ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「楽天ブロードバンド LTE」最新記事一覧

格安SIM定点観測:
アップロード無制限のMVNOサービスが登場 楽天モバイルが事業移管を決定――2015年11月データ通信編
11月は、アップロードの通信速度・通信量が無制限のMVNOサービスの登場や、楽天モバイルが事業移管を決定したことに注目だ。(2015/12/17)

格安SIM定点観測:
2つの「UQ」が合併 SIM即日再発行のMVNOが登場――2015年10月データ通信編
10月は、「UQ」ブランドで通信サービスを提供する2社が合併したことや、今までありそうでなかったSIMカードの店頭即日再発行を行うMVNOサービスが登場したことがトピックだ。(2015/11/10)

格安SIM定点観測:
価格一辺倒な競争から離れられるか――2015年8・9月データ通信編
8・9月のMVNOサービスでは、価格競争だけではなく、サービス改善の動きも活発だった。さっそく、その動きを見てみよう。(2015/10/19)

格安SIM定点観測:
au系MVNOの動きが活発に DMM mobileは“対抗”値下げとプラン新設――2015年7月データ通信編
iOS 8端末でデータ通信ができる“魔法”により、にわかに注目を集めるKDDI(au)系MVNO。その市場に、新しく2社が参入した。一方、ドコモ系MVNOでは、Wonderlinkのプランリニューアル、DMM mobileの“対抗値下げ”と新プランが話題となった。(2015/8/4)

格安SIM定点観測:
NifMoの“プロモーションプラン”にも対抗するDMM mobile――2015年6月データ通信編
NifMoが1.1Gバイトで640円(税別)のプロモーションプランを開始した。レギュラープランになるかどうか未定のプランであっても、最安値を更新されたとなれば、DMM mobileが対抗しないわけがなく――。(2015/7/2)

格安SIM定点観測:
7Gバイトプランで最安値競争が勃発 DMM mobileが最安値“死守”――2015年5月データ通信編
ぷららモバイルLTEがプラン改定で、7Gプラン最安値を達成した。しかし、「業界最安値」をうたうDMM mobileが黙っているはずもなく――。(2015/6/1)

格安SIM定点観測:
DMM mobileが最安を維持、hi-hoが2Gバイトプランで最安タイ――2015年4月データ通信編
春商戦に向けたプラン新設・料金改定がひと段落付いた4月の格安SIM戦線。しかし、au系格安SIMに5月・6月に向けた料金改定の動きが見られた。早速チェックしてみよう。(2015/5/8)

格安SIM定点観測:
“業界最安”はDMM mobile――春商戦に向け10社が料金プランを改定――2015年3月データ通信編
新生活需要を見込んで、IIJ、NTTコム、DMMなど、各社がこぞって4月からデータ通信容量の増加を発表。どこが一番お得なのか? さっそくチェックしていこう。(2015/3/31)

石野純也のMobile Eye(2月16日〜27日):
フリービットモバイルと楽天モバイルが目指す“価格競争の向こう側”
2月の中旬から下旬にかけては、MVNOの発表が相次いだ。中でも注目したいのが、フリービットモバイルとCCCグループの資本提携と、さらにサービスを拡充させる楽天モバイル。価格競争を超えた次の一手を読み解いていきたい。(2015/2/27)

格安SIM定点観測:
2Gバイトで月700円の「Wonderlink」、「楽天モバイル」はデータSIM提供へ――2015年2月データ通信編
3月31日までの申し込みで業界最安となる月700円で2Gバイトのデータ通信を利用できるパナソニックの「Wonderlink」のほか、データ通信SIMの提供を開始する「楽天モバイル」に注目だ。(2015/2/25)

格安SIM定点観測:
ブックオフがMVNOに参入! エレコムも容量増加&価格改定――2015年1月データ通信編
ブックオフがMVNOサービス「スマOFF」を発表し、エレコムとニフティが容量増加&価格改定を発表した2015年1月の格安SIM情報をまとめてチェックしていこう。(2015/1/30)

格安SIM定点観測:
「DMM mobile」が“業界最安”を奪取! au回線を使う「UQ Mobile」も登場――2014年12月データ通信編
月660円で1Gバイト使える“最安”プランをひっさげて「DMM mobile」が誕生した。日本通信が使い放題プランの提供を開始したことも注目だ。(2014/12/25)

格安SIM定点観測:
「freetel」「ニフティ」がMVNO参入 “業界最安”を華麗に更新――2014年11月データ通信編
新しいMVNOサービス「freetel mobile」「NifMo」が登場し、各プランでの最安値が更新された。(2014/12/3)

