ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電源ケーブル」最新記事一覧

「Surface Pro 3」のバッテリー問題解消のファームウェアアップデート
Microsoftが、一部の「Surface Pro 3」で発生しているというバッテリーを充電できない問題を解消するためのファームウェアアップデートの配信を開始した。この問題では、内蔵バッテリーが充電できず、電源ケーブルを接続して使う必要があった。(2016/8/30)

双方向での電源供給を可能にする:
USB Type-C昇降圧バッテリーチャージャーとは
リバーシブルなUSB Type-Cケーブル/コネクターの普及がはじまっている。そして、電源ケーブルもUSB Type-Cによる給電に移行しようとしているが、双方向での給電が可能になるなど根本的な電源供給アーキテクチャの変更が必要になる。そうした中で、登場してきたUSB Type-Cでの給電を可能にする「USB Type-C昇降圧バッテリーチャージャー」とはどのようなものか、紹介していこう。(2016/4/20)

ティアック、ヘッドフォンアンプ「HA-501」のスペシャルパッケージを発売――オヤイデの電源ケーブルをバンドル
ティアックは、フルアナログヘッドフォンアンプ「HA-501」のスペシャルパッケージ「HA-501-SP」を発表した。オヤイデ電気製の電源ケーブル「Li/50 V4」をセットにしたモデル。(2016/3/16)

発火の原因! 電気ケーブルのホコリを簡単に一掃する小技
(2016/1/26)

Microsoft、「Surface Pro」シリーズの電源コード無償交換を正式発表
Microsoftが、「Surface Pro」シリーズの電源コード無償交換プログラムを発表した。電源アダプターではなく、AC電源コードの部分のみの交換だ。(2016/1/22)

過熱、発火、感電のおそれ:
日本マイクロソフト、「Surface Pro」シリーズのAC電源コード自主交換プログラムを発表
「Surface Pro」シリーズ(Surface Pro 4をのぞく)のAC電源コードに発火などの恐れがあるとして、無償の自主交換プログラムを開始する。(2016/1/22)

「Surface Pro」シリーズ(4以外)の電源アダプタ、自主回収へ
Microsoftが間もなく、Surface Proシリーズ(Pro 4以外)の電源アダプタの自主回収プログラムを発表すると、欧州のメディアが報じた。少数のユーザーから異常発熱の報告があったとしている。【UPDATE】電源コード交換プログラムが発表された。(2016/1/21)

レノボ、一部ノートPC製品のAC電源コードを回収――発熱/発火の恐れ
レノボ・ジャパンは、同社製の一部ノートPCおよびオプションのACアダプタに付属するAC電源コードの自主回収を発表した。国内の対象台数は18万台。(2014/12/10)

Lenovo、一部製品の電源コードを自主回収 発煙・発火のおそれ
レノボ・ジャパンは、一部のノートPCとオプション製品のACアダプタに同梱されているAC電源コードを自主回収し、無償交換すると発表した。発煙・発火・発熱の恐れがあるため。(2014/12/10)

CEATEC JAPAN 2014:
耐荷重なんと20キロ! エイム電子の「抜けない電源ケーブル」がすごいけどその展示方法は怖すぎます
この電源ケーブル、抜けない。(2014/10/7)

日本HP、同社製ノートPC付属のAC電源コードに発熱/発火の危険性――無償交換を実施
日本ヒューレット・パッカードは、2010年9月から2012年6月に出荷したノートPCおよびオプション製品に用いられるAC電源コードに加熱/発火などの危険性があると発表した。(2014/8/27)

HP、ノートPCのAC電源コードで無料交換プログラム 発火の恐れも
Hewlett-Packardが、2010年9月〜2012年6月にかけて販売したノートPCの一部のAC電源コードが「お客様に危害をもたらす可能性がある」として無償交換プログラムを開始した。(2014/8/27)

より太くなりました:
サエクコマース、PC-Triple C導体採用のオーディオ用電源ケーブル「AC-7000」
最新の導体「PC-Triple C」を採用したケーブルの新製品が登場する。4月に登場した製品よりもより太くなった。(2014/8/11)

世界初、PC-Triple C導体採用の電源ケーブルがサエクから
サエクコマースは4月25日、新導体「PC-Triple C」を採用する切り売り電源ケーブル「AC-6000」を発表した。(2014/4/25)

換気扇みたいな壁掛けBluetoothスピーカー、無印良品から
無印良品は、壁掛け式のBluetoothスピーカー「MJBTS-1」を発売した。電源コードを下に引くと電源のオン/オフが行える。(2013/3/7)

サンワサプライ、無線LANルータまですっきり収まる配線収納ボックス「CB-BOXS6シリーズ」
サンワサプライから、電源コードやケーブルはもちろん、アンテナ付き無線LANルータまで入る大きめの配線収納ボックス「CB-BOXS6シリーズ」が登場。(2013/1/15)

コードやケーブルをひと目で見分けられるキュートな識別チップ
プレアデスシステムデザインは、コード・ケーブルに取り付けるキュートな識別チップを発売した。電源コードなどがどのデバイスに接続されているのか、すぐに確認できる。(2013/1/11)

