ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「品質管理」最新記事一覧

水曜インタビュー劇場(散髪公演):
模倣店が増えても、QBハウスも増えるワケ
ヘアカット専門店「QBハウス」が、海外で伸びている。来店客数・店舗数をみると、この10年で10倍に。ライバル店も増えている中で、なぜQBハウスは急成長しているのか。海外事業の担当者に話を聞いたところ……。(2016/12/7)

最大30%オフの「Anker冬の3大祭り」がAmazonで開催 12月10日〜12日
アンカー・ジャパンは、12月10日〜12日までの3日間「Anker冬の3大祭り」を開催。Amazonの「Cyber Monday Week」セールに合わせ、人気製品を最大30%オフで提供する。(2016/12/6)

「90 Seconds Japan」など3社と協業:
朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を開始すると発表した。(2016/12/5)

ビジネスパーソンのための建設と建築:
耐震偽装や手抜き工事の原因は? 理解しておきたい「建設の問題」
建設・建築の問題は造り手が担う責任も住人に与える影響も大きく、結果として社会に与える影響も大きくなる。なぜ問題は起きるのか?(2016/12/5)

続・企業CSIRTの最前線:
DeNA CERTに聞く、事業スピードを落とさないセキュリティの進め方
インターネットサービスでは常にスピードと安全が求められ、企業にとってその両立は大きな挑戦だ。業界大手のDeNAでビジネスとセキュリティのバランスを担っているのがCSIRTだ。(2016/12/5)

FAニュース:
16種類の工業規格に対応するコンタミネーション解析システムを発売
オリンパスは、工業部品の洗浄油や洗浄液内の異物を検出するコンタミネーション解析システム「CIX100」を発売した。簡単な操作で、工業規格に沿った顕微鏡検査や結果のレポート出力が行える。(2016/11/30)

情報化施工:
練り混ぜから打設までデジタル化、現場打ちコンクリート用CIMを開発
大成建設は現場打ちコンクリート工事向けのCIMシステムを構築し、施工現場への導入を開始した。生コン工場での練り混ぜから打設までの一連の情報をデジタル化し、サーバー上で共有できる。打設管理帳票や品質試験管理図などを自動で出力することも可能で、業務の効率化に活用する狙いだ。(2016/11/28)

アンカー、Quick Charge 3.0対応の2万mAhモバイルバッテリーを発売 
アンカー・ジャパンは、11月24日にQuick Charge 3.0に対応した容量2万mAhのモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 QC」を発売した。(2016/11/24)

日本型セキュリティの現実と理想:
第36回 IoT機器のセキュリティ対策はだれがやる?
IoTのセキュリティ対策の中でコンシューマー機器は急を要するが、対策は簡単には進まない。JNSAの「コンシューマ向けIoTセキュリティガイド」にある対策の担い手や視点から、コンシューマーIoT機器におけるセキュリティの方向性を解説する。(2016/11/24)

続・企業CSIRTの最前線:
急増するCSIRT、立ち上げ後に考えたい次なるステップへの視点
企業ではCSIRTを設立する動きが広まる。新たに立ち上げたCSIRTが活動を推進していく上で考えておきたいポイントはどのようなものだろうか。日本シーサート協議会での取り組みをもとにまとめてみたい。(2016/11/21)

蓄電・発電機器:
燃料電池のコストを削減する新装置、ロールで電解質膜を連続生産
SCREENホールディングスはNEDOプロジェクトの一環として、固体高分子形燃料電池の電解質膜に、電極触媒を直接塗工・乾燥させる技術の開発に成功。この技術を適用した製造装置も開発した。触媒層付き電解質膜の連続生産が可能になり、燃料電池の製造時間の短縮と生産コスト低減が期待できるという。(2016/11/18)

