ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AQUOS PHONE SERIE SHL23」最新記事一覧

シャープの過去機種でも利用できる「エモパーLite」、提供開始
スマートフォンから話しかけてくれるシャープの「エモパー」が、Android 4.1以上の過去機種でも利用可能になった。Google Playで「エモパーLite」を入手すればよい。(2015/3/31)

gooスマホ部:
バッテリーが6時間半しかもたない
スマホ本体に問題があるのでしょうか?(2015/3/6)

KDDIの「auバックアップ」「auベーシックホーム」が機能改善&拡充
「auバックアップ」がデータ移行について改善。「auベーシックホーム」は天気などをアイコン上で情報表示可能となり、フォルダデザインも変更できるようになる。(2014/10/24)

KDDI、イギリス/オーストリア/フィリピンでLTE国際ローミングを開始
KDDIと沖縄セルラーは、新たにイギリス/オーストリア/フィリピンで国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の提供を開始した。(2014/8/15)

SBIの2014年7月中古携帯/スマホ売上ランキング――「Xperia」4機種がランクイン
SBIライフリビングが運営する携帯電話機売買専門ページ「ケータイ★アウトレット」が、2014年7月の中古携帯/スマホランキングを発表。Xperiaシリーズが4機種ランクインした。(2014/8/5)

KDDI、LTE国際ローミングサービスの提供エリアに台湾とベルギーを追加
KDDIと沖縄セルラーは、新たに台湾とベルギーでLTE国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の提供を始めた。(2014/7/10)

シンプルなホーム画面を作る「auベーシックホーム」対象機種が拡大
シンプルで使いやすいホーム画面を提供するauスマートフォン向けアプリ「auベーシックホーム」の対応機種が増えた。新たに「isai LGL22」「G Flex LGL23」ほか10機種が対応となる。(2014/7/7)

開発陣に聞くシャープ夏モデル(au編):
生産工程を変えて実現したディスプレイ面の加色――「AQUOS SERIE SHL25」の秘密を聞く
“EDGEST”スタイルのハイスペック端末「AQUOS SERIE SHL25」が、KDDIから発売された。新開発のバックライト「PureLED」やIGZO液晶を搭載し、EDGESTならではの楽しさを味わえる。それに加え、AQUOS SERIEだけが採用した前面加色も興味深い。開発陣に、AQUOS SERIEならではの特徴を中心に話を聞いた。(2014/6/20)

写真で解説する「AQUOS SERIE SHL25」
auの「AQUOS SERIE SHL25」は、極限までフレームを細くした「EDGEST」デザインを採用するスマートフォン。進化したIGZOディスプレイを搭載するほか、カメラ機能も強化した。(2014/5/12)

PR:デザインも、バッテリーも、カメラも――「AQUOS SERIE SHL25」はココが進化した
AQUOS PHONEから「AQUOS」へ。auから登場したシャープの最新スマートフォン「AQUOS SERIE SHL25」。スマホの完成形に近づいた、と思わせるような確実な進化を遂げている。(2014/5/8)

PR:最新AQUOS PHONE×DTSサウンドを体験――スノーボードイベント「TOYOTA BIG AIR 2014」
2月22日〜23日に、札幌ドームでスノーボードイベント「TOYOTA BIG AIR 2014」が開催された。会場内には最新の音響技術「DTS Sound」を搭載したAQUOS PHONEを体験できるブースが登場。来場者はどんな感想を持ったのだろうか?(2014/2/27)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
5インチ以上でも小さくて軽い機種は?――冬春スマートフォン28機種を比較
いよいよ出そろった、2013年冬〜2014年春モデル。5キャリアのスマートフォンにiPhone 5s/5cを加えると、その数は28機種にも及ぶ。あらためて、28機種のスペックを見比べていきたい。今回はサイズと重さをチェックした。(2014/2/23)

「AQUOS PHONE SERIE SHL23」にWi-Fi接続の不具合 KDDIがアップデートを開始
KDDIは、「AQUOS PHONE SERIE SHL23」のソフトウェア更新を開始した。W-Fi接続時に端末が再起動する不具合を改善する。(2014/2/20)

持ちやすく、使いやすくなっています:
写真で解説する「AQUOS PAD SHT22」
3辺狭額縁設計を施したボディに1920×1200ピクセルの7インチディスプレイを搭載した「AQUOS PAD SHT22」。重さは約267グラムに抑えており、片手でも持ちやすい。防水性能も備えてフルセグも利用でき、カメラ機能も強化されている。(2014/1/23)

写真で解説する「AQUOS PHONE SERIE mini SHL24」
KDDIの2014年春モデル「AQUOS PHONE SERIE mini SHL24」は、スマホの大画面化が進む中、4.5インチフルHD IGZOディスプレイを搭載しながら片手操作がしやすい幅63ミリのコンパクトボディを実現した。(2014/1/22)

