ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日本酒」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック
「日本酒」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

九州の蔵元が上位に集中:
「焼酎メーカーの売り上げ」ランキング発表 あの蔵元は何位……?
帝国データバンクが、国内焼酎メーカーの2017年1〜12月期の売上高を集計し、ランキング化した結果を発表。九州の蔵元が上位に多数ランクインしたが、減収となる企業や赤字の企業も多かった。大手メーカーのハイボールやワインの人気に押されたという。(2018/8/13)

消費者の今を知る:
飲まない若者でも職場の飲み会は重視 縮小するアルコール市場、その活路は?
日本のアルコール市場は1996年をピークに縮小傾向に。さらには消費されるアルコールの種類も変容している。90年代半ばまではビールが約7割を占めていたが、今では発泡酒やリキュール、その他の醸造酒等が増えているのだ。この市場の活路は?(2018/8/3)

心理カウンセラーが分析:
ガツガツしなくても、売り上げが劇的に伸びるトーク術
営業では「売ろうとしないことが大事」と言われている。周囲にも売ろうとしていないのに優秀な営業マンがいるかもしれないが、なぜ彼ら・彼女らはガツガツしていないのに売れているのか。心理カウンセラーが分析したところ……。(2018/8/2)

店内に家電はない:
ビックカメラが酒専門店をオープン 競合店にどうやって勝つのか?
ビックカメラが酒専門店を18年8月にオープンさせる。これまでは、ビックカメラの店内で酒類を販売していたが、単独での出店は初めての試みとなる。厳しい競争にさらされることが予想されるが、どのようにして差別化を図るのだろうか。(2018/8/1)

岩手県ではお盆になるとお墓に昆布を乗せる? 珍しい風習も現地民は「当たり前だと思っていた」
なぜ墓石に昆布なのか。(2018/7/25)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第3話:妨害工作(後編)
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――イベントを告知したばかりの「ひまわり海洋エネルギー」を、突然の同時多発インシデントが襲った。社内の各部署やマスコミへの対応を求められ、新生CSIRTがとった行動とは……?(2018/7/20)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「蔵元見学(清龍酒造)」の取材をレポートする
感想「飲〜んで笑って〜歌でも歌って騒ごうよ(大合唱)」(2018/7/13)

ディズニーリゾート至近で25年、地元のファンにも愛される:
気分は月9!? 驚きのオプションもある「浦安ブライトンホテル東京ベイ」を体験してきた
東京ディズニーリゾート至近の「浦安ブライトンホテル東京ベイ」。25周年を迎える老舗に体験宿泊。(2018/7/11)

「獺祭」の旭酒造、大雨被害で製造と出荷を一時中止 「すぐに商品なくならない」 買い占めに警告
本社蔵の一部が浸水と停電による被害を受けましたが、商品の在庫はある程度あるとのこと。(2018/7/9)

Amazonプライムデー、7月16日から 期間を1日半に延長
Amazon.co.jpが、年に1度のプライム会員向けセール「プライムデー」を7月16〜17日に開催する。4回目となる今年は、開催期間を36時間に延長する。(2018/7/4)

ヘイケとゲンジが夜空に舞う 夜汽車「SLみなかみ」で行くホタル観賞会が七夕の夜に開催
蒸気機関車でホタルを見に行こう!(2018/6/14)

製造業IoT:
JEMA「製造業2030」が進化、FBMの活用を具体化
日本電機工業会(JEMA)は、IoTによる製造業の変革に関する提言書「製造業2030」の2017年度版を公開した。本稿ではこの提言を抜粋して紹介する。(2018/6/13)

月の光みたいにきれい 暗いところで幻想的に光る「月光グラス」がヴィレヴァン通販に登場
(2018/6/12)

「安室透に出会ってから世界がきらきらして見える」安室の女の胸の内
「隣の安室の女」の信仰告白。(2018/6/9)

世の中の“当たり前”を実現:
PR:三越伊勢丹が誇る「買い物体験」 デジタル化でどう変わる?
三越伊勢丹ホールディングスが今、「デジタル化」をキーワードに顧客とのつながりを強化しようとしている。老舗百貨店は何を変えようとしているのか。デジタル戦略の狙いと店舗の取り組みを探った。(2018/6/7)

「甘いっちゃ甘いし 辛いっちゃ辛い」 “日本酒にハマりはじめた人あるある”を描いた漫画に共感の声
結局「おいしい」と思えるかどうかでいいのかもしれない(2018/6/5)

AIが“自分好みの日本酒”オススメ 渋谷にマッチングバー
AI(人工知能)が自分好みの日本酒をレコメンドしてくれるマッチングバーが、渋谷に5日間限定でオープンする。(2018/5/30)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(43):
石川編:技術書がそろう書店もあるよ――金沢の気候、住宅、交通、補給庫事情
インターネットカフェで、アイスクリームを食べよう!――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実:石川編」、第3回は金沢の気候やインターネットカフェの有無など、移住前に知っておきたい生活情報を、Iターン4年目のエンジニアがお伝えします。(2018/5/28)

