ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「品質管理」最新記事一覧

スマートファクトリー:
古い設備でもリードタイム65%削減、GEヘルスケア日野工場がIoTで実現したこと
「スマートファクトリー Japan 2017」の講演にGEヘルスケア・ジャパン Brilliant Factoryプロジェクト長の田村咲耶氏が登壇。「GEヘルスケア日野工場における次世代工場の取り組み」をテーマに、同社工場のデジタル化への取り組みなどを紹介した。(2017/6/21)

鈴村道場(6):
日本一の生協・コープさっぽろが誇る“シンの”トヨタ生産方式のヒミツとは
トヨタ生産方式の達人・鈴村尚久氏による連載コラム「鈴村道場」。今回からは、前回解説した“シンの”トヨタ生産方式の実践事例を紹介する。今や日本一の生協となった北海道の「コープさっぽろ」だが、2000年頃に迎えた存続の危機から救ったのが“シンの”トヨタ生産方式だった。(2017/6/20)

事務所や病院の環境を改善するIoT
IoTで職場環境をスマート化 小さな実験から始める5ステップ
従業員が求めていることを1日中自動で予測して、それに応える職場環境を想像してみてほしい。仕事の生産性と効率はどれほど上がるだろうか。(2017/6/19)

Gartner Insights Pickup(22):
アナリティクスとリーン/アジャイルがアプリケーション開発にもたらす革新的変化
一般企業は、デジタル化の波にどう対応すべきか。アプリケーション開発の側面からいえば、方法論の刷新とアナリティクスの活用が不可欠になってくる。(2017/6/9)

ビジネス変革の担い手:
PR:「現場を誰よりも理解する」――カルビーのヒット商品を支えるリーダー、網干氏の仕事哲学とは?【前編】
業績好調なカルビー。そのビジネス成長をけん引するのがシリアル食品「フルグラ」だ。なぜフルグラがこれほどまで売れているのか。そこにはリーダーとして頭角を現している一人の女性の姿があった。フルグラ事業本部において企画部 部長を務める網干弓子氏である。そのビジネス成功の裏には彼女のどのような仕事哲学があるのだろうか――。(2017/6/8)

現場に出よう:
デジタル変革は会議室ではできない
人手不足や高齢化を背景として、さまざまな分野でデジタルトランスフォーメーション(DX)が議論されている。ビジネスのデジタル変革に必要な姿勢と人材とは……。キーワードは「現場」だ。(2017/6/6)

「働き方改革」進める企業は好印象:
転職したい企業、1位はトヨタ 大手IT企業も人気
2017年の転職人気企業ランキングで、トヨタ自動車が1位に。ヤフー、ソフトバンク、日本マイクロソフトなど、「働き方改革」を進める大手IT企業も上位にランクインした。(2017/6/5)

IBM Watson Summit 2017:
AI/コグニティブでビジネスを変革する開発者となるためには何が必要なのか
日本IBMは2017年4月27、28日、「IBM Watson Summit 2017」を開催。27日のセッション「コグニティブ・ビジネスの先駆者たる次世代のデベロッパー」では、最新のIBM クラウドやWatsonを活用したビジネス開発、スキル開発、スキルエリアの変化などを、実例を交えて紹介した。(2017/6/5)

オンリーワン技術×MONOist転職(12):
「空飛ぶ乗り物」をMade in Japanで――ヒロボー
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第12回。今回は、世界シェアトップクラスのラジコンヘリ技術を武器に「1人乗り有人ヘリコプター」という新市場へチャレンジするヒロボーを紹介する。(2017/6/5)

安全基準下回る:
ブリヂストン、ホイール39万本超を無償交換 割れる恐れ
ブリヂストンが、国が定める安全基準を下回っていたとして、アルミホイール「BALMINUM XR10」など4種類・計約39万5000本を無償交換すると発表。(2017/6/2)

半導体商社トップインタビュー ネクスティ エレクトロニクス:
合併の決断と、国内最大級半導体商社として向かう先
2017年4月1日、国内最大級の売り上げ規模を誇るエレクトロニクス商社「ネクスティ エレクトロニクス」が発足した。自動車向け半導体、電子部品販売に強い豊通エレクトロニクスと、民生機器向けなど幅広い用途向けに半導体デバイス販売を手掛けるトーメンエレクトロニクスが合併して誕生した。なぜ、両社は合併し、この先どこに向かうのか。ネクスティ エレクトロニクス社長の青木厚氏にインタビューした。(2017/5/31)

