ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パケット」最新記事一覧

パケットとは、ネットワーク経由でやり取りされるデータのかたまりのことで、英語の“小包”が語源になる。データを複数のパケットに分割して転送することにより、通信回線の占有率を低く抑え、効率よい配信を実現できる。
パケット − @ITネットワーク用語事典

数式で読み解く:
Bluetooth 5 高速通信の仕組み
2016年12月にBluetoothの最新コア仕様であるBluetooth 5が策定された。Bluetooth 4.2に比べて2倍の通信速度を実現する仕様だが、どのような仕組みで高速通信を実現しているのか。リンク層のパケット形式の“中身”を紹介するとともに、そこに含まれる情報量を使った簡単な計算によって、Bluetooth 5の高速通信の仕組みについて触れる。(2017/8/4)

トラフィック解析と振る舞い検知を実現:
PR:ネットワークの不調やセキュリティ侵害が詳しく分かる、フロー解析の力を最大限に生かすFlowmon
ネットワークトラフィックの状態を詳しく調べるにはパケットキャプチャーが有効だ。だが、取得データが膨大になり、解析に負荷がかかる。SNMPを使うと解析に必要な情報の取得を簡素化できるものの、ユーザー単位やアプリケーション単位の情報は得られない。この2つの手法の良いとこ取りをしたのが、いまやネットワーク可視化をする際の第一選択肢となった感のある「フロー解析」技術だ。いつ、誰が、何をしたのかが分かる。「Flowmon」はフロー解析を用いて、ネットワークの突発的な事象を柔軟に分析できる他、振る舞い検知も実現し、社内外からのセキュリティ攻撃にも対応する。(2017/6/30)

ドコモ、月額980円の「シンプルプラン」、30GBの「ウルトラシェアパック30」を発表
ドコモが、家族でデータを分け合える「シェアパック」利用者向けの新プランと、新パケットパックを発表。月額980円の「シンプルプラン」、月30GBのデータ容量を分け合える「パケットパック30」。個人と法人向けに提供する。(2017/4/27)

ドコモ、「海外1dayパケ」使い放題キャンペーン対象国・地域を拡大 アメリカ・タイほか
NTTドコモは、海外でのパケット通信を1日単位で定額利用できる「海外1dayパケ」サービスで利用量が30MBを超えても速度制限なく利用できるキャンペーンの対象国・地域を拡大。新たにアメリカ、タイ、シンガポールなどが加わる。(2017/4/17)

SIM通:
mineoが「フリータンク」のルール変更を発表
mineoは、利用者同士の共有パケット貯蔵庫「フリータンク」利用に関して、ルールの一部を変更した。これは、1月下旬にフリータンクのパケットが枯渇危機になったことを受けての対応。(2017/2/23)

余りパケット分け合う「mineoフリータンク」枯渇の危機乗り切る ルール変更で「軌道修正」
余ったデータ通信容量を全国のユーザーで分け合う機能「mineoフリータンク」がルール変更。引き出したパケットを転売するなど「コンセプトにそぐわない使い方」があったとし、引き出し時の条件を追加するなど軌道修正する。(2017/2/7)

「nuroモバイル」が新サービスを発表 「5分かけ放題」「5時間プラン」「パケットギフト」を2月1日から提供
ソニーネットワークコミュニケーションズのMVNOサービス「nuroモバイル」が2月1日からサービスを拡充する。プレフィックス型の格安電話サービスのほか、1日5時間まで高速通信できる新プランやユーザー同士がパケット通信量を送りあえる仕組みを導入する。(2017/1/31)

ドコモのスマホ・タブレット用「カケホーダイライト」、全パケットパックで契約可能に 月4900円からスマホが使える
NTTドコモの「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」が、1月30日から「データSパック(小容量)」との組み合わせでも契約できるようになる。一方、らくらくスマートフォン用パケットパック「らくらくパック」の新規受付は3月31日をもって終了する。(2017/1/27)

余りパケットみんなで分け合う「mineoフリータンク」に危機 引き出し増加でパケット枯渇の恐れ
「mineo」で、余ったデータ通信容量を全国のユーザーで分け合う機能「フリータンク」が危機に瀕している。(2017/1/26)

SIM通:
WiFiルータなどデータ通信専用SIMで「020」番号が2017年スタート?
総務省は、電気通信番号規則等の一部改正に関する省令等案を承認した。携帯電話番号の枯渇に向けた対策として、新たに「020」から始まる携帯電話番号を新設する。主にM2M向けに使用されるほか、パケット通信のみを行うSIM単体やWiFiルータ用として付与される。(2016/11/29)