満足必至の濃厚旅「観光列車はしご旅」ご存じですか? 「これは楽しそう!」鉄道旅のプロに楽しみポイントを聞いてみた
「焼き肉としゃぶしゃぶとステーキとケーキを1食で食べる」くらいに濃厚な旅になります。皆さんもぜひ!(2018/5/23)

ただの客寄せか、省人化の救世主か:
「Alexa居酒屋」はなぜ生まれた? オーダーシステム開発の苦労とその可能性
スマートスピーカー「Amazon Echo Dot」に話し掛けて注文を行う“Alexa居酒屋”の実証実験が、東京・渋谷の居酒屋「天空の月」で始まった。居酒屋でスマートスピーカーは活躍できるのか。プロジェクトの裏側とボイスUIの可能性に迫った。(2018/5/21)

今日は何の日?:
Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気になる個人情報不正利用問題についても語られた。(2018/5/19)

46年前からあった「若者の○○離れ」と、今起きている「お金の若者離れ」
今若者が“離れる”理由。(2018/5/20)

日本酒「獺祭」を醸造:
富士通など3社、AI予測モデルを用いた日本酒造りの実証実験を開始
富士通は、旭酒造および富士通研究所と共同で、富士通研究所が開発した日本酒造りを支援するAI予測モデルを用いた実証実験を実施すると発表した。(2018/5/18)

売り上げは好調:
離島に進出するドンキ 客の半分は外国人
ドン・キホーテが離島に出店している。16年にとある島に出店したところ業績が好調だったため、別の島への進出も計画しているという。いったいどのような狙いがあるのだろうか。(2018/5/9)

長浜淳之介のトレンドアンテナ(前編):
センベロの王者 「晩杯屋」急成長のワケ
わずか10年弱で東京を代表する立ち飲みチェーンに成長した「晩杯屋」。お酒とつまみ3品程度で1000円以下という低価格が支持されているが“センベロの多店舗化”に成功した背景には何があるのだろうか?(2018/5/8)

製造IT導入事例:
日本酒「獺祭」の製造でAI活用、実証実験を実施
富士通は、 旭酒造および富士通研究所と共同で、富士通研究所が開発した日本酒製造を支援するAI予測モデルを用いて、旭酒造が製造、販売する日本酒「獺祭」の醸造を行う実証実験を実施すると発表した。(2018/5/8)

「鬼ころし」のストローは「体が震える人でも飲みやすいように」付いていると話題に → メーカー「違います」
ですよね。【訂正】(2018/5/7)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(40):
福井編:東京生まれ東京育ちのめがね男子、鯖江でアジャイル開発しつつ都会と地方のいいとこどりを目指す
めがね産業で有名な鯖江市にIT企業メンバーズエッジがオフィスを開設した。鯖江市は地方自治体では珍しく、オープンデータ活用や起業が盛んで、福井県で唯一人口が増加している市でもある。鯖江市の熱意とメンバーズエッジの思いが合致して生まれたオフィスに、東京生まれ東京育ちのエンジニアが着任した。(2018/4/24)

納豆菌が強過ぎるせいで、納豆NGの職場がある
納豆菌「駆逐してやる……!」(2018/4/20)

すごい味ができそうな予感…… 「キットカット」の新フレーバーを“フリーワード”で募集する「世界総選挙」が開始
すでにサイトでは「Mocha」味や「雞蛋仔」味、「紀州梅」味などが投票されています。(2018/4/3)

日本酒好きの故人にお供えしたい ワンカップ大関の香り付き線香が登場
パッケージも再現してあります。(2018/4/2)

故人の好物シリーズ:
カメヤマ、「ワンカップ大関」のコラボ線香 ほのかな日本酒の香り
カメヤマが大関とコラボした「ワンカップ大関」線香を発売。カメヤマは「故人の好物」をテーマにしたシリーズに力を入れている。(2018/3/30)

「回転すしとは一線を画したチャレンジ」:
スシローグループが新業態に再挑戦 すし居酒屋「杉玉」
スシローグループが新業態に再挑戦する。大衆すし居酒屋「杉玉」の旗艦店を東京・神楽坂にオープン。5年後には100店舗を目指して出店を進める。(2018/3/29)

水曜インタビュー劇場(集めた公演):
急増中の「久世福商店」は、こうして生まれ、こうして稼いだ
目利きバイヤーが日本中から“うまいモノ”を集めたセレクトショップ「久世福商店」が、ショッピングセンターなどで急増している。ありそうでなかった店は、なぜ好調に推移しているのか。店舗運営を手掛けている担当者に話を聞いたところ……。(2018/3/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ももクロも愛する「山田うどん」が埼玉の県民食になった理由
“ダウドン”“ヤマウ”の名称で愛される「山田うどん」。埼玉の県民食としての地位を確立しただけでなく、人気アイドルグループにも愛される理由とは?(2018/3/27)