製造ITニュース:
深層学習を用いた画像認識アプリケーションの開発プラットフォーム
新日鉄住金ソリューションズは、ディープラーニング(深層学習)を利用した画像認識アプリケーションを開発するためのプラットフォーム「KAMONOHASHI」を開発した。複雑な環境構築やリソースの確保、データの収集/管理などの負担を軽減する。(2017/5/31)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
頻発する建設プロジェクト問題――解決の鍵は「コンストラクション・マネジメント」
豊洲新市場への移転や新国立競技場の建設など、最近問題 が頻発している。こうした問題の発生を防ぐには、コンストラクション・マネジメントによる「発注者主導型」のプロジェクト支援が不可欠になる。(2017/5/31)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
自家焙煎コーヒーの楽しみ方――「The Roast」を作ったキーパーソンたちのこだわり
(2017/5/26)

「ヘルスケア大学」は信頼できる? 執筆体制は
「ヘルスケア大学」の記事に間違いが多数含まれているとの指摘があり、運営元が改善策を発表。記事は編集部と社内外のライターで執筆し、医師が監修しているという。(2017/5/25)

PR:現役IT管理者がビジネスPCに求める条件――現場にフィットするのは「Endeavor AT10」
社内に一括導入するPCはどのような基準で選ぶべきだろうか。現役担当者は、特に考慮する条件として「コスト(BTO必須)、省スペース性、信頼性」を挙げたが果たして……(2017/5/24)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(8):
日本のモノづくりを活かすIoTの活用方法
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。最終回の第8回は、これまでのまとめとして『日本のモノづくりを活かすIoTの活用方法』について説明します。(2017/5/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
販売好調! 花月嵐の家系ラーメン「藤崎家」とは
らあめん花月嵐が3月より期間限定商品として販売している、横浜家系ラーメン「藤崎家」が好調だ。6月初旬まで売る予定だが、計画以上に売れてしまい、販売を終了している店もあるという。人気の理由とは?(2017/5/16)

日本システムウエア Crack Mapping System:
ひび割れ点検作業の効率化と精度向上を支援するシステム、製造業にも応用可能
日本システムウエア(NSW)は、コンクリートなどのひび割れ検査作業の効率化と精度向上を支援するシステム「Crack Mapping System」の提供開始を発表した。(2017/5/11)

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(8):
ワークフロー図を作成し、設計だけでなく全社的な問題と課題を浮き彫りに
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第8回では、「ワークフロー図」の作成についてさらに掘り下げていき、全社的な問題と課題の洗い出し、解決施策の展開に関して取り上げる。(2017/5/10)

オンリーワン技術×MONOist転職(11):
設備投資に依存しないモノづくりを研究開発で支援――イデアルスター
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第11回。今回は、“塗る”太陽電池や発電するタイヤなど、先進技術の研究開発で注目を集めるイデアルスターを紹介する。(2017/5/8)

ボルヴィック一部商品にプラスチック片混入か キリンが商品の自主回収を発表
これまでに健康被害の報告はありません。(2017/5/2)

ハノーバーメッセ2017:
コアは画像でIoT基盤で支える、コニカミノルタが描く製造業の姿
コニカミノルタは、ハノーバーメッセ2017において、同社のコア技術である画像を核とした技術群と、2017年3月に発表したIoTビジネスプラットフォーム「Workplace Hub」を組み合わせたデジタル製造ソリューションをアピールした。(2017/5/1)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(82):
Windows 10で増殖する“謎サービス”の正体を追え!
Windows 10になって、Windows 8.1以前には存在しなかった「CDPUsersvc_XXXXX」のように「_XXXXX(XXXXXはランダム)」で終わるサービス名のサービスが追加されたことに気が付いた人はいるでしょうか。“マルウェアやスパイウェアが入り込んだのでは”と不安に思った人も少なくないかもしれません。でも安心してください。謎は多いものの、Windows 10の正規のコンポーネントであることは確かです。(2017/5/1)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 魅惑の“アイデア家電”が勢ぞろい 初参戦Panasonicが見せた老舗の意地
“IT界のパリコレ”ともいわれるイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポート。今回は、Panasonicの「Game Changer Catapult」が提案する近未来の家電やサービスを紹介します。(2017/4/29)