ドコモ、LTE契約のケータイ利用者向けプランを拡充
NTTドコモは、LTE対応のドコモケータイの発売に合わせ、新プランを発表。国内の5分以内の通話が無料になる「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と、2段階のパケット定額プラン「ケータイパック」。(2016/10/19)

「FREETEL SIM」に大容量プランが登場 容量繰り越しやパケットチャージにも対応
FREETEL SIMに大容量プランが登場する。合わせて、余った通信容量の「翌月繰り越し」と不足分の「パケットチャージ」機能の提供も開始する。(2016/10/7)

プラン・コースに条件あり:
FREETEL SIMが「Instagram」など4サービスの通信を無料化 12月予定
FREETEL SIMのパケット無料サービスに、「Twitter」「Facebook」「Messenger」「Instagram」の4サービスが加わる。ただし、従来の無料サービスと異なり、一定の条件を満たすユーザーを対象とするので注意が必要だ。(2016/10/6)

光とパケットの統合がいよいよ始まる
光レイヤーを含めたNetwork Transformationが業務基盤を支える
「クラウド」「IoT」などのITキーワードが求めるネットワークの大容量化と高速化は今後も急激に高まり続ける。そのために必要な技術が「パケットオプティカル」だ。(2016/9/29)

mineoユーザーでパケットを共有できる「フリータンク」が「2016年度グッドデザイン賞」受賞
「mineo」で提供している「フリータンク」が、2016年度のグッドデザイン賞を受賞した。ユーザー同士でパケットを共有して助け合える仕組みが高く評価されたという。(2016/9/29)

テザリング無料キャンペーンも:
ソフトバンク、「ギガモンスター」の提供条件を一部変更 パケット繰り越し制限を撤廃
ソフトバンクが9月8日に発表した「データ定額20GB」「データ定額30GB」の提供条件がさっそく一部変更となった。5GBが上限だったデータ繰り越し容量制限を撤廃するほか、2017年4月30日までテザリングオプションを無料で提供するキャンペーンも実施する。(2016/9/9)

au、「iPhone 7/7 Plus」の価格を公表 7は7万円台後半・7 Plusは9万円台前半から
KDDI直営店とau Online Shopにおける「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の価格が公表された。iPhone 7は7万9200円から、iPhone 7 Plusは9万2880円からの設定で、これに一部のパケットプランを除いて「毎月割」が適用される。(2016/9/9)

SIM通:
mineo「パケットシェア」のルール大幅緩和!家族以外でも利用可能に
ケイ・オプティコムは、mineoにおいて「mineoスイッチ」と「パケットシェア」の機能改善を実施。mineoスイッチでは、Webサイト上からデータ通信の高速・低速切り替えが可能になる。パケットシェアでは、家族以外とも繰り越しデータ量のシェアが可能になる。(2016/9/8)

FREETEL、Pokemon GOの通信料0円サービスを9月7日に開始
プラスワン・マーケティングが、Pokemon GOの「パケット通信料0円サービス」を9月7日に開始した。位置情報ゲーム「Pokemon GO」の通信量がカウントされない。新規・既存のFREETEL SIMユーザーが対象となる。(2016/9/7)

CDや漫画がより安く確実に送れる! 日本郵便の「ゆうパケット」が個人向けに10月よりスタート
厚さ1センチ以下&1キロ以下の荷物を確実に送りたい人にうれしいサービス。(2016/8/1)

8月下旬から9月ごろに開始予定:
FREETEL SIMで「Pokemon GO パケット料金無料化」決定 既存ユーザーも対象
FREETEL SIMのパケット通信無料サービスの対象に「Pokemon GO」が加わることになった。既存ユーザーも含めて、8月下旬〜9月ごろをめどに対応する。(2016/7/22)

ネットワークとアプリケーションの関係を示す:
シスコ、データセンターを見える化するTetration Analyticsを国内発表
データセンター内のネットワークとアプリケーションの可視化を目的とした分析製品「Cisco Tetration Analytics」を国内発表した。データセンタースイッチおよびホストからネットワーク通信のパケットキャプチャを実施、これを長期的に保存するとともに、状況を確認・分析できる製品。(2016/7/11)

LLDRAM-IIIとFPGAなどで構成:
ルネサス、100Gb向けのパケットヘッダ検索を発表
ルネサス エレクトロニクスは2016年6月、100Gビットトラフィック級の通信機器向けに、パケットヘッダ検索レファレンスデザインの提供を開始した。汎用DRAMメモリで構成した場合と比較して、メモリデバイス数を15分の1、メモリの消費電力を60%削減可能という。(2016/7/4)

