ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「価格競争」最新記事一覧

iPhone SEを意識したミドルレンジモデル
徹底レビュー:Sony Xperia XとXperia XA──お手頃価格モデルでXperia品質は維持できるのか?
ソニーがMWC2016で発表した「Xperia X」「Xperia XA」が登場した。どちらも価格競争力を重視したモデルだ。安定したパフォーマンスと優れた“Xperia”品質を低価格モデルで可能にした。(2016/7/31)

Y!mobileに「Android One」が必要だった理由 価格競争はそろそろ限界
「これからはAndroid OneとiPhoneを主力に育てる」と話すY!mobile。その背景には、Nexusシリーズの好調ぶりと、脱・価格競争への狙いがあった。(2016/7/6)

ワイヤレスジャパン 2016:
価格競争から価値競争へシフトするために――販売代理店に必要なこと
ワイヤレスジャパン2016で、携帯電話の販売代理店向けビジネスセミナーが開催された。セミナーには総務省や携帯電話販売に携わる関係者が登壇し、それぞれの立場で今後の携帯電話販売のあり方を語った。(2016/6/6)

大規模向けで培った実力で、管理コストと不安を軽減
身代金ウイルス「ランサムウェア」の被害も防ぐ、“中小企業に勧めたくなるUTM”とは?
中堅・中小企業にセキュリティ製品を提供したい販売店にとって、適切な商材選びは困難を極める。価格競争に陥りがちな中堅・中小企業向け市場で顧客を満足させるための、商材選びのポイントを探る。(2016/5/9)

電子ブックレット/太陽光:
転機を迎える太陽電池市場、ZEHとソリューション提案に活路
太陽電池市場が転機を迎えている。固定買取価格制度による買取価格の低廉化が進み新規受注が減少傾向にある他、好条件のメガソーラー立地は減少。太陽光パネルそのものの価格競争も激化しており、太陽電池モジュールメーカーの経営環境は厳しさを増している。こうした中でメーカー各社の戦略も多様化してきている。「PV EXPO 2016」での各社の方向性をレポートする。(2016/4/25)

格安SIM定点観測:
PCに特化したデータSIM登場 余ったパケットを他人とシェアできるサービスも――2015年12月・2016年1月データ通信編
価格競争が一段落付いた感もある格安SIM。年をまたいだ2カ月間で見えてきたのは、サービスを軸とした競争への“変化”だ。(2016/2/8)

64層3D NANDで売価下落に対抗へ:
東芝、赤字転落の半導体事業は自主再建
東芝の電子デバイス部門の2015年度(2016年3月期)業績は、550億円の営業赤字を計上する見込みとなった。前年度に比べ2716億円減という大幅減益だ。NAND型フラッシュメモリ(NANDメモリ)事業を除き、ディスクリート、システムLSI、ストレージの3事業で赤字となり、事業構造の見直しを実施する。さらに2015年後半からの売価下落で利益幅が縮小しているNANDメモリも、高集積品の開発を急ぎ価格競争力を高めるなどし、電子デバイス事業として2016年度の黒字転換を目指す。(2016/2/5)

タスクフォース議論、真の勝者はMVNO? 戦略転換の日本通信「HLR/HSS開放のコストは大きくない」
日本通信は総務省タスクフォースによる第2の規制緩和を受け、事業戦略を展開する。自社HLR/HSSによる多様なサービスで、低価格競争からの脱却が狙い。(2016/1/22)

格安SIM定点観測:
価格一辺倒な競争から離れられるか――2015年8・9月データ通信編
8・9月のMVNOサービスでは、価格競争だけではなく、サービス改善の動きも活発だった。さっそく、その動きを見てみよう。(2015/10/19)

このキーボードはいい:
11.6型ディスプレイ2in1 PC「HP Pavilion 11-k000 x360」の“7万円前後の使い勝手”を試す(前編)
価格競争力を重視した日本HPの2in1 PC。見た目鮮やかなデザインが目を引くが、その使い勝手は「お値段以上」なのかいなか? (2015/8/19)

SIM通:
DMM mobileがさらに値下げ! 格安SIMの価格競争は止まらない
DMM mobileが1GBプランの価格を改定し680円に値下げしました。他社と比べどのくらいの優位性があるのか、同価格帯のプランと比較してみました。(2015/7/24)

ワイヤレスジャパン 2015:
価格競争から広告・コンテンツ連動へ――レンジャーシステム玉井氏が語る今後のMVNOビジネス
価格競争が激化し厳しさを増すMVNOビジネス。だがレンジャーシステムの玉井康裕氏は、今後のMVNOビジネスはネットワークに対価を支払うビジネスから、SIMとコンテンツが連動し、より広い視点で収益を上げるビジネスに変化していくと予想している。(2015/5/29)

