ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GALAXY Tab SC-01C」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GALAXY Tab SC-01C」に関する情報が集まったページです。

Samsung、10.5型タブレット「Galaxy Tab S4」、別売DeXキーボードでPCのようにも利用可能
Samsungが、Androidタブレット「Galaxy Tab S4」を発表した。10.5型でSペンが付属し、別売のDeXキーボードと接続すればPCのように使える。ホームボタンがなくなった分画面が広くなった。(2018/8/2)

Mobile World Congress 2017:
Samsung、新型Galaxyタブレットを発表 HDR動画対応×改良型Sペンが見どころ
Mobile World Congress 2017に合わせて、SamsungがAndroid搭載の「Galaxy Tab S3」とWindows 10搭載のデタッチャブルタイプの2in1 PC「Galaxy Book」を発表。いずれもHDR(ハイダイナミックレンジ)動画の再生と、「Sペン」によるペン操作に対応する。(2017/2/27)

キーボードカバーは標準添付:
Surface Pro 4対抗の有機EL搭載2in1「Galaxy TabPro S」、899.99ドルで北米発売
Samsungの12型2in1デバイス「Galaxy TabPro S」が米、英、カナダで3月18日に発売される。価格はキーボードカバー付きで899.99ドル(約10万200円)だ。(2016/3/18)

その差は思った以上に
「iPad Air 2」を愛する者は「Galaxy Tab S2 9.7型モデル」も愛せるか
日本のユーザーにとってiPad Air 2のライバルはXperia Z4 Tabletだが、海外ではGalaxyタブレットを競合と認識している。そのGalaxy Tab Sに最新モデルが登場。米国人としては比べずにはいられない。(2015/10/31)

ドコモ、8.4型タブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」をAndroid 5.0にアップデート
ドコモの8.4型タブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」がAndroid 5.0へアップデート。画面デザインや操作感の刷新をはじめ、不具合の改善も行っている。(2015/9/8)

「iPad Air」との類似度ではGalaxy Tab Aに軍配
「Nexus 9」対「Galaxy Tab A」はまさかの接戦 大画面Androidタブレットの王者は?
大画面Androidタブレットなら“Nexus”の名を継ぐ「Nexus 9」を買うべきか。独自機能を盛り込んだ「Galaxy Tab」の9.7インチモデルにすべきか。徹底比較する。(2015/7/25)

Samsung、厚さ5.6ミリの新タブレット「Galaxy Tab S2」を9.7/8型で発売へ
Samsungが、日本でも販売している「GALAXY Tab S」の後継モデル「S2」を9.7/8型で8月に発売する。厚さ5.6ミリで9.7型でも重さは389グラムと、かなり薄型軽量になった。(2015/7/21)

BlackBerry、SamsungのGALAXYベースのタブレット「SecuTABLET」を発表
かつて「PlayBook」というタブレットを販売していたBlackBerryが、SamsungおよびIBMと協力し、「GALAXY Tab S 10.5」ベースのセキュアなタブレット「SecuTABLET」を企業や政府機関向けに発売する。(2015/3/16)

ドコモ、8.4型タブレット「GALAXY Tab S 8.4SC-03G」を12月12日に発売
ドコモは、8.4型有機ELを搭載したAndroidタブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」を12月12日に発売すると発表した。(2014/12/9)

SoftBank SELECTIONからコンパクトタブレット「GALAXY Tab4」専用アクセサリーが発売
サムスン製のコンパクトタブレット「GALAXY Tab4」専用のスタンド付きケースや衝撃吸収フィルムが発売。(2014/12/8)

ソフトバンク、「GALAXY Tab4」発売 同社初のAndroidタブレット
ソフトバンクモバイル初のAndroidタブレット「GALAXY Tab4」が19日に発売へ。(2014/12/8)

ソフトバンク、7型Androidタブレット「GALAXY Tab4」を12月19日に発売
ソフトバンクが、7型タブレット「GALAXY Tab4」を12月19日に発売する。1年間実質無料で利用できる「タブレットセット割」も合わせて提供する。【更新】(2014/12/8)