「楽天ブロードバンド LTE」の通信容量がアップ 900円で2.1Gバイトのプランも
フュージョンは、データ専用SIM「楽天ブロードバンド LTE」の4プランで通信容量を増設。11月から利用できる。(2014/10/31)

格安SIM定点観測:
容量増加でますます選びやすくなった格安SIM――2014年10月データ通信編
日々話題の絶えない格安SIMにまつわる主なトピックを月ごとに振り返っていきたい。データ通信用SIMは、基本プランの容量増設が相次いでいる。(2014/10/23)

主流はネット通販:
“格安SIM”はどこで買える? サービス別の販売場所まとめ
何かと話題の“格安SIM”だが、一体どこで購入できるのだろうか。サービス別に販売場所をまとめた。販売場所が特殊なプリペイドSIMは別途カテゴリを分けて紹介する。(2014/8/11)

MVNO徹底比較:
月額料金で見る“格安SIM”丸分かり一覧表――データ通信編
スマートフォンの月額料金を安く抑えられる“格安SIM”。その複雑な料金プランを月額料金別に一覧でまとめてみた。1000円以下のプランも豊富に用意されている。(2014/7/7)

「楽天ブロードバンド LTE」の一部プランでSMS機能を提供開始
「楽天ブロードバンド LTE」の「エントリープラスプラン」と「ライトプラスプラン」でSMS機能を4月21日から提供開始。(2014/4/18)

楽天ブロードバンド LTE、1部のプランで高速通信容量をアップ
フュージョンは、「楽天ブロードバンド LTE」のエントリープラス/ライトプラスプランで通信容量を1.5倍から2倍にアップした。月光容量を超過後の通信速度も300Kbpsに増速する。(2014/3/19)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第1回:
スマホ二刀流で電話代を節約する方法
スマホの月額利用料金は高い。でもビジネスシーンで私物のスマホを使わざるを得ない。コストを下げるいい方法はないだろうか?(2013/12/4)

Nexus 7 LTEモデルで使うための「低価格SIMカードサービス」、どれがお勧め?
7型タブレット「Nexus 7 2013(LTEモデル)」はLTEデータ通信対応で、さらにSIMロックフリーである。では「SIMカード」はどのサービスを選べばよいか。LTE対応タブレットを、できるだけ低価格に、お得に利用できるのはどれか。利用スタイル別に検証した。(2013/10/29)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
こっそり開始されていた、KDDIの「最大150Mbps」サービス
2013年8月〜9月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。前編は下り最大150Mbps対応LTEサービスをKDDIもこっそり提供開始。割安データ通信サービスを提供するMVNOもサービス内容を強化などを取り上げる。(2013/9/25)

1980円/月で上限2Gバイトの「楽天ブロードバンド LTEライトプラスプラン」――1760円/月の記念キャンペーンも
フュージョン・コミュニケーションズは、LTE対応データ通信サービス「楽天ブロードバンド LTEライトプラスプラン」の提供開始を発表した。(2013/9/2)

PR:LTEの高速通信を月額875円から利用できる――「楽天ブロードバンドLTE」活用のススメ
「LTEの通信料金は高い」……そう思っている人にオススメしたいのが、ドコモXiを利用できるMVNOサービス「楽天ブロードバンドLTE」。最安プランだと、1カ月300Mバイトまでを875円で利用できる。IP電話アプリと組み合わせれば、格安スマホとしても運用可能だ。(2013/11/21)

LTEスマホの通話料、ここまで安くなる!:
PR:LTEスマホに変えたら“自腹も限界”な高額通話料に!――仕事ケータイを安くする「SMARTalk」ってなんだ?
LTEスマホに変えてから、目玉が飛び出すような通話料になった!! こんな経験はありませんか? 仕事の通話に個人のスマホを使っているビジネスパーソンにとって、これは死活問題。実は、そんな悩める人々を救うすごいサービスがあるんです。(2013/8/26)

スマホ利用料の節約に役立つサービスは――MMD研究所調べ
フィーチャーフォンに比べて月額利用料が高いといわれるスマートフォン。MMD研究所が節約に役立つサービスをピックアップし、機能と料金を比較した。(2012/10/18)

Mobile Weekly Top10:
業界地図を書き変えるソフトバンクとイー・アクセスの経営統合
ソフトバンクとイー・アクセスの経営統合というビックニュースが飛び込んできた10月第1週。業界内のグループ再編が進む中、各社の冬モデルの発表シーズンに突入した。(2012/10/10)

月額980円のLTE対応データ通信サービス「楽天ブロードバンド LTE」
フュージョン・コミュニケーションズから、LTEの高速通信が利用できる「楽天ブロードバンド LTE」が登場。月額980円のエントリープランは、速度制限なしで月200Mバイトまで通信できる。(2012/10/5)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。