AWSの請求額を適正にするには
クラウド価格競争はもう終わり? ユーザーが次に注目するリソース管理テクニックとは
AWSやAzure、Googleの間では、パブリッククラウドのコスト面での優劣はない。従って、企業は費用に見合う最大の効果を得るため、クラウドリソースの管理に注力すべきである。(2015/5/11)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモの接続料改定にMVNOが顔面蒼白 ━━データ通信料値下げ合戦に終止符が打たれるか
NTTドコモが通信接続料を改定したことで、MVNOに衝撃が走っている。MVNOサービスの価格競争はどうなっていくだろうか。(2015/4/3)

格安SIM定点観測:
通話を最もお得に利用できるのは「IIJmio」――2015年3月音声通話編
3月は各社が一斉に料金プランの改定を発表したが、価格競争の波は音声通話にも派生。10円/30秒で通話できるサービスを各社が提供する。(2015/3/31)

石野純也のMobile Eye(3月16日〜27日):
価格競争は一段落?――次は“格安”からの脱却が求められるMVNO
3月は、IIJを皮切りに、MVNO各社がめまぐるしく価格改定を行ったが、こうした価格競争はそろそろ一段落するのではないだろうか。その根拠は……。(2015/3/28)

「NifMo」も通信量増量 過熱するMVNO間の価格競争
IIJ、楽天モバイルに続きNifMoも通信量を増量。MVNO間での価格競争が激化している。(2015/3/20)

ビジネスニュース 企業動向:
価格競争力と柔軟性を武器に、Cypressが指紋認証デバイス分野に参入
Cypress Semiconductor(サイプレス)は、指紋認証用デバイス市場に参入する。指紋パターンの認識/照合技術を持つ企業と協業を行い、指紋リーダーICをこのほど開発し、2015年4〜6月から量産出荷を行う方針だ。(2015/3/19)

石野純也のMobile Eye(2月16日〜27日):
フリービットモバイルと楽天モバイルが目指す“価格競争の向こう側”
2月の中旬から下旬にかけては、MVNOの発表が相次いだ。中でも注目したいのが、フリービットモバイルとCCCグループの資本提携と、さらにサービスを拡充させる楽天モバイル。価格競争を超えた次の一手を読み解いていきたい。(2015/2/27)

PR:自由化はマンション一括受電の好機、電力は安心安全が一番
「電力の供給は安定・安心が第一、万が一はありえない」。中央電力は電力自由化後もこのような考え方に基づいて、マンション一括受電サービスを提供するという。電力全面自由化による価格競争と、一括受電サービスとの関係はどうなっているのだろうか。電力自由化後の一括受電サービスはどのように変わるのだろうか。中央電力の経営戦略室 佐藤氏に聞いた。(2015/2/10)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :クラウド価格競争の意外な結末
巻頭特集は、クラウド市場の価格競争の現状をリポート。価格はお幅に下がったが、その影響は意外なものだった……。他に、Red Hat Enterprise Virtualizationの導入事例、メルセデスAMGおよびVMwareのCIOインタビューなどの記事をお届けする。(2015/2/9)

誰のための低価格化なのか
激化するクラウド市場の価格競争だが……実は安くなっていない!?
AWS、Microsoft、Googleの価格競争が白熱している。この競争によって、ユーザーはどのような影響を受けるだろうか? 451 Researchによる意外な事実とは?(2015/2/6)

AWS、Microsoft、Googleの値下げ競争は2015年も
「クラウド料金は限りなくゼロに近づく」、専門家の本音予想まとめ
価格競争から新しいツールやサービスに至るまで、2014年のクラウド市場は話題に事欠かなかった。2015年も同じような状況が続くのだろうか。クラウド専門家が予想する。(2015/1/30)

光回線と家族3人のスマホが月1万円で使い放題――「販売、付加価値、サポート」で勝負するU-NEXTの光コラボ戦略
NTT東西の光回線を利用する自社ブランドのFTTHサービス「U-NEXT光」を2月から実施するU-NEXT。価格競争に限界がある中で、宇野社長は「総合力」で勝負すると意気込みを語った。(2015/1/28)

MVNOに聞く:
LTEの接続問題、SIMロック解除義務化、無制限プランと価格競争――IIJにMVNOのアレコレを聞く
MVNOのSIMカードを使うと、APNの設定をしたのになぜか通信できないことがある。その理由は? SIMロック解除の義務化や、最近話題の無制限プランはどう考えているのか?――といったMVNOにまつわる話題を、ざっくばらんに聞いた。(2015/1/21)