「収集可能なデータの最大化」と「有効活用可能なデータの最大化」の違い:
IoTとコグニティブ/AIの組み合わせで生み出される「価値/効果」とは IDCが調査結果を発表
IDCジャパンが、IoTとコグニティブ技術の組み合わせで生み出される価値に関する市場調査結果を発表。IoTとコグニティブの組み合わせによって、「製造品質改善」「製造機械の故障予兆検知」などの分野で特に効果をもたらすとしている。(2016/11/15)

クレアフォーム VXmodel/VXinspect:
新機能の追加により、リバースエンジニアリングと寸法検査を強力に支援
クレアフォームは、3DスキャンデータをCADツールや3Dプリンタで利用できるように処理するソフトウェア「VXmodel」と、寸法検査ソフトウェアモジュール「VXinspect」に新機能を追加した。(2016/11/15)

検査オートメーション:
PR:逆転の発想で生まれた3Dスキャナー、スマート工場実現のカギとなるか
インダストリー4.0などIoTを活用したスマート工場を実現する土台の1つが品質検査など検査工程の自動化である。その検査自動化の中心技術の1つとして3次元測定技術があるが、革新的な3次元測定技術によりこの検査自動化領域で注目を集めている企業がある。(2016/11/14)

CLIの時代は終わろうとしている
VerizonとYahoo!が語る「ネットワーク担当者はSDN、DevOpsに備えよ」
VerizonとYahoo!は2016年10月に開催されたカンファレンスで、企業はネットワーク担当者にSDNやDevOpsの実践に向けて準備させる必要があるとの見解を示した。(2016/11/9)

「カロリーメイトゼリー」にカビ混入 大塚製薬が計4品を自主回収
「ジョグメイトプロテインゼリー」など。カロリーメイトブロックや缶は対象に含まれません。(2016/11/7)

冷凍メンチカツからO157検出 米久・商品総数5万パック回収へ
該当商品はいずれもタケフーズが委託製造したもの。(2016/11/7)

AWSジャパンの説明会で紹介:
経済産業省が中小製造業のためのIoTツールリストを公表、企業自身が開発したツールも
2016年11月4日にアマゾンウェブサービス(AWS)ジャパンが開催した説明会で、経済産業省は中堅・中小の製造業におけるIoT活用を進めるための取り組みを紹介。また、この取り組みに参加したツール提供企業3社が自社の活動について説明した。ツール提供企業の中には、「それ自体をビジネスとして考えていない」というところもある。(2016/11/7)

マルハニチロ 「セブンプレミアム さんま蒲焼缶」に金属混入、回収へ
該当商品を含む3商品の自主回収を発表。(2016/11/5)

CADニュース:
3DスキャンデータをCADや3Dプリンタで扱えるようにするソフトがバージョンアップ
クレアフォームは、3DスキャンデータをCADツールや3Dプリンタで利用できるように処理するソフトウェア「VXmodel」と、寸法検査ソフトウェアモジュール「VXinspect」に新機能を追加したと発表した。(2016/11/4)

車載情報機器:
トヨタのコネクテッド戦略は3本の矢、「IoT時代の製造業の在り方を切り開く」
トヨタ自動車は、東京都内で会見を開き、同社のコネクテッド戦略を説明。2016年4月に新たに発足したコネクティッドカンパニーのプレジデントを務める専務役員の友山茂樹氏は「IoT時代の新しい製造業の在り方を切り開くため、モビリティサービスのプラットフォーマーになる」と強調した。(2016/11/2)

スマートファクトリー:
化学プラントでのAI活用、三井化学は15年前から取り組んでいた
NTTコミュニケーションズの「IoT×AI 最新動向勉強会」に、三井化学の十河信二氏が登壇。同社の化学プラントにおけるIoTやAIの活用について説明した。ディープラーニングによる化学プラントの品質予測の共同研究結果を紹介し「15年前に当社が取り組んだニューラルネットワーク技術は確実に進化している」と述べた。(2016/11/2)

三井化学 NTTコミュニケーションズ 化学プラント AI×IoT:
15年の時を経て、化学プラントにAIがよみがえる
「製造業へのAI導入」を「製造業へのディープラーニング導入」と言い換えるとまた違った側面が浮上する。三井化学は15年前、同社化学プラントに試験導入したものの当時は本導入を諦めたが、2015年に再度の試験導入を行い一定の手応えを得たという。(2016/11/2)

