ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日本酒」最新記事一覧

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック
「日本酒」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

日本酒の特徴を都道府県別にチャート化 日本酒データベース「さけのわ」による解析結果が興味深い
近隣地域における味わいの類似性などに注目すると楽しい。(2018/1/22)

生配信とゲームでファンと交流 バンナムが提供する新しい動画配信サービス「&CAST!!!」
バンダイナムコエンターテインメントが動画配信サービス「&CAST!!!」の事前登録を始めた。同社のIPを活用し、ゲームも取り入れることで、配信者とファンとのコミュニケーションにつなげるという。(2018/1/22)

本場でも高まる人気:
ジャパニーズウイスキー、世界を酔わす 国産酒輸出が過去最高
ウイスキーなどの国産酒類の輸出金額と数量がいずれも過去最高を更新。(2018/1/10)

山岡週報:
お酒の新境地でヒット連発、なぜシャープが? Makuakeとのコラボが成功し続ける理由
シャープの社内ベンチャーが、シャープの蓄冷技術を生かした“氷点下の味わいを楽しむ日本酒”など、新感覚の製品を次々と生み出している。クラウドファンディングとタッグを組んだそのオープンイノベーションの原動力とは?(2018/1/12)

鎌倉銘菓「クルミッ子」Amazonやメルカリで高額転売相次ぐ 製造元が「買わないで」と呼びかけ
出品者の一部は「鎌倉紅谷」を自称するなどしており、購入者を故意に誤解させている可能性。(2017/12/28)

「どん兵衛」「オロナミンC」など:
西友、年末年始の人気商品37品目を平均14%値下げ
西友は12月19日〜2018年1月8日にかけて、年末年始に需要が高まる食品・飲料品37品目を平均14%値下げする。(2017/12/18)

ねとめし:
怖いくらい箸が進む「エノキのから揚げ」が悪魔的にうまい! なぜかジョッキがすぐ空になると話題に
おつまみ、おやつ、おかずとなんにでも合う最強レシピ爆誕……!(2017/12/17)

地元が最優先:
「東京も海外も同じ」 ベアレンのビールが岩手に密着する理由
2001年、盛岡市で創業したクラフトビールメーカーのベアレン醸造所。同社は地域密着を掲げ、地元の人たちに愛されるビール造りを心掛けている。なぜそのことに徹底的にこだわるのか。創業メンバーの1人である専務の嶌田洋一さんに聞いた。(2017/12/12)

「高く買わないでください」 人気酒「獺祭」の広告に驚きと称賛の声 社長「本当は広告出したくない」
読売新聞に掲載された、「獺祭」の高額購入に注意を呼び掛ける広告が話題に。旭酒造の桜井一宏社長に経緯を取材した。(2017/12/11)

正規店で購入を:
「獺祭」蔵元が「高く買わないで」 異例の広告に込めた思いとは?
日本酒「獺祭」の蔵元、旭酒造が「高く買わないでください」と呼びかける新聞広告を掲載。広告に込めた思いを聞いた。(2017/12/11)

【画像80枚】マッツ・ミケルセン「ハンニバルは不滅です」 東京コミコンSPステージでマッツスマイルを連発!
スターウォーズ、スタートレック、スーサイド・スクワッド、キャッスルのキャストがひとつのステージに集うという奇跡。(2017/12/2)

天国かな? お店が続く限り「無限にクラフトビールが飲み放題」な会員券がクラウドファンディング中
大のビール党である女性店主が、世界と日本の絶品ビールを取り揃えています。(2017/11/28)

日本酒をソフトドリンクで割る:
コカ・コーラがぐるなびと「飲食店支援」 若年層向けのレシピ提案
日本コカ・コーラはぐるなびと業務提携し、日本酒や焼酎などをソフトドリンクで割った低アルコール飲料のレシピを飲食店に提案していくと発表した。「若年層を集客できるレシピを提案することで飲食店を支援する」という。(2017/11/25)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
近未来技術で地域の課題を強みに――仙北市(秋田県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第3回。今回は、ドローンや無人運転など近未来技術に本気で取り組む秋田県仙北市を紹介する。(2017/11/24)

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:
風邪をひいたあなたのために「あーん」 マンガ『お酒は夫婦になってから』から「たまご酒」
愛情こめて作れるかな?(2017/11/22)