杜氏の経験や勘をデータ化:
日本酒造りにディープラーニング 岩手の銘酒「南部美人」の挑戦
人工知能を活用した酒造り。岩手県にある「南部美人」は、そんな“おいしい”取り組みに挑戦している。5代目蔵元がその背景と狙いを語った。(2018/3/5)

最後に重大発表も飛び出したMA2017決勝戦まとめ――年末恒例「テクノロジーの異種格闘技イベント」2017年の覇者は?
街に年末の喧噪が見え始めた2017年12月16日。東京・日の出桟橋に近い倉庫のようなたたずまいの会場で、開発者が互いにアイデアと技術力で覇を競う開発コンテスト「Mashup Awards 2017」ファイナルステージ(決勝戦)が開催された。全447作品の中から激戦を勝ち抜いた15作品が、賞金と誇りを懸けて挑んだ決勝戦の模様をお伝えする。(2018/2/22)

中国で日本酒が花開く:
中国の「日本食ブーム」が後押し 日本酒の輸出総額、過去最高を更新
日本酒の輸出総額が過去最高を更新。後押ししたのは急速に伸びるアジアからの需要だ。熱視線が送られていた中国で、日本酒ブームが花開こうとしている。(2018/2/20)

ねとめし:
熱湯を回しかけるだけの“ニラのお浸し”が驚異の中毒性! 無限日本酒案件につき要注意なおいしさ
私が知る限り現時点での一番おいしいニラレシピ。(2018/2/12)

PR:酒好きが集う「大人の駄菓子屋」 角打ちの聖地・北九州で本物の酒飲みと触れ合ってきた
酒飲みならわかるよさがある。(2018/2/1)

日本酒の特徴を都道府県別にチャート化 日本酒データベース「さけのわ」による解析結果が興味深い
近隣地域における味わいの類似性などに注目すると楽しい。(2018/1/22)

生配信とゲームでファンと交流 バンナムが提供する新しい動画配信サービス「&CAST!!!」
バンダイナムコエンターテインメントが動画配信サービス「&CAST!!!」の事前登録を始めた。同社のIPを活用し、ゲームも取り入れることで、配信者とファンとのコミュニケーションにつなげるという。(2018/1/22)

山岡週報:
お酒の新境地でヒット連発、なぜシャープが? Makuakeとのコラボが成功し続ける理由
シャープの社内ベンチャーが、シャープの蓄冷技術を生かした“氷点下の味わいを楽しむ日本酒”など、新感覚の製品を次々と生み出している。クラウドファンディングとタッグを組んだそのオープンイノベーションの原動力とは?(2018/1/12)

鎌倉銘菓「クルミッ子」Amazonやメルカリで高額転売相次ぐ 製造元が「買わないで」と呼びかけ
出品者の一部は「鎌倉紅谷」を自称するなどしており、購入者を故意に誤解させている可能性。(2017/12/28)

「どん兵衛」「オロナミンC」など:
西友、年末年始の人気商品37品目を平均14%値下げ
西友は12月19日〜2018年1月8日にかけて、年末年始に需要が高まる食品・飲料品37品目を平均14%値下げする。(2017/12/18)

ねとめし:
怖いくらい箸が進む「エノキのから揚げ」が悪魔的にうまい! なぜかジョッキがすぐ空になると話題に
おつまみ、おやつ、おかずとなんにでも合う最強レシピ爆誕……!(2017/12/17)

地元が最優先:
「東京も海外も同じ」 ベアレンのビールが岩手に密着する理由
2001年、盛岡市で創業したクラフトビールメーカーのベアレン醸造所。同社は地域密着を掲げ、地元の人たちに愛されるビール造りを心掛けている。なぜそのことに徹底的にこだわるのか。創業メンバーの1人である専務の嶌田洋一さんに聞いた。(2017/12/12)

「高く買わないでください」 人気酒「獺祭」の広告に驚きと称賛の声 社長「本当は広告出したくない」
読売新聞に掲載された、「獺祭」の高額購入に注意を呼び掛ける広告が話題に。旭酒造の桜井一宏社長に経緯を取材した。(2017/12/11)

正規店で購入を:
「獺祭」蔵元が「高く買わないで」 異例の広告に込めた思いとは?
日本酒「獺祭」の蔵元、旭酒造が「高く買わないでください」と呼びかける新聞広告を掲載。広告に込めた思いを聞いた。(2017/12/11)

【画像80枚】マッツ・ミケルセン「ハンニバルは不滅です」 東京コミコンSPステージでマッツスマイルを連発!
スターウォーズ、スタートレック、スーサイド・スクワッド、キャッスルのキャストがひとつのステージに集うという奇跡。(2017/12/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。