KDDI、10.5型タブレット「GALAXY Tab S SCT21」を12月4日発売
KDDIは、10.5型のスーパー有機ELを搭載したAndroidタブレット「GALAXY Tab S SCT21」を12月4日に発売する。(2014/12/2)

写真で解説する「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」
専用のBluetoothキーボードとセットで販売されるドコモのAndroidタブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」。ビジネスシーンでもタブレットをフル活用したい人に最適な1台だ。(2014/11/4)

まるでノートPC:
Bluetoothキーボードをセットした8.4型タブレット――「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」
ドコモは、8.4型有機ELを搭載したAndroidタブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」を12月中旬に発売する。サムスン純正のBluetoothキーボードを同梱しており、ノートPCのように利用できる。(2014/9/30)

石野純也のMobile Eye(9月16日〜26日):
ターゲットは先進層――KDDIに聞く「Xperia Z3」「GALAXY Note Edge」投入の狙い
iPhone 6/6 Plusが発売され、それ以外の秋冬モデルの発表でいち早く名乗りを上げたのがKDDIだ。スマホは「Xperia Z3」と「GALAXY Note Edge」、タブレットは「GALAXY Tab S」をラインアップする。これらのモデルを投入する狙いをKDDIに聞いた。(2014/9/26)

KDDI、「Xperia Z3」「GALAXY Note Edge」発売
KDDIは「Xperia Z3」「GALAXY Note Edge」「GALAXY Tab S」を10月下旬以降順次発売する。(2014/9/24)

KDDI、厚さ6.6ミリの10.5型Androidタブレット「GALAXY Tab S」を12月に発売
KDDIは、厚さ6.6ミリのボディに10.5型有機ELディスプレイを搭載したAndroidタブレット「GALAXY Tab S SCT21」を12月上旬に発売する。(2014/9/24)

2万本のバラ(本物)でお祝い:
サムスン、「GALAXY Tab S」の国内販売を開始 Wi-Fi版のみの理由とは?
サムスンがAndroidタブレット「GALAXY Tab S」シリーズを発売。製品説明会では、2万本のバラを使ってそのディスプレイの美しさを演出した。(2014/8/1)

サムスン電子、8.4型/10.5型の「GALAXY Tab S」を日本で発売――先行展示&予約受付開始
サムスン電子ジャパンが、2種類の新型タブレット「GALAXY Tab S 8.4」と「GALAXY Tab S 10.5」を8月1日から日本で販売する。発売に先立ち、7月18日から「GALAXY SHOP」で先行展示と予約を開始。「純正Bookカバー」付きの限定セットも用意する。(2014/7/16)

サムスン、「GALAXY Tab S」の日本投入を予告――詳細は未定
サムスン電子は、新型タブレット「GALAXY Tab S」を日本でも発売することを認めた。(2014/6/20)

高解像度ディスプレイ搭載の「GALAXY Tab S」:
SamsungとAppleの覇権争いはさらに激化? 新タブレット投入で
Samsung Electronics(サムスン電子)が、新しいタブレット端末「GALAXY Tab S」を2機種発表した。画素密度が高い独自の有機ELディスプレイ「SuperAMOLED」を搭載する。タブレット端末市場でAppleに追い付くべく、攻勢をかける。(2014/6/19)

Samsung、Super AMOLEDタブレット「GALAXY Tab S」を8.4/10.5型で発売へ
Samsungがハイエンドタブレット「GALAXY Tab S」を7月に発売する。8.4型と10.5型の2モデルで、いずれもディスプレイはWQXGA(2560×1600)、指紋認証機能やスマートフォンへの着信を転送する機能などを搭載する。(2014/6/13)

Samsung、教育機関向けタブレット「Galaxy Tab 4 Education」を370ドルで発売
Samsungの「Galaxy Tab 4 Education」は、教室での利用を前提とした堅固なカバー付き10.1インチタブレット。希望小売価格は370ドルだ。(2014/5/19)