石川温のスマホ業界新聞:
ケイ・オプティコムが新料金・新サービスを発表 ━━いまだに解決しないmineo「iOS8接続問題」
各MVNOがし烈な価格競争を繰り広げる中、ケイ・オプティコムの「mineo」も料金プランの値下げをした。iOS 8でmineoが利用できない問題もまだ解決していない。(2014/12/26)

週末アキバ特価リポート:
3Tバイト9000円切りの攻防、終結――まとめ買い特価に注目!
長らく続いた大容量HDDの価格競争は一段落した感があるが、特価パーツの在庫はどこも潤沢な様子。年末に向けて、大増強を狙うならまとめ買い特価に注目しよう。(2014/12/20)

1Gバイトプランを残した理由は?:
「価格競争には追随しない」――“付加価値”で勝負する「mineo」の秘策とは
ケイ・オプティコムの津田マネージャーは、「mineo」は価格競争ではなく付加価値で差別化を図る方針だと発表。今後はプロモーションに注力し、テレビCMなどで国内の認知度を上げていく。(2014/12/18)

格安SIM定点観測:
“業界最安”は誰の手に? 「楽天モバイル」「freetel mobile」「OCN モバイル ONE」に注目――2014年11〜12月音声通話編
“業界最安”の座を狙う新しいモバイル通信サービス「楽天モバイル」「freetel mobile」「OCN モバイル ONE」が激しい価格競争を繰り広げている。(2014/12/4)

低価格競争に一石 ソースネクストが格安スマホ向け「アプリ取り放題」を開始
Androidスマホ向けのアプリ取り放題サービスを開始したソースネクスト。イオンとビッグローブの格安スマホにオプション提供することで、大手キャリアとの付加価値競争に打って出る。(2014/10/29)

トレックス・セミコンダクター 技術理事 第一ビジネスユニット長 木村岳史氏:
PR:電源IC専業こその“技術力・対応力”を大電流/高電圧分野でも
トレックス・セミコンダクターは、世界でも数少ない“電源ICの専門メーカー”だ。モバイル分野で実績ある高効率、低ノイズ、小型を兼ね備え、機能とコストのバランスに優れた価格競争力ある製品展開を大電流/高電圧分野へと拡大。ビジネス領域をウェアラブル機器から車載機器、産業機器までに広げつつあるトレックスの製品/技術戦略について、技術理事兼事業本部第一ビジネスユニット長を務める木村岳史氏に聞いた。(2014/9/1)

Weekly Memo:
オラクルはクラウドサービスの低価格競争に参戦するか
Amazon、Microsoft、Google、IBMなどが価格競争を繰り広げるIaaS型クラウドサービス市場。この激戦区にOracleは参戦するのか。日本オラクルの杉原博茂社長に聞いた。(2014/7/7)

週末アキバ特価リポート:
2テラHDDが6350円の例も――アキバで価格競争が進行中?
HDDの週末特価は美味しい値段がたびたびつけられるようになってきた。今週末も2Tバイトで税込み6000円台、3Tバイトで税込み9000円台が複数のショップで見られる。(2014/6/21)

COMPUTEX TAIPEI 2014:
デル、8型タブレットからフリップタイプの2in1ノートまで新モデル発表
COMPUTEX TAIPEI 2014に合わせて価格競争力を重視したラインアップを投入したデル。しかし、Waves MAXXAudio Proの採用など、必要な機能は抜かりなく備えている。(2014/6/3)

クラウド市場再編の一歩となるか?
単純明瞭な新価格体系でクラウド市場の悪習に挑戦するGoogle
米Googleは企業向けのクラウドサービスの価格設定を簡略化するとともに、大胆な値下げも断行した。パブリッククラウドプロバイダー間における大規模な価格競争の引き金となりそうな施策だ。(2014/5/26)

電力自由化の3つのステップ(2):
電気料金の価格競争を全国に、「小売全面自由化」で事業者が急増
電力市場を改革する第2段階が小売の全面自由化だ。これまで電力会社だけに限定してきた家庭向けの小売事業を2016年から開放する。全国に多数の利用者を抱える電話会社をはじめ、異業種からの参入が相次ぐ。地域単位で一律に決まっていた電気料金は値下げ競争に突入する。(2014/5/1)

その実体は消費行動の追跡?:
Amazonスマートフォン発売の“真の狙い”について議論も
米Wall Street Journalは、Amazonがスマートフォン市場に参入すると報じた。ユーザーの消費行動をより詳しく分析できるようになれば、Amazonにとっては大きなメリットとなる。一方で実店舗との価格競争に関する懸念の声も上がっている。(2014/4/16)

