ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クエイク」最新記事一覧

クランシステムも導入へ――「QUAKE WARS ONLINE」、3月10日より正式サービス開始
オープンβテストが続けられてきたオンラインFPS「QUAKE WARS ONLINE」が、3月10日より正式サービスを開始。課金アイテム販売のほか、クランシステムなどが導入される。(2011/3/9)

グルグル回して3Dを実感する――「上海3Dキューブ」発売
これぞ3Dの面目躍如。あの「上海」が3Dパズルゲームとなった発売される。また、AndroidOS搭載のスマートフォン端末向けにも「上海☆娘」シリーズが配信される。(2011/3/3)

「QUAKE WARS ONLINE」オープンβテスト開始
FPSゲームの古典的作品「QUAKE」の流れを汲むオンラインFPS「QUAKE WARS ONLINE」のオープンβテストがスタート。あわせて、正式サービス時搭載の「脱出モード」のムービーも公開された。(2011/2/7)

初音ミクCD、週間ランキングでも初のオリコン1位に
「初音ミクは弱冠2歳でオリコン1位アーティストに上りつめました」――VOCALOIDのコンピアルバムがオリコン週間ランキング1位に。(2010/5/25)

ねとらぼ:
初音ミクCD、初のオリコン1位
初音ミクなどボカロ関連の楽曲を収録したCDアルバムが初めてオリコン1位を獲得した。(2010/5/20)

“音ゲー”サイトの譲渡交渉権、あのクエイクが落札 「あれから約1年……」
“音ゲー”を作って公開できるサイト「ぱんぱんミュージック」の譲渡に関する優先交渉権を、あのクエイクが80万円で落札した。そういえば「あれから約1年……」だ。(2009/7/21)

月100万PVの“音ゲー”サイト、譲渡先をヤフオクで募集 「マネタイズの方法分からなかった」
“音ゲー”を作って公開できる「ぱんぱんミュージック」の譲渡に関する優先交渉権を、開発元がヤフオクに出品した。「マネタイズの方法が分からなかった」ため譲渡を決めたという。(2009/7/14)

mF247、ひろゆき氏と再出発 ニコ動連携で「サーバ代は月2万円」
「ひろゆきから声がかかり、ありがたいと思った」――mF247がニコ動と連携し、「Episode2」として再開した。システムは1から作り直し、サーバ費用は月額2万円に抑えたという。(2009/3/25)

ねとらぼ:
昨年最も売れた洋楽シングルは「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」
ゴールドディスク大賞「シングル・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は「truth/風の向こうへ」(嵐)、洋楽部門はまさかの「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」だった。(2009/3/5)

「pixiv」公式画集・DVDが来年発売 収録作品を募集
イラストSNS「pixiv」の公式アートブックとDVDが来年発売される。(2008/11/25)

タキシード姿の「鹿坊」、ウマウマ痛車で都内を疾走
せんと君の兄「鹿坊」が「ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)」イラストがあしらわれた赤フェラーリの痛車で都内を走った。なぜかタキシード姿だ。(2008/11/10)

日々是遊戯:
「痛Gふぇすたinお台場」で痛車まみれになってきました
痛車専門誌「痛車グラフィックス」を発行する芸文社は11月9日、東京・お台場にて(たぶん)世界最大級の痛車イベント「痛Gふぇすたinお台場」を開催した。(2008/11/10)

せんとくんの兄・鹿坊が「ウマウマ(゜∀゜)痛車」で都内を走るぞ
せんとくんの兄「鹿坊」が、「ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)」のイラストが描かれた痛車で都内を走る。車体には「『イタ車』(イタリア車)の頂点に位置する」赤いフェラーリを選んだ。(2008/11/7)

せんとくんの兄がCDデビュー!? 「赤ちゃんトランスwith鹿坊」
「親子のためのお遊戯コンピ」――童謡などをトランス風にアレンジしたCDが、あのクエイクから発売される。ジャケットはせんとくんの兄「鹿坊」の姿。だが楽曲とは関係ない。(2008/11/6)

mF247、ひろゆき氏が運営へ
「ひろゆき氏のご提案に基づき『mF247 Episode 2』を一緒に進めて行くことにいたしました」――インディーズ音楽配信サイト「mF247」を、ひろゆき氏が運営することが決まった。(2008/10/2)

Weekly Access Top10:
ITちゃん痛車レースの結果は……
ITちゃんの「痛車」がレースに出走。筑波サーキットを駆け抜けた。(2008/9/22)