Samsung、「GALAXY Tab4」を3サイズで発表
Samsungのミッドレンジタブレット「GALAXY Tab」の新モデルは、7インチ、8インチ、10.1インチの3サイズで、いずれもLTEサポートモデルが用意された。(2014/4/2)

SamsungがまたAppleのパロディCMを公開 「GALAXY Tab ProはiPad Airより薄い」
Samsungが、Appleの名作CM「Pencil」のパロディで「鉛筆より薄いiPad Airより薄いGALAXY Tab Pro」をアピールしている。(2014/2/20)

Samsung、7インチの普及版Tab 3、「GALAXY Tab3 Lite (7")」を発表
Samsungが「GALAXY Tab 3」の7インチモデルの「Lite」版を発表した。フロントカメラがなく、オリジナルより2ミリ薄いが重さは8グラム重い。(2014/1/17)

2014 International CES:
Samsung、12.2インチのGALAXYタブレット「NotePRO」と「TabPRO」発表
Samsungが12.2インチのSペン付きタブレットGALAXY NotePROと、8.4インチ、10.1インチ、12.2インチのGALAXY TabPROを発表した。(2014/1/7)

プリンストン、最大5台のスマホを急速充電できるUSB充電器を発売
プリンストンテクノロジーから、iPhone/iPadやAndroid搭載スマートフォンなど最大5台の端末を急速充電できるUSB充電器「PPS-UTAP2」が発売される。GALAXY Tab専用ポートも搭載している。(2013/11/18)

ドコモ、「AQUOS PHONE si SH-07E」「P-01E」など3機種でソフト更新
ドコモは、シャープ製スマホ「AQUOS PHONE si SH-07E」、Samsung電子製タブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」、パナソニック製3Gケータイ「P-01E」でソフトウェア更新を開始した。(2013/7/23)

ドコモ、「LUMIX Phone P-02D」と「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」でソフト更新開始
ドコモはLUMIX Phone P-02DとGALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eで不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。(2013/7/2)

Samsung、「GALAXY Tab 3」に8インチ版と10.1インチ版を追加
Samsungが「GALAXY Tab 3」の現行の7インチに8インチと10.1インチモデルを追加すると発表した。それぞれプロセッサやバッテリー容量などが微妙に違う。(2013/6/4)

Samsung、7インチ「GALAXY Tab 3」を5月に発売へ
Samsungが、約1年ぶりに7インチ版GALAXY Tabの新モデルを発表。5月にWi-Fiモデルを、6月に3Gモデルを発売する。(2013/4/30)

ドコモ、Optimus G L-01Eとタブレット2機種でソフトウェア更新
ドコモが3月26日、「Optimus G L-01E」「ARROWS Tab LTE F-01D」「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」の不具合を修正するソフトウェア更新を開始した。(2013/3/26)

ドコモ、「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」をAndroid 4.0へアップデート
ドコモが、Samsung製のタブレット「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」をAndroid 4.0へアップデートした。(2013/2/4)

7インチタブレットのある生活:
PR:片手サイズがちょうどいい! GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eと暮らす(後編)
話題の機種が続々登場する7インチタブレット市場。中でもBusiness Media 誠編集長のヨシオカが注目するのは、Samsung電子の「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」。毎日持ち歩くのにふさわしい相棒だという、その理由は……。(2012/12/17)

7インチタブレットのある生活:
PR:片手サイズがちょうどいい! GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eと暮らす(前編)
この秋、大激戦となっている7インチタブレット市場。中でも注目、Samsung電子の「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」を、Business Media 誠編集長のヨシオカが2カ月間借りてレビューします。7インチタブレットのある暮らしとは……?(2012/12/3)