新生ビッグローブ「ほぼスマホ」で攻勢 音声通話・MNPに対応 腕時計型デバイスも開発中
ビッグローブの提供するデータ通信と端末のセットプラン「ほぼスマホ」が7月をめどに音声通話機能やMNPに対応する。「価格競争に陥らないよう連携サービス強化を」と腕時計型ウェアラブル端末も開発中であることを明かした。(2014/4/8)

LTE格安SIM競争激化 BIGLOBE、ぷららが「月額900円」プラン同時発表
春の商戦期に入り、格安SIM各社が価格競争を繰り広げている。NTTぷららとNECビッグローブがそれぞれ、NTTドコモのLTEに対応した月額900円(税別)の通信サービスを24日に発表した。(2014/3/24)

これからの働き方、新時代のリーダー:
「メイド・イン・ジャパン」の縫製工場が消えてしまう前にできることがある――ファクトリエの挑戦
アパレル品の国産比率は5%以下に落ち込んでいる。海外工場との価格競争、職人の高齢化……。「このままでは日本の高い技術が失われてしまう」と立ち上がった若者がいる。(2014/2/27)

2014年の電力メガトレンド(5):
電力に代わるガスの台頭、いよいよ価格競争が始まる
企業や家庭のエネルギー源として電力に押され気味だったガスが存在感を高めている。万一の災害時に電力が途絶える心配もあり、代替エネルギーとしてガスを使える発電設備や冷暖房設備が全国で広がってきた。ガス料金は長期的に低下する見通しで、電力会社との競争が激しくなる。(2014/1/10)

ビジネスニュース 市場予測:
2014年のタブレット市場、アップルやサムスンは厳しい価格競争に直面
タブレット端末市場の成長は2014年も続くとみられている。アジア太平洋地域や南米では、低価格の製品が続々と投入される見込みで、アップルやサムスン電子は厳しい価格競争にさらされると予想される。(2013/11/29)

月額利用料だけで選ぶと失敗する
クラウド値下げ競争に浮つかないユーザーたち 各社の本音を探る
AWSやRackspaceなど大手IaaSベンダーの間で価格競争が激化している。だが、IaaS選択のポイントは月額利用料金だけではない。サービス加入の際に掛かるコストや、事業継続性も重要だ。(2013/9/9)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ビジネスの新指標「B.Q.」――知的感性時代の革新型リーダーの開発
経済社会は、製造産業経済から情報知識経済へと移り変わり、さらに感性創造経済へと進化しようとしている。21世紀は企業にとって、技術力、価格競争力に加え、"知的感性"の力が最も重要になる。(2013/7/3)

料金改定と機能改善で使えるクラウドに
“打倒AWS”に本気な「Windows Azure」の価格競争力
米Microsoftが正式提供を開始した「Windows Azureインフラストラクチャサービス」。強気の料金設定や機能で、王者Amazon Web Servicesの牙城を切り崩すことができるか?(2013/6/11)

製造マネジメントニュース:
医薬品製造受託市場、新規参入が拡大し2012年3月期は9.7%増の5100億円に
矢野経済研究所によると、医薬品製造受託市場の規模は、中堅新薬系企業などの新規参入や製造受託事業強化の流れから、順調に拡大が進む見込み。しかし価格競争が激化し、製造受託企業にはさらなる生産コストの削減が求められているという。(2013/5/28)

GALAXY S4とXperia Aは「ドコモのツートップ」 夏モデル、価格も武器にiPhone対抗
ドコモ夏モデルではGALAXY S4とXperia Aが「ドコモのツートップ」と加藤社長は明言。値引きも増やし、ネットワーク、サービスに価格競争力も付けてiPhoneに対抗する。(2013/5/15)

自然エネルギー:
太陽電池の効率競争に新たな1歩、ボーイング子会社が37.8%を達成
ボーイングの子会社Spectrolabが、シャープのそれまで持っていた太陽電池の世界記録を破った。太陽電池の変換効率が1ポイント違うと、得られる年間発電量には大きな差が生まれる。太陽電池は既に大規模な価格競争下にあるが、それでも効率向上の努力が必要だ。(2013/4/17)

ウイークエンドQuiz:
電力の小売自由化が始まったのは何年前?
家庭向けを含めて電力の小売を自由化することが決まり、2016年を目標に実施することになった。すでに企業や自治体には電力会社以外の事業者でも販売することができ、価格競争が始まっている。日本では大口顧客の市場から自由化が進んできたが、最初に実施されたのは何年のことだろう。(2013/3/22)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
高級フレンチより「俺のフレンチ」が儲かるってホント?
価格競争に巻き込まれないビジネスを作りたければ、機能ではなく、付加価値に着目すべきです。高級フレンチと低価格居酒屋の価格戦略の比較から、自分なりのビジネスが成立するヒントを探りましょう。(2013/1/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。