ウィルコム、「だれとでも定額パス アプリ」対応スマートフォンに5機種を追加
ウィルコムは、12月18日に「だれとでも定額パス アプリ」に対応するスマートフォンとして5機種を追加した。(2013/12/18)

auスマホ「AQUOS PHONE SERIE SHL23」に「くっきりトーク」の不具合
KDDIは12月12日、「AQUOS PHONE SERIE SHL23」のソフトウェア更新を開始した。「くっきりトーク」の不具合を改善する。(2013/12/12)

auのホームアプリ「かんたんメニュー」がリニューアル LTE対応Androidスマホ向け
KDDIは12月5日、LTE対応Androidスマホ向けに、ホームアプリ「かんたんメニュー」をリニューアルした。ダイヤル画面を改善するなど、スマホ初心者にも使いやすいよう配慮した。(2013/12/5)

PR:「AQUOS PHONE SERIE SHL23」で見る・撮る・残すを堪能しよう
au向けAQUOS PHONEでは初めてフルHDのIGZO液晶ディスプレイを搭載した「AQUOS PHONE SERIE SHL23」。アップした画面の見やすさと、進化したカメラや省エネ性を2泊3日の地方出張で体感した。(2013/11/22)

KDDIの「AQUOS PHONE SERIE SHL23」、新規と機種変の実質価格は2万5200円
KDDIは、11月15日に「AQUOS PHONE SERIE SHL23」を発売した。新規契約と機種変更時の実質負担金は2万5200円となっている。(2013/11/15)

PR:基本性能がパワーアップ! さらに快適・便利に使える「AQUOS PHONE SERIE SHL23」
au向けAQUOS PHONEのハイエンドスマートフォンとして人気を集めている「AQUOS PHONE SERIE」の最新モデル「AQUOS PHONE SERIE SHL23」が発売された。フルHDのIGZO液晶ディスプレイはもちろん、基本的な使い勝手にも磨きがかけられている。(2013/11/15)

フルHD IGZO+3000mAhバッテリーの「AQUOS PHONE SERIE SHL23」、11月15日に発売
KDDIは、4.8インチのフルHD IGZO液晶を搭載したシャープ製スマホ「AQUOS PHONE SERIE SHL23」を11月15日に発売すると発表した。(2013/11/12)

IGZOの“ノウハウ”が強み:
2014年度、国内市場でAndroid端末ナンバーワンメーカーを目指す――シャープ
シャープはこの冬(一部は春)商戦で、計7機種のスマートフォンを投入する。これらの新機種でシャープが重点的に取り組んできたことは「7つ」ある。そして11月7日の説明会では、2014年度に国内でAndroid端末ナンバーワンメーカーを目指す――という目標も明かした。(2013/11/9)

石野純也のMobile Eye(10月28日〜11月8日):
イー・アクセス版「Nexus 5」の狙い/LG「isai」の開発経緯/シャープスマホの強み
今回の連載では端末に焦点を当て、11月1日に発表された「Nexus 5」のイー・アクセス版、KDDIとLGエレクトロニクスが共同開発した「isai」、そしてシャープ冬モデルの狙いについて、解説していきたい。(2013/11/9)

石野純也のMobile Eye(9月30日〜10月11日):
ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの冬春モデル戦略を読み解く
この2週間はドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルから冬春モデル(KDDIは冬モデルのみ)が発表され、モバイル業界は大いに賑わった。端末に加え、ネットワーク、サービス、料金にも焦点が当たりやすくなった。今回は3社の戦略をまとめた。(2013/10/13)

写真で解説する「AQUOS PHONE SERIE SHL23」
今冬もauからシャープ製のスマートフォン「AQUOS PHONE」の最新モデルが発売される。今回は外観やソフトウェアの注目ポイント、機能面での進化点などをチェックした。(2013/10/7)

豊富な端末・アクセサリを「選べる自由」、「ダントツ」のプラチナバンドLTEに自信──KDDIの冬モデル
「Xperia Z1」などが登場したau冬モデル。多彩な端末をそろえて「選べる自由」を掲げ、さらに新iPhoneで好評という「ダントツ」の800MHz帯LTEでネットワークの快適さもアピールする。(2013/10/2)

KDDI、「au Wi-Fi SPOT」で次世代無線LAN規格「802.11ac」を導入
KDDIは10月2日、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」で、次世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」を導入することを発表した。まずは、カフェチェーン5店舗に導入する。(2013/10/2)

KDDI、10月下旬から下り最大150MbpsのLTEサービスを提供
auの4G LTEで、10月下旬から千葉県の一部地域にて下り最大150Mbpsの通信が可能になる。冬モデルのスマートフォンとタブレットが対応する。(2013/10/2)

端末を握るだけの新UI:
フルHD「IGZO」+3000mAhバッテリーで長く使えるハイエンドモデル「AQUOS PHONE SERIE SHL23」
シャープのau向け2013年冬モデル「AQUOS PHONE SERIE SHL23」は、フルHDのIGZOディスプレイを搭載したハイエンド端末。握るだけでさまざまな操作ができる新UI「グリップマジック」機能を追加した。(2013/10/2)

Z1やNote 3、“isai”を放つKDDI共同開発モデルも登場──auの2013年冬モデル
KDDIは、2013年冬モデルとして、LGエレクトロニクスと共同開発の「isai」や注目の“Z1”“Note 3”などのスマートフォン、そして、WiMAX 2+対応ルータなどを投入する。(2013/10/2)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。