Maker's Voice:
サイバー攻撃の手がかりはアラート5分前のパケットに――SavviusのCEO
ネットワーク監視機器メーカーSavviusは、ディアイティと共同でサイバー攻撃調査ツールを国内展開する。同社CEOは、「アラート発生時から5分前までのパケットが重要だ」と話す。(2016/6/23)

IEEE-1588と同期イーサネット標準に準拠:
ネットワーク同期でエプソンとMicrosemi提携
セイコーエプソン(以下、エプソン)は、ネットワーク同期ソリューションを提供するため、Microsemiと技術提携することで合意した。最新のパケットネットワークにおける同期問題を比較的容易に解決することが可能になるという。(2016/5/10)

石川温のスマホ業界新聞:
「遅いWi-Fi」に対して1GBを追加する初心者ユーザーを発見――キャリアのオフロード戦略は誤解を生むきっかけなのではないか
とある女性から「キャリアを乗り換える」という相談を受けた。詳しく話を聞いてみたところ、職場のWi-Fi(無線LAN)が遅いという理由でキャリアのパケットの追加容量を買っていたのだ。(2016/4/29)

ケイ・オプティコム、「mineo」のフリータンク開放を前倒し 熊本地震の被災者支援の一環
「mineo」の特徴的な機能の1つ、パケット通信量をユーザー間で融通できる「マイタンク」機能。通常、毎月21日から可能なパケット引き出し手続きを、4月に限り特例で15日昼から可能とした。熊本地震被災者への支援の一環だ。(2016/4/15)

ドコモ、3年目から解約金なしの「フリーコース」を新設&長期利用者向け「ずっとドコモ割」を拡充
ドコモ、2年定期契約後に解約金がかからない「フリーコース」を6月1日から提供する。これにより、解約金のあり/なしを選べるようになる。あわせて、利用年数に応じて、パケットパックの料金が毎月割引される「ずっとドコモ割」を拡充する。(2016/4/14)

SIM通:
マイラー必携!パケット節約でANAマイルがたまる「MILEAGE SIM」
ソネットは、格安SIMの新サービス「MILEAGE SIM」を発表した。ANAマイレージクラブと提携し、毎月20マイルに加え、残ったパケットデータ300MBごとに10マイルがたまる。(2016/4/14)

格安SIM定点観測:
余ったパケットを「マイル」に 大手キャリアのサービスを格安SIMで――2016年3月データ通信編
3月は多くの企業で新年度直前。格安SIMに大きな動きは少ない――と思いきや、興味深い動きがいくつかあった。さっそくチェックしよう。(2016/4/8)

月額380円から:
もしもシークス、料金プランを刷新 オプションサービスを組み合わせる方式に
エックスモバイルの「もしもシークス」が、料金プランを刷新する。基本プランに「選べるパケット」や「かけたい放題」などのオプションを組み合わせることで、よりリーズナブルに使えるようになる。海外通話の準定額「地球放題」も提供する。(2016/4/1)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(4):
ハマる前に理解する「Firewalld」の設定方法、「iptables」との違い
システム管理に関する部分が前バージョンから大きく変更された「CentOS 7」は、Linuxに慣れていても「ハマる落とし穴」が幾つかあります。今回は、CentOS 7で採用されたパケットフィルタリングのための新たな仕組みである「Firewalld」の基礎と運用方法を解説します。(2016/2/18)

Cisco ASAシリーズに深刻な脆弱性、CVSS値は最大
危険度はCVSS最大値の10.0に達する。UDPパケット1つで悪用できてしまう恐れもあり、500番UDPポートは既にトラフィックの増大が見られるという。(2016/2/12)

格安SIM定点観測:
PCに特化したデータSIM登場 余ったパケットを他人とシェアできるサービスも――2015年12月・2016年1月データ通信編
価格競争が一段落付いた感もある格安SIM。年をまたいだ2カ月間で見えてきたのは、サービスを軸とした競争への“変化”だ。(2016/2/8)

DNS Tips:
DNSパケットフォーマットと、DNSパケットの作り方
DNSパケットフォーマットの構造を解説するとともに、その理解を深めるため、DNSパケットの具体的な作り方を説明する。(2016/1/29)

米Connectem共同創立者に聞く:
軽量な仮想モバイルパケットコアがIoTを支え、MVNO、そして企業に広がる
「NFV」という言葉が注目される前から、クラウド環境で柔軟に拡張できる、ソフトウェアのモバイルパケットコアを開発・提供してきたConnectem。この企業を買収したブロケードが、製品を日本市場で本格展開すると発表した。Connectemの共同創立者、ヒーソン・リム氏に、これまでとこれからを聞いた。(2016/1/22)