三井化学が目指す、生産現場のAI活用とITインフラのカタチとは?
ケミカル大手の三井化学は、NTTコミュニケーションズと共同で生産システムへのAI活用について検証に臨んでいる。AIを生かすためのITインフラの展望も含めた取り組みとは?(2016/11/1)

PR:ハイレゾもアナログも楽しみたい! 欲張りな願望を叶えるサウンドフォート「QS-9」の真空管サウンド
国産オーディオブランド「Soundfort」から、ハイレゾ対応でありながらアナログ感覚なオーディオリスニングが楽しめる新製品「QS-9」が誕生した。ヘッドフォンとスピーカー、さらにアナログターンテーブルも組み合わせ、その実力を堪能する。(2016/11/1)

PR:日本企業の強みを世界市場で生かす、IPCを導入したアドバンテストの決断
(2016/11/7)

横河電機 Process Data Analytics:
品質や生産性低下を早期発見できる解析ソフトウェア
横河電機は、品質や生産性の低下を早期に発見できる解析ソフトウェア「Process Data Analytics」を発表した。(2016/10/31)

「富士山麓のきれいな水」に基準値超の発がん性物質 商品回収発表
該当商品を着払いで返送するよう呼びかけています。(2016/10/29)

ツナ缶にゴキブリ混入 自主回収はせず はごろもフーズ
はごろもフーズはツナ缶「シーチキンLフレーク」に、ゴキブリが混入していたとして謝罪した。(2016/10/28)

「シーチキン」にゴキブリ混入 はごろもフーズが謝罪
連続性があるものではないと発表。(2016/10/28)

発火問題がCIOに与えた品質保証の教訓
“炎上スマホ”「Galaxy Note7」を生み出してしまったSamsungの焦り
Samsung Electronicsの「Galaxy Note7」で発生した発火問題は、企業のCIOにとっても決して無視できない問題だと専門家は主張する。その真意とは。(2016/10/26)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
製造業のIoT活用は「取りあえずやってみよう」でOK
肩肘張らず、気軽に行きましょう。(2016/10/25)

これで失敗しない! モバイルバッテリーの賢い選び方
モバイルバッテリーを買うときのポイントをまとめました。(2016/10/25)

製造ITニュース:
生産性の低下を早期に発見できる解析ソフトウェアを開発
横河電機は、解析ソフトウェア「Process Data Analytics」を発表した。プロセスデータや設備状況、操作履歴などのデータを解析することで、品質や生産性の低下を早期に発見できるソフトだ。(2016/10/24)

アンカー、Quick Charge 3.0に対応した容量1万mAhのモバイルバッテリーを発売
アンカー・ジャパンは、10月19日にAmazon.co.jpでモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」を発売。独自の急速充電技術「PowerIQ」「VoltageBoost」に加え、Qualcommの「QuickCharge 3.0」にも対応している。(2016/10/19)

日本能率協会 現場IoT7つ道具:
「QC7つ道具」のIoT版、JMACが「現場IoT7つ道具」
日本能率協会コンサルティング(JMC)は、国内製造業が取り組みを加速している、製造現場におけるIoT(Internet of Things、モノのインターネット)の活用に役立つ可視化・分析ツール「現場IoT7つ道具」の展開を始めると発表した。(2016/10/19)

電力供給サービス:
家電の使用状況から節電方法を提案、火災を防ぐコンセント清掃も提供
イオングループの家事支援サービス事業を手がけるカジタクと東京電力パワーグリッドは、電気代の節約診断やコンセント清掃付きのハウスクリーニングサービスを提供すると発表した。(2016/10/17)