いまさら聞けないマシンビジョン入門(2):
マシンビジョンのアプリとコンポーネント
製造現場のプロセス自動化や品質向上に役立つマシンビジョンの基礎知識をお伝えする本連載。第2回はマシンビジョンのアプリとコンポーネントについて紹介する。(2017/4/28)

FM:
画像解析で杭の施工精度を向上、奥村組が実用化
奥村組は、高速画像解析技術を応用して基礎杭の鉛直精度を定量的にリアルタイムで把握できる杭の施工管理システムを開発した。2台のビデオカメラとタブレット型PCなどで構成されている。(2017/4/26)

スピン経済の歩き方:
提訴がダメなら「くら寿司」はどうすればよかったか
ネット掲示板に「何が無添なのか書かれていない」などと書き込みをした人物の個人情報開示をめぐる訴訟に敗れた「くらコーポレション」に対して、厳しい言葉が投げかけられている。では、どうすればよかったのか。(2017/4/25)

ロングセラー商品:
ぺんてるのサインペン “書きやすさ”の理由
昔から変わらず使われ続けているサインペン。世界で初めて開発したのが、文具メーカーの「ぺんてる」だ。シンプルでありながら、ロングセラー商品に育てることができた理由はなんだろうか。(2017/4/24)

【連載】小川 卓の高速PDCA“超”入門 第1回:
何のためのPDCA? PDCAサイクルの手前を設計することの大切さ
Webアナリスト小川 卓氏が再びITmedia マーケティングに帰ってきてくれました。今回は「そもそも何のPDCAを回すのか」をテーマに、より原点に近いところからPDCAの考え方を深めていきます。(2017/4/20)

新連載・あの会社のこの商品:
ミズノの作業用シューズが、実は売れている
現場の作業者などが作業中に履くプロテクティブスニーカーを、ミズノが発売したところ、当初計画を上回る売れ行きを示している。意外とも思えるヒット商品は、どのようにして誕生したのか?(2017/4/17)

fabcross for エンジニア 残業時間調査:
製造系エンジニアの残業時間は?
fabcross for エンジニアは、残業時間についてのアンケート調査結果を発表した。(2017/4/10)

車載ソフトウェア:
AUTOSARとISO26262を両立するには? ベクターのベーシックソフトウェア
ベクター・ジャパンは「第2回オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア」において、国内自動車業界で導入が広がっている車載ソフトウェアの標準であるAUTOSARと、既に必須となっている自動車向け機能安全規格のISO 26262の両方を満たすためのポイントを紹介した。(2017/4/6)

BIM/CAD:
大成建設、シールド工事向けCIMシステムを構築 施工管理情報の統合と見える化
大成建設は、シールド工事における施工管理情報・記録を統合し、見える化したCIMシステム「T-CIM/Shield」を発表した。新規受注工事に対して積極的に導入を図り、第1弾として、首都高速道路発注の高速横浜環状北西線シールドトンネル工事に導入するという。(2017/4/5)

オンリーワン技術×MONOist転職(10):
成熟したアナログ技術を武器に――イサハヤ電子
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第10回。今回は、アナログ技術の需要が急増する中で“アナログ専業の国産半導体メーカー”として存在感を示しているイサハヤ電子を紹介する。(2017/4/4)

シーイーシー CS Qompass:
PMBOK準拠の組み込みソフト品質管理プラットフォーム
シーイーシーが、組み込みソフトウェア開発の品質や進行、成果物の管理をIPA準拠の評価基準で統合的に行えるマネジメントプラットフォーム「CS Qompass」を提供開始した。(2017/4/4)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
デジタル変革に追い付くための、ITモダナイゼーションの「あるべき姿」とは?
レガシーシステムのマイグレーションによる、いわゆる「現代化」は競争力を高めるうえで武器となる半面、実践にあたっては厄介な課題も存在する。現代化に向けた最新動向と、課題解決を支援する取り組みとは。(2017/3/29)

2020年に向けて導入相次ぐ:
PR:コストだけじゃない “総合力”で人気を集める次世代監視カメラとは?
いま監視カメラは防犯だけではなく、映像分析を活用したマーケティングや災害時の迅速な状況把握など、さまざまな用途での活用が期待されている。こうした中、課題だった初期投資の高さを解消できたり、機械学習や人工知能(AI)技術を組み合わせることで高性能な映像監視を実現する可能性を秘めた製品が誕生した。(2017/3/29)