PR:見たらきっと欲しくなる 「GALAXY Tab 7.7 Plus」が日本のユーザーにフィットする理由
スマートフォンより画面が大きくて見やすく、10インチタブレットより軽くて持ち運びやすい、そんな7インチクラスのタブレットが注目を集めている。Samsung電子は以前からこのカテゴリーに取り組んでおり、最新モデルの「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」は、日本のユーザーに必要な機能を一通りそろえた注目のモデルに仕上がっている。(2012/11/19)

高精細有機EL搭載タブレット「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」を10月25日に発売
Samsung電子製のAndroid 4.0タブレット、「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」が10月25日から店頭に並ぶ。7.7インチのSuper AMOLED Plusディスプレイは現時点で世界最大のサイズだという。(2012/10/22)

ドコモ、「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」の事前予約を10月19日に開始
ドコモはSamsung電子のタブレット「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」の事前予約を10月19日から受け付ける。発売は10月25日の予定。(2012/10/17)

ドコモ、「GALAXY Tab」「MEDIAS X」のソフト更新を開始
NTTドコモは、「GALAXY Tab SC-01C」の機能アップデートと、「MEDIAS X N-07D」のソフト更新を開始した。GALAXY Tabは新たにエリアメールへ対応する。(2012/9/26)

写真で解説する「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」
ドコモが秋モデルとして発表したXi&NOTTV対応の「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」は、その名の通り7.7インチのタッチパネルを搭載したAndroidタブレット。厚さわざか7.9ミリというスリムボディが特徴的だ。(2012/8/28)

ドコモ、「Optimus G」「AQUOS PHONE si」や「GALAXY Tab 7.7 Plus」など5機種6モデルを発表
NTTドコモが、2012年度秋モデルとして、Androidスマートフォン3機種4モデルとAndroidタブレット2機種を発表した。スマートフォンはNEXTシリーズが1機種、withシリーズが2機種3モデル。タブレットは7インチのモデルを2機種そろえた。(2012/8/28)

ドコモ タブレット:
世界最大、7.7インチSuper AMOLED Plus搭載――「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」
Samsung電子製の7.7インチAndroidタブレット「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」がドコモのタブレットラインアップに登場。XiやNOTTV、ワンセグに対応し、大容量のバッテリーを備える。(2012/8/28)

「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」、8月28日からAndroid 4.0へアップデート
ドコモのタブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」が、8月28日からAndroid 4.0へアップデートすることが可能になる。本体またはPC経由でアップデートできる。(2012/8/27)

「GALAXY S III SC-06D」と「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」の不具合を修正するアップデート
ドコモが、「GALAXY S III SC-06D」と「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」のソフトウェア更新を開始した。(2012/7/4)

「GALAXY NEXUS」も米国で販売差し止め 再びAppleが勝利
「GALAXY Tab 10.1」に続き、「GALAXY NEXUS」も米国で販売を差し止める仮処分が命じられた。(2012/6/30)

ビジネスニュース:
Samsungの「GALAXY Tab 10.1」、米国で販売差し止めへ
Samsungのタブレット「GALAXY Tab 10.1」が、Appleのデザイン特許を侵害しているとして、米国で販売差し止め命令が下された。Appleの申し立てが認められた形となったが、Samsungは「今回のような訴訟が続けば、携帯端末におけるデザインの進歩の妨げになる」と主張する。(2012/6/29)

ドコモ、「Xperia NX/acro HD」「GALAXY Tab 7.0 Plus」「MEDIAS ES」などのソフト更新を開始
ドコモは、ソニーモバイル製の「Xperia NX SO-02D」「Xperia acro HD SO-03D」と、NECカシオ製の「MEDIAS ES N-05D」、Samsung電子製の「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」、Huawei製「キッズケータイ HW-02C」のソフト更新を開始した。(2012/5/17)

Kindle Fire、米Androidタブレット市場でシェア54.4%に――comScore調べ
Amazonの「Kindle Fire」が、米国のタブレット市場で過半を占めた。2位のGALAXY Tabシリーズは15.4%だ。(2012/4/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。