東京のみなさんにも見て欲しいニャ 福岡県大川市の「ネコ家具」 新橋のアンテナショップで期間限定展示
家具職人さん渾身のミニチュア家具です。(2017/11/20)

日本ワイン 140年の真価:
造り手は増えるも……日本ワインの課題にどう立ち向かう?
活況を呈している日本ワイン。その一方で、これまでなかったような課題も出てきている。シャトー・メルシャンのチーフ・ワインメーカーを務める安蔵光弘氏に、日本のワイナリーが直面する課題や、これからの日本ワインのことなどをインタビューした。(2017/11/16)

聖地ならぬ「清酒巡礼」 「デレマス」高垣楓と同名・同郷の日本酒、ファン殺到で大ブレーク
和歌山市の老舗酒屋「松尾酒店」で今春発売された日本酒「高垣」が、人気ゲームに登場する「高垣楓(かえで)」という“和歌山出身”の女性キャラクターと同名ということでネット上で話題を呼び、飛ぶように売れている。(2017/11/14)

食欲が止まらない高橋真麻 体重は14.5キロ増加、二重顎も公開
まるでグルメレポートと化している高橋さんのブログ。(2017/11/13)

シャープが開発した蓄冷材料が「便利すぎる」とコメント殺到 好きな温度で解けてくれる「不思議な氷」
解ける温度を-24〜28℃まで調整して、対象物を適温にキープ。(2017/11/10)

タイムアウト東京のオススメ:
立ち飲みする
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/11/7)

日本ワイン 140年の真価:
急成長中の日本ワイン 礎を築いた先駆者たちの挑戦
日本で本格的なワイン造りが始まってから140年。いまや急成長を続ける「日本ワイン」はいかにして生まれ、発展してきたのだろうか。先人たちの苦闘と挑戦の歴史を追った。(2017/11/7)

氷点下で飲む「スパークリング日本酒」クラウドファンディングに登場 → 1日で目標額を達成
舌の上で転がすうちに少しずつ味わいが変化。(2017/10/31)

日本一の大鍋で芋煮会を。山形市が製作費2700万円をクラウドファンディングにて募集中
山形の秋を満喫するにはやっぱり芋煮会。(2017/10/31)

VRで木桶に入った感覚を体感できる「VR KIOKE」 360度ぐるっと木桶が見放題!
実は「木桶職人復活プロジェクト」の成功を願って作られました。(2017/10/30)

これでお前はグンマを知る 水から造り手まで“オール群馬”の日本酒が誕生、その名も「群馬」
米もグンマ、水もグンマ、酵母もグンマ、酒蔵もグンマ。(2017/10/25)

盛り上がらぬ「プレミアムフライデー」 しょぼいイベントに問題も
「プレミアムフライデー」2月の初回こそ大きな盛り上がりをみせ認知度も9割を突破したが、回を重ねるごとに盛り下がり、「誰も参加できない取り組み」と悪評ぷんぷんだ。(2017/10/17)

「ああああっ!」「止めろ貸せ!!」 月桂冠15秒CM動画料理シーンで”木べらの使い方”に怒髪天をつく人が続出
本編動画ではちゃんと料理しているのですが……。(2017/10/16)

PR:40年前のガイドブックで大阪・道頓堀を食べ歩く
今も残っているお店は絶対おいしいはず!(2017/10/12)

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:
今日は夫婦一緒にどこにも行かないで「ゴロゴロ……しよ?」 マンガ『お酒は夫婦になってから』から「みかんブリーゼ」
酔ってちょっとわがまましちゃう妻、かわいすぎでは……。(2017/10/11)

プロ棋士もハマった恋愛番組「バチェラー・ジャパン」とはなんだったのか 広瀬八段×久保裕丈、異色の特別対談
「羽生さんに魂を抜かれた人」と「バラおじさん」の対談が読めるのはねとらぼだけ!(2017/9/30)

えんやの銭湯イラストめぐり:
これは事件だ 銭湯マニアがざわついた、銭湯界の超新星「萩の湯」は何がそんなにすごいのか全力で解説します
「今度できる萩の湯はすごい」「あそこはやばい」――今年の春ごろから、銭湯マニアの間で話題になっていた「萩の湯」のすごさとは。(2017/9/30)