味の決め手は100%ビーフ:
マクドナルドのパティ生産の現場を徹底取材
ファストフードの代表「マクドナルド」。身近な存在であるだけに、使われている食材の品質も気になる。今回、マクドナルドの「ハンバーガー」や「ビッグマック」に使用されるビーフパティを生産する工場を取材、工程のすべてを見せてもらった。(2017/3/28)

パワートレイン用ECUに適用可能:
車載用パワーインダクター、最大150℃に対応
太陽誘電は、車載機器向けSMDパワーインダクター「EST1060」のサンプル出荷を始めた。車載用電子部品の信頼性試験規格「AEC-Q200」に対応している。また、製品ごとに生産プロセスの情報がQRコードで印字されている。(2017/3/28)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「超高速開発ツール」
人的スキルに頼らず高速なシステム開発ができるといわれる「超高速開発ツール」。そのスピードをフルに生かすためにも、メリットや留意点を理解しておきましょう。(2017/3/28)

製造マネジメントニュース:
日本/APEC地域向けに3Dエンジニアリングのサポートセンターを新設
Creaformは、100万ドルを投じて、日本およびアジア太平洋地域をカバーする修理/校正/テクニカルサポートセンターを新設した。これにより、同地域の企業が抱える製造や品質管理の課題に対し、効果的なサポートや専門的知見を提供する。(2017/3/27)

AMETEK/Creaform:
保守サポート拠点を千葉県成田市に新設、日本/APAC市場の発展に100万ドル投資
Creaformは、千葉県成田市に「修理・校正・テクニカルサポートセンター」を新設するため、100万ドル(約1億円)を投資したことを発表した。(2017/3/27)

Spigen、コンパクト&シンプルな急速充電対応USBカーチャージャーを発売
Spigenは、急速充電に対応した2ポート搭載のUSBカーチャージャー「F27QC」を発売。コンパクトかつシンプルなデザインで、Amazonストアでは発売記念として20%オフの1990円(税込)で販売する。(2017/3/24)

太陽光:
被災地域の土地を有効活用――宮城県南部に2.25MWの太陽光発電が完成
宮城県の「亘理・山元第2地区」で、発電容量2.25MW(メガワット)の太陽光発電設備が、2017年3月に完成した。防災集団移転跡地を有効活用した施設で、売電により得られる収入は、農業水利施設の維持管理費など、農業や農村の振興に活用される予定だ。(2017/3/23)

キャリアニュース:
月に11時間以上残業する比率――制御・ソフトウェア系製造エンジニアが最多
「fabcross for エンジニア」が残業についての調査結果を発表した。平均残業時間が長い職種は「教育・保育関連職」で、1カ月に11時間以上残業している比率が最も高いのは「製造系エンジニア(制御・ソフトウェア系)」だった。(2017/3/22)

東京ダイヤモンド工具製作所「UnitBase」事例
ユーザー企業が向かうべき内製化、ノンプログラミング開発ツールの導入現場を取材
東京ダイヤモンド工具製作所の社員数は約300人、システム担当はたった1人。業務効率化が課題の同社が選んだセルフサービス開発ツールは、kintoneやSalesforceではなくUnitBaseだった。(2017/3/21)

材料技術:
クルマづくりは分子レベルから、「材料をモデルベース開発」「最短5分で耐食試験」
マツダのクルマづくりを支える先端材料研究を探る。モデルベース開発を応用した分子レベルでの素材開発や、耐食対策を効率化する短時間の防錆性能評価といった独自の取り組みを紹介する。(2017/3/13)

高い安全性要求に応える:
PR:高速、高耐久性の不揮発性メモリ「FRAM」がスマートエアバッグを実現する
自動車の衝突事故時に人命を守るエアバッグだが昨今、誤作動が生じて大規模なリコールも発生した。そこで、より正確にエアバッグを作動させるべく、より多くのセンサーデータを取得して適切なエアバッグ制御を行うスマートエアバッグシステムの開発が進む。ただ、スマートエアバッグには、データを常にリアルタイムで記憶する不揮発性メモリが不可欠であり、実現のカギになっている。そこで、スマートエアバッグに適した不揮発性メモリとして「FRAM」を紹介する。(2017/3/14)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
空気清浄機は単機能であるべき――ブルーエア創業者に聞いた“ベストな空気清浄機”の条件
(2017/3/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。