ソフトバンクが「ギガ学割」 月3Gバイト増量×3年か「ホワイトプラン」無料化
ソフトバンクは、25歳以下の新規ユーザーとその家族向けに「ギガ学割」を提供。パケット定額のデータ容量増量か、「ホワイトプラン」の無料化特典が受けられる。(2016/1/12)

SIM通:
mineo、直営店での即日開通と前代未聞の新サービス開始
グランフロント大阪内にある「mineoアンテナショップ」では、新規・MNPの即日開通が可能に。また、全国のmineoユーザ間でパケットを共有できる「フリータンク」などの新サービスが発表された。(2016/1/12)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
WiMAX 2+とSoftBank Airに新機種/mineo、全ユーザーでパケットシェアする新サービス
WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーターに久しぶりの新機種「WX02」が登場。ソフトバンクは「SoftBank Air」に下り最大261Mbpsの専用端末を発売した。パケットをユーザー全員でシェアできるmineoの「フリータンク」とは? (2015/12/21)

mineo、余ったパケットを他のユーザーとシェアする「フリータンク」機能の提供を開始
ケイ・オプティコムのMVNOサービス「mineo」が、余ったパケットを全国のユーザーで共有できる「フリータンク」機能の提供を開始する。コミュニティーサイト「マイネ王」利用者が対象。(2015/12/16)

格安SIM「mineo」、余りパケットを全国のユーザーで分け合う「フリータンク」
格安SIM「mineo」で、余ったパケットを全国のユーザーでシェアする新機能「フリータンク」がスタートする。(2015/12/16)

Y!mobile、月額934円からのケータイ向け新料金
Y!mobile間の通話は1時から21時までは無料、それ以外は20円/30秒。データ利用にはISP料金(300円)と「パケット定額」(月額0円〜4500円)への加入が必要。(2015/11/24)

速度低下によるインターネットのイライラを解消:
10G通信環境で遅延などにも強い通信プロトコル
情報通信研究機構(NICT)は、クレアリンクテクノロジーの協力を得て、10Gbps高速インターネット環境でも、遅延やパケットロスに強いデータ通信プロトコルの開発に成功した。10Gbpsインターネット環境で、大容量ファイル転送や高速ウェブ閲覧、低ノイズの4k/8k映像伝送などを可能とする。(2015/11/16)

半径300メートルのIT:
パケット使用量との戦い――勝つ方法を試した結果
スマホで動画を気軽に楽しめるようになりましたが、月間通信量の上限と絶えずにらめっこの状態です。その戦いに勝つ方法を実践したところの結果はいかに。(2015/10/6)

FREETEL、iPhone/iPad専用SIMを発売 App Store利用時のパケット料金が無料
FREETEL SIMに、App Storeのパケット料金が無料となるiPhone/iPad専用プランが追加される。また、FREETEL SIMの全ユーザーを対象に、10Gバイトの通信容量を最低料金で使えるキャンペーンも実施する。(2015/10/2)

「BIGLOBE SIM」値下げ 音声通話付きプランを月1400円から 17年までに100万契約目指す
「BIGLOBE SIM」が音声通話付きプラン、データ通信専用プランをそれぞれ値下げ。パケットシェアや低価格の通話定額プランを新設し、既存キャリアからの乗り換えを狙う。(2015/9/7)

シリコンラボ Si5348:
低ジッタ・省電力のパケットネットワーク同期装置クロックIC
シリコン・ラボラトリーズは、パケットネットワーク同期装置クロックICの新製品「Si5348」を発表した。従来品に比べ、80%の低ジッタ化、50%の小型化、35%の省電力化を達成している。(2015/8/26)

Y!mobile、iPhone乗り換えで最大2万5920円割引 機種変でデータ容量を2倍にするキャンペーンも
ソフトバンクは、Y!mobileからMNPでiPhoneに移行するとパケット定額料を最大2万5920円割り引くキャンペーンを開始する。またY!mobile内で機種変更した場合にデータ通信容量が2年間2倍になる「アップグレードキャンペーン」も行う。(2015/7/31)

ドコモ光も好調:
4年ぶり増収増益のドコモ、新ARPU導入の背景 2年縛り見直しとMVNOの影響とは?
4年ぶりに増収増益の決算を発表したドコモ。2台目需要でタブレット販売が伸びたほか、新料金の浸透でパケット収入が伸びたほか、スマート領域の事業も順調に推移した。(2015/7/30)

050 plusやマイポケットの通信料が無料に――OCN モバイル ONEの「カウントフリー機能」
NTTコミュニケーションズは、「OCN モバイル ONE」で対象アプリの利用で発生するデータ通信パケットを通信容量には含めない「カウントフリー機能」を提供開始した。(2015/7/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。