“熱かん”がコンビニで手軽に買える時代に 日本盛、業界初のホット販売専用日本酒を開発
加熱式容器入りではなく、常にあったかい状態で販売。(2017/9/27)

トリンプから「着る日本酒」 あったかじょっぱり保湿インナー発売
残念ながら、酔えません。(2017/9/15)

「納豆菌が強すぎて、納豆厳禁の職場がある」「宇宙空間でも死なない」 ネットに広がる“納豆菌最強伝説”はどこまで本当?
にわかには信じられない話ばかりですが……?(2017/9/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
不人気だった「ガスト」が再び成長している理由
安いだけでパッとしない店――。そう言われていたガストだが、近年の業績は好調だ。どのようなニーズに対応したことで、新たな顧客層を取り込んでいるのだろうか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が解説する。(2017/9/12)

未来の食糧難に耐えられるか
「IoT畜産業」が世界を救う理由
IoTの普及が進む今日、農業や畜産業への導入が注目を集めている。今後増大を見込む食肉需要を背景に、IoTは畜産農家をどう支えられるのか。(2017/9/5)

商品提案をサポート:
三越伊勢丹、売り場にAI導入の狙い
三越伊勢丹ホールディングスは、フクロウの形をした小型AIロボット「ZUKKU(ズック)」をデジタルトイのイベントで試験導入。客の属性を判別し、適切な商品を提案するロボットだ。対面接客を向上させるためのAI活用を加速させる。(2017/8/28)

【期間限定】オンラインセミナー
フラッシュストレージ導入計画はなぜ失敗するか──IT担当者が知っておくべきオールフラッシュストレージのウソ・ホント
フラッシュストレージをいざ導入しても、「想定ほどには性能が出ない」「予想よりも容量を圧縮できない」「追加調達が必要になった」といった課題にぶつかる方が少なくありません。フラッシュストレージ特有の問題を解説し、これらを解消する技術を紹介します。(2017/8/1)

伊勢丹新宿本店で導入:
好みのお酒を提案 接客を支えるAIとは
伊勢丹新宿本店で実施している、AIが自分に合ったお酒をおすすめしてくれるサービス。店舗の接客サービスを高めるツールとして活用されている。(2017/7/19)

「カレーの辛口」と「日本酒の辛口」は何が違うのか?
「辛い」とは何ぞや?(2017/7/6)

作文かよ 日本一長い銘柄の日本酒「ぼくとオカン」登場、正式名称は約300文字
レシートが大変なことになりそう。(2017/7/4)

ずっとおかわりしていたい! 日本酒界のオールスターが集う「日本酒フェア2017」に行ってきた
おいしいお酒と美女に酔いました。(2017/6/20)

ハーゲンダッツ「ショコラミント」にアルコール0.3%、運転上の注意喚起が話題に どれほどケアすべき?
ハーゲンダッツの回答は。(2017/6/6)

全国の鈴木さんに朗報 鈴木さんの鈴木さんによる鈴木さんのための日本酒「鈴木」が登場
鈴木さん以外の人も購入できます。(2017/6/4)

転職バーのハルカさん(2):
PR:取りあえずビール? それともビール“を”飲みたいの?
転職活動中のエンジニア「シュウヘイ」がやっと獲得した内定に難色を示す美人バーテンダーの「ハルカさん」。「仕事をゆずれ」とすごむ「シタロー」さん――「転職バー」は、今日も波乱のヨ・カ・ン。(2017/6/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
都心で拡大! 激安「一軒め酒場」の儲けのカラクリ
一軒め酒場は、1000円あれば楽しめる庶民の財布にやさしい大衆居酒屋だ。2008年に東京・神田に1号店をオープンし、現在は首都圏を中心に64店まで拡大させている。(2017/5/30)

デザインフェスタvol.45:
椀の中に広がる宇宙の輝き! 鑑定団で話題を集めた「曜変天目」の再現茶碗が登場
三十数年に渡る研究で「曜変現象」の再現に成功。(2017/5/27)

酒好きがむっちゃうれしいやつだこれ! 一升瓶にそっくりな「日本酒バッグ」がかわいいと話題に
飲み会に持っていったらウケそう。(2017/5/22)

踊った後は大きな浴槽でさっぱり 銭湯の風呂をフロアにするDJイベント「ダンス風呂屋」がダジャレなのにステキ
フロアも風呂も沸くとのこと。(2017/5/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。