ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PlayStation Now」最新記事一覧

「PlayStation Now」にPS4タイトル追加 7月20日から
ソニーは、7月20日からストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」にPS4タイトルを追加する。(2017/7/7)

PS3、生産終了していた 全てのモデルが出荷完了 10年以上の歴史に幕
お疲れ様、PS3。(2017/5/30)

PC版「PlayStation Now」日本でスタート PC単体でPS3ゲームがプレイできる
PS3タイトルをストリーミング経由で遊べる「PS Now」のPC版が日本でもスタートした。(2017/3/21)

PS3事実上の生産終了か ソニー「近日出荷完了予定」と告知
10年以上ありがとう。(2017/3/17)

PS4のゲームがパソコンでも出来るようになる! ゲーム配信サービス“Playstation Now”がPS4ソフトに対応決定
PCゲーマー大歓喜。(2017/3/14)

PS3のゲームをPCで! 「PS Now for PC」が日本国内でも対応へ
ウィンドウ表示にも対応。(2017/2/24)

「PlayStation Now」日本でもPC対応へ 今春スタート
PS3のゲームをストリーミング方式で遊べる「PlayStation Now」の対応端末に、日本でもWindows PCが加わる。(2017/2/24)

ソニーのストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」、PS4以外の端末でサービス終了
Vitaや液晶テレビなど、PS4以外はすべてサービス対象外に。(2017/2/16)

「FF13」や「デモンズソウル」がPCでプレイできるようになるぞ! PlayStation NowがPCに対応
PCでライトニングさんに会えるぞ。(2016/8/24)

PS4のコントローラー「DualShock 4」をPC/Macに無線接続するアダプター、25ドルで発売へ
「PlayStation 4」の無線コントローラー「DualShock 4」をPCおよびMacで無線で使えるようにするアダプターが、まずは9月初旬に欧米で発売される。PS4のゲームのPC/Macでのリモートプレイや、PCでの「PlayStation Now」を無線で楽しめるようになる。(2016/8/24)

PS3のゲームをPCで:
「PlayStation Now」がWindows PCに対応へ(まず欧米から)
「PlayStation 3」のゲームをストリーミング方式でプレイできるサービス「PlayStation Now」がWindows PCにも対応する。「DualShock 4」の無線アダプタも発売する。(2016/8/24)

SCE、「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」に社名変更 PSN手がけるSNEIと統合
PlayStationシリーズのハード・ソフト事業を手がけるSCEと、PSNを展開するSNEIが統合。新会社「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」が4月に発足。(2016/1/26)

PS3のタイトルをPS4やVitaで遊べる「PlayStation Now」、β版開始
PS3のゲームをストリーミング配信する「PlayStation Now」の国内向けβ版サービスが9月16日にスタートした。(2015/9/16)

PS3ゲームをPS4/Vitaで遊べる「PlayStation Now」スタート
9月16日、PS3のゲームをストリーミング方式で遊べる「PlayStation Now」の国内サービスが始まった。(2015/9/16)

ストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」、9月16日にβサービス開始
約150のPS3タイトルを用意し、遊び放題は月額2315円。(2015/9/15)

国内向けもついに開始:
PlayStation Nowユーザーテスト参加者募集開始――抽選申込みは8月16日まで
PS3のゲームをストリーミング配信する「PlayStation Now」の国内ユーザー向けテスト参加者募集が開始された。申込み期間は8月16日までで抽選となる。(2015/8/12)

ストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」国内向けにユーザーテストへの参加募集を開始
応募受付は8月16日まで。(2015/8/11)

PS3ゲームをストリーミング配信「PlayStation Now」、国内テスター募集スタート
PS3ゲームをストリーミング配信する「PlayStation Now」の国内向けユーザーテスト参加者募集が始まった。(2015/8/11)

SCE、クラウドゲーム配信のOnLiveを買収 サービスは月末に終了へ
ソニー・コンピュータエンタテインメントが、米新興企業OnLiveのクラウドゲームサービスを買収する。「PlayStation Now」の強化が狙いのようだ。(2015/4/3)

一元化したサービスプラットフォームを目指す:
PSN、ゲーム/映像/音楽の総合サービスポータルに向けコンテンツ強化
SCEおよびSNEIは、PSNを総合的なデジタルエンタテインメントブランドとして位置づけ、ゲームから映像、音楽までネットワークサービスを一元化して提供すると発表した。(2015/1/29)

2015 CES:
有機ELにHDR、中国メーカーの躍進、そしてテレビ向けOSの行方――「2015 CES」を象徴する4つのトピック
4K対応が一段落し、8KやHDRといったさらなる高画質競争へと移りつつあるテレビメーカー各社。今年のCESを俯瞰(ふかん)してみると、いくつかのトレンドが見えてきた。(2015/1/26)

「PlayStation Now」、2015年にSamsungのSmart TVをサポートへ
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)がSamsungと提携し、北米で提供するクラウドゲーム配信サービス「PlayStation Now」をSamsungのSmart TVで利用できるようにする。(2014/12/25)

製造マネジメントニュース:
ソニー、構造改革の打ち止めなるか!? テレビ事業が11年半ぶりの2四半期連続黒字
ソニーは2015年3月期(2014年度)第2四半期の決算発表を行った。構造改革の成果などにより、テレビ事業やゲーム事業の収益性回復が進む一方で、新たな課題として浮上したスマートフォンをはじめとするモバイル事業では苦戦が続き、先行きが見えない状況が続いている。(2014/10/31)

製造マネジメントニュース:
構造改革を進めるソニー、反転のカギを握るのはウェアラブルデバイス!?
ソニーは2014年度の経営方針説明会を開催。同社は2013年度の業績が予想を大きく下回り、2014年度は構造改革の1年となる。同社社長兼CEOの平井一夫氏は「構造改革を先送りにせずに2014年度でやり抜き、2015年度以降は成長フェーズへと入れるようにする」と語っている。(2014/5/22)

SCEJA、発売前に「PS4」が体験できるイベントを各地で開催
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、発売前に「PlayStation 4」が体験できるイベント「Try! PlayStation 4!-2.22-」を東京・名古屋・大阪で開催する。(2014/1/24)

2014 International CES:
「好奇心」と「感動」がソニーのモノ作りの原動力――平井社長が基調講演で語る
「好奇心がイノベーションを生み出すために最も必要であり、好奇心こそが新技術や製品開発の原動力になっている」と平井社長は基調講演で話す。最終的に、ユーザーに「感動」を届けることを使命としている。同氏が思い描く、感動を与える製品とは?(2014/1/8)

2014 International CES:
ブラビアだけでもPS3のゲームをプレイ、SCEがクラウドゲームサービス「PlayStation Now」を発表
ソニー・コンピュータエンタテインメントがクラウド技術を活用したストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」(PS Now)を発表した。米国で夏にサービスを開始する。(2014/1/8)

SCE、クラウド活用のストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」を今夏から米国で提供開始
……日本は?(2014/1/8)

2014 International CES:
ソニー、クラウドゲーム配信サービス「PlayStation Now」を発表
ソニーが、2012年に買収したGaikaiの技術を使ったクラウドゲーミングサービスを発表した。今夏にまずは米国でスタートする。(2014/1/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。