IVI公開シンポジウム2016秋(1):
8つのプラットフォームで作る次世代モノづくり基盤、IVIの挑戦
「つながる工場」実現に向け、製造業、製造機械メーカー、ITベンダーなどが参加する「Industrial Value Chain Initiative(IVI)」は取り組みの進捗状況を紹介するIVIシンポジウムを開催。本連載では、同シンポジウムの内容を取り上げていく。第1回は“プラットフォーム化”へ踏み出したIVIの2016年度の取り組みについて紹介する。(2016/10/14)

医療技術ニュース:
画像評価を用いたiPS細胞のリアルタイム品質管理技術を開発
名古屋大学は、iPS細胞などのヒト多能性幹細胞の培養工程で、画像情報を用いて細胞の品質を管理・評価する技術を開発した。培養中の細胞を破壊せず、リアルタイムに品質評価ができる。(2016/10/13)

製造業IoT:
「QC7つ道具」のIoT版!? JMACが「現場IoT7つ道具」を販売
日本能率協会コンサルティング(JMC)は、国内製造業が取り組みを加速している、製造現場におけるIoT(Internet of Things、モノのインターネット)の活用に役立つ可視化・分析ツール「現場IoT7つ道具」の展開を始めると発表した。(2016/10/5)

海外企業との取引きに失敗する理由:
エレクトロニクス企業の活動を助ける
国内のエレクトロニクス企業が海外の企業から部品を調達したり、海外の企業から製造委託を受ける際、「IPC規格」について問われる機会が多い。だが、日本企業の製造品質は高い。なぜIPC規格が必要なのだろうか。IPCのプレジデント兼CEOを努めるJohn Mitchell氏にIPCの意義と活動内容を聞いた。(2016/9/30)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(13):
“モノづくりの神髄”を理解すれば、必ず原価は下げられる!【中編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する連載「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」。原価低減活動に役立つ“モノづくりの神髄”を紹介する3回シリーズの中編となる今回は、「リードタイム短縮」について考えます。(2016/9/27)

IoTビジネスはもう始まっている【前編】
大阪ガスの「エネファーム」に学ぶ、IoTマネタイズのヒント
家庭用燃料電池「エネファーム」を使ったIoTビジネスを、企画開始から5カ月で達成した大阪ガスの事例を紹介する。IoTビジネスのアイデアをどう具現化し、どんなビジネスメリットを生み出したのか。(2016/9/26)

あえて“高級”路線の逆を行く 米家電に本格参入するアイリスオーヤマの戦略は
アイリスオーヤマが炊飯器など米家電に本格参入。市場で人気の高級路線をあえてとらない戦略だ。(2016/9/21)

AIがコールバック、人工知能活用でコールセンターを低価格に
アドバンスト・メディアらが、音声認識エンジン「AmiVoice」などを活用し、AIでコールセンターの無人化を目指す「AIコンシェルジュ」を提供する。予約の確認といったバックフロー業務も行える。(2016/9/14)

セブン-イレブン、パスタサラダ24万食を自主回収 原材料の「卵」記載漏れ
セブン‐イレブン・ジャパンはセブン‐イレブン店舗で販売したパスタサラダ24万1210食を回収する。(2016/9/14)

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(1):
設計・製造現場が抱える「問題」と「課題」
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第1回では、設計・製造現場が抱える「問題」と「課題」の認識について紹介する。(2016/9/14)

セブン-イレブン、サラダ約24万食を自主回収 特定原材料の「卵」表記せず
現時点では健康被害の申し出はないとのこと。(2016/9/13)

計測・検査:
3Dスキャナーに風が吹く、インダストリー4.0と製品検査自動化の動き
米国AMETEKグループのCreaformは携帯型3Dスキャナーで市場に独自のポジションを形成。従来の製品開発用途だけでなく、品質検査領域などへの対象領域を拡大し、日本市場においても今後5年間で2倍の売上高を目指すという。(2016/9/13)

「玉ねぎしか売ってません」 “生ける廃墟”と話題の巨大モールがどうしてこうなったのか聞いてみた
周辺にはイオンなどの大型商業施設があるのです。(2016/9/12)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。