Weekly Access Top10:
mF247でどうもうける? ひろゆき氏の案は
mF247事業譲渡の優先交渉権を得たひろゆき氏が、事業企画案をブログで披露した。(2008/9/16)

ひろゆき氏「がんばってみますー」 mF247の事業プラン策定へ
「おいらが行っても却下されそうな予感ですけど、がんばってみますー」――ひろゆき氏は「mF247」の事業譲渡に関する優先交渉権を得て、事業プラン策定に前向きな姿勢を示した。(2008/9/12)

mF247譲渡、交渉権はひろゆき氏に クエイクの事業プラン却下
「mF247」の事業譲渡について、優先交渉権を得たクエイクの事業プランを247musicが却下し、交渉がまとまらなかったことが分かった。交渉権は次点落札者のひろゆき氏に移る。(2008/9/12)

「初音ミク」発売から1年 “誕生日イベント”も
先週は「初音ミク痛車」記事がアクセスを集めたが、8月31日は“初音ミクの1歳の誕生日”だった。(2008/9/1)

ねとらぼ:
「やらせじゃないよ」 mF247落札の様子をニコ動に投稿
「やらせじゃないと分かってもらいたくて……」――クエイクの加藤社長が、「mF247」事業譲渡の優先交渉権を落札する様子を録った動画を、ニコニコ動画に投稿した。(2008/8/29)

「あり得ないほど高額」と社長もびっくり 「mF247」1000万円超で落札
「優先交渉権としてはあり得ないほど高額」――に・よん・なな・ミュージックの宇佐美社長は、「mF247」事業の譲渡についての優先的交渉権が1000万2000円で落札されたことについて感想を語った。(2008/8/28)

ねとらぼ:
「ぷんちきぷんちきぱやっぱーヾ(゜∀゜)ノ」もCDに 「ウマウマ」のクエイクから
今度は「ぷんちきぷんちきぱやっぱーヾ(゜∀゜)ノ」をCDに――「ウマウマ」をCD化したクエイクがまた、「空耳CD」を出した。(2008/8/28)

「mF247」落札逃したひろゆき氏、「クエイクさんには頑張ってほしいですー」
「慣れないことはするもんじゃないっすね」――ひろゆき氏は、楽曲配信サイト「mF247」譲渡に関するオークションで競り負けたことについてこんな風に語った。(2008/8/28)

「mF247」優先交渉権、落札者は「ウマウマ」CDのクエイクだった 1000万2000円でひろゆき氏をかわす
音楽配信サイト「mF247」事業譲渡の優先交渉権がヤフオクで1000万2000円で落札された。落札者は「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」のCDなどを発売しているクエイクだ。(2008/8/27)

ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)で踊り続けろ「ルーセントハート」
ガマニアデジタルエンターテインメントが現在オープンβテスト中「ルーセントハート」で、ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)を楽曲に合わせて踊れるようになった。(2008/8/20)

収録曲は「(屮゚Д゚)屮 カモーン」「orz」――「ウマウマ」歌うCaramellのアルバム発売
「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」を歌うスウェーデンのアーティスト「Caramell」のアルバムが発売される。収録曲のタイトルは「(屮゚Д゚)屮 カモーン」「(0゜・∀・)9ワクワクテカテカ」「orz」など。「歌詞の内容に合ったAAをタイトルに当てはめた」という。(2008/6/18)

ねとらぼ:
ボン・ジョヴィ以来の記録 「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」4万枚売り上げ
「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」マキシシングルが約4万枚を売り上げた。オリコンのシングルCDの週間ランキングでは最高11位。あのボン・ジョヴィ以来の記録だ。(2008/6/16)

「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」はオリコンベスト10入りの夢を果たせるか
先週発売された「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」のシングルは洋楽シングルのオリコントップ10入りを狙っている。実現すればボンジョビの「Have A Nice Day」以来2年8カ月ぶりとなるが……(2008/5/26)

「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」シングル化 「ネットで盛り上げていただいた」
あの「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」のマキシシングルが21日に発売される。リミックス版やカラオケ版など7バージョンを収録し、価格は600円に抑えた。(2008/5/20)

「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」がCD化 販売中止のトランスアルバムが新装復活
「悪ノリだったと反省している」――突然販売を中止したあのアルバムが、タイトル変更し、「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」など4曲を追加して再発売される。(2008/2/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。