起こり……。(2014/8/5)

今日から始めるAndroid:
「Gmail」をもっと便利に使うためのおすすめアプリ5選
前回は「Gmail」アプリの使い方を紹介したが、便利な機能を搭載したサードパーティ製のGmail対応メールアプリも多数配信されている。そこからおすすめアプリ5本を紹介したい。(2014/7/22)

Microsoft、Outlook.comとOneDriveもTLS/PFSでサービス暗号化
Googleに続き、Microsoftも自社のオンラインメールサービスのTLSおよびPFSでの暗号化を開始した。OneDriveでもPFSを採用する。(2014/7/2)

Microsoft、Androidベースの「Nokia X2」を99ユーロで発売へ
MicrosoftがAndroidフォークOSを搭載する新興国市場向けスマートフォン「Nokia X2」を発表した。先代同様にBingやSkype、HERE Mapsなどの自社サービスを搭載し、ブラウザはOperaになっている。(2014/6/25)

マルチ・デバイス時代のGmail活用術:
最終回 過去に受信・保存したメールをGmailに移行・集約する
Gmailでメールを一元管理するには、新着メールや送信メールだけではなく、過去に受信したメールもGmailに集約すべきだ。PCのメーラーを利用してGmailに過去のメールを移す方法を解説する。(2014/6/9)

Office Onlineの互換性を検証する:
オンラインのOfficeサービス「Office Online」はどこまで実用になるのか?
マイクロソフトのクラウドサービス版Office「Office Online」は、Officeの代わりとしてどこまで使えるのか。主な機能などを比較してみた。(2014/6/4)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。