テレビの背面に取り付け可能:
AVラックまわりのケーブルをまとめて収納――「薄型TV用 ケーブル収納 オーガナイザー」
上海問屋から、テレビ周辺の電源ケーブルや電源タップをまとめる収納ボックスが発売された。テレビの背面に設置できる。価格は2999円。(2012/11/30)

意外と便利かも:
机の裏に電源ケーブル落ちた……ことがある人に――「ケーブルストッパー付き アクリル製ノートパソコン用スタンド」
上海問屋から、ケーブルストッパーを備えるノートPCスタンドが発売された。価格は1499円。(2012/11/29)

エミライが「G Ride Audio」製品の取り扱いを開始、デュアルモノラル構成のヘッドフォンアンプなどを発売
エミライが、アメリカのオーディオブランド「G Ride Audio」の製品を国内販売する。第1弾製品はヘッドフォンアンプ、電源ケーブル、インシュレーターの3種類。(2012/3/28)

ワイヤレス給電技術:
共鳴型ワイヤレス給電巡る知財競争、“アメーバ的”に特許網が構築されつつある
スマートフォンや電気自動車を充電する電源ケーブルを無くし、非接触で充電するワイヤレス給電技術。共鳴型と呼ぶ方式を積極的に開発するMassachusetts Institute of Technology(MIT)とWiTricityの特許戦略をまとめた調査リポートが発行された。(2012/1/31)

ワイヤレス給電技術 Wireless Power Consortium(WPC):
「非常に期待できる市場だ」、Freescaleがワイヤレス給電市場に参入
Freescale Semiconductorは、FTF Japan 2011で、電源ケーブルを使わずに非接触で電力を送るワイヤレス給電技術への取り組みを紹介した。(2011/9/15)

「Qi」規格に集うワイヤレス給電、5W以下のモバイルから普及へ
電源ケーブルを使わないワイヤレス給電技術に、ここ数年注目が集まっている。(2011/2/15)

ワイヤレス給電技術 Wireless Power Consortium(WPC):
「Qi」規格に集うワイヤレス給電、5W以下のモバイルから普及へ
電源ケーブルを使わずに、機器に非接触で電力を供給する「ワイヤレス給電技術」。ここ数年、注目が集まっているが、一時的なブームで終わってしまうのだろうか…。2011年から始まる数年間が、今後の普及を占う節目になりそうだ。(2011/2/11)

ワイヤレス給電技術 共鳴方式:
電源ケーブルいらずの携帯に一歩前進、共鳴型ワイヤレス給電の新設計手法(後編)
富士通研究所では、コイルの導線間の浮遊容量ではなく、コンデンサ素子をコイルに外付けして共振させるようにした。送電側/受電側コイルの寸法や形状、周囲の状況に応じて、外付けするコンデンサの最適な値を見つけ出す方法に、同研究所の独自性がある。(2010/9/17)

ワイヤレス給電技術 共鳴方式:
電源ケーブルいらずの携帯に一歩前進、共鳴型ワイヤレス給電の新設計手法(前編)
携帯電話機やスマートフォン、携帯型音楽プレーヤ・・・。このような小型機器の電源ケーブルが無くなる日は、そう遠くないかもしれない。富士通研究所は、共鳴現象を利用したワイヤレス給電(共鳴型ワイヤレス給電)機器の設計手法を開発した。(2010/9/17)

ワイヤレス給電技術 共鳴方式:
ワイヤレス給電の次なる課題、「電源ケーブルが消える日」はくるか
数m と長い距離を高効率でワイヤレス給電できる可能性を秘めるのが、「共鳴型」と呼ぶ新技術である。2007 年に初めて動作が実証された後、さまざまな企業や研究機関が開発を活発に進めている。しかし、実用化に向けてはまだ多くの課題がありそうだ。(2010/5/13)

iPod Style:
電源ケーブルも不要? パンズ「ワイヤレスソーラースピーカー」
有限会社パンズのBluetooth ソーラースピーカー 「ワイヤレスソーラースピーカー」は、太陽光充電が可能なソーラーパネルを備えたモバイルスピーカーである。iPhone 3Gにも対応。(2010/4/5)

仕事耕具:
「電源コード収納ボックス」に省スペースのタテ置きタイプ
コード&タップボックスは、余ったコード類をフックに掛けて巻き取ることができ、両面テープで電源タップも貼り付けられる収納ボックス。新製品は省スペースのタテ型タイプだ。(2009/12/2)

ワイヤレス給電技術 共鳴方式:
ワイヤレス送電第二幕、「共鳴型」が本命か
電源ケーブルを使わずに電力を送る「ワイヤレス送電技術」に大きな技術進展があった。数mの距離を高効率で電力伝送できる可能性を秘めた「共鳴(Resonance)方式」の登場だ。(2009/10/5)

テレビなどに使える“ワイヤレス給電システム”、ソニーが開発
ソニーは、電源コードを接続せず、テレビなどの電子機器に電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を発表した。約50センチ離れた場所にある機器に60ワットの電力を給電できる。(2009/10/2)

高効率ワイヤレス給電技術、ソニーが開発 50センチ先の機器に60ワット
ソニーが高効率なワイヤレス給電システムを開発した。電源コード接続不要で、50センチ離れた機器に60ワットの電力を給電できるという。(2009/10/2)

サエクコマース、CAMELOT TECHNOLOGY製フラグシップ電源ケーブル「PM-1800」の取り扱いを開始
サエクコマースは、米CAMELOT TECHNOLOGY製となる高品位電源ケーブル「PM-1800」の取り扱いを発表した。(2009/7/14)

Signal Integrity:
電源ケーブルの「緑色の線」
(2009/7/1)

仕事耕具:
邪魔なケーブルを隠して整頓する「CableBox」にミニサイズ
トリニティは、使用中の電源ケーブルやACアダプターをまとめて収納できる「CableBox Mini」を発売する。本体の側面にはケーブルを通すスリットが入っており、ケーブルを差したままで収納できる。(2009/6/5)

仕事耕具:
ケーブル不要で机回りすっきり エレコムのACアダプタプラグ
エレコムの「T-PCADシリーズ」は、電源コードの代わりにACアダプター本体に接続する電源プラグ。ケーブルを減らして机回りをすっきりとまとめられ、コンパクトなサイズで持ち運びにも適している。(2009/1/13)

3分LifeHacking:
ノートPCから取り外したケーブルをキープする
マグネット付のケーブルホルダーを電源ケーブルやLANケーブルに装着しておけば、ノートPCから抜いたあともスチール机などにくっつけておけるので便利だ。(2008/12/9)

ホワイトペーパー:
データセンターの効率を向上させる高密度配電方法
高密度サーバ環境における新しい配電方法は、フロアの省スペース化、電源ケーブルの簡略化、初期投資コストの削減、省エネルギー化をもたらす。本書では新しい配電方法とそのメリットを分析する(提供:APCジャパン)。(2008/12/1)

3分LifeHacking:
邪魔な電源ケーブルを電源タップごと隠す
太くて邪魔になりがちな電源ケーブルを、電源タップごと隠してしまえるのが「The CableBox」だ。(2008/10/14)

仕事耕具:
電源ケーブル、隠して整頓 テーブルタップごとしまえる「The CableBox」
電気製品に囲まれる現代ビジネスパーソンにとって、電源ケーブルの取り回しは深刻な問題だ。絡まったケーブルに足を引っかけて電源が切れてしまったりすることもあるだろう。そんなテーブルタップから延びるケーブルなど隠せるケーブルボックス「The CableBox」が登場する。(2008/8/28)

サエクコーマス、PCOCC-A導体使用の高音質電源ケーブル
サエクコーマスがPCOCC-A導体使用の高音質電源ケーブル「AC-5000」を発売。(2008/6/19)

3分LifeHacking:
プレゼン用のツールやケーブル類をまとめて持ち運ぶ
プレゼンや会議に必要な電源ケーブルやツール類をまとめて持ち運べるグッズを紹介しよう。(2008/6/17)

3分LifeHacking:
複数の電源コードを同一方向にスッキリ延長する
一般的な電源タップでは乱雑になりがちな電源ケーブルの分岐。今回紹介する製品なら、電源ケーブルを同一方向にスッキリと延長させることが可能だ。(2008/4/14)

3分LifeHacking:
「電源ケーブルを引っ掛けてノートPCが転落」を防ぐ
電源ケーブルにうっかり足を引っ掛け、ノートPCが転落しそうになることは数多い。こうしたリスクを低減するグッズを紹介しよう。(2008/3/18)

ギフト・ショー秋2007:
ケーブル整理の立方体──「キューブケーブルホルダー」
PCの電源コードをはじめ、マウスやUSB、携帯電話のケーブルが絡んで、机の上がグシャグシャ──なんていう人は筆者だけじゃないだろう。こんがらがったケーブルをスタイリッシュにすっきりさせるグッズが「キューブケーブルホルダー」だ。(2007/9/4)

コードをまとめる“花瓶”
PCや周辺機器の電源コードを、花瓶のようなデザインの陶磁器にすっきりまとめられる「Colony」が登場した。(2007/8/24)

Signal Integrity:
電源ケーブルにまつわる幻想
(2007/6/1)

家中どこでも音楽と一緒――パイオニアが「music tap」を発表
パイオニアは、PLCを利用するサウンドシステム「music tap」を3月下旬に発売する。サウンドステーションとネットワークスピーカー2種をセット。電源ケーブルをコンセントに繋ぐだけで音楽を伝送できる。(2007/2/28)

3分LifeHacking:
机上からのケーブル落下を防止する
ノートPCから電源ケーブルやLANケーブルを抜いた際、机の後ろに落下してしまうことがよくある。これらのケーブルの脱落を防止するようひと工夫してみよう。(2006/8/25)

タイムリー、巻き取り式のPC電源ケーブル「GM-PW195」
タイムリーは、巻き取り機構を備えるデスクトップPC用電源ケーブル「GM-PW195」を発売